User Tools

Site Tools


lily_platinum:s011

Lily Platinum:s011

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <06D9> 「イメチェン」=「Image Change」

  <0A41> 一緒にデートを続けていると、エリスが急に目を輝かせました。=While we were on our date, Eris's eyes brightened suddenly. 
- <0BED> 「あっ、あれは……」=「Ah, that's...」
- <0DC1> 「んっ……どうしたのですか、エリス……えっ!?」=「Nn... What's wrong, Eris... What!?」
  <0F55> グイッと突然、腕を引っ張られました。=She suddenly jerked my arm. 
  <0FED> わたくしはエリスのなすがまま、早足でついていくだけ。=At her mercy, I could only follow with a brisk pace. 
  <1095> 一体何を見つけたというの……=What on earth did she find... 
  <1299> この辺りは『ふぁっしょんびる』が立ち並んでいる通りで、すれ違う女の子達はみんなオシャレな格好をしている子ばかりです。=In front of us was the fashion building. All of the girls here seemed to be dressed exceptionally fashionably. 
- <147F> 「まるでみんな、今流行りの『読者もでる』みたいに見えますね」=「It looks like everyone has come out of a fashion magazine or something.」
  <152F> わたくしとは関係のないタイプの人達ですが、つい目がいってしまいます。=Even though those types of people had nothing to do with me, I couldn't keep my eyes off of them. 
  <15E7> でもどんなにキレイな格好をしていても、エリスにはかなわないのですが★=But no matter how cute they are, they're still no match for Eris★
- <16AC> 「……別に、恋人の欲目とかじゃなくても……です」=「...And it's not like I'm being biased to my lover... at all.」
#hinata: partial sounded awkward, so I replaced it with biased.
  <1750> 誰に言い訳するでもなくそんな事を呟いていると、あるお店の前でエリスの足が止まりました。=Meanwhile, as I appealed to no one in particular, Eris had stopped in front of a store.
- <1918> 「エリス……この店は?」=「Eris... What is this shop?」
- <1AF0> 「とてもエクセレントだわ★ さあシズク、行きましょう」=「It's very good★ Now Shizuku, let's go.」
- <1CEB> 「ええっ……」=「Ehh...」
  <1E5D> ずるずると、店内に引きずられていきます。=She dragged me into the store. 
- <1FF7> 「みてみて、シズク……ああ、素晴らしい★」=「Look, look Shizuku... Ah, it's so wonderful★」
  <209A> エリスは店の服を指さし、熱くなっていました。=Eris pointed at various clothing in the store, full of energy.
  <213A> そんなエリスとは対照的に、わたくしは頭がくらくらしていました。=Meanwhile my head was spinning.
  <21EC> エリスが案内した店、それは白や黒のひらひらした、派手な洋服ばかりのお店。=The store Eris guided me to had western style clothes with black and white designs. 
  <22A8> いわゆる『ごすろり』系の店だそうです。=It seems as if this is the "Gothic Lolita" type of store. 
  <2342> 黒と白のレースの洪水が、目に飛び込んでくる。=A flood of black and white lace filled my vision. 
  <23E2> さっきすれ違った人の中にも『ごすろりふぁっしょん』の方がいましたね。=Some of the people we passed by just then were wearing something similar too.
  <249A> あれは非常に個性的でした……まるで別の世界からやってきたような服で、どこか現実感がありません。=Such a peculiar style... These clothes seemed almost otherworldly, I couldn't believe it.
  <256C> しかしそんな服が今、目の前にたくさん並んでいます。=And yet there were so many laid out before me. 
- <275E> 「エリス……エリスはこういう服が好きなのですか? エリスなら何を着ても似合うとは思いますが……」=「Eris... Are these the types of clothes you like? I guess these types of clothes do suit you...」
- <297E> 「………………」=「......」
  <2A02> エリスからの返事はありませんでした。=There was no answer from Eris. 
  <2A9A> 何かを考えながら、真剣に服を選んでいるのです。=She was deep in thought, carefully considering the clothes in front of her.
- <2B46> 「うーん、こっちはレースが物足りないわ。これはスカートの長さが気に入らないし……」=「Well, this lace is unsatisfactory. And I don't like the length of this skirt either...」
  <2C0C> 夢中で店内の服を物色しているエリス。=Eris seemed absorbed into picking out her clothes.
- <2CAE> 「そんなに『ごすろり』が好きだったなんて、初めて知りました……」=「I'm starting to find out how much you love this "Goth Loli" thing...」
  <2D62> 恋人の意外な一面を発見です。=I've made a surprising discovery about my lover. 
  <2DF2> しばらくしてエリスは一着手に取ると、笑顔でわたくしに見せました。=After a while, Eris took a set of clothes into her hand and looked at me with a smile. 
- <2FF2> 「シズク、これはどう?」=「Shizuku, what about this?」
- <31CA> 「どう、と言われましても……」=「I don't really know what to say...」
- <3266> 「いい感じと思うのだけど」=「I thought it was nice.」
  <32F4> どういう基準で選んでいるのかわかりませんが、エリスが気に入っているのなら良いのではないでしょうか。=Although I don't understand her criteria for picking it, if she likes it, that's all that matters. 
  <33CA> わたくしなら絶対、恥ずかしくて着られませんが。=Though I would definitely be too embarrassed to wear it.
- <35B8> 「エリスが良いと思うなら……いいと思います」=「If you think it's good... Then I think it's good too.」
- <3662> 「良かった★ じゃあ早速試着してみて」=「What a relief★ Well, go ahead and try it on.」
- <384D> 「……えっ、試着?」=「... Eh, try it on?」
- <3A21> 「そう、試着室はあそこ」=「Yes, the fitting room is there.」
- <3AB7> 「ちょっと待って下さい、エリス……これ、わたくしが着るのですか?」=「Wait a minute, Eris... I'm supposed to put it on?」
- <3CB9> 「もちろん★」=「Of course★」
- <3E8C> 「ええええっ~~~」=「Whaaaaaattt~~~」
  <3F14> わたくしが、これを?=I'm supposed to wear this?
- <40E8> 「無理むりっ、こんな服、絶対着られません!」=「I definitely cannot wear something as unreasonable as this!」
- <42D4> 「なぜ? どうして? シズクなら似合うわ。ワタシが保証するから……着て、着て、着てっ★」=「Why? What's wrong? It suits you. I guarantee it... Wear it, wear it, wear it★」
- <44F1> 「エリス……目が血走ってます」=「Eris... your eyes are bloodshot.」
- <46CF> 「これを見た瞬間、シズクに着せたいって思ったの、着てみて♪」=「Since the moment I saw it, I wanted you to wear it. So come on, let me see ♪」
  <477F> いつも冷静なエリスが、まるで人が変わったように迫ってくる。=The usually calm Eris had completely changed and was now approaching me. 
  <482D> そんなにまでして、これをわたくしに着させるつもりなんですか!?=Does she really plan to make me wear these clothes!?
  <48DF> そのような事は……=Such a thing...
- <4A0C> 「わっ、わたくしは……和服が好きなので……というか、学園の制服と着物以外は着た事がありません」=「I-I... Because I like Japanese style clothes... I do not wear anything else besides my school uniform or kimono.」
- <4C2A> 「えぇ~、たまにはイメチェンしてみましょう? 新しい世界に飛び込む勇気も大切よ?」=「Ehh~ Shouldn't you change your image once in a while? Isn't having the courage to jump into a new world important?」
- <4CFA> 「今日はもう、たくさん勇気を使いましたから……」=「I've already used a lot of courage today...」
- <4EEA> 「まだよ、まだ足りないわ! これを着たシズクは今よりも、更に可愛くなる事は必須、絶対にもったいない!」=「No, it's still not enough! If you put this on now, you'll become so much cuter, it would be such a waste not to see it!」
- <4FCE> 「あぁん、イ~ヤ~で~す~! 許して~」=「Aan, I~ said~ no~! Please~」
- <507D> 「そ、そんなに、わたくしにこの服を着せたいのですか、エリスは?」=「Do you really want me to wear it that much, Eris?」
- <513B> 「ウン……お願い、一生のお願い★★」=「Yes... Please, this is a once in a lifetime wish★★」
- <51E5> 「お願いします、シズク様、どうかお願いします、お願いお願い、お願い~!!」=「Please, Shizuku-sama. Please, please, please, please~!!」
- <52AD> 「そ、そこまで言われたら、逆に断りづらいです、もう……」=「To say that much, I just can't refuse you...」
  <5434> ……そんな言い合いがしばらく続いた後。=... After we quarreled for a little bit,
  <54CE> 結局、わたくしが折れる事となりました。=I ended up giving in after all. 
- <5572> 「一度だけ……ですよ」=「Just... this once.」
- <5606> 「やった、わぁい★」=「I did it. Waai★」
  <5693> エリスが選んだ服を持って、わたくしはやむを得ず試着室に入りました……=Holding the clothes that Eris had chosen, I was forced to go into the fitting room...
- <5755> 「終わった?」=「Are you done?」
- <57E1> 「ちょ……ちょっと待ってください……この服、スカートが短すぎませんか?」=「Please... Please wait a little... Isn't the skirt a little too short?」
- <58A7> 「それくらい普通よ、早くぅ」=「This is normal, so hurry.」
- <5941> 「えっと、リボンは曲がってませんね……」=「Um, the ribbon doesn't bend...」
- <59E7> 「あぁん、もうじれったい!! ワタシが着せてあげる」=「Aan, this is frustrating!! I'll dress you.」
- <5A99> 「ちょ、ちょっとエリス……やぁん」=「H-Hey, Eris... Yaan.」
  <5C79> 何着も衣装を持ったエリスが、試着室に飛び込んできました。=With a number of outfits, Eris jumped into the fitting room. 
  <5D25> 一着だけの約束だったのに、ずるいです。=This is so unfair. I only promised to wear one set of clothes.
- <5DC9> 「はぁ、はぁ……フリルにレース、ニーソックス……ああ、もうここは天国?」=「Haa, haa... The frill, the lace, the knee socks... Ahh, am I already in heaven?」
- <5E8F> 「??」=「??」
  <5F0B> どうしたのでしょうか?=What's wrong with her?
  <5F95> エリスの様子が少し変です。=Eris looks a little strange.
  <6023> ずっと下を向いて、プルプル震えているのです。=She's been looking at the ground for a while, and now she's begun to tremble.
- <60CD> 「エリス……気分でも悪いの?」=「Eris... Do you feel alright?」
  <615F> どうしたのかと顔を覗き込んだ瞬間、彼女はいきなりわたくしに抱きついてきたのです。=The moment I looked at her face to see what was wrong, she clung to me. 
- <622D> 「すごい、すごすぎる、素敵すぎる★ このニーソックス、そして絶・対・領・域!」=「Amazing, it's too amazing, it's unbelievable★ These knee-socks and the area of your thighs exposed! The ab・so・lute a・re・a!」
- <62FE> 「ぜったい……りょういき、ですか?」=「Absolute... area?」
  <6396> 何だか今日のエリスは、難しい言葉ばかり使います。=For some reason, Eris is using difficult words today.
- <6444> 「見て、自分でも見て、シズク!! これが生まれ変わった、ドキドキのシズクNEWヴァ―ジョン★」=「Look, look, Shizuku!! This is the reborn you. My heart-throbbing Shizuku, NEW version★」
- <6525> 「ゴスロリも見事に着こなす、和風黒髪美少女が降臨したのよ~★」=「Behold, the black-haired Japanese beauty, now in Goth-loli~★」
- <65E6> 「そんな……やっぱりわたくし、このような服は……」=「This... After all, these clothes...」
- <6696> 「見て、見てみてっ、鏡で見てよ、シズク」=「Look, look, look in the mirror, Shizuku.」
- <673C> 「鏡………………あっ、これが……わたくし?」=「Mirror...... Ah, This is... me?」
  <67DC> 更衣室の大きな鏡に映っていたのは、別人のようなわたくしでした。=Looking at my reflection in the dressing room, it was like a completely different person. 
  <688E> 白い肌に、黒い髪、黒い衣装。=The fair skin, black hair and black clothes. 
  <691E> 長い靴下……いえ、確か『にーそっくす』というものでしょうか。=The long socks... No, these are definitely   "knee-socks".
  <69CE> 太股の付け根だけが露出していて、何とも不思議な感じです。=It felt somehow strange to have only the top of my thigh exposed.
- <6A84> 「どう、いい感じでしょ、シズク? それにこの手のパーツもまた、グッと来るのよね~」=「So, doesn't it look great, Shizuku? Also, these parts are also great too~」
- <6B54> 「長い手袋……ですね、これ……何の意味が……」=「The long gloves... This... What is it for?」
- <6C00> 「この長手袋とニーソックスのコンビこそ最強無敵のゴスロリファッションよ★ 一度でいいから、シズクに着て欲しかったの……あぁん★ スーパーキュート★」=「The combination of long gloves and knee-socks is the most powerful and unrivalled symbol of Goth-loli fashion★ I really wanted you to wear it at least once... Aan★ Super cute★」
- <6E22> 「わたくし……今のわたくし、そんなに良い……ですか、エリス?」=「Is... Is the present me... good, Eris?」
- <6EDE> 「もちろん! もう見ているだけなんて、ガマンできない……あぁん★」=「Of course! Just by looking, I'm already unable to stand it... Aan★」
- <6FA3> 「キャッ、ちょ、ちょっとエリス……あぁん、ダメ……やぁん」=「Kyaa, w-wait, Eris... Aan, no... stop.」
  <7051> ゴスロリ姿のわたくしを鏡に映しながら、エリスは体を弄ってきました。=As we were looking at the reflection of me in Goth-loli, Eris started to touch my body. 
  <7107> 鏡の中で、見知らぬ自分が、別のわたくしが、エリスに可愛がられているのです。=In the mirror, I saw a another Me being loved by Eris. 
- <71CF> 「はぁ、はぁ……やぁん、エリス……だめ、こんなところで……ぁん★」=「Haa, haa... Yaan, Eris... Stop, in a place like this... Aan★」
- <7294> 「だって、だって……あぁっ、こんなシズクを可愛がる機会なんて、今まで夢の中でしかなかったから……あぁん★ 夢が叶って嬉しいぃぃ★」=「But, but... Aaah, I could only dream of the chance to play with you like this... Aan★ I'm so happy my dream came true★」
- <739E> 「もぉ、エリス……夢の中でわたくしに、こんな格好をさせていたなんて……ぁん、でも……少し、いい……かも★」=「Geez, Eris... Dreaming about me like this... Aan, But... a little is okay...」
  <7481> 見知らぬわたくしを、鏡の中でエリスが愛撫している。=I saw Eris caressing the unfamiliar Me in the mirror. 
  <7527> まるで夢のような世界でした。=This is completely like a dream.
  <75B7> だから不思議と、背徳感が薄れていって……やがて甘い快感に、わたくしは身を委ねました。=That's why the feeling of immorality was fading... I gave myself completely to the sweet pleasure. 
- <7689> 「あぁぁん、いい……いつもより、気持ちいい……ぁん★ 何だか別の体になってしまったみたい……ひゃっ、胸も、あそこも……くぅん、いいのぉ★」=「Aaann, it... always feels so good... Ahn★ It somehow feels like I'm in another body... Hyaa, my chest and there too... Kuun, it feels good. ★」
- <779B> 「いつもより敏感なシズク、メチャクチャ可愛い★ もっと、感じて……ふふっ、このままイカせちゃおうっと」=「The always sensitive Shizuku is too cute. Feel it more... ★ Fufuu, go ahead and come.」
- <7884> 「イカせる、って……ちょ、ちょっとエリス、それはダメ、だってここはお店の更衣室……あぁん、やぁぁんっ★」=「Come... H-hey, Eris, that's bad because we're still in the store's fitting room... Aan, yaann ★」
  <7A3C> ギュッと強く抱き寄せられて、わたくしはエリスのなすがままでした。=In her firm and powerful embrace, I was completely at Eris' mercy.
  <7AF0> 狭くてうまく動けず、快感でとろける体には力も入らない。=With little room to move, my body was drained of energy as it melted from pleasure.
  <7B9A> そんなわたくしの股間に容赦なく、エリスのしなやかな指が伸びてきました。=Eris' flexible fingers entered my special place without mercy.
- <7C5E> 「シズク……もういっぱい、感じてるかな?」=「Shizuku... Are you already feeling it so much?」
- <7D06> 「やぁん、そこだめ、ダメぇぇぇ……あぁっ、きゃぅん★」=「Yaan, that's bad. Nooooo.... Aaah, kyuun★」
  <7DB5> エリスの指に触れられた割れ目から、エッチな蜜が滴るのが自分でもわかる。=As Eris' fingers moved along my slit, my perverted juices began to drip. 
- <7E79> 「……んふっ★ ゴスロリなシズクって、いつもよりエッチかも……いっぱい、可愛がってあげる★」=「... Nfuu★ The Goth-loli Shizuku... I'll make sure you feel really good★」
- <7F5D> 「やぁん、別にわたくし、いつもと同じ……ぁぁ、くぅん、でも……あっ、あぁっ、んふぁぁぁっ★」=「Yaan, I'm not that different from normal... Ah, kuun, but... Ah, aah, nfaaaaa★」
  <8032> 本当にエッチかも、知れません。=This is probably really perverted, I think.
  <80C4> ずっとドキドキしている、エリスの指が体に少し触れるだけで、あそこの奥がジュンと熱くなる。=While my heart beat excitedly, Eris' fingers touched my body a little which became hot with my juices. 
- <819A> 「はぁ、はぁん、なんか……ヘン、なのぉ……くぅ、んはぁ……んぅっ!?」=「Haa, Haan, somehow... this is strange... Kuu, nhaa... nuu!?」
- <8339> 「んちゅ、ちゅぱ、ちゅる……れろッ、んふぅ★ シズク、すごくステキ★ ちゅ、んちゅ★」=「*kiss*, *kiss*... *lick*, nfuu★ You're so wonderful★ *kiss*, *kiss*★」
- <841C> 「んふぅ、ちゅ、んじゅ……ちゅぱ★ んはぁ、エリスぅ★ぁん、れろ……ぅん★」=「Nfuu, *kiss*... *suck*★ nhaa Eris★ An, lick... unn★」
  <84EB> 突然のキス、それも『でぃーぷきす』なのに、わたくしはあっさり受け入れてしまった。=After a sudden kiss, we entered into a really deep one, which I completely accepted. 
  <85AF> エリスの舌が気持ちいい、エッチなキス、イヤらしいキスなのに、すごく気持ちいい★=Eris' tongue feels so good. And so does this deep kiss. Even though it should be unpleasant, it feels amazingly good. 
  <8674> それにエリスの愛撫も、いつもの何倍も感じてしまって。=And her numerous caresses make me feel really good. 
  <871C> ただただ、濃厚な蜜のような快感に、溺れてしまいたくなってしまう。=I feel as if I have become addicted to this pleasure of thick honey, I want to be drowned in this sensation.
- <87DA> 「んちゅ、れろ……ハァ、はぁ……シズク、ヌルヌル★ もっと感じていいよ? ココ、好きでしょ? んふっ★」=「*kiss*, *lick*... Haa, haa... You're so wet★ Do you want to feel it more? Do you like it here? Nfuu★」
- <88CA> 「ひゃん★ あぁ、だめ、ソコは……ぁぁん、そんな風にグリグリされたら……くぅん、大きな声、出ちゃう……あぁっ★」=「Hyan★ Ah, not there... Aaan, if you do it like that... Kuun, I'll let out a loud voice... Aaahh★」
  <89B8> 気持ちよすぎる、エッチになっちゃう★ ここは更衣室なのに。=It's so good, now I'm starting to feel weird. And this is the fitting room. 
  <8A6B> でも何を言っても、エリスは止めてくれそうにありません。=But no matter what I say, Eris won't stop. 
  <8B15> だからわたくしも、行動で反撃に出たのです。=Therefore, I decided to fight back against her. 
- <8BBD> 「ハァ、ハァ、今日のシズク、可愛い★ もっとエッチなコトを……ん、えっ……ひゃ、あぁぁんっ★」=「Haa, haa, You're so cute today★ I want to do more things... nn, eh... hya, aaaannn★」
- <8D7E> 「ハァ、はぁ……ふふっ、エリスだって、こんなにくちゅくちゅ……いっぱい、エッチです★」=「Haa, haa... Fufuu, Even Eris... is really perverted★」
- <8E57> 「ぁん、ひゃっ、んくぅぅ……ぁん★ クリはダメ、感じすぎ……ぁあああんあんっ★」=「An, hyaa, nkuu... an★ Not my clitoris. It feels too good... Aaaaaanaaann★」
  <8F25> わたくしはエリスに反撃しました。=I launched my counterattack upon her. 
  <8FB9> 後ろ手で、エリスの股間に触れ、撫でながら強く愛撫したのです。=While touching Eris' special place, I gave her strong caresses. 
  <9069> 意外な事に、エリスのそこはわたくし以上に淫らに濡れていました。=Unexpectedly, she had become even more wet than I had. 
- <9125> 「はぁ、あぁん……エリス、こんなに濡れて……はぁ、はぁ」=「Haa, aan... Eris, you've become so wet... Haa, haa.」
- <91DB> 「だって……ぁん★ 大好きなシズクが、カワイイ服を着て、ワタシの腕の中で身悶えているんだもん。コーフンしちゃう……ふふっ★」=「Because... An★ My beloved Shizuku is wearing such cute clothes, squirming in my arms. I'm so excited... Fufuu★」
- <92DF> 「エリス……ぁっ、あぁん、これ以上したら、わたくし……あん、イッちゃいますぅ……あぁ、くふぅん★」=「Eris... Ah, aan. Any more than this and I'll... An, I'm going to come... Ah, kufuun★」
  <93BA> 恍惚の表情で、激しくわたくしのあそこを責めるエリス。=With an expression of ecstasy, Eris continued her assault.
  <9462> その至福の快感に酔いながら、わたくしも激しく指を動かしました。=While becoming drunk on the intense pleasure, I also moved my fingers violently.
  <9514> そして、二人一緒に……=And then, the two of us became one... 
- <95A8> 「あはぁん、シズク、ステキ★ あぁぁぁん、最高っ★★」=「Ahaan, you're wonderful★ Aaaann, this is the best★★」
- <9669> 「ひゃぁぁん、あぁぁ、いくの★ イク★ イクぅぅ……あぁっ、イク―――ッ★★」=「Hyaaan, aaaah, I'm coming★ Coming★ Cominggg... Aaaahhh, coming—★★」
  <9818> 熱い飛沫が迸って、エリスとわたくしは同時に達しました。=Hot juices gushed out as Eris and I reached our climaxes simultaneously. 
- <98CC> 「はぁぁ……はぁ、はぁ……ぁん★ エリスぅ……素敵……でした★」=「Haaa... haa, haa... an★ Eris... that was... amazing★」
  <998A> 鏡の中、涎を垂らしながら、淫らな笑みを浮かべるわたくし。=The mirror reflected a drooling, lewd faced Me.
  <9A36> ああ、『ごすろり』になったわたくしって、こんなにもエッチだったのですね……★=Ah, to think dressing up in Goth-loli would make me become this perverted... ★
lily_platinum/s011.txt · Last modified: 2017/02/05 23:13 by massaca