User Tools

Site Tools


okujou_no_yurirei-san:2022

Place translations on the >s

廊下を歩くわたしのちょっと後ろを、牧ちゃんがついてきてる。ほんの一歩離れた程度の距離。

でも、ついこの間までは、すぐ隣を歩いていた。……あの日までは。

それまでも、そして、今日までも、放課後、二人で一緒にいろんな仕事やあちこちの手伝いをしているのは変わらないのに。

変わってしまった。この一歩くらいの距離。変えてしまったのは……。

キスをしてきた牧ちゃんだろうか。それとも……。

わたしがちょっと居眠りしている間に、キスしてきた牧ちゃん。

目を覚ました時、わたしはただ、驚いて、思わず涙が出てしまった。牧ちゃんの方は、わたしの涙に驚いて、ひたすらに謝ってくれたのだけど。

わたしは、怒ったわけでも、責めたわけでも、なかったのだけど。でも……、受け入れたわけじゃなかったと思う。黙ってキスした牧ちゃんを許す態度をとったわけでも。

ただ……、そのまま。そのままにしてしまった。それが。

相原美紀

………………。

牧聖苗

………………。

この、一歩の距離。

この、沈黙。この前までは、いろんなことを話していたのに。今は、特に必要がない時に、なにも言葉が出てこない。牧ちゃんからも、わたしからも。

牧ちゃんは逃げなかった。

あの日も、キスしたことをごまかしたりしないで、謝ってくれた。

次の日からも、ちゃんと放課後、わたしのところに来てくれた。わたしの仕事を手伝ってくれる。

今みたいに、二人ともなにも話さず、ただ、次の仕事のために廊下を歩く。

仕事を始めれば始めたで、やっぱり、必要な指示とか以外は無言で、ただ、手を動かして。

こんな変化、気まずさを感じても仕方ないのに。でも、逃げずに来てくれる。わたしの後ろをついてきてくれる。

grpo_bu1

すごい、強い子なんだな、牧ちゃんって。

わたしの手伝いをする手際もどんどんよくなってる。要領よく、作業をするコツを憶えるのが早い。

わたしが重いと感じる荷物も、軽々と運んでくれる。小さい体なのに、力持ちで。

道具を取りにいく時や、どこかに連絡が必要な時は、積極的に動いてくれる。

本当にいい子で、頑張り屋さんで。こんな時でも。

こんなに牧ちゃんががんばれるのはやっぱり、わたしが好きだからだろうか。わたしの思い上がりかもしれない。でも、そうだからなんだろうか。

同じ女の子同士なのに、それが変かもしれないとわかっていながら、でも、わたしに告白してくれた。それは、すごい勇気のいることだったにちがいない。

今まで、告白されたことも、恋をしたこともなかったわたしには、牧ちゃんの気持ちをどう受け止めていいかわからなくて。

友達からならと答えたのは、そういう理由だったのだけど。でも。

自分でも、わかってる。わたしは。

好意を拒絶することで、牧ちゃんから嫌われたくなかったから。それは、牧ちゃんのことが好きだからではなく。

たった一度しか会ったことのない後輩からでも、悪く思われたくない。別に特別に好かれなくてもいい。ただ、悪く思われたくない、がっかりされたくない。

そう思っていたから。

そして、もしかしたら。

牧ちゃんなら、わたしのことをわかってくれるかもしれない、そんな気持ちを持っていた。

だから……、あんなにびっくりしたのかな。あのキスに。牧ちゃんの気持ちを考えれば、休憩所で居眠りしてしまった自分にも悪いところはあると思う。

でも……。やっぱり、ショックだった。牧ちゃんからのキスが嫌だったからではなく。わたしの気持ちを確かめてもらえなかったことが。

それでも、わたしは、牧ちゃんを責めることはできない。牧ちゃんからの好意を失いたくない、手放したくないって思ってる。あんなに、素直で真っ直ぐな気持ちを。

それでも、わたしは、牧ちゃんに声をかけてあげることができない。

きっと、牧ちゃんは待ってる。

わたしが、牧ちゃんがキスしたことを許すのを。でも、わたしはそれを言い出すことができない。

どうしてだろう……。

すぐ背中から聞こえてくる、牧ちゃんの足音を聞きながら、わたしの頭の中は、答えのでない思いが回っているばかりだった。

grpo

grpo_ef

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

okujou_no_yurirei-san/2022.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)