User Tools

Site Tools


lily_platinum:s006

Lily Platinum:s006

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <06F9> 「シズクの花」=「Shizuku's Flower」

- <0B5F> 「はぁ、はぁ……はぁ……久しぶりに、全力疾走というものをしましたわ……はぁ~」=「Haa, haa... haa... I haven't run like... that in a long time... haa~」
  <0C21> あの後も、エリスとの追いかけっこは続き。=Our game of tag had continued relentlessly.
  <0CBD> 放課後になって、エリスはやっと落ち着きを取り戻してくれました。=But as school ended, Eris finally regained her composure.
- <0D79> 「ああ……体育の時間以外でこんなに走らされるなんて、思いもしませんでした」=「Aah... I never expected I'd be running so much outside of PE class.」
- <0F83> 「シズクが本気で逃げるから……はぁ、はぁ……ワタシもムキになってしまったわ」=「Well since you were so intent on getting away from me, haa, haa... I had to step it up.」
- <118F> 「エリスが人前で、あんな恥ずかしい事ばかり言うから……少しは周りの目を気にして下さいっ」=「That's because you were saying such embarrassing things in public... please try to be a bit more aware of your surroundings.」
- <13A7> 「だって周りよりも、目の前のシズクが大事なんだもの★」=「Why bother with my surroundings, when Shizuku's right in front of me?★」
- <15A2> 「ううっ……エリス……」=「Uuu... Eris...」
  <162E> そんな事を真顔で言われたら、怒れなくなってしまいます。=The serious look as she said that completely calmed me down.
- <1824> 「それより見て、シズク……外、もう真っ暗」=「That aside, look, Shizuku... it's already dark outside.」
- <1A0E> 「本当ですね……すっかり日が暮れてしまいました。早く帰らないと」=「You're right... The sun has already set completely. We should get home quickly.」
- <1C0E> 「ちょっと待って。こんな暗いのに、ひとりで帰るつもり?」=「Hold on. Don't tell me you're planning on heading home all alone in this darkness?」
- <1CC4> 「ええ、もちろん」=「Yes, of course.」
- <1E96> 「ダメ、危ないわ。シズクは可愛いんだから、誰かに襲われちゃう」=「No, it's dangerous. Someone might try to attack you, since you're so cute.」
- <1F52> 「もう、エリスは大袈裟です。これくらいなら平気です」=「Come on, you're exaggerating. It's not that far, I'll be fine.」
- <2004> 「ダメ、だったらワタシが、シズクを家まで送るから」=「No. I'll go with you.」
- <20B4> 「そんな事をしたら、エリスの帰りまで遅くなるじゃないですか……わかりました。家に連絡して、迎えに来てもらいます」=「If you do that, won't you end up late returning home? ...... I understand. I'll call home and arrange someone to pick me up.」
- <22E4> 「はい、大変よく出来ました。シズク★」=「Okay, very good. Shizuku★」
  <2383> エリスが優しく、頭を撫でてくれた。=Eris gently patted my head.
- <2565> 「も、もう……わたくし、子供ではないのに……」=「H-Hey... I am not a child...」
- <2611> 「わかっているわ。シズクは十分、大人よね★」=「I know. You're already all grown up★」
  <26B6> ニヤッと含み笑いをしてきたエリス。=Eris giggled and gave a big smile.
  <274C> その意味を問い詰めたいような、聞いたら後悔しそうな……そんな気がして、それ以上は何も聞きませんでした。=I considered asking her exactly what she meant by that... but I had a feeling I'd regret it, so I stayed silent.
- <2ACE> 「あと30分くらいで、迎えに来てくれるそうです」=「Someone will be here in half an hour to pick me up.」
- <2CBE> 「じゃあお迎えが来るまでの間、教室で時間を潰しましょう、ね?」=「Then, until they arrive, let's kill some time in the classroom, okay?」
  <2D70> そう決まると、わたくしは鞄から本を取り出して、ぱらぱらと読み始めました。=Sitting in the classroom, I pulled a book out from my bag and began reading.
- <2E36> 「それさっき図書室で借りてきた本ね」=「That's the book you borrowed from the library the other day, right?」
- <2ED8> 「ええ、そうですけど……」=「Yes, that's right...」
  <2F66> 何やらこの本を、エリスがじっと見つめています。=For some reason, Eris kept staring at my book.
  <3008> 興味あるのでしょうか……=I wonder if she's interested...
- <327D> 「……じぃぃぃ」=「... *stare*」
- <344D> 「あの……エリス、一人で静かに読ませてくれませんか?」=「Umm... Eris, could you let me read in peace?」
- <3643> 「そんな……そんな冷たいコト言わないで、シズク」=「But... Don't be so cold, Shizuku.」
- <36F1> 「そう言われましても、そのように覗かれると読みづらくて。少し離れてくれませんか?」=「Even so, it's difficult to read with you staring at me like that. Would you mind giving me some space?」
- <3903> 「そうしたらワタシが本が読めないでしょう? ヒドいよシズク、ママはアナタをそんな冷たい子に育てた覚えはありませんよ?」=「But then I won't be able to read it. That's horrible Shizuku. I don't remember raising you to be such a cold girl.」
- <3B39> 「わたくしだって、エリスに育てられた覚えはありません……けど、そんなに見たかったら、見てもいいですよ」=「I don't recall you raising me at all, Eris... But if you want to read it so much, here.」
- <3D5F> 「わぁい★ シズク大好きっ♪」=「Yay★ I love you Shizuku♪」
  <3DF6> まったく……泣く子とエリスには、かないませんね。=Honestly... she's worse than a child.
- <3EAD> 「迎えが来るまで、まだ時間ありますから……一緒に見ましょうか?」=「There's still some time before I get picked up... Shall we look at it together?」
- <40AD> 「ウン、賛成♪」=「Yes, let's♪」
  <415B> わたくしが借りたのは『花の図鑑』。=I had borrowed the "Flower Encyclopedia".
  <41F1> この本を選んだのは、リリ・プラチナムの話を聞いて影響されたから。=I chose this book because I was curious about the Lily Platinum.
- <42AF> 「これに、エリスの好きな花も載っていますよ……え~と、スイレンですね」=「Your favorite flower is also in here... the, uhh, suiren, right?」
- <4373> 「ありました、学名スイレン科スイレン属、和名ヒツジグサ……」=「Here. It's scientific name is Nymphaeaceae, commonly known in Japanese as the pygmy water lily.」
#I focused on naming the plant itself rather than the original sentence, which handles the "scientific name" incorrectly
  <4423> 二人で、図鑑を覗き込む。=The two of us looked in the encyclopedia.
  <44AF> そこにはエリスに相応しい、白い可憐な花が載っていた。=There, the lovely white flower befitting of Eris appeared.
- <4561> 「なにか……エリスにぴったりね」=「Somehow... it's exactly like Eris.」
- <45FF> 「そう? シズクにそう言ってもらえると嬉しいわ」=「Really? I'm happy to hear it.」
- <46AD> 「エリスはスイレンの名前の由来、知っていますか?」=「Do you know where the suiren got its name from, Eris?」
- <489F> 「由来……?」=「Its origin...?」
- <492B> 「ハスに似た花が夕方に閉じるから『睡る蓮』つまり、睡蓮という意味になるんです」=「There's a flower that resembled a lotus. Its petals close during the evening so it was known as the Sleeping (Sui) Lotus (Ren). That's where the name 'suiren' came from.」
#most of the meaning in this sentence comes from the kanji
- <49F7> 「そうなの? 知らなかったわ」=「Is that so? I didn't know that.」
- <4A93> 「水面に咲くから、水蓮と勘違いされる方もいるかもしれませんが、正しくは睡蓮なんですよ」=「Since it blooms on the water's surface, it is often mistaken for a water lotus, but it is actually a water lily.」
- <4CA9> 「すごい……ワタシ、感動したわ、シズクは花にも詳しいのね」=「That's amazing... I'm so impressed that you know so much about flowers.」
  <4D57> エリスは目を輝かせて、わたくしの話を聞き入っている。=Eris' eyes sparkled brightly as she listened  to me attentively.
  <4DFF> こう手放して褒められると、なんだか気持ちいいです。=It feels kind of pleasant to be praised like this.
- <4EAF> 「……そうだわ」=「That's right.」
- <507F> 「ん……なに?」=「Nn... What?」
- <510D> 「いえ、なんでもありません」=「No, It's nothing.」
  <519D> 良い事を思いついてしまいました……ふふふっ、さっきのお返しです。=I just thought of a good way to pay her back for before.
- <525B> 「ちなみにエリス、日本ではスイレンの根っ子、レンコンと言うのですが、それを食べるんですよ」=「By the way Eris, in Japan, the water lily's root is called the lotus root, and it's eaten by people.」
- <5475> 「根っこ……それ、食べられるの?」=「The root... you can eat that?」
- <5515> 「もちろんです。煮物やきんぴらにして頂くんです……今度作ってきましょうか?」=「Of course. Boiled or finely chopped... should I make it for you next time?」
- <55DF> 「スイレンの、根っこ……うううっ」=「The water lily's... root... Uuu.」
  <5675> エリスが微妙な顔をしている。=Eris made a complicated expression.
  <5705> わたくしは笑いを堪えるのに必死でした。=I desperately tried to hold back my laugh.
  <579F> 今度、お弁当に本当にレンコンを入れてこようかしら。=Maybe I should put lotus roots in your next lunch box.
  <5845> その時に、ちゃんと睡蓮ではなく、食用のハスの根である事は教えてあげるけれど。=And tell her all about this edible lotus root.
- <5A51> 「シズク、もうスイレンの話はいいから……今度はシズクの好きな花を教えて?」=「Okay, enough about the water lily... Shizuku, what's your favorite flower?」
- <5C5B> 「わたくしの……ですか?」=「My... favorite?」
  <5CE9> そう言われて図鑑のページを捲り、青紫の花を見つけて、指差しました。=I flipped through the encyclopedia, stopped on an indigo flower and pointed at it.
- <5EEB> 「ミヤコワスレ? なんだか変わった名前の花ね」=「Miyakowasure? That's an unusual flower name.」
- <60D9> 「昔、承久の乱で佐渡に流された順徳天皇が、この花を見ると都への思いを忘れられると、心の慰めにした事からつけられた名前だと言われています」=「Long ago, following the Joukyuu era rebellion, the Emperor had been banished to Sado. Here, the sight of this flower helped relieve his mind of the turmoil in the capital. So soothing for his spirit was it that he gave it this name.」
#or Emperor Juntoku
##Can the game handle text this long?
###It's fine, the text just scrolls over to fit the next lines -Massaca-
- <61DF> 「花言葉は……『別れ』『穏やかさ』『しばしの憩い』」=「This flower symbolizes... "separation",      "calmness", "brief respite".」
- <63D3> 「ワタシは見たことない花だけど、可愛いわね」=「Although I've never seen this flower before, it's really lovely.」
- <647D> 「日本の花だから、エリスは今までは見た事なかったのかも知れませんね」=「It's a flower native to Japan, so it's not surprising, really.」
- <653F> 「今頃ちょうど、あちこちで咲いているはず……ですよ、きっと」=「It should be blooming right about now... I'm sure.」
  <65EF> ああ、何だか急に、思い出してしまいました……=Ah, I just suddenly remembered...
- <67DB> 「シズク……どうしたの? なんだか声が沈んでいるわ」=「Shizuku... what's wrong? Your voice sunk a little.」
- <69CF> 「都忘れ……これは亡くなった祖母の誕生花だったのです」=「Miyakowasure... this was the birth flower of my late grandmother.」
  <6A79> この花を見ているうちに、自分を可愛がってくれた優しい祖母の顔を、思い出してしまいました。=Looking at this flower, I recalled the face of my gentle grandmother, who loved me so dearly.
  <6B45> だからつい、目頭が熱くなってしまって。=I felt the corner of my eye grow hot.
- <6BE9> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <6C75> 「あっ……」=「Ah...」
  <6CF5> 急に元気が無くなったわたくしの身体を、エリスが抱きしめてくれて。=Eris tightly embraced my body, suddenly devoid of energy.
  <6DA9> そしてハンカチで、うっすら浮かんでいた涙を拭ってくれました。=She wiped my tear with a handkerchief.
- <6FA5> 「大丈夫……シズクにはワタシが、ずっと側にいるから」=「It's all right, Shizuku... because I will always be by your side.」
- <7199> 「ありがとう、エリス……」=「Thank you, Eris...」
  <7227> エリスの暖かい身体が、寂しい思い出を包み込んでくれます。=Eris' warm body wrapped up my lonely memories. 
  <72D3> その優しさに今、ちょっとだけ甘えたくなりました。=Just for a moment, I wanted to be spoiled in this tenderness.
- <74C3> 「エリス……お願い……」=「Eris... please...」
  <754F> 自分から顔を近づけて、接吻をせがむと……=I brought my face closer, pleading for a kiss...
- <7737> 「うん……ちゅっ★」=「Yeah... *kiss*★」
- <78CB> 「んんっ……ン」=「Nnn... nn.」
  <794F> わたくしを抱いたまま、エリスの唇が重ねられました。=Still embracing me, Eris' lips touched mine.
  <79F5> いつもより優しく、慈しんでくれるようなキス。=Her kiss was one of affection, and gentler than usual. 
  <7A95> そのキスが、わたくしからフワッと力を抜いてしまいました。=Her kiss drained all power from my body.
- <7B4B> 「ちゅ、ちゅっ……はぁ、はぁ……エリス……嬉しい。いつも側にいてくれるって……そう言ってくれた、本当に嬉しいです……ちゅっ★」=「*kiss*, *kiss*... Haa, Haa... Eris... I'm glad. I'm so happy... you said you'd always be by my side... *kiss*★」
  <7C42> わたくしからもキス、お礼の口づけ。=I kissed her, to show my gratitude.
  <7CD8> エリスも何度もキスをしながら、そっとわたくしの体を撫で始めました。=While kissing me, Eris began to softly stroke my body.
  <7D8E> 腕を、肩を、腰を、お尻を……そして………………=My arm, my shoulder, my waist, my hips... and......
- <7E3A> 「はぁ、はぁ……あっ、ぁん……そこ……」=「Haa, haa... Ah, an... not there...」
- <7EE0> 「……シズク……イヤ?」=「... Shizuku... You don't want it?」
- <7F76> 「……ううん、続けて、エリス……ぁん★」=「... No, continue, Eris... Ahhn★」
  <8017> エリスの指が、ショーツの上からわたくしの股間に触れて。=Eris' fingers touched the area between my legs through my panties.
  <80C1> そのままそっと、何度も割れ目を往復していきます。=She gently fingered the slit over and over.
- <824A> 「あっ、はぁん……ぁん、指……気持ち、いい……ですぅ……ふぅん★」=「Ah, Haa... An. Your fingers... they feel good... Fuu★」
- <830F> 「シズク……ちょっと、濡れてる……カワイイ★」=「Shizuku... you're getting wet... So cute★」
- <83C0> 「もぉ、意地悪……あぁん、でもエリスが感じさせてくれるから、あぁ……濡れてしまいます……くぅん、んぁぁ★」=「Geez, so mean... Aah, I'm getting wet because... you're touching me... kuu, ahh★」
  <84A3> 何故か今だけは、素直にエリスに身を委ねられる気がしました。=I felt that I could entrust my body completely to Eris right now.
  <8551> だって彼女は本当に優しく、本当にわたくしを愛しく思ってくれているから。=Because she is really kind, and because she really thinks of me dearly.
  <860B> さっきの執拗な追い回しだって、エリスなりの愛情表現なんだって、今になって気付かされる。=Even when she was chasing me around the school, I now realized that was just her way of showing her love for me.
- <86DF> 「あん、はぁ、はぁ……わたくし、こんなに愛されてる……ぁぁん、エリス……好き★」=「Aan, haa, haa... you're doing this for me... Aah, Eris... I love you★」
  <87A8> 自然に好きという単語が出ていた。=Those words had come out so naturally.
  <883C> 恥かしさよりも、伝えないといけないって気持ちの方が勝っていたから。=My need to speak them had overcome the embarrassment I usually felt.
- <88FC> 「ワタシだって大好き、シズク……ずっとずっと、愛してる。ふふっ、愛の証にイカせてあげる★」=「I love you too, Shizuku... I'll always, always, love you forever. Fufu, and to prove my love for you, I'll make you come★」
  <89CF> そう言うなり、エリスの指の動きが激しくなりました。=As she said that, the movements of Eris' fingers intensified.
  <8A75> 今まで以上に指を食い込ませたり、敏感な突起の辺りを撫でてきたり。=Her fingers began to dig into me even more, stroking all around my sensitive area.
  <8B29> 敏感になっているわたくしの体は、全部それを受け入れてしまいます。=Becoming more sensitive, my body accepted it all.
- <8BE7> 「あん、あんあんっ、すごい……くぅん、感じちゃう、感じすぎますぅ……はぁ、はぁ……はぁん★」=「Ann, anann, amazing... kuun, it feels, it feels too good... haa, haa... haaannn★」
- <8CC6> 「もっと感じて、いっぱい感じて、イッて……シズク★」=「Feel more, feel it a lot, come... Shizuku★」
  <8D73> 甘い声でそう囁きながら、もっと大きく指を動かすエリス。=Eris whispered in a sweet voice, moving her fingers more passionately. 
  <8E1D> もうすぐ、イッてしまいそう……でもわたくしは、ついよくばりになってしまいました。=I felt like I'd be coming soon... but I decided to be greedy.
  <8EE1> この刺激よりももっと優しくて甘い、とろけるような絶頂を迎えたいと思ったのです。=I wanted a sweeter and gentler sensation, one which would bring me a climax that felt like I was melting.
  <8FA3> 自分から口にするのは、すごく恥ずかしい……でも……=What I was about to say was very embarrassing... However...
- <912E> 「ぁぁ……エリス……はぁ、はぁ……お願い、しても……いい?」=「Aahh... Eris... haa, haa... May I... make a request?」
- <91E8> 「シズク……ウン、どうしたの? やっぱりイヤになった?」=「Shizuku... Yeah, what's wrong? Do you not like it after all?」
- <929E> 「ううん、違うの……わたくし、そのぉ……エリスに……舐めて、欲しい……です」=「No, that's not it... I want... Eris... I want you to lick... me.」
  <935E> カッと顔が赤くなった、もうだめ、逃げ出したいくらい恥ずかしい。=My face reddened. I wanted to run away out of embarrassment.
  <9410> それでも今日は、どうしてもそうして欲しかったのです。=Still, I wanted her to do that today.
- <94C2> 「シズク……めちゃくちゃカワイイ★ じゃあいっぱい、ぺろぺろしてあげるね……んふっ★」=「Shizuku... you're so cute★ Okay, I'll lick you a lot... ufuu★」
  <9647> エリスは妖しい笑みを浮かべながら、ゆっくりとわたくしの下着を下ろしていきました。=Eris smiled seductively, slowly removing my underwear.
  <970B> そして机に腰かけさせられます。=And laid my waist on a desk.
- <987E> 「シズク……脚、開いて?」=「Shizuku... Will you open your legs?」
- <9916> 「はぁ、はぁ………………はい……」=「Haa, haa...... Yes...」
  <99AC> こんな恥ずかしい事、普段なら絶対にできない、やりません。=Normally, there was no way I'd do something so embarrassing.
  <9A58> だけどもう、我慢できないんです。=But right now, I can't bear it any longer.
- <9AF6> 「はぁ、ぁぁん……これで……いい?」=「Haa, aaannn... Is this... okay?」
- <9B98> 「……ウン、よく見えるよ。じゃあ……ふふっ★」=「... Yeah, I can see it clearly... Now... Fufu★」
  <9C3F> エリスはわたくしの股間に顔を埋めていって、そしてそのまま……=Eris buried her face between my legs, and then...
- <9CF9> 「んちゅ……ちゅ、んちゅちゅっ、れろッ★」=「*kiss*... *kiss* *slurp* *kiss*, *lick*★」
- <9DA6> 「ひゃぅぅぅんっ★★ あぁ、そこ、感じちゃう、すごいぃぃ★」=「Hyaaaannn★★ Ah, it feels so good there. Amazing★」
  <9E63> エリスの舌がいきなり、あそこのヒダを割ってきました。=Eris' tongue suddenly spread my folds apart.
  <9F0B> そのにゅるにゅるした、でも生温かい感触に、わたくしはすぐにでもイキそうになってしまって。=That wet, yet warm, sensation almost made me come right then and there.
##@fk: "slimy" is hardly a word I want to read in erotic literature.
  <9FD7> 必死に堪えながらも、その強烈な快感に涙を浮かべました。=My eyes clouded over as I desperately tried to endure that intense pleasure.
- <A08B> 「あぁぁん、いいの……エリスの舌、すごく、気持ちいい★」=「Aaaannn, that's good... Your tongue feels so good★」
- <A146> 「……あぁん、そこ……もっと舐めて、もっと吸ってください……あぁ、ふわぁぁぁん★」=「... Aaann, there... Lick me more, suck on me more... aaahh, fuwaaaann★」
- <A21B> 「ちゅぱ、れろ……ちゅるん★ はぁ、ハァ……いっぱい舐めてあげる★ だってシズクのココ、極上のフルーツより美味しいの★」=「*suck*... *lick* haa★ Haa... I'll lick you a lot★ Because Shizuku's special place is more delicious than the sweetest fruit★」
- <A320> 「やン、もぉ……果物と比べられると、恥ずかしい……でも、あン★ そう言ってもらえるの、すごく嬉しい……ぁぁん、ですぅ★」=「Yann, geez... It's so embarrassing, being compared to fruit... But, aahh★ Hearing you say that, makes me happy... aaannn★」
  <A416> 本当に大好きな果物を舐めるように、舌を這わせてくるエリス。=Eris' tongue crawled over me, as if she really was licking a fruit.
  <A4C4> その気持ち良さはあっという間に、わたくしを雲の上へと連れていってしまいそう。=That pleasure felt like it would take me above the clouds.
- <A58E> 「ちゅう、ちゅぱちゅぱ、あはぁ★ シズクのエッチなジュース、いっぱい……★ んちゅ★」=「*kiss*, *suck*, ahaa★ Shizuku's naughty juices, there's so much...★ *kiss*★」
- <A671> 「ひゃん★ そんな、そんなに、されたらぁ……ああぁん★ もぉダメ、だめだめぇぇぇ★ い、イキそう、なのぉぉ……んっ★」=「Hyaan★ If, if you keep doing that. I'll... ahhn★ No, no, no~★ I-I'm coming. Noooo~★」
- <A779> 「いいよ、イッて……ちゅる、ちゅう……んぁっ★ シズクをイカせたいの、ワタシの舌でイッて★★」=「That's fine, come... *slurp*, *kiss*... nnaaa★ I want you to come, I'll make you come with my tongue★★」
- <A862> 「あぁぁ、んぅぅ、くぅぅぅん★ もぉ、イク………………イクの、イクいくぅぅ……んああああぁぁぁんっ★★」=「Aaaa, nuu, kuaaaaaan★ I-I'm coming, I'm coming! Kuuu... nnnnaaaaaaaaann★★」
  <AA26> ああ……気持ちよくて、いっぱい、出ちゃった……★=Ah... It felt so good, and so much came out...★
  <AACD> 股間に熱いものを感じながら、わたくしはゆっくり脱力していった。=As hot juices spurted from between my legs, I slowly lost all of my strength.
  <AC30> そしてそのまま、迎えの車が来るまで、エリスにずっと抱きしめられていた。=Eris embraced me until the car came to pick me up.
- <ACF4> 「あぁ……エリス、わたくし……とても、幸せな気持ち……です★」=「Ah... Eris, I... feel so... happy★」
- <ADB5> 「ワタシも……シズクと一緒なら、ずっと幸せよ……ウン★」=「Me too... I'm always happy when I'm with you... Yep★」
  <AE66> この優しい温もりに、いつまでも包まれていたいと素直に思えた、わたくしでした。=I truly wanted to remain wrapped in this gentle warmth forever.
lily_platinum/s006.txt · Last modified: 2017/02/05 23:10 by massaca