User Tools

Site Tools


lily_platinum:s013

Lily Platinum:s013

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <06A1> 「夜はこれから」=「The Night Has Just Begun」

- <0B09> 「はぁ~……今日はもう、大変な一日でした」=「Haa... what an eventful day.」
- <0CF3> 「デートすっごく楽しかったね、シズク♪ また絶対に行きましょう★」=「That was such a fun date, Shizuku♪ Let's do it again sometime★」
- <0DB8> 「しばらくは、懲り懲りです……あぁ、もうっ」=「I'm already sick of it for the time being... ahh.」
  <0E58> 思い出しただけで顔が熱くなって、消えてしまいたくなる。=My face flushed just thinking about it. I wanted to disappear.
  <0F02> 何故わたくし、あのような事をしてしまったのでしょうか。=Why did I have to go and do that?
  <0FAC> エリスが他の子と仲良さそうに話しているのが許せなくて、誰にも渡したくなくて。=I couldn't stand seeing her get along so well with someone else. I don't want anyone to take her away.
- <11B8> 「あんなところで、まさかお外で……あぁ、もうお嫁に行けません……ぅぅっ」=「Doing that in such a place, in public, no less... Ahh, I can't get married any more...」
- <13C0> 「??? 理由はよく分からないけど、シズクはワタシのお嫁さんになるんだから、心配しないで★」=「Hmm? I'm not sure what you mean, but don't worry, since you're going to be my bride★」
- <15E1> 「な、ななっ、何を言っているの、エリス! そんな事、軽々しく言わないで……」=「Wh-Wh-What are you saying, Eris? Don't say that so lightly...」
- <17ED> 「えっ、ワタシのお嫁さんになるの、イヤ? じゃあワタシがお嫁さんになったほうがいい?」=「Eeh, you don't want to? Then how about I be the bride?」
- <1A03> 「エリス……ああ、その素直さが羨ましいです……」=「Eris... Oh I envy how upfront you can be.」
  <1AA7> わたくしだってできるなら、余計な事は何も考えず、ただただエリスと愛し合いたい。=I wish I could just forget everything and focus on my feelings for Eris.
  <1B69> 二人だけでいっぱい、幸せな時間を過ごしたい。=I wanted to experience more joyful moments with her, just the two of us.
  <1C09> それを素直に望むのは、まだどこか難しいように思えたのです……その、羞恥的な意味で。=Yet I still could not devote myself to that wish... thanks to my bashfulness.
- <1E1B> 「でも……たまに、でしたら、またデートに行きましょうか」=「Well... as long as it's not too often, I don't mind.」
- <2013> 「ホント!? ありがとうシズク★ だぁい好き★★」=「Really?! Thanks, Shizuku★ I love you★★」
- <2212> 「エリス、もぉ……また、こんなところで………………んっ、ちゅっ★」=「Hey, Eris... not again...... *kiss*★」
  <22CD> それでもわたくしは、エリスのキスを拒まなかった。=I didn't reject her kiss.
  <2371> 今日のデートの記念に、こんなキスを望んでいたから。=Because this kiss was commemorating our date today.
- <2689> 「……ただいま、戻りました」=「... I have returned.」
- <2865> 「ただいま~」=「I'm back~」
- <28F1> 「………………」=「......」
  <2975> もう当たり前のように、エリスは家に上がってきた。=Eris entered my house as if it were the most normal thing in the world for her.
  <2A19> 特につっこみも入れず、わたくしは彼女を部屋まで連れてきました。=I led her to my room without comment.
- <2C17> 「良かったら、今夜も……うちに、泊まっていきませんか?」=「If you don't mind... would you stay over tonight as well?」
- <2CCD> 「い……いいの?」=「R-Really?」
  <2E95> エリスの大輪の花の様な笑顔に、わたくしは顔がかあっと熱くなります。=Eris looked like a large flower as she smiled, and my face flushed in response.
  <2F4B> 喜んでくれている……そんな反応に胸の奥の熱さを感じていると、エリスの手がわたくしの額に伸びてきました。=Eris reached her hand out to my forehead, my chest burning at her delighted expression.
- <3171> 「なっ、なんです?」=「Wh-What is it?」
- <3345> 「シズク、熱はないよね?」=「Shizuku, do you have a fever?」
- <351F> 「ないです、平熱です」=「No, I'm fine.」
- <35B3> 「だって、あまりにシズクらしからぬ発言だったから……なにかあったのかと」=「I thought something might be wrong, since you seem so out of character.」
- <37BB> 「むぅぅ~~~っ」=「Muu~~」
  <3841> せっかく人が勇気を出して言ったのに……失礼ですっ。=After I'd finally mustered the courage to say that... how rude.
- <38F1> 「ごめん、機嫌直して? それじゃあホントにシズクからお誘いなんだね」=「Sorry, don't be offended. You're seriously asking me, aren't you?」
- <3AF5> 「ええ、その通り……」=「Yes, that's right...」
- <3CCB> 「っっ!! し、シズク……うるるっ、ついにシズクの方からお誘いが来るなんて……」=「Sh-Shizuku... you're actually inviting me for once...」
- <3EDB> 「あぁん★ ワタシ今夜は興奮して、眠れそうにないかも★ ってむしろ今夜は寝かさないゾ★」=「Aah★ I don't think I'll be sleeping tonight, I'm so excited★ And neither will you★」
  <3FB6> エリスはわたくしの言葉を遮ると、嬉しそうにまくしたてた。=Eris went on happily, cutting me off.
- <41AE> 「で、ですから、誘ったりしているのではありませんっ! たまたま、今日は誰もいないだけで、ですから良かったら……」=「B-Besides, I'm not inviting you, it just happens that there's no one at home, so I thought, if you'd like...」
- <43DE> 「さっき台所に、夕飯の材料らしきモノがいっぱい置いてあったけれど?」=「Then why are there a whole bunch of ingredients just sitting there in the kitchen?」
- <45E3> 「……ぎくっ」=「... Guh.」
- <466F> 「それに……そこにあるユカタ、ワタシ用の着替え?」=「And that yukata over there, is for me, right?」
- <4720> 「ぎくぎくっ」=「Guuh.」
- <48EE> 「どう見ても、お泊り準備万端、整っておりますわ★ という感じね★」=「It seems like everything is quite conveniently set up for me to stay over★ Isn't it?★」
- <4AFB> 「……ぅ、ぅぅ……」=「... Uuu...」
  <4B83> その通り、エリスがわたくしをデートに誘いに来る前、ほぼ全部支度を終えていましたから。=She was right. Before leaving for our date, I'd made all these preparations.
  <4C4B> 今日はわたくしがエリスを招待して、もてなしたかった……そんなつもりでいたのです。=I had planned to invite her over and entertain her.
- <4D19> 「……わっ、わたくし、急いで夕飯の準備をしてきますね。だからエリスは、その間にお風呂にでも入って来てください」=「... I-I'll go make dinner, okay? Please go ahead and take a bath in the meantime.」
- <4F47> 「う~ん……違うよ、シズク」=「No... that's not right, Shizuku.」
  <4FD7> エリスは首を大きく振って、わたくしにダメ出しをした。=Eris shook her head firmly, expressing her discontent.
- <5089> 「違う、とはどういう事ですか?」=「What do you mean it's not right?」
- <5269> 「こういうシチュエーションの時は、決まった言い方があるの。この世の絶対的ルール、というものが」=「In this kind of situation, there's a specific way to say it. An absolute rule of this world.」
- <5345> 「そのようなものが、あるのですか?」=「There's such a thing like that?」
- <53E7> 「そう、あるのっ!! こういう場合はね、こうやって聞くのよ」=「There is! In times like this, you're supposed to say:」
  <5497> ビシッと背筋を伸ばし、胸をグッと張りながら、エリスは言った。=Eris straightened her back, puffed out her chest and said:
- <5693> 「お風呂にする? 食事にする? それとも……ワ・タ・シ★」=「Would you like a bath? Dinner? Or perhaps... me★」
- <5892> 「………………は?」=「...... Huh?」
- <5A66> 「このセリフじゃないとダ・メ。さ、シズク! はい復唱」=「You have to say that or else it won't work. Now you try, Shizuku.」
- <5C5C> 「………………」=「......」
- <5E2C> 「はい、もじもじ恥ずかしそうにしながら、上目づかいで復唱して!」=「Yes, with an embarrassed and hesitant expression, say it in repetition with upturned eyes!」
#Hinata: ^ this line didn't have a translation so I filled it in.
  <5EE0> エリスって一体……どこで、こういう知識を仕入れてくるのかしら。=Just where did Eris come across this information.
  <5F92> あまりのお約束的な展開に呆れて、わたくしは何も言えないままでした。=I had become speechless at this supposed obligation being thrust upon me.
- <6194> 「ほら、早く言って言って、シズクっ」=「Hurry up and say it, Shizuku.」
- <6236> 「ですが……別にそのような言い方をしなくても、普通に……」=「Well, I don't exactly have to say it like that, do I? I could just...」
- <6430> 「ダメ、ダメなの、こういうシチュエーションでは必ず、こう聞かないとダメっ!」=「No, that won't do. In this situation, you can't ask it any other way!」
- <663C> 「シズクがちゃんと、ルールに乗っ取って聞いてくれるまで、ワタシ何も答えないから」=「Until you follow the rules and say it like I did, I won't answer.」
- <670A> 「ちょっと、エリス……そんな我がまま、言わないで」=「Hey, Eris... don't be like that.」
- <68FC> 「絶対にイ・ヤ。言ってくれるまで、ここから一歩たりとも動きません」=「I don't care. I'm not moving until you do it.」
- <69BC> 「エリス……もう」=「Eris... geez.」
  <6A42> こうなった時のエリスは本当に、テコでも動きそうにありません。=With Eris in this state, not even a crowbar would make her budge.
  <6AF2> だからって、あんなに恥ずかしい台詞を言うのは……=But making me say something as embarrassing as that is...
- <6CE2> 「………………シズク?」=「...... Shizuku?」
- <6EBA> 「ぅぅ……わかりました、もう……言えば、良いのでしょう……」=「Uuu... okay, I get it... I just have to say it, right...?」
  <6F6A> ああ、顔の温度が勝手に上昇していく、きっと真っ赤になっているはず。=Aah my face must be so red right now. I can't control it.
  <7020> それでも言わないと、言うしかないの、だから言うのよ、雫っ!!=But I have to say it. I have no choice. Let's go, Shizuku!!
- <70DA> 「ぉ……お風呂にしますか? お食事にしますか? それとも……わ・た・く・し?」=「W-Would you like to take a bath? Or would you like to have dinner? Or perhaps... me?」
- <72E8> 「もちろん、シズクっ★★」=「Of course, I'll have you★★」
  <737E> わたくしがその恥ずかしい台詞を全て言い終えると同時に、エリスは答えてしまいました。=The moment I finished saying that embarrassing line, Eris responded.
  <7444> そしていきなり、わたくしの体を押し倒してきたのです。=Not only with words, but by pushing me over.
- <75F3> 「エリス、ダメ……あぁん、エリスはどうして、すぐにこうなるの……ァン★」=「Eris, stop... Ahh, why does it always come to this with you... ah★」
- <76BE> 「だってだって、ワタシはシズクが大好きだから★ いつでもどこでも愛しいシズクを求めているの★★」=「Because I love you so much★ No matter where, no matter when, I can never get enough of my beloved Shizuku★★」
  <779F> 押し倒されるのを止めようと、わたくしは壁に寄りかかって跪いた。=I retreated against the wall, trying to avoid her advances.
#DeltaCake: line says she's kneeling, but the CG shows otherwise?
#hinata: the CG might be for another scene, but the current translation is okay.
  <7851> そんな体勢のわたくしの下半身を、エリスはガッチリ押さえ込んできた。=Yet Eris continued her pursuit, pinning down my lower body.
  <7907> 驚くほどの速さで服をはだけさせ……=With surprising speed, my clothes were opened...
  <799D> エリスはそのまま、わたくしの股間に顔を埋めてしまったのです。=And Eris buried her face between my legs.
- <7A57> 「ちゅ★ ああシズク★ シズク★ シズクぅぅ★ ぺろぺろさせてぇぇぇ★」=「*kiss* Aah Shizuku★ Shizuku, Shizukuuu★ Let me lick you★」
- <7B36> 「ひゃっ、あん、まだだめ……あぁん、いきなりすぎるぅ……はぁん★」=「Hyah, ahh, no, stop... ah, slow down... haah★」
- <7BFB> 「ちゅぱ、ぺろ……んちゅ★ 愛はいつだって、突然燃え上がるの★ ちゅぱ、ぺろ……シズクの蜜、美味しい★」=「*lick* *kiss*★ When love erupts, it can't be stopped★ *kiss* *lick* ... Your nectar is so delicious, Shizuku★」
- <7CF0> 「やっ、ばか、そんな事言わないで、エリス★ あぁ、んぁぁん、あはぁぁ……力、抜けちゃいます……くぅん★」=「D-Don't say something like that, Eris★ Ah, nngh, ahha... I'm getting weak... kuuh★」
  <7DD6> エリスの舌がわたくしの割れ目に入ってきて、中のひだひだを舐め回す。=Eris thrust her tongue between my folds, licking in a circular motion.
  <7E8C> ちろちろ動いたり、強く舐め上げられたり、強弱をつけた上手な舌技に、わたくしの身体は酔いしれていく。=My body was becoming intoxicated as her tongue fluttered with skilled, powerful strokes.
  <7F62> そのあまりの快感に、腰がガクンと落ちてしまった。=My hips shook at the intense pleasure.
  <8006> それでもエリスの舌はしっかり、わたくしの花心を舐め続ける。=But Eris continued to lick my core.
- <80BE> 「ちゅ、ちゅぱ……あぁ、シズクの恥ずかしいトコロ……全部舐めてあげる★ ちゅぱ、んちゅう★」=「*suck* ... Ahh, I'll lick all over your embarrassing places, Shizuku★ *suck* *kiss*」
- <81A2> 「やぁ、あぁっ、そんなにされたら……ああぁぁん★ おかしな気分になって……はぁ、はぁぁ……あぁぁんっ★」=「Yah, aah, don't do that... ahhhn★ I'm going crazy... ha, haa, ahhn★」
- <8292> 「シズク……すごく感じてる★ シズクのラブミルク★いっぱい溢れて……ふふっ、クリトリスにトッピングして……ちゅぅぅぅっ★」=「You're so wet, Shizuku★ Your love milk is overflowing★ Fufu, it's all over your clitoris... *suck*★」
#lit. being a "topping" for
- <8399> 「ひゃぁぁぁんっ★★ そこダメ★ だめだめだめぇぇぇ★★★」=「Hyaaan★★ Not there★ Noooo★★★」
  <8461> エリスはくちびるで『くりとりす』にくちづけると、まるで赤ちゃんの様にちゅうちゅうと吸い始めた。=Eris sucked on my clitoris like a baby.
  <8533> 全身の中で一番敏感な突起を、その熱い唇でききゅうきゅうと刺激する。=My most sensitive area was being stimulated by her hot lips.
  <85E9> 信じられないほど強烈な快感が、わたくしの全身を奮わせてくる。=An unbelievably intense sensation assaulted my entire body.
  <8699> 熱いものがお腹の奥から、湧きあがる感じ……来そう★ もう来ちゃう★ このままじゃ……=The heat building up within me threatened to burst out... At this rate, I'm going to      come...★
  <876B> ダメ、でもまだ早すぎる!=No, it's too soon for that!
- <8801> 「えっ、エリス、だめ……そこばかり舐められたら、わたくし……あぁ★ 感じ……すぎちゃぅぅぅ★」=「E-Eris, stop... if you keep licking there, I'll... ahh★」
- <88E7> 「ちゅぱ、ちゅぅぅぅぅ……感じすぎちゃうの? シズク★ だったら……ふふっ、んちゅぅぅぅっ★★」=「*suck* *kiss~* ... Does it feel that good, Shizuku?★ in that case... fufu, *suck~*★★」
- <89D2> 「ぃあああぁぁっ!? やだだめっ、だめだめぇぇぇぇっ、エリスのイジワルっ★」=「Ahhhh?! No, stop, noooo. Eris, you meanie★」
  <8A97> くりとりす、そんなに強く吸われてしまったら……おかしくなっちゃう。=I'm going crazy from having my clitoris sucked so hard.
  <8B4D> 何だか恐い、気持ち良すぎて、ゾクゾクして、頭の中が真っ白くなっちゃいます★=It was almost scary how good it felt. I was shivering, my mind went blank★
- <8C18> 「ああぁぁぁっ、ダメなのに、こんなのダメなのにぃ★ あひぃぃんっ★ イカせて★ イカせて★ エリスっ★★」=「Ahhhh, no, nooo★ Aiiii, make me come★ Eris★★」
- <8D1C> 「ちゅぱ★ ……ウン、イッて、イッちゃっていいよ、シズク★ んちゅうぅぅぅっ★★」=「*suck*★ ... Okay, come, I'll make you come, Shizuku★ *kiss~*★★」
- <8ED9> 「ひゃん、ひあぁぁぁぁーーーんっ、あ★ イっクぅぅぅっ★」=「Hya, hyaaaaa, ah★ I'm coming★」
  <8F91> 体が大きく飛び跳ねた、そんな感じがした。=I felt my body jump wildly.
  <902D> それだけじゃない、わたくしの心もどこか、天に昇るような感じ★=Not only that, but my mind felt as if it was in the clouds★
  <90E0> はしたない女性になってはいけない、普段はそう思っているのに……この瞬間、愛しいエリスにイカせてもらうこの瞬間だけは、余計な事など考えられない。=I was always conscious of keeping myself from indecency... But in that moment, that moment where my beloved Eris was making me come, there was no room in my mind for such unnecessary things.
  <91E2> ただただ気持ち良く、ただただ幸せで。=I could only think about this pleasure, this happiness.
  <927A> だけど……それだけでは終わらなかった。=And yet... it didn't end there.
- <931E> 「ちゅぱ、んふぅ……はぁ、ハァ……シズク……気持ちよかった?」=「*kiss* ... Haa, haa... Shizuku... did it feel good?」
- <93DA> 「ひゃぁぁ、あぁぁぁん、腰が、ふるえて……なにか来る、来るくる、きちゃうぅぅ………………ひゃぅぅんっ★★」=「Hyaa, aahn, my hips are... shaking. Something's coming, it's coming...... hyaaaa★★」
- <95E0> 「きゃっ!? ひゃぁぁ、し、シズクっ!?」=「Kya?! Hyaa, Sh-Shizuku?!」
- <9688> 「あああぁ★ やぁぁ……あぁ★ こんな……あはぁ、こんなの、やぁぁん……あぁ、ぅぅっ」=「Aaahh★ Yaa, ahh★ What is this... nooo, ahh.」
  <975C> 自分に起こった事が、信じられなかった。=I couldn't believe what I'd just done.
  <97F6> わたくしのあそこから、黄色い液体が止めどなくあふれ出していたから……=A golden liquid had come gushing out from between my legs...
  <98AE> その事実に驚きながらも、何故か意識はぽーっとしたまま、愛しいエリスの顔を見つめるまま。=Still stunned by that realization, I simply stared at my beloved Eris.
  <9978> それほどまでに、わたくしはエリスに、彼女の『ぺろぺろ』に、感じてしまっていたのです★=That was how good her "licking" had made me feel★
- <9A4D> 「あぁ……はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……はわぁ……ぁん」=「Ahh... haa, haa, haa, haa, aah.」
- <9AFF> 「シズク、すごい……すごくいっぱい出ちゃったね……おしっこ★」=「Shizuku, that was amazing... you peed so much★」
- <9BC0> 「はぁ、はぁ……うん、おしっこ、いっぱい………………えぇぇっ!?」=「Haa, haa... Yeah, so much, pee...... Eeehh?!」
  <9C76> エリスの口から出た『おしっこ』という言葉が、一気にわたくしの意識を現実に引き戻した。=My mind was suddenly brought back to reality when Eris said "pee".
- <9D48> 「シズクぅぅ★ なんだかシズクの顔、ピンク色ですごくエッチ★」=「Shizukuu★ Your face is so pink and erotic★」
- <9E0E> 「あわ……あわわ、やぁ……あぁぁ……」=「Ah... awawa, yaa... ahh..」
  <9EA8> 頬を赤らめて、わたくしの顔をまじまじと見つめるエリス。=Eris blushed as she stared at my face.
  <9F52> その整った顔は、わたくしの愛液と、そして明らかに違う液体で汚れていた。=Covering that face were my love juices, and a distinctly different fluid.
#lit. dirtying that face
- <A016> 「やぁ、あぁぁん、わたくし……もぉ、やだぁ……あぅぅ」=「Yaa, ahhh, I... nooo... ahhh.」
- <A0CA> 「シズク、気にしないで? むしろコレご褒美だから★ ワタシの人生へのスペシャルギフトだから★」=「Don't worry, Shizuku. In fact, this is like a reward★ A special gift to my life force★」
- <A1B0> 「やだやだ、だめ、エリスっ! 言わないで、言っちゃ……って舐めるのもだめぇ!? いやぁぁんっ」=「No, no, stop, Eris! Don't say anything... hey, don't lick it up either!」
  <A282> 大慌て、まさに『ぱにっく』状態でした。=I was terribly flustered, embodying the very meaning of "panic".
  <A31C> あまりの恥ずかしさに、わたくしは自分とエリスの頭を交互に叩いてしまった。=In my embarrassment, I hit myself and Eris on the head in turn.
- <A3E2> 「わたくし、ああ、わたくし……なんて事をしてしまったのかしら……あぅぅ、もうお嫁に行けません~」=「I... ah... what have I done... Ahh, now I really will never get married~」
- <A4C0> 「だから大丈夫★ ワタシがシズクをお嫁さんにしてあげるから★」=「I said not to worry about that★ Because I'll make you my bride★」
- <A586> 「もぉ、ばかばかばかばかぁ、エリスのばかぁぁぁっっ!!」=「Oh, you, you, you, Eris you idiot!!」
  <A632> あまりの恥ずかしさに、わたくしはエリスを突き飛ばしてしまいました。=Still lost in embarrassment, I pushed Eris away from me.
  <A6E8> こんな羞恥を味あわされて、泣きたい気分です……というかもう泣いています。=I felt so ashamed, I wanted to cry... in fact I already was.
- <A7AE> 「しくしく、しく……やぁん、もぉ……こんなの、いやぁぁん」=「*sob* *sob* *sob* ... Ahhh, I can't take this.」
lily_platinum/s013.txt · Last modified: 2017/02/05 23:14 by massaca