User Tools

Site Tools


okujou_no_yurirei-san:2611

Place translations on the >s

ヨソーはしてたけど、クソつまんねぇ授業だった。クソ暑ぃし、サイアクだ。

7月までの遅刻の数が積み重なってたおかげで、強制的に参加させられた補習。

夏休みだってのにありえねぇって思ってたんだけど。うん、確かに補習授業はつまんねぇ。このクソ暑ぃ中、毎日、ガッコーまで来るのもシンドイ。

だけど、それ以上にハッピーなことがある。そのためだけに、オレはわざわざ補習に来てるのさ!

有遊愛来

お待たせ、陽香。

古場陽香

お、おう、愛来!

大座敷の入り口のとこに、その姿が現れるだけで、オレの心は空に向かって駆け上がる。

古場陽香

は、早かったな。遅れるって言ってたよな?

有遊愛来

そうだな。思いの外、早く終わってな。

grpo_bu2

補習の昼休み。この昼休みのために、オレは補習授業に参加してると言ってもカゴンじゃねぇ。

このホシューが始まる前に、愛来とヤクソクしていたこと。ヤクソクだぜ、ヤクソク!

補習にまじめに遅刻しないで通ってたら、昼飯を一緒に食べようって。

補習の休み時間に、なんでも、ガッシュクカントクの仕事を手伝っているから、遅くなるかもしれないってわざわざ言いに来た時は、心配しちまったけどさ。

ヤクソクを守れなくてすまないって言ってたけど、全然、遅れてねぇじゃん! 早く仕事を終わらせてくるなんて、さすが愛来だな!

grpo_bu1

有遊愛来

仕事を手伝ってくれた人がいてな。

古場陽香

そうだったんだ。

有遊愛来

ああ、私も忙しさでいろいろ参っていたんだが、彼女のおかげで助かった。助かったってものじゃないかな?

へぇ、そんなすげーのがいたんだ。愛来にほめられるなんてソートーだぜ?

古場陽香

へぇー。そんなに大変だったら、オレも呼んでくれればよかったのに。

有遊愛来

陽香を? くくっ、そんな無駄なことはしないよ。

古場陽香

ええ!? なんで!?

有遊愛来

向き不向きってものがあるだろう。陽香には向かない類のことだった。

有遊愛来

私はそれがわかっているのに、陽香を呼んで手伝わせるなんて、どっちにとっても時間の無駄だろう?

古場陽香

そーかなぁ。

まぁ、愛来のシゴトの手伝いなんてできるわけないとは自分でも思ってるけどさ。足ひっぱるのがオチじゃん?

それでも、言ってみたかっただけなんだけどな。クールに切り返されちまったぜ。

有遊愛来

それに、陽香は補習があっただろう?

古場陽香

そーだけどな。マジメに受けるのも辛かったぜ。

有遊愛来

がんばったのはえらいと思うが、そもそも補習を受けるハメになることにも問題があるな。まぁ、お昼にしよう。

古場陽香

そうだな!

オセッキョーが始まるかと思ったぜ。愛来の声を聞けるのはうれしーんだけど、その声でオセッキョーされたら、オレ、たぶん、失神しちまう。

そうならなかったことに胸をなで下ろしたところで、愛来が持っていた紙袋を、机の上に置いた。

古場陽香

それ、こないだ話してたパン屋のか?

有遊愛来

ああ。朝、買ってきた。

前に、愛来のお気に入りのパン屋ってことで話に出た。昨日、昼飯の時に、もっかい同じ話になって、そういや、今日、買ってくるって言ってたっけ。

有遊愛来

ブリオッシュがおいしいんだ。あいにく、今朝は売り切れだったんだが。

古場陽香

ぶりおっしゅ?

有遊愛来

簡単に言えば、食パンの一種だ。

古場陽香

へぇ。売り切れってのは残念だったな。

有遊愛来

ああ。今度、売っていたら持ってくるよ。陽香、どれがいい?

そう言って、愛来が紙袋の中を見せてくれる。総菜パンを買ってくるって言ってたから、中におかず、入ってるんだろうけど。

どれも、アンパンにしか見えねぇや。

古場陽香

んじゃ、これとこれ。

有遊愛来

よし。それじゃ、230円。

古場陽香

OK。

愛来はけっこうきっちりしてるの、もう知ってる。こういう時は、ちゃんと食べた分のお金を払わせる。オレが払った時も、自分の分はちゃんと払うし。

まー、オレもあんまりカネ持ってないから、かっこいいとこ見せる気はないし、助かるんだけど。そのうち、ビッグになって思いっきりオゴってやったりできんのかなぁ。

古場陽香

ん、んまい。

有遊愛来

だろう? 近所でも人気のある店だから、朝は早く行かないと、売り切ればかりなんだ。

古場陽香

早くってどのくらい?

有遊愛来

店が開くのが、朝の7時なんだ。人気のあるパンは、30分くらいで、朝の分はなくなってしまう。

古場陽香

てーことは、7時半!? うわ、店やってる方も、買いに行く方も、どんだけ早起きなんだ。

有遊愛来

確かにパン屋の開店時間としては早いと思うが、早起きというほどでもないだろう。まぁ、遅刻の多い陽香にとってはそう感じるかもしれないが。

あ、ちょっとこの会話の流れ、マズイ。愛来サマの目が、すげぇクールになってる。温度的な意味で。

有遊愛来

前から聞こうと思ってたんだが、なんで陽香はそんなに遅刻するんだ? 遅刻しなかった日でも、いつもギリギリだろう?

古場陽香

あー、それはだなー……。

なんでって言われてもなぁ……。起きたらいつもギリギリにならざるをえない時間なわけだし。

古場陽香

朝起きるのが遅いから?

有遊愛来

なぜ、遅く起きる?

古場陽香

夜寝るのが遅いから? というか、朝、起きるの苦手なんだよ。すっきり目が覚めねぇっていうか。

古場陽香

んで、夜はけっこう眠くなるの、遅くてさ。つい、ヨフカシしちまうというか。

有遊愛来

完全に、生活サイクルが乱れているんだ。夜、遅くまで起きていて、睡眠が十分に取れてないから、朝、目覚めが悪くなる。起きる時間も遅くなるんだ。

古場陽香

リクツはそーだよな。でも、ヤコーセイはロッカーの宿命だべ?

有遊愛来

馬鹿らしい。

あぅ、イットーリョーダン。

有遊愛来

自分の時間の使い方をよく考えろ。朝弱いなら、その分、夜更かしを慎んで、朝目が覚めるまでの時間に余裕を持つべきだろう?

有遊愛来

遅刻をすれば、当然、罰が科される。陽香はそれで、夏休みに補習に来なければならなくなったんだ。遅刻していなければ、この時間は別のことに使えたはずだ。

古場陽香

あ、いや、まぁ、ソーデスケド。

ホシューも悪いことばっかりじゃないんだけどなぁ。今の時間とかさ。そんなこと言ったら、また切り捨てられそうだけど。

古場陽香

その、オレとしては、時間に縛られるなんて、マッピラっていうか。

有遊愛来

同感だ。私も、時間に縛られたくはない。

古場陽香

え? そうなの?

思わず、聞き返しちまった。だって、愛来って会った時から遅刻取り締まりのモンバンサマだぜ?

すっげー、遅刻にうるさいし。おかげで、待ち合わせがスリリングったらねぇ。

有遊愛来

他人にはそう見られることが多いが、私は別に、時間に縛られているつもりはない。

有遊愛来

時間は、縛られるものではなく、管理するものだ。有効に使えば、必ず、余裕ができる。そうしてできた時間は、自分の思い通りに使うことができる。

古場陽香

あ、ああ。

有遊愛来

世界には、おもしろいこと、興味ひかれるものがたくさんある。私は、それを知りたいし、そのことを楽しみたい。

有遊愛来

しかし、時間は有限だ。なら、きちんと管理して、その時間を有効に使う。そうすれば、少しでも多くの自分の好奇心を満たすことができる。

有遊愛来

これほど、有意義なことが他にあるか?

古場陽香

あ、ああ……。

やべぇ、言ってることがなんとなくしかわからねぇ。愛来が超クールなことを言ってるっぽい。すげぇ、かっこいい顔してる。

有遊愛来

時間は、人間を縛るものではない。むしろ、人間の忠実な僕だ。自己を管理する手助けとなるし、指標にもなる。

有遊愛来

そして、自分の人生を有意義なものにすることができる。私はそう考えている。

古場陽香

は、はぁ……。

思わず、ハクシュしちまいそうになった。シンネンってやつか?

それがしっかりしてるヤツはかっこいいってことくらい、オレも知ってる。だから、愛来はかっこいいし、クールだったのか。

時間ってのが、愛来のロックの源だったんだな。

有遊愛来

自分の考えを押し付ける気はないが、陽香の時間の使い方には、無駄が多いんじゃないか?

古場陽香

ご、ごもっともです……。

有遊愛来

ふふ。

あー、すげー今、オレ、圧倒されてる。イシュクしちまってるかな。そんなだから、愛来は笑っちまってるのかな。

有遊愛来

まぁ、私みたいな陽香を見たいわけじゃないしな。でも、少しは考えなおした方がいいんじゃないか?

古場陽香

そ、そーだな。ちょっとはアラタメマス……。

愛来みたいに時間を使うのはたぶん、無理そーだけど。

古場陽香

はぁ、すげーなぁ、愛来は。

有遊愛来

すごくはない。それが当たり前だと思って、実行してるだけだ。

古場陽香

ジカンのカンリねぇ。ユーイギとか。そんじゃ、オレとこーして無駄話してるの、けっこう許せないのか?

オレ、ほんとどーでもいいことしか話してねぇ。ユーイギとか考えたことねぇし。

愛来との話題だって、自分のこととか、愛来のこと聞いたりとか。好きなものとか、おもしれぇと思ったこととか。

うん、どう考えても、ただダベってるだけだ。愛来にとっては、ジカンのムダだろうなぁ。そう思ってしまったんだけど。

有遊愛来

まさか。

古場陽香

へ?

意外な言葉が返ってきて。

有遊愛来

人と会話をして、相手の考え方や人間性、趣味や趣向などを聞くのを、時間の無駄とは言わないだろう?

古場陽香

そ、そうか?

有遊愛来

同じ会話を繰り返しても、一度目と二度目でなにか変化があるかもしれないし。そうして相手を知ることは、無駄じゃない。

有遊愛来

特に、陽香みたいなおもしろい相手なら、なおさらだ。

古場陽香

あれ? オレっておもしろいのか?

有遊愛来

ああ、非常に。とても興味がある。陽香と話をするのは楽しいよ。

古場陽香

そ、そうか?

ど、どうとらえたらいいんだ、これ。

ほめられてるのか? そういうわけでもなさそうだし。ただ、愛来がオレの顔見てるもんだから。

オレの方も思わず、愛来の顔、マジマジと見ることになっちまって。

古場陽香

………………。

有遊愛来

どうした?

古場陽香

あ、ああ、いやなんでもない。

有遊愛来

パン、床に落ちてるぞ?

古場陽香

ええ!? うわ、もったいねぇ!

慌てて、オレは畳の上から落っこちてたパンを拾い上げて、口の中に放り込む。

有遊愛来

くっ……、ふふ……。

あー、なんか受けてるよ。別に、ここ、汚くないよな? 味も変じゃないし。

古場陽香

……んぐ。なに笑ってんだよ……。

有遊愛来

ふふ……。おかしいからだ。陽香は見てると飽きないな。

古場陽香

ミセモノかよ……。

まぁ、笑ってくれるならいいけどさ。キュートだぜ、愛来スマイル。

腹が立つわけでもないし、かといって、おもしろくて笑うわけにもいかねぇ。なんだっけ、これ、ブゼン?

古場陽香

お。

ブゼンとしてたところで、昼休み終わりの予鈴が鳴った。

有遊愛来

……午後はあと2時間、授業だな。

古場陽香

ああ。まぁ、ガンバってジュギョー受けてくるぜ。

有遊愛来

ああ、がんばれ。終わったら、また会おう。

古場陽香

お、おう! が、ガンバってくるぜ!

有遊愛来

ああ。ほら、もう行け。早めに教室に入れば、授業の準備もできるだろう?

古場陽香

はいはい、ジカンはタイセツにってな!

立ち上がる。

補習の授業はサイテーだが、終わった後に愛来とまた話できるんなら、このクギョーも耐えられる。

よし、気合い入れていこう!

grpo

grpo_ef

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

okujou_no_yurirei-san/2611.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)