User Tools

Site Tools


okujou_no_yurirei-san:1011

Place translations on the >s

榎木サチ

こんにちは、考えてきてくれた?

永谷恵

さあ、返事を聞かせてもらおうかしら。

お弁当を持って屋上に入ってきた私に、昨日初めて会った時と同じ場所で待っていた二人が、早速声をかけてきた。

遠見結奈

ええ。まぁ、いろいろ考えたんだけど。

結局、考えはまとまらなかった。あれこれ考えても無駄だった。

それじゃ、どうしよう。そう思った時、浮かんできたのは比奈の言葉だった。

遠見結奈

とりあえず、手伝いはします。

まずはやってみよう。それでうまくいかなかったら、その時、考えよう。

考えて考えて、結局、最後に浮かんできたのは、あの子の顔と、比奈の言葉だったんだから。

永谷恵

ほんと!? 嘘だったら呪うからね!?

遠見結奈

嘘なんてつきません。

榎木サチ

ありがとう、承知してくれてうれしいわ。

遠見結奈

でも、一つだけ、条件があります。

榎木サチ

あら、なにかしら。

遠見結奈

私、表だってこういうことするの、苦手なんです。だから、昨日みたいに、陰からこっそりと、なら。

榎木サチ

ああ、そういうこと。

永谷恵

ふぅん……。まぁ、確かに堂々とやることじゃないかもだし。

榎木サチ

ええ、ええ、それで十分よ。そっと背中を押してあげるだけでいいの。お手伝いなんですもの。

遠見結奈

後は細かいことだけど、私、家の手伝いがあるから、毎日は無理です。特に水曜日は絶対ダメ。

榎木サチ

わかったわ。できる時に手伝ってくれるだけでいいの。

遠見結奈

そういうことなら、お手伝いします。

榎木サチ

ありがとう、うれしいわ!

永谷恵

やったぁ、サチさん!

二人して、抱き合って喜んでる。そっか、二人ともずっと、誰にも見えなくて、声も聞いてもらえなかったんだもんな。

二人のうれしそうな顔を見ていたら、ちょっとだけ、胸につかえていたものが軽くなった気がした。

榎木サチ

この学校にはね、いつの時代にも、昨日のあの女の子みたいに、胸に想いを秘めていた子がいっぱいいたの。

榎木サチ

あとほんの少しの勇気が出せなくて、ちょっとしたきっかけが足りなくて、その想いを抱えたまま、卒業していった子がいっぱいいたのよ。

榎木サチ

ほんの少しのお手伝いで、その子の気持ちが相手に伝わったのなら……、結果はどうあれ、きっとそれはその子にとって忘れられないものになるわ。

榎木サチ

私と恵はね、ずっとそんな子たちのお手伝いがしたかったの。

榎木サチ

ねぇ、結奈さん。私はね。

榎木サチ

その子たちの想いを無駄にしない、この学校がそんなふうになってほしかったのよ。

遠見結奈

はぁ……。

サチさん、いいこと言ってるし、たぶん、ほんとにそう思ってるんだろう。

悪いことじゃない、悪いことじゃないんだけど……。なんで、それが女の子同士の恋愛なんだろう。

……まぁ、この人たちが幽霊になった経緯を考えると、仕方ないけど……。

榎木サチ

素敵な女の子同士のカップルを増やしましょうね。

永谷恵

がんばろうね、結奈!

榎木サチ

さぁ、どの子の想いから解決しようかしら。

永谷恵

まずは、昨日のあの子ですよね。

榎木サチ

ええ。でも、とりあえずは様子見よね。相手の子が手紙を見てどう思うか見極めないと。

永谷恵

サチさんが見つけた子だもの、きっとうまくいきますよぉ!

榎木サチ

そうなるといいわね。

永谷恵

あ、あとあと、こないだサチさんが見つけた、あの子たち!

榎木サチ

ああ、あの三人組ね。

うわぁ、他にもいるんだ、そういう人たちが。というか、この二人はどうやって見つけてくるんだろう……。

わからないことばっかり。女の子同士の恋愛もそうだし、この人たちのことも。

でも……。

遠見結奈

まぁ、少しずつやっていけばいいか……。

永谷恵

え、なぁに? なにか言った?

遠見結奈

いいえ、独り言。

榎木サチ

それじゃ、今日からがんばっていきましょうね。

榎木サチ

この学園を、恋する乙女たちの理想郷……。

榎木サチ

『ユリトピア』にするために!

遠見結奈

(えええええええええええ……)

永谷恵

サチさん、素敵です!

遠見結奈

(うわぁ、それでいいんだぁ……)

榎木サチ

さぁ、今まで以上にがんばりましょうね、恵!ユリトピアのために!

永谷恵

はい、サチさん! ユリトピアのために!

榎木サチ

結奈さんもよろしくね。

遠見結奈

はぁい……。

遠見結奈

(ちょっと早まったかもしれないなぁ……)

そう思いつつも、私ははしゃいで喜んでる二人の姿に、なにも言えなかった。

榎木サチ

ユリトピア!

永谷恵

ユリトピア!

なんとも言えなかった。

grpo

grpo_ef

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

okujou_no_yurirei-san/1011.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)