User Tools

Site Tools


lily_platinum:s017

Lily Platinum:s017

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0819> 「言葉より百万のキスで」=「A Kiss is Worth a Million Words」

- <0C89> 「……あぁ、もう……最低です、わたくしは……」=「...Ah, geez... I'm the worst...」
  <0D2B> 結局、今日丸一日、わたくしはエリスと口を利きませんでした。=The day had passed with not a single word spoken to Eris.
  <0DD9> エリスは何度も話しかけてきたのに、全て無視してしまったのです。=Whenever she had tried to talk to me, I simply ignored her.
- <0E95> 「エリス……ああ、やっぱりきちんと話をするべきだったのかもしれません」=「Eris... ahh, maybe I should have been upfront with her.」
  <0F4F> 帰ってきてからずっと、こんな後悔を繰り返すばかり。=This cycle of regret had repeated itself over and over since arriving home.
  <0FF5> こんなに凹んだのは、人生で初めてかもしれません。=I probably hadn't been this down in my entire life.
  <1099> それでも今日のわたくしはどうしても、エリスの事が許せなかったのです。=Yet I still couldn't stop myself from blaming Eris.
- <115B> 「そうよ、悪いのはエリス……ううん、全部エリスが悪いとは思わないけれど、エリスにだって非はあるはず……」=「That's right, it's all Eris' fault... Well, it's not all her fault, but she still played a role...」
  <1237> そうやって考えようとしても、どうしても自己嫌悪してしまう。=And even that was slowly turning against me.
  <12E5> やっぱり悪いのは、わたくしの方なのだから。=Because it's all my own fault.
- <138D> 「あの程度でヤキモチを焼くなんて、本当にみっともない」=「How unsightly of me to show such an attitude, out of mere jealousy.」
- <1441> 「このままではきっと、エリスに嫌われてしまいます……それだけは、絶対に嫌です、嫌だけど……」=「At this rate, Eris will surely come to hate me... That's, the last thing I want...」
  <1511> 明日すぐに謝れば、エリスなら笑って許してくれそうな気がする。=If I apologize first thing tomorrow, she may just laugh it off and forgive me.
  <15C1> そう思っているのに、とてもそれができそうな気分ではなかった。=The only problem was my lack of confidence to do so.
- <176F> 「どうしてわたくし、こんなに心が狭いのかしら……」=「Why must I be so selfish...」
  <1815> たとえ仲直りしても、また今日のような光景を見せつけられたら。=Even if we made up, it would only take another scene like today.
  <18C5> そうしたらきっと、胸に黒いモヤモヤが広がって、収まらなくなりそうで。=Then that dark feeling would once again well up uncontrollably inside me.
- <1987> 「どうしよう……もう、明日にならなければいいのに……」=「What should I do... I wish time would just stop...」
  <1AE2> 布団に入ってみても、全然眠れなかった。=Sleep would not come, despite me laying in my futon.
  <1B7C> 眠れるはずがなかった。=I didn't really expect it to.
  <1C06> そして………………朝が、やって来た。=And so...... Morning came.
- <1E5F> 「ああ……憂鬱、です……」=「Aah... Woe is me.」
  <1EED> 何の答えも見出せない、自己嫌悪に陥りながらも、わたくしは登校しました。=Having resolved nothing, only engulfed in self-hatred, I made my way to school.
  <1FA7> できる事ならエリスに会いたくない、わたくしを避けて欲しい。=If possible, I'd rather not see Eris. I hope she avoids me.
  <2055> そんな悲観的な事まで考えてしまうほど、わたくしは気が重かったのです。=What a state I must be in, to think something as pessimistic as that.
- <2117> 「やっぱりまだ、エリスとは顔を合わせづらいです」=「It's going to be hard to face Eris for now.」
  <21BB> ごちゃごちゃと考えているうちに、登校してきたクラスメートが声をかけてきました。=Ignorant of my worries, a couple of my classmates called out to me.
- <2287> 「あっ、雫様。ごきげんよう」=「Ah, Shizuku-sama. Good day.」
- <2321> 「……えっ、ええ……ごきげんよう」=「... Eh, ahh... good day.」
- <23C1> 「お元気、なさそうですね……エリス様と何があったのですか?」=「You seem, not so well today... Did something happen between you and Eris-sama?」
- <247B> 「……」=「...」
  <24F7> 一番聞かれたくない事を聞かれて、不愉快な気持ちになった。=The last thing I wanted to hear. How unpleasant.
  <25A3> でも悪く思ってはいけないと、すぐに自分をたしなめる。=But you mustn't think ill of her, I told myself.
  <264B> 彼女だってわたくしを心配して、聞いてくれているのだから。=She only asked out of worry for me, after all.
- <2701> 「今、ちょっと……話づらいというか……」=「I don't... really know what to say...」
- <27A7> 「そうですか……エリス様、こんなに近くにいらっしゃるのに、雫様に話しかけもしないなんて、ただ事ではないと思ったのです」=「Is that so... It must really be something, for Eris to not be talking to you when she's right over there.」
- <289B> 「近く、って………………あっ!?」=「Right over...... ah?!」
  <2931> エリスはなんと、わたくしから少しだけ離れた所を歩いていました。=Of all things, Eris was walking only a short distance apart from me.
  <29E3> こんなに近くにいるのに、わたくしは気づく事もできなかった。=She was so close by, yet I hadn't noticed.
  <2A91> そしてエリスも、わたくしに話しかけようともしなかったのです。=Neither had Eris tried to talk to me.
- <2B4B> 「雫様、私などがこういう事を言うのは失礼と思いますが……エリス様、昨日からずっと寂しそうでした」=「Shizuku-sama, it may be rude of me to say so... but Eris-sama has been acting lonely since yesterday.」
- <2C29> 「………………」=「......」
- <2CB7> 「ですから、ここは雫様の方から……」=「So, it might be best if you...」
- <2D59> 「エリス……」=「Eris...」
  <2DDB> ふと、エリスを見てしまう。=I looked at Eris again.
  <2F5D> すると彼女は、寂しげな顔をわたくしに向けた。=I saw a lonely face.
  <2FFD> エリスには似合わない、悲しげな表情。=A sad face, unfitting of Eris.
  <3095> 《リュミエール・ノヴァ》という2つ名なんて、今の彼女からは想像もできなかった。=One would never think that a nickname such as "Lumiere Nova" could belong to her.
- <3251> 「雫様……」=「Shizuku-sama...」
- <33CF> 「………………」=「......」
  <3453> エリスにあんな顔をさせている原因は、このわたくし。=And the one who made her take such an expression, was me.
  <34F9> だからわたくしから話しかければ、そして昨日の態度を素直に謝れば、きっと笑顔に戻るはず。=So if I could just talk to her and apologize for my attitude yesterday, surely her smile will return.
  <35C3> 勇気を出して、エリスに謝れば……=If I could just, work up the courage...
- <3661> 「……あ……あの、えり……」=「... Ah... um, Eri-...」
- <37EB> 「あっ、エリス様っ! おはようございます」=「Ah, Eris-sama! Good morning.」
  <3889> わたくしが声をかけようとした、まさにその瞬間。=At the exact moment I tried to call out to her.
  <392B> エリスの周りに、昨日の子を含めた数人の後輩が駆け寄ってきました。=A crowd of girls, including those from yesterday, suddenly surrounded her.
  <39DF> わたくしはせっかくの機会を、失ってしまったのです。=I had lost my chance.
- <3B83> 「うっ……もう、いいですっ」=「Uu... Oh, I can't take this.」
- <3D11> 「しっ、シズクっ!! 待って、シズク」=「Shi- Shizuku!! Wait, Shizuku.」
  <3E9B> わたくしはまた、駆け出していました。=Once again, I ran.
  <3F33> 昨日と同じように、悲しげにわたくしの名前を呼ぶエリス。=Just like yesterday, Eris called out after me.
  <3FDD> でも今日は、エリスはわたくしを追いかけてきてはくれませんでした。=But unlike yesterday, she did not chase after me.
  <4091> その事が悲しくて、いつしか涙がにじんでしまって。=Realizing this, I felt tears begin to form.
- <4233> 「もう、いや……エリスのばか、エリスなんて……エリスなんて、もう………………きゃっ!?」=「Enough already... Eris you idiot, Eris, you... Eris...... Kyaa?!」
  <42FF> 階段まで来て、降りようとしたその時。=As I tried to head down the stairway.
  <4397> 涙で視界が歪んでいたわたくしの体が、フッと浮いていました。=My vision, clouded by tears; my body, floating in space.
  <4445> 足が階段を、踏み外してしまったよう。=My foot must have missed the step.
  <44DD> 周りの景色が、止まったように見えました。=Everything around me appeared frozen in time.
  <4579> 自分だけが、違う時間の流れに放り出されてしまった、そんな感じでした。=Only I had been cast into a different flow of time. That's how I felt.
- <463B> 「わたくし……もしかして、死んでしまうのかしら……」=「Am I... going to die like this...?」
  <46E3> 罰が当たったのかも知れません、エリスに辛く当たった罰が。=This must be my punishment. My punishment for causing Eris such pain.
  <478F> 彼女はわたくしに辛く当たったり、深く哀しませるような事は決してしなかった。=Though she had never once inflicted such a deep sadness on me.
  <484D> それなのに、わたくしは……=Despite that, I...
  <48DB> 自分の不満ばかりを彼女にぶつけてしまって。=I could not even contain my selfishness.
- <4A77> 「シズク、シズク……シズク~~~っ!!」=「Shizuku, Shizuku... Shizuku~~~!!」
- <4C11> 「ああ、エリス……」=「Aah, Eris...」
  <4C99> こんなわたくしに、必死に駆け寄ろうとしてくれる、エリス。=Even to one such as I, Eris was desperately reaching out.
  <4D45> できる事ならそんなエリスに、ちゃんと謝りたかった。=If I could, I would have liked to apologize to Eris.
  <4DEB> でも、もう……わたくしには………………=But, that is no longer...
- <4F83> 「……ごめんなさい、エリス……本当に、ごめんなさい……」=「I'm sorry, Eris... I'm so sorry...」
- <528F> 「………………はっ!?」=「......Ah?!」
- <5467> 「あっ、やっと起きた、シズク」=「Ah, you're awake, Shizuku.」
- <5645> 「わ、わたくし……死んでしまったのでは……?」=「I-I... am I dead...?」
- <56F1> 「もぉ、シズクは大げさ。階段から落ちかけただけ」=「Oh Shizuku. You just fell down the stairs.」
- <58E1> 「そう、でしたか……あぁ、一人で取り乱して、恥ずかしいです……ぅぅ」=「Is that it... ah, how unsightly for me to be so worked up like this...」
- <5AE5> 「でも、良かった……シズクに大したコトがなくて」=「But I'm glad... It wasn't anything serious.」
- <5CD6> 「エリス………………はっ!?」=「Eris...... Ha?!」
  <5D68> わたくしは突然、思い出しました。=Suddenly, I remembered.
  <5DFC> 今、エリスとこんな風に、楽しく話せるような状況ではなかった事を。=That I was in no position to be talking so lightly with Eris.
  <5EB0> 急に悲しくなって、惨めになって、恥ずかしくなって、涙がにじんで。=A rush of sadness and misery, embarrassment and teary eyes.
  <6054> 慌てて布団をかぶって、隠れました。=I frantically hid myself under the blanket.
- <60F5> 「……ぅ……ぅぅ……」=「...Uu... Uu...」
- <627D> 「シズク……やっぱりまだ、怒ってたんだね……」=「I guess you're still mad at me, Shizuku...」
  <631F> ………………=......
  <639F> 悲しげに、そんな声が聞こえただけ。=I heard only her pained voice.
  <6435> エリスはそれ以上何も言わず、黙ってしまいました。=And then Eris fell silent, saying no more.
  <64D9> そしてわたくしも、低く泣き声を漏らす以外には、何もできません。=Save for my quiet whimpering, I too was silent.
  <658B> やがてベッドの脇に座っていたエリスの気配が、そっと動きました。=After a time, I felt Eris' presence shifting beside me.
  <663D> 立ち上がったみたいです。=I think she stood up
- <66D3> 「……シズク……ごめんね」=「...Shizuku... I'm sorry.」
  <6851> 本当に、悲哀に満ちた声でした。=A voice full of sadness.
  <68E3> 小さな声でそう告げたエリスが、歩いていく。=After that small voice, footsteps.
  <6981> きっとここを、保健室を出て行こうとしている。=She must want to get out of here.
- <6B1F> 「……エリ……ス……」=「...Eris...」
  <6BA9> このままエリスを行かせてしまってもいいの? 何も言わなくていいの!?=Can I just let her leave like this? Without saying anything?!
  <6C61> ダメ、こんなの絶対にダメっ!!=No, there's no way!!
  <6CF3> わたくしは布団から飛び出して、エリスの背中に呼びかけました。=Leaping out of the blanket, I called out to Eris.
- <6EBC> 「待って、エリス、行かないで……エリスっ!」=「Wait, Eris, don't go... Eris!」
- <6F66> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <6FE8> わたくしの大声に、振り返ったエリスが目を丸くしました。=Eris turned, wide-eyed, at my loud voice.
  <7092> このまま行かせてはダメ、ちゃんと気持ちを伝えたい。=I can't let her go, not without telling her how I feel.
  <7138> その想いを込めて、わたくしはエリスに全てを打ち明けました。=With this resolve, I opened up everything to Eris.
- <71F0> 「行かないで、エリス……ここに、いて下さい」=「Don't go, Eris... stay here with me please.」
- <729A> 「でも、シズクは……」=「But Shizuku, you...」
- <732E> 「ここにわたくしを運んでくれたのは、エリスではありませんか?」=「You are the one that carried me here, right?」
- <73EA> 「そ……それは……ウン……」=「Th... That's right...」
- <7484> 「エリスはいつだって、わたくしを見ていてくれました。階段から落ちそうになったわたくしに、一番早く駆けつけてくれました」=「You're always watching over me. When I fell down the stairs, you were the first one to come running.」
- <7578> 「そんなエリスに、わたくし……変な嫉妬ばかりして、嫌な子になって」=「And despite that... all I can do is be jealous of you; I'm just terrible.」
- <7638> 「シズク、そんなコトないよ、ワタシだって……」=「That's not true at all, Shizuku, I too...」
- <76E4> 「エリスに嫌われたくない、絶対に嫌なのに、どんどん嫌な子になっていくんです」=「I don't want you to hate me, that's the last thing I want, but I just keep on getting worse.」
- <77AE> 「本当はエリスに好きって言われたり、愛しているって言われたりすると、嬉しくてたまらないのに」=「When you tell me how much you love me, when I hear that you love me, that makes me so happy.」
- <7888> 「全身が熱くなって、気絶しそうなほど嬉しいのに、それなのに、どうしても素直になれなくて、言葉で伝えられないのです」=「My whole body heats up, and I feel like I'll faint from excitement. And yet I can never manage to express these feelings as words.」
- <7978> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <7A04> 「だから、だからいつか、エリスがもっと素直で可愛い子の事を好きになったら、わたくしの側から離れていってしまう……それが恐くて、恐くて……ぅぅ」=「And I'm scared that, one day, you'll fall in love with someone else cuter, who can express herself better than me... then I'll be left all alone...」
- <7B10> 「シズク、ありがとう………………ん、ちゅっ★」=「Shizuku, thank you...... ★」
- <7C9C> 「んぁ、ふぅん……ん、ちゅ、ちゅっ……あぁ、エリス……ちゅっ★」=「*kiss* Ah, ah, Eris... *kiss*★」
- <7D5F> 「ちゅ、ちゅっ、ちゅっ★ あぁぁ、シズク……ちゅっ★」=「*kiss* *kiss*★ Ahh, Shizuku...★」
  <7E13> わたくしのぶつけた想いに、エリスはキスで答えをくれた。=Eris returned my blunt feelings with a kiss.
  <7EBD> 言葉なんていらない、もうそれで十分だった。=There was no need for words, that alone was enough.
  <7F5B> 愛しているから、愛されているから……求め合う。=She loves me, and I love her... so we sought each other.
  <7FFD> わたくしは今、ただただエリスを欲しました。=All I want right now is Eris.
  <809B> そして、エリスも……=And she too...
- <822A> 「シズク、いっぱい、いっぱいキスをしよう★ ちゅっ、ちゅ、んふぅ……ちゅ★」=「Shizuku, kiss me more★ *kiss*, *kiss*, nfuu... *kiss*★」
- <82FE> 「ぁん、はふぅん……ちゅ、エリス★ ちゅ、くぅん……あっ★」=「Aan, hafuun... *kiss*, Eris★ *kiss* kuun... Ahh」
  <83B8> 優しいキスを何度もしながら、エリスはわたくしの身体をそっと、ベッドに押し倒してゆく。=Gently kissing me over and over, Eris softly lowered my body onto the bed.
  <8480> そして更に何度も、キスをしてくれました。=And kept on kissing.
  <851C> 愛を込めて、心を込めて。=Pouring in her love, her heart.
- <85B2> 「ちゅっ、んふ……あぁ★ シズク……好き、大好き……ちゅ、ちゅっ★」=「*kiss*, nfu... Ahh★ Shizuku... I love you... *kiss*★」
- <867E> 「あぁん、嬉しい★ エリス……わたくしも、好きです……エリスが、大好き★」=「Aan, I'm so happy★ Eris, so do I... I love you too★」
  <8746> いつもの素直じゃない自分はいなくなっていました。=My usual quiet self had disappeared.
  <87EA> わたくしは心の思うままに、自分の気持ちをエリスに伝えます。=I will show the extent of my feelings for her.
  <8898> 今は、それが何よりも重要なコトなのです。=That was the most important thing now.
- <893E> 「ちゅっ、ちゅぅぅっ★ 嬉しい、あぁん、最高に幸せ……もっと言って、シズク、もっと言って」=「*kiss* *smooch* I'm so happy, aan, I'm so, so happy. Say it, Shizuku, say it again and again.」
- <8A1B> 「好き、好き好き★ 大好き★ エリス、愛してます。世界の誰よりも、貴女を愛しています★」=「I love you★ I love you, Eris★ I love you more than anyone else in the world★」
- <8B00> 「シズクっ★ もう離さない、絶対離さないんだから! ちゅ★ ちゅっ、んちゅ★」=「Shizuku★ I won't let you go, I'm never letting go of you!★」
  <8BD1> エリスの唇が、わたくしの唇と重なって。=Eris pressed her lips against mine.
  <8C6B> そっと噛んで、ぺろぺろ舐められて、またキスされて。=Gently nibbling, licking, then kissing again.
  <8D11> そしてそっと、わたくしの唇を押し開き、あたたかい舌が入ってきました。=Softly prying my lips open, she slid her tongue in.
- <8EAE> 「ひゃぅん、んふぅ★ んちゅる、ちゅ……あふぅん★」=「Hyiaan, nfuu★ *shlrp*, *kiss* Haah★」
- <8F6A> 「ちゅく、れろ……んちゅっ★ れろっ……あぁん、シズクぅ……ちゅ★」=「Ahh, Shizuku...★」
- <9036> 「エリスぅ……あむ★ んちゅ、ちゅ……ぁん★ すごい、キス★ んぁ、あぁ、はぁん★」=「Eris... *kiss* *kiss* ★ What a kiss★ Aa, haan★」
  <9112> すごくエッチなキスでした、キスだけでとろけそうになってしまうくらい★=I'd almost lost myself just from kissing, it was so erotic★
  <91CD> エリスの舌が、わたくしの舌や唇を激しく舐めて、愛してくれる。=Eris showed her love by intensely caressing my mouth, both inside and out, with her tongue.
  <927D> まるで体中を舐められているような、そんな錯覚さえしてしまうほどの快感。=Such was the pleasure that it felt as if my entire body was being licked.
- <9341> 「ちゅ★ ん……シズクぅ、あン★ ちゅ……れろ、ちゅ★」=「*kiss* nn... Shizuku★ *kiss*... *lick*, *kiss*★」
- <9406> 「ひゃぅぅ、エリ、スぅ……あん、ああん、はむぅ★ んちゅ、あぁぁんっ★」=「Hyauu, Eris★ *kiss* Aah, ahhh★」
  <94CC> なんだか体がぞくぞくとしてきた。股間が、お腹の中がうずうず熱い。=My body trembled. My lower body felt restless and hot.
  <9580> この感覚、まさか……まさか、そんな……=This feeling, this... is...
- <9624> 「んぅ、ん、ぅんっ★ れろ、ぺろ……んちゅ、シズクぅ★」=「Mmm, mm★ *lick*... *kiss* Shizuku~★」
- <96E4> 「あふぅん、んぁ、んちゅ……あぁ★ あぁぁぁ★ そんな、キスだけで、わたくし……んああぁぁぁんっ★★」=「Afuun, *kiss*... aaah★ No way, by just kissing, I'm... Aaaan★」
  <98AB> ガクン、と体の力が抜けてしまいました。=All strength suddenly left me.
  <9945> 全身がしっとり汗ばんで、頭がぽーっとして、股間が……もぞもぞして。=I was covered in a light sweat, my head had gone blank, my groin was... tingling.
- <9A05> 「んちゅ……ハァ、はぁ……シズク……?」=「*kiss*... haa... Shizuku...?」
- <9AAB> 「はぁ、はぁ、はぁ……エリス★ わたくし……ぁん★ キスだけで……イッて、しまいました★ はぁん★」=「Ha, ha, ha... Eris★ I came, just from kissing★ Haan★」
  <9B97> エリスのキス、本当に素敵でした★=Eris' kisses are so wonderful★
  <9C2E> きっと彼女だから、エリスだから……こんなにも身も心もわたくしをとろけさせてくれる。=Only she, only Eris... could make me lose myself, both in mind and body, like this.
  <9CF4> 今はもう、あの嫌な気持ちも綺麗に消えていました。=Those terrible thoughts from before were long gone.
- <9DA2> 「シズク……大好き、ちゅっ、ちゅ、ちゅっ★」=「Shizuku... I love you, *kiss*★」
- <9E51> 「もう、エリス……ぁぁ、んちゅ、ん……んんっ」=「Oh, Eris... aah, *kiss*」
  <9EF3> 何十回、何百回も続くエリスのキスが、すごく嬉しかった。=These tens, hundreds, of Eris' kisses made me so happy.
  <9F9D> これからは、不安になったらキスをしてもらおう。=If I ever feel down again, I'll get her to kiss me again.
  <A03F> 揺るぎない彼女の愛を、実感させてもらおう。=Then I can be sure of her unwavering love... It just... It suddenly came to me.
  <A106> そして今は、もっとエリスの愛を感じたい、もっと深く愛し合いたい。=And even now I want to feel her love, I want a deeper exchange of our love.
- <A1C4> 「エリス……お願い、もっと……エッチな事、して下さい……★」=「Eris... please, let's do something even better★」
- <A283> 「シズク……ウン、しよう……いっぱい愛し合おう★」=「Shizuku... okay... Let's share our love★」
- <A40F> 「シズクぅ……ぎゅっ★」=「Shizuku...★」
- <A4AA> 「あぁ、エリス……ちょっと、痛い……かも」=「Ah, Eris... that hurts... a bit.」
  <A548> 強く、激しく、エリスはわたくしの体を抱きしめてきた。=Firmly, intensely, Eris embraced my body.
- <A5FA> 「だって……ずっとこうしたかったのに、できなくて……すごく寂しかったの」=「Because... I'd been waiting for so long...   I was so lonely.」
- <A6C0> 「あぁん、エリス……でもたった、一日だけじゃない」=「Oh, Eris... it's only been one day.」
- <A770> 「一日だって、ワタシはシズクと離れたくないの、こうしてギュッとしたいの」=「Even one day is too long away from you.      I just want to hold you.」
- <A836> 「……うん、わたくしも……毎日、エリスにこうして欲しい★」=「Me too... I feel the same thing every day★」
  <A8E9> 自分からも、ギュッとエリスに抱きつきました。=I tightly squeezed Eris back.
  <A989> この柔らかであったかで、甘い感じが幸せにしてくれる。=The warm, soft and sweet sensations filled me with happiness.
  <AA31> トクトク、エリスの心臓の音が伝わってくる。=Eris' rapid heartbeat echoed.
  <AACF> いつまでも、エリスとこうしていたいです。=I want to stay like this forever.
- <AB75> 「ん……ちゅっ、ちゅぱ……ん★ はぅん……ちゅっ★」=「*kiss*★ Haah... *kiss*★」
- <AC31> 「んふぅ、ちゅ……シズク……ちゅ、んぅぅ……ちゅぱ、んふぅ★」=「Fuu, *kiss*... Shizuku... *kiss*★」
  <ACE8> 抱き合いながら、再びのキス★ ずっと唇を押し当てたままのキス★=Holding our embrace, we kissed again★ Our lips never separating★
  <ADA2> もしまた舌が入ってきたら、わたくし……はしたなくイッてしまうかも★=If she uses her tongue again... I won't be able to stop myself from coming★
- <AE65> 「んふぅ、んぅ……ぁ、ぁぅぅ………………ひゃっ★ え、エリスぅ……」=「Fuu, auu... Hyaa★ E-Eris...★」
- <AF2C> 「んふふっ……シズク、もうラブミルクでヌルヌル★」=「Fufu... Shizuku, you're so wet with love milk★」
- <AFE1> 「いきなり、指……ぁん、もう……驚きました……あぁん、あぁ、あん★」=「Don't use your finger all of a sudden... Geez, you startled me... aaan, aa, aan★」
  <B09E> エリスの指がいつの間にか、わたくしのあそこを撫でていました。=Eris' finger stroked my lower region.
  <B14E> 時々そっとくりとりすを触ったり、指先だけ中に入れてきたり……いっぱい、感じてしまいます。=Alternating between my clitoris, and putting just her fingertip in... It felt so good.
- <B224> 「あぁん、あんあん★ エリスの指、すごくエッチ……はぁ、あん、そんな、ところまで……くぅん★」=「Aaan, Eris, your finger is so lewd★ Ah, not there...★」
- <B30A> 「あぁ、ハァ、はぁ……シズク……ワタシのも、触って……お願い★」=「Ha, aah... Shizuku... touch me too... please★」
- <B3CD> 「エリス………………うん★」=「Eris...... okay★」
  <B462> 真っ赤な顔、とろんと潤んだ瞳、エリスもわたくしに愛して欲しいと望んでいる。=With glossy eyes and face flushed red, Eris wanted my love.
  <B520> 愛し合いたい、一緒に感じたいって思って。=To exchange our love, and feel good together.
- <B5C6> 「エリス……はぁ、はぁ……あっ、エリスのあそこも……すごく濡れてる」=「Eris... haa, ha, aan, you're... so wet down there too...」
- <B688> 「はぅぅん、だって……だって、シズクがすごく可愛いから……あぁ、そこ……イイ★」=「Hauun, that's because you're so cute, Shizuku... ahh, that spot's good★」
- <B75B> 「エリス……あぁん、気持ちいい……もっと、して……欲しいの★」=「Eris... Aaan, that feels so good... Go harder★」
  <B812> わたくしもエリスの感じる処を触りながら、更なる愛撫を求めた。=Even as we stroked each others' sensitive regions, we sought more.
  <B8C2> エリスをいっぱい気持ちよくすれば、それだけエリスもわたくしを愛してくれる。=The more pleasure I can give to Eris, the more she will return.
  <B980> そんな気持ちを抱きながら、わたくしはエリスのあそこを弄った。=With that in mind, I fingered her.
- <BA3A> 「ぁあぁっ、はぅぅん★ シズクの指、気持ちイイ……はぅん★ もっと、きて……もっと……あっ、はぁぁうんっ★」=「Aaanm hauun★ Your finger feels so good★ More, more... aaaahh★」
  <BB29> くりとりすを指で撫で上げると、エリスはますます溢れ出してゆく。=Eris' juices overflowed as I rubbed her clitoris.
- <BBE5> 「はぁ、はぁ、エリス……エリスの、エッチな顔も……可愛い、です★」=「Haa, haa, Eris... you're so cute when you're turned on★」
- <BCAA> 「あぁ、はぁん、シズクにそんなコト言われるなんて……ぁん、恥ずかしい……くぅん★」=「Haan, having you tell me that... how embarrassing★」
  <BD75> 羞恥でギュッと目を閉じたエリス、でも愛液はますますとろみを増し、白く濁ってゆく。=Eris shut her eyes tight from embarrassment. Meanwhile her juices soon thickened and clouded white.
  <BE39> わたくしは悪戯っぽく眼を細めると、その真っ白なエリスの愛液を自らのくちびるに運んだ。=With a devilish narrowing of my eyes, I brought her pale white love juices to my lips.
- <BF0B> 「んちゅ★ ……うふふ、エリスのとろとろみるく……美味しい★ あっ……ぁ、あん★ そこ、いい……」=「*kiss*★... ufufu, Your creamy milk... is so delicious★ Aan, yes, there...★」
- <BFFA> 「ソコって……ココ、? シズク★」=「Here? Shizuku★」
- <C09F> 「ううん、ちょっと違うの……はぁ、はぁ……」=「Uun, wait, not there... Haa, haa...」
- <C149> 「ぁぁん……あっ、ひゃぅん★ 今のところ、すごくいい……ぁあ、あんっ★」=「Aan... hyaun★ Yes, there, that's so good... Aan★」
  <C20F> わたくしが自分の弄って欲しいところを責めると、エリスも腰を揺らして感じてくれた。=I touched her in the place I wanted her to touch me. Her hips shook in response.
  <C2D3> そしてエッチな笑顔を見せながら、同じ処を責めてくれるの★=And with an erotic expression, she did the same in return★
- <C38C> 「あぁん、はぅぅ……くぅん★ そこイイ★ すごくいい★ あん、ああんっ★」=「Aaan, hauu... Yes, there★ So good★ Aaaan★」
- <C468> 「ふぅ、はぁん、アッ……あぁっ、そこ、指でくにくにして……ひゃぅ★ シズクの指、好き……大好き★」=「Fuu, haan, I'm tingling from your fingers... hyau★ I love you, Shizuku★」
  <C548> いつしか、お互い責めて欲しいところを、交互に責めている。=Before we knew it, we were touching each other in exactly the right spots.
  <C5F4> これってまるで、二人でするオナニーみたい……★ 恥かしいけど、気持ちが良くてうっとりしてしまう。=Almost like masturbating, except on each other...★ Embarrassing as it was, I was turning giddy from the pleasure.
  <C6CD> 二人の指は止まりそうにない。エリスにももっと可愛がって欲しくなってくる。=Our fingers showed no sign of stopping. My desire to further pleasure Eris only increased.
- <C793> 「あン★ あああんっ★ シズク、すごいの……ワタシ、ゾクゾクして……あそこ、もっと可愛がってぇ★」=「Aan★ Aaaaan★ That's so good, Shizuku... I'm shivering... Touch me more★」
- <C882> 「わたくしも、もっとぉ……あん★ もっとエリスの指、感じたい……あぁん、エリスの指で、イキたいですぅ★」=「Me too... aan★ More, touch me more... Aaan, make me come with your fingers★」
  <C968> ぬちゅぬちゅ、二人の指が激しく動く。=Our fingers moved furiously, covered in liquid.
  <CA00> とろとろなみるくを溢れさせながら、何度も何度も……★=Bringing forth an endless flow of sticky milk, over and over...★
  <CAAB> そして……互いの指がもっとも敏感な部分を刺激した瞬間、わたくし達の身体はベッドの上で大きく飛び跳ねた。=Then... as we both touched each others' most sensitive spots, our bodies jumped wildly.
- <CB8F> 「ああん★ イイ、イイのぉ、イクイクぅぅ★ ………………ひゃぅん★ イっクぅぅぅんっ★★」=「Aaan★ I'm coming★ ... hyaun★ I'm coming★」
- <CC7E> 「あああああああっ、あッ★ 震えちゃぅ、気持ちよすぎ……ああん、ァあん、わたくしも……イク、いくぅぅっ★★」=「Aaaaan~ I can't stop shaking, it feels too good... Aaan, aah, I'm coming too★」
  <CE46> わたくしの指が、エリスのあそこを愛し……=My fingers lovingly stroked Eris.
  <CEE2> 同じようにわたくしのあそこも、エリスの指にしっかり絡みついて。=While my crotch clasped firmly on her fingers.
  <CF94> 二人一緒に、イク事ができたのです★=We reached our climaxes together★
  <D02D> 最高に幸せな、夢のような気分でした★=A dream-like feeling of profound happiness engulfed me★
- <D0D2> 「ハァ……はぁ、はぁ……エリス……あいして、ます★」=「Haa... haa, haa...Eris... I love you★」
lily_platinum/s017.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)