User Tools

Site Tools


okujou_no_yurirei-san:2603

Place translations on the >s

椿小路で結奈と会った次の日から。

オレは興奮しっぱなしで、夜も眠れず、夜明けくらいに眠りこけて、4日連続で遅刻した。

その4日間、相変わらず有遊サマは威圧感たっぷりにオレをにらみつけ、学生手帳に遅刻のハンコ、叩きつけ、言い訳を無言でねじ伏せてきた。

いや、ヤバい、マズい、今日こそは遅刻できない。5日連続で遅刻したら、今度こそ、カンプなきまでに、有遊サマにひれ伏すことになる。

そうなったら、友達どころじゃねー!

オレはダッシュで正門へと向かっていた。太鼓の音がもう響いてる。

間に合う、間に合う、大丈夫だ!

古場陽香

セーフ!!

ほんと、ギリギリ。最後の太鼓の音が消える瞬間に、オレは正門を駆け抜けた。

有遊愛来

そこまで。正門を閉めてください。

古場陽香

ま、間に合った……。

息切らせながら、オレはたった今駆け抜けた正門の方を振り向いた。そこで。

こっちを見てる有遊サマに気が付いた。

古場陽香

あ、あ!

古場陽香

あ、有遊サマ……!

いや、サマはないだろ、友達に!

古場陽香

じゃねぇ、えっと、あ、あ、ああ有遊サン!

有遊サンは目を逸らさない。こっちをずっと見たまま。よし、オレの声は聞こえてる。

古場陽香

お、オレと、友達になってくれ!

有遊愛来

………………。

ちょ、ちょっとばかしトートツだったかな? 有遊サン、ちょっと驚いてないか?

古場陽香

………………。

どーすればいいんだ? もっかい言った方がいいか、これ。

古場陽香

あ、あの……。

有遊愛来

……ふ、はは!

古場陽香

あ……。

え、えっと、笑った……?

有遊愛来

なんだ、それは。ふふ、いいよ。

え……? お……? おお……?

有遊愛来

いいよ、友達になろう。

おおおおおおおおお!?

有遊愛来

ただし。今はさっさと、教室に行け。それから、友達でも遅刻には容赦しないぞ。

古場陽香

あ、う、うん!

有遊愛来

それじゃ、またな、古場さん。

古場陽香

おう!

やった……、マジでやった……! うわあああ、拝みたい気分だ、心の底から、気の済むまで!

すげぇ、結奈、オレ、やったよ! 有遊サンと友達になれた!

これでサイコーのステージに一歩近づけたんだ!

grpo

grpo_ef

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

okujou_no_yurirei-san/2603.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)