User Tools

Site Tools


lily_platinum:s012

Lily Platinum:s012

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0771> 「ヤキモチとツンデレ」=「Jealousy and Tsundere」

- <0BDF> 「はぁ、はぁ……はぁ、もう、危うく見つかるところでした……はぁ~」=「Haa, haa... Haa, we were almost discovered... Haa~」
- <0DE1> 「もぉ、もっとゆっくり、余韻に浸っていたかったのに……ガッカリ」=「I wanted to be immersed in the moment for a while longer... I'm disappointed.」
- <0FE1> 「何を言ってるんですか、エリス! あんなところ、店員さんに見られたら、とんでもない事になりますよっ」=「What are you saying Eris!? It would be unthinkable if the store clerk were to see us.」
- <1205> 「邪魔しに来なければいいのに……気が利かないわ」=「If only they had just left us alone... How inconsiderate.」
- <12B3> 「エリスが大きな物音立てるから、見に来たのですっ」=「They came because you were making such loud noises.」
- <14A5> 「違うわ、シズクがエッチな声、いっぱい出すから」=「No, it's because you were talking in an erotic voice.」
- <1553> 「ぅ、ぅぅ……もぉ、エリスのお馬鹿……ふんっ!」=「Uu, uu... Geez, it's your fault... Hmph!」
  <15F7> 何とか呼吸も整ってきたわたくしは、頬を膨らませてぷんぷん怒っていました。=Having finally caught my breath, my cheeks were now puffed in anger.
  <16B3> 更衣室でのエッチ、その後エリスがわたくしに抱きつき、ゆっくり余韻に浸っていると、店員さんが近づいてきて。=After having sex in the fitting room, Eris continued to embrace me while basking in the afterglow, until the store clerk came. 
  <178F> 見つかるわけにもいかず、わたくしは最低限に身なりを整えて、洋服を戻して、エリスと共に飛び出してきたのでした。=In order to avoid being discovered, I fixed up my appearance quickly and returned the western-style clothes. After that Eris and I quickly exited the store.
- <19BB> 「もぉ……機嫌直して? シズクぅ……ねっ?」=「Cheer up, Shizuku... Hey?」
- <1A65> 「エリスはいつも強引です、それに破廉恥すぎます。もう少し、場所も考えて下さいっ!」=「You're always so pushy and shameless. Next time please think about the place more carefully!」
- <1C77> 「だって……シズクがあまりにも、可愛かったから★」=「That's because... You're too cute★」
- <1E6E> 「うぅぅっ、もう……そうやって褒めても、許しませんっ」=「Uuuu, Geez... Even if you say that, I'm not going to forgive you.」
- <1F22> 「だって仕方ないわ、あの可愛さは誰も放っておけないもの。あぁん、今度は他のお店で……んふ、んふふっ★」=「But that's not possible. If anyone saw someone as cute as you, they wouldn't be able to leave you alone. Aan, next time, in another store... Nfu, nfufu.」
- <200B> 「………………」=「......」
  <208F> どうやらエリスは、まったく反省している様子はないみたい。=Eris didn't seem to be reflecting on her actions at all.
  <213B> 別の洋服屋で試着しても、同じ事になりそうで。=If we went to another store and tried on the clothes, the same thing would probably happen.
- <21E5> 「確かに……さっきのエッチは、わたくしも……良かった、けれど……」=「Certainly... Our sexual activities earlier... I did enjoy it, but...」
  <229B> それはそれ、ああやってすぐエッチに持ち込むエリスには、反省してもらわないと。=That aside, Eris really needs to fix how she always makes things lead to sex.
  <235B> こうなったら、少しお灸をすえる必要がありそうです。=It seems that I will have to scold her a little. 
- <254D> 「ねっ、シズク。次はどこのお店に行こうか……シズク?」=「Hey, Shizuku. Which store should we go to next... Shizuku?」
- <2743> 「……もう、どこにも行きません。わたくし、先に帰らせてもらいます!」=「I don't want to go anywhere, anymore. I'm going home.」
- <2947> 「えっ、ウソでしょ、シズク!?」=「Eh, you're kidding, right, Shizuku!?」
- <2B27> 「ウソではありません。もうこれ以上、エリスには付き合っていられませんから」=「It's not a lie. I don't want to associate with you any further.」
  <2D23> そうきっぱり告げて、わたくしは歩き出しました、できるだけ早歩きで。=Having said that so clearly, I started walking away as fast as possible. 
- <2F21> 「まって、待ってよ! 待ってってば、シズクっ」=「Wait, please wait! Wait, Shizuku.」
  <2FC3> その慌てた呼びかけを聞いても、わたくしは振り向かずにすたすた、歩き続けます。=Even though I heard her frantically calling out to me, I continued to walk on without looking back. 
  <3083> 振り向いてはダメ、振り向いたら安心してしまう……ここは心を鬼にして、完全無視です。=Turning around now will only make me falter... I must harden my heart here and completely ignore her. 
- <3291> 「シズク、止まってよ……もぉ、シズクっ!! 許してよぉ」=「Shizuku, stop... Geez, Shizuku!! Please forgive me.」
  <342D> そんなエリスの声がだんだん、遠ざかっていく。=Eris's voice gradually became more distant. 
- <35CB> 「それにしても……エリスったら本気で心配そうな声を上げて……ふふっ、作戦通り」=「Eris really sounds worried now... Fufuu, all according to plan.」
  <368D> 思わず意地悪な笑みを浮かべながら、わたくしは更に先に進みました。=While wearing an unintentionally mean smile, I continued forward.
  <3741> そしてふと、気づいたのです。=Then suddenly, I noticed it. 
- <38CF> 「……エリスの声、聞こえない……」=「... I can't hear her voice...」
  <3965> 慌てて振り返ってみても、そこには人混みしか見えなくて。=I quickly looked back, but I could only see a crowd of people behind me. 
  <3A0F> エリスの姿を見つける事ができなかった。=I couldn't see Eris at all. 
- <3AB3> 「あれ……エリス、どうしたのかしら?」=「Huh... What happened to her?」
  <3B4D> 確かに大勢人がいるから、追いかけづらいとは思う。=It definitely would be difficult to chase after me with this sort of crowd. 
  <3BF1> でもエリスはわたくしよりも脚が速いし、すぐに追いつくと思っていました。=But Eris is much faster than me, so she should be able to catch up immediately. 
  <3CAB> そしたら『本当はもう怒ってませんよ』と言うつもりだった。=Then I was going to tell her, "I'm not really angry anymore".
  <3D57> なのにエリスの姿は、すっかり見えなくなっている。=Yet I couldn't see her at all. 
- <3E05> 「まさか……迷子になった、とか?」=「Is it possible that... she got lost?」
  <3E9B> それはない、きっとこういう所はエリスの方が詳しいはずだし。=It can't be, since she would surely be familiar with a place like this. 
  <3F49> でも気になったわたくしは、戻ってエリスを探す事にした。=However, I became anxious and so I went back to look for her. 
  <3FF3> そして彼女は、すぐに見つかったのですが……=And I quickly found her... 
- <420F> 「ねーねー、もしかしてモデルさん?」=「Hey, hey, are you in modelling?」
- <43A5> 「そんな風に見える? や、違うのだけどね」=「Do I appear to be like that? But, I'm not.」
- <444D> 「ウソ! モデルでもないのに、そんなに可愛いの? 服のセンスだってイケてるし、街歩いていれば、絶対スカウトされるって!」=「No way! You're not a model even though you're that cute? Since you have such a good fashion sense, you would surely be scouted just by walking through town!」
- <4637> 「スカウト、ね……そうなったらシズク、ビックリするかしら……ふふっ」=「Scouted... Wouldn't Shizuku be surprised... Fufuu」
- <47ED> 「………………」=「......」
  <4871> わたくしが発見したエリスは、見知らぬ女の子の集団に囲まれていました。=I had found Eris who was surrounded by a group of unknown girls. 
  <4929> 何だか学校でも、同じような光景をいつも見ている気がします。=Somehow I feel like it's the same as school. 
- <4AD5> 「エリスったら……わたくしの事を放っておいて、あんな子達と……」=「Eris... Abandoned me for such people...」
  <4B89> イラッとしました。=I suddenly became irritated. 
  <4C0F> だってエリスはわたくしを追いかけもせず、楽しそうに知らない子とおしゃべりなんてしているんですから。=Because she was chatting to those strangers instead of chasing after me.
- <4DDF> 「ファッションセンスもイケてる~! 服、いつもどの辺で買ってるの?」=「Your fashion sense is amazing~! Where do you buy your clothes?」
- <4F95> 「特にショップは決めてないわ。でもこの辺で買うコトが多いかしら」=「I don't really have a particular shop, but there should be a lot of things to buy in this area.」
- <5053> 「ねね、もし時間あるなら、私たちとお茶しようよ。色々聞きたいし」=「Hey, If you have time, you could come to tea with us. I have a lot of things I want to ask you.」
- <5205> 「う~ん……でもワタシ、実は今……」=「Well... Actually, I...」
- <53E9> 「彼女は今、わたくしとデート中なんです。手を出さないで下さらない?」=「Right now, she is in the middle of a date with me. Would you mind leaving her alone?」
- <54AB> 「シズク?」=「Shizuku?」
  <552B> 気付いたらわたくしは、エリスと女の子達の間に割り込んでいた。=When I noticed them, I interrupted the conversation between Eris and the girls. 
  <55DB> そしておもむろにエリスの腕をつかんで、引っ張っていく。=And I quickly grabbed Eris' arm and pulled it towards me. 
- <568F> 「シズク、痛いっ……あぁぅぅっ」=「Shizuku, it hurts... Aauuu.」
- <572D> 「ちょっと何よ、このコ……そのコとは今、私たちが話してるんじゃない」=「What are you doing? ... We're not finished talking yet.」
- <57EF> 「そうよそうよ、邪魔しないで!」=「That's right, don't interrupt!」
- <59CF> 「お黙りなさい! 部外者は黙っててください」=「Please be quiet! You outsiders should be silent.」
  <5A6F> 我ながらとんでもない事を言ってしまった。=I had said such an unexpected thing. 
  <5B0B> でももう、後には引けない。=But I won't hold back any longer. 
- <5CE5> 「さ、いらっしゃい! エリス」=「Now, let's go! Eris.」
- <5D81> 「待って、待ってよ、シズク~」=「Wait, hey, wait Shizuku~」
  <5E13> 力づくでエリスを引っ張り出し、そのまま一目散に走り出す。=After pulling Eris out with all of my strength, I began to run at full speed. 
  <5EBF> どこに行けば良いのか、どうすれば良いのかわからないけど、とにかくここから離れたかった。=Where would be a good place to go? Although I didn't know where, I just wanted to leave here. 
- <61FB> 「ハァ、ハァ、ハァ……はぁ……はぁ~」=「Haa, haa, haa... Haa... Haa~」
- <63E1> 「しっ、シズク……どうしたの、もう……」=「Sh-Shizuku... What happened? Geez...」
- <65C9> 「はぁ、はぁ……何よ、エリス……もう、何なのですっ!!」=「Haa, haa... What, Eris... Geez, what were you doing!!」
- <67C1> 「ひっ、まだそんなに怒ってたの、洋服屋のコト?」=「Hii, you're still mad about the clothing store?」
- <686F> 「違いますっ!! 他の子とあんなに楽しそうに話して、わたくしの事なんか忘れてしまって……エリスは今、わたくしとデート中なのでしょう!?」=「I am not!! You were talking so happily with those other people, it looked like you forgot about me... But aren't you supposed to be on a date with me right now?」
- <6AB7> 「シズク……もしかして……ジェラシー?」=「Shizuku... Is it possible... that you're jealous?」
- <6C9F> 「ハァ、はぁ………………えっ?」=「Haa, haa...... What?」
  <6D33> そんな、焼き餅なんて、このわたくしが……=For me to feel something like jealousy... 
- <6F1B> 「そんなわけ……ありません!」=「It's not... because of that!」
  <6FAD> わたくしは自分に言い聞かせるように、叫んだ。=I shouted, as if to convince myself of it.
  <704D> 可愛い女の子達に囲まれて、『なんぱ』されそうになっているエリスを見ていた時。=When she was surrounded by all of those cute girls, as if she was being hit on.
  <710D> 胸のあたりがもやもやして、いらいらして、すごく嫌な気分になりましたけれど……=Although my heart felt gloomy, felt irritated, and started to have unpleasant feelings... 
  <71CD> ヤキモチだなんて、そんなわけありません。=It definitely cannot be jealousy. 
- <73B5> 「そうかぁ『ヤキモチ』焼いてくれたんだぁ」=「I see. You're burning with jealousy.」
- <759F> 「違いますっ」=「You're wrong.」
  <7621> 否定しているのに、エリスはそうなんだぁ~を繰り返す。=Even though I denied it, she repeated her tease.
  <76C9> ああ、もうどうしてわかってくれないのかしら。=Ah, why can't you understand?
- <78B5> 「とっ、とにかく全部、悪いのはエリスですからね!」=「A- Anyways, it's all your fault!」
- <7965> 「エリスがあんな場所でエッチしたり、わたくし以外の子と楽しそうにおしゃべりしたり……もぉ、もぉもぉ、酷いですっ!!」=「Doing perverted things in that place, and having so much fun when talking to someone other than myself... Geez, geez, geez, you're terrible!」
- <7A57> 「……シズク……すごく、可愛い★」=「... Shizuku... you're so cute★」
- <7AFC> 「なっ? 何言っているの、わたくしは今、とても怒って……やっ、あぁん」=「What? What are you saying? I'm very angry right now... Yaa, aan.」
- <7C97> 「んんっ、ちょ、ちょっとエリス、こんなところで……あぁん★」=「Nnnn, W- wait, Eris, not here... Aan★」
- <7D56> 「ちゅっ、ちゅちゅっ★ ああっ、シズク……シズクぅ★★」=「*kiss*, *kiss* *kiss*★ Aahh, Shizuku... Shizuku★★」
  <7E0F> ギュッと抱擁、抱きしめられたまま、何度もキスされて。=While embracing me firmly, she kissed me many times. 
  <7EB7> わたくしは思わず、甘い声を上げながら、ぽーっとしてしまいました。=I cried out unknowingly, my mind completely blank. 
  <7F6B> ここが駅前の繁華街である事も、一瞬だけ忘れてしまって。=For a moment, I forgot that we were in front of the station of the shopping district. 
- <801F> 「シズク、すっごく可愛い★ 怒ったり、ジェラシーしたり……全部ワタシのせいよね?」=「You're amazingly cute★ When you're angry, or jealous... Is all of it because of me?★」
- <80F4> 「それは、そのぉ……多分、そうかもしれませんが……」=「Th-that's... I guess you could say that...」
- <81A6> 「それだけシズクが、ワタシの事を好きってコトよね? 独占したいって思ってるのよね★」=「You love me that much? You want me all to yourself★」
- <827D> 「べっ、別にそこまでは……ぅぅ」=「I-I wouldn't go that far... uu」
  <8311> エリスのいう事は全部当たっているけれど。=Everything she said was spot on, though.
  <83AD> 自分がそんなにも独占欲が強いなんて思われたくはなかった。=But I didn't want to seem so possessive. 
  <8459> わたくしばかりが、エリスを強く求めていて。=I really want Eris. 
  <84F7> 他の誰かにとられないかと、ビクビクしているみたいなのは悔しいのです。=I'm afraid she will be taken by someone else.
  <85AF> それでもエリスは、そんなわたくしの様子に満足しているみたいで、激しいキスをしてくる。=Eris, seemingly satisfied, kissed me intensely. 
- <8681> 「嬉しい、すごく嬉しい★ もうこの気持ち、抑えられない……ちゅっ、んちゅ……ん★ シズクぅ★」=「I'm happy, so happy★ I can't suppress my feelings anymore... *kiss*, *kiss~*★ Shizukuu★」
- <8847> 「ああ、あぁん……ん★ ちゅ……はぁ、はぁ……ぁん★ 甘い、キス……くぅん★」=「Ah, Aan... nn★ *kiss*... Haa, haa... An★ Sweet kiss... kuan★」
  <8918> エリスの情熱的すぎるキスに、体から力が抜けていきます。=As a result of Eris' overly passionate kiss, I started to lose power from my body. 
  <89C2> でも強く抱きしめてくれるから、倒れることなくそのまま身を委ねてしまいます。=I surrendered myself completely, letting her firm embrace keep me upright.
  <8A80> この幸せな状況に、いつまでも浸っていたくなってしまう。=I want to float in these happy feelings forever. 
- <8B34> 「ぁぁ、はぅぅん……あっ、あぁぁ★ ちゅ、んふぅ……エリス……★」=「Ah, Hauun... Ah, Aaaa★ *kiss*, nfuu... Eris... ★」
- <8BFE> 「シズク、好き、大好き……ちゅっ★ もっといっぱい、したくなってきちゃった……ふふっ★」=「Shizuku, I like you. I love you... *kiss*★   I want to do more... Fufuu★」
- <8CDE> 「ひゃっ、あぁん、もぉ……エリス、こんなところでは……ダメですぅ」=「Hyaa, aan, Geez... Eris, not... here.」
  <8D94> いくら通りの端の方とは言え、何人かの通行人には見られてしまっている。=Though we were somewhat to the end of the street, there were still a number of people who could see us.
  <8E4C> ただでさえ、エリスは人目を惹く容姿をしているのだから。=Not even accounting for how much Eris stands out already.
- <8F00> 「やっぱり、恥ずかしい? シズク」=「Is it too embarrassing after all? Shizuku.」
- <8FA0> 「当然、です……ここでは、これ以上は……キャッ、ちょっとエリス!?」=「Of course... Here, any more than this... Kyaa, hey, Eris!?」
  <911B> 突然、エリスがわたくしの手を引いて、走り出しました。=Suddenly Eris pulled my hand and we began to run. 
  <91C3> さっきと完全に、立場逆転です。=It was a complete reversal of our roles before. 
- <9310> 「はぁ、はぁ、はぁ……あぁん、エリス、一体どこまで……」=「Haa, haa, haa... Aan, Eris, where on Earth...」
- <93C6> 「ハァ、ハァ……ふふっ、この辺なら大丈夫かな★」=「Haa, haa... Fufuu, is this area okay? ★」
  <946F> やっとエリスが立ち止まったのは、細い裏路地でした。=Finally Eris stopped in a narrow back alley. 
  <9515> 少し薄暗くて、ほとんど人通りもなさそうな場所です。=It was a little dim, and it did seem unlikely to have any pedestrians. 
- <95C5> 「ここならちょっとくらい大丈夫だよ、シズク★」=「It should be safe here for a while, Shizuku★」
- <9676> 「大丈夫って、まさか……えっ、そ、そんな……あんッ★」=「Safe, you mean... Eh, th-this... Ann★」
- <982C> 「ちゅ★ ぺろっ……んちゅ★ ちゅぅぅ……シズクのここ、もう濡れてる★」=「*kiss*★ *lick*... *kiss*★ *kiss*... You're already wet★」
- <9901> 「あうう……んっ……んはぁ、こんなところで、エッチなこと……あぁん★」=「Auu... nn... Nhaa, doing perverted things in this sort of place... Aann★」
  <99C0> エリスはわたくしの着物の裾を捲り上げると、一気にショーツまで脱がせてしまったのです。=Eris rolled up the skirt of my kimono, and in one swift movement took off my panties.
  <9A88> そして、迷うことなく、舌を這わせてきました。=And, without hesitation, her tongue started moving. 
  <9B28> あまりの手際の良さと展開の早さについていけません。=I couldn't keep up with such a rapid development.
- <9BD8> 「あぁ、外でこんな格好……丸見えに……なっちゃう……ぁぁん★」=「Ah, being like this outside... now it's become... completely visible... Aan ★」
- <9C99> 「ちゅぅぅ……大丈夫、ワタシしか見えてないわ……んちゅ★」=「*kiss*... don't worry, only I can see... *kiss*★」
  <9D4C> そうは言っても、泣きたいくらい恥かしいのには、変わりありません。=Even if she says that, it doesn't change the fact that I want to cry out in embarrassment. 
  <9E00> 羞恥でふるえそうになるわたくしに、エリスは優しく愛撫を続けます。=Although I started to tremble with embarrassment, Eris continued to gently caress me. 
- <9EBE> 「……それに、少し舐めただけでもこんなになってるんだもん、気持ちいい? シズク★」=「... Besides, with only a little licking you've become like this, does it feel good? Shizuku★」
- <9F93> 「ううっ……はぁん……それはその……」=「Uuu... Haan... That's because...」
  <A02D> 反論しようにも、喘ぎ声しか出なくて。=Though I tried to object, all I could manage was a ragged breath.
  <A0C5> それはエリスの言う通りだって、証明しているようなものだった。=It was just as Eris said, and there was proof. 
  <A175> さっきの甘いキスで、もう身体は疼き始めていたのかもしれません。=From the sweet kisses a little while ago, my body had already begun to tingle. 
- <A231> 「あぁ、あんあん★ こんな所じゃ、だめ……なのに、あぁ、でも……やぁん★」=「Aah, Ahan★ That place is... not good. Ah, but... yaan★」
- <A303> 「ちゅる、れろ……んふっ★ 止めちゃイヤ、でしょう? シズク★」=「*slurp* *lick*... mmph★ You don't want me to stop, right, Shizuku?★」
- <A3CB> 「うん、くぅん……止め、ないで……ぁん、だって、だってぇぇ~」=「No, kuan... Don't stop... An, because, becauseee~」
  <A47D> エリスを誰にも取られたくないって気持ちが、こんなに強く自分の中にある事に、気づいたらからなのでしょうか?。=My feelings of not wanting Eris to be stolen by anybody, has she noticed them already?
  <A55B> エリスがわたくしをこんなに愛してくれてると思うだけで、切なくて、嬉しくて。=Just thinking about how much Eris loves me was both painful and joyful. 
  <A619> いつもより……いっぱいいっぱい感じてしまいます★=More than usual... I want to feel it a lot★
- <A6CA> 「ちゅる、んちゅ……あぁ、シズクの奥から……ミルクみたいに真っ白なの、出てきた★ じゅる、全部舐めてあげる★」=「*slurp* *kiss*... Ah... A pure white milk came out... from inside you★ *slurp* I'll lick everything★」
- <A7C0> 「やぁん、そんな風に言わないで……あぁ★ くぅんっ★ とろけちゃうぅぅ、ひゃんっ★」=「Yaan, Don't say it like that... Ah★ Kuann★ I'm melting, Hyann★」
  <A897> エリスの唇が、あそこの蜜を吸い尽くす様にくちづけられる。=Eris latched her mouth between my legs, sucking up my juices.
  <A943> 最初はあまりの恥ずかしさに脚を閉じてしまったけれど、やがて少しずつ開いてしまう。=Although my legs were shut tight from embarrassment at the beginning, they've been opening up little by little. 
  <AA07> だってすごく感じてしまうから、もどかしくて我慢が出来ないの……★=It feels so good, I can't bear it any more★
  <AABE> もっと、もっと感じさせて欲しい、気持ちよくなりたい、エリスに愛されたい。=More, I want to feel it more. I want to feel good, and I want to be loved by Eris. 
  <AB7A> 気付けば、わたくしはエリスにおねだりをしていました。=Before I knew it, I was pleading to Eris for more.  
- <AC2C> 「はぁ、あぁん、エリス……もっと、舐めて……ぁん、もっと可愛がって下さいぃぃ……ひゃぅん★」=「Haa, aann, Eris... Lick more... An, please love me more... Hyaun★」
- <AD0B> 「れろッ、んちゅ……ウン、いっぱい舐めるよ、シズク。シズクのヌルヌルのミルクも、可愛いクリトリスも、全部……★」=「*lick*, *kiss*... Yes, I'll lick you a lot, Shizuku. Your slippery milk, and your clitoris too, everything...★」
- <ADFE> 「あぁ、もっと可愛い声出して、ワタシに聞かせて……んちゅ★」=「Ah, let me hear your cute voice more... nchuu★」
- <AEBD> 「きゃ、あぅぅん、それ、すごいぃぃ……あぁん★ もう立っていられな……あぁ、あん、舌でにゅるにゅるぅ……あああぁ★」=「Kya, auun, That's amazing~... Aan★ I don't think I can stand anymore... Ahh, An, your tongue is slippery... Aaaaahhh★」
  <AFAF> 溢れてきちゃいます★ エッチなお汁がいっぱい出てしまって、エリスの顔やわたくしの太股を濡らしていく。=I'm overflowing★ A lot of my juices are coming out, Eris' face and my thighs are becoming so wet. 
  <B08C> ここが外だって事は分かっていても、声を上げずにはいられないのです★=Even though I know we're outside, I can't help but raise my voice. 
- <B14F> 「はあぁぁ、あん、もぉらめぇ★ こんなところなのに、イキそ……イキそうなのぉ……ぁん、あぁん★」=「Haaaaa, An, already★ In this place, I'm coming... I'm coming... An, aaan★」
- <B237> 「いいよ、シズク……んちゅ★ イッていいよ。全部ワタシが受けとめるから……★ ちゅる、んちゅ★」=「Go ahead, Shizuku... *kiss*★ Go ahead and come. Because I'll catch all of it...★ *slurp*, *kiss*★」
- <B324> 「ひぃん★ そっ、そこ……あぁ、クリ、そんな風に吸われたら……あ★ あ★ あぁぁ、あぁんっ★ だめぇぇぇっ★★」=「Hiin★ Th-There... Ah, if you kiss my clitoris like that... Ah★ Ah★ Aaaaah, Aaannn★ Nooooo★★」
  <B424> 脚がガクガク震える、もう立っていられない。=My legs began to tremble, and it was no longer possible to remain standing. 
  <B4C2> 何とかしがみついて耐えたけれど、もう限界です★=Although I somehow managed to endure it so far, I'm at my limit★
  <B567> 頭のてっぺんから脚の指先まで、一気に力が抜けていきます。=From the top of my head to the tip of my toes, all of my power left my body. 
- <B61D> 「シズク……ちゅうぅぅ、んちゅ★ イッて? んふ★ イッていいよ★」=「Shizuku... *Kiss~*, *kiss*★ Are you coming? Nfu★ Go ahead and come★」
- <B6EE> 「あぁぁぁ、んあぁっ、イク……イクの、イキます★ あぁぁん、エリス★ エリスうぅ★ えりすぅぅ★★」=「Aaaaaah, naaa, coming... coming, I'm coming★ Aaaan, Eris★ Eris Uu★ Eris~★★」
- <B8FD> 「あふぅぅん、んあぁ★ ぁはぁん★ イッちゃ……っ、たよぉ……★ くぅ、んふぅ……はぁん★」=「Afuuun, naaa, ahan★ I... came...★ Kuu, nfuu... Haan★」
  <B9E1> 崩れ落ちそうなわたくしの体を、エリスが抱き止めてくれました。=Eris caught my collapsing body. 
- <BA9B> 「はぁ、はぁ……シズク★ すっごく可愛い……大好きっ★」=「Haa, haa... Shizuku★ You're so cute... I love you★」
  <BB51> 輝くその笑顔、でもそのくちびるはべっとりと、鈍い光を放つ、わたくしの恥ずかしいお汁で濡れ光っていました。=She had a brilliant smile, but in the dim light, I could see her lips shining with my embarrassing juices. 
- <BC37> 「あぁ……やぁん、恥ずかしい……エリスの、ばか……★」=「Ah... yann, embarrassing... You're so foolish...★」
  <BCE6> 街中でぺろぺろされて★ イッてしまった事を今、はっきり実感しました。=It only just dawned on me that I had been licked to orgasm in a side alley.
  <BDA3> とってもエッチなエリスのせいで、ますますエッチになってしまいそうです、わたくし……★★=Eris being so perverted, seems to have rubbed off on me...★★
- <C139> 「……もぉ……あぁん、まだ恥ずかしい……です」=「... Geez... Aan, I'm still... embarrassed.」
- <C327> 「ふふっ、シズクってホントに恥ずかしがりなんだね。でもワタシ、すっごく嬉しかった♪」=「Fufuu, You really get embarrassed easily, but I was really happy♪」
  <C3EF> ギュッと腕を絡ませて、エリスはわたくしの顔を覗き込んできました。=As she grabbed my arm firmly, Eris gazed deep into me. 
- <C5EF> 「シズク、あんなに怒っていても、ワタシを連れて逃げてくれたんだもの★ あぁ、相思相愛って幸せ★」=「Even if you're angry like that, you'll still take me and run away★ Ah, mutual love is happiness★」
- <C819> 「あっ、あれは勘違いしただけで……もぉ、わたくしまだ怒っているんですからねっ」=「Th-That was only a misunderstanding... Geez, I'm still angry, you know.」
  <C8DB> エリスに対しても、そしてわたくし自身にも。=Both towards Eris and myself.
  <C979> 冷静に考えてみると、今日はとんでもない事をし過ぎました。=When thinking about it calmly, we did too many unreasonable things today. 
  <CA25> どうしてわたくし、あんなにもむきになったり、興奮してしまったのか……=I wonder why I got so worked up over that... 
  <CADD> それだけでなく、はしたなくもエリスに愛撫を求めてしまって。=Not only that, but I also shamelessly asked Eris to caress me. 
  <CB8B> はっきり『イカせて欲しいの』なんて、言ってしまって。=I clearly said, "I want to come."
  <CC33> もうずっと、歩きながら反省しっぱなしです……=The entire time while walking, I was reflecting on that... 
- <CE1F> 「シズク好き好き、大好き★ またお外で可愛がって欲しくなったら、いつでも言ってね★」=「I love you so much, Shizuku★ If you want to do it outside again, just say the word★」
- <D03D> 「ばっ、ばかぁ……ばかばか、エリスのバカぁぁぁっ!!」=「S-Stupid... stupid, stupid, you idiot!!」
  <D0E7> もうだめ、恥ずかしさが限界に達して、顔から炎が吹き出しそうでした。=I couldn't take the embarrassment. My face felt like it was going to burst into flames.
  <D2DB> わたくしはエリスの腕を振りほどき、そのまま逃げるように駅に向かいます。=I shook off Eris' arm, and ran away toward the station.
- <D4DD> 「あぁん、シズクっ! 待ってよぉ、置いていかないで~っ」=「Aan, Shizuku! Wait, don't leave me behind~」
  <D589> 疲れているのに、ひたすら逃げまくり……=Although I was tired, I continued to run... 
  <D623> こんな感じで初めてのデートは最後まで、ドタバタしたままだったのでした……=And so our first date was full of chaos right to the end...
lily_platinum/s012.txt · Last modified: 2017/02/05 23:13 by massaca