User Tools

Site Tools


lily_platinum:s005

Lily Platinum:s005

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0635> 「白金のスイレン」=「The Platinum Flower」

  <0788> 謎の『リリ・プラチナム』の正体はわかりました。=I had finally discovered the identity of the mysterious "Lily Platinum".
  <082A> しかし何故、エリスが『リリ様』になるのかは、未だによくわかりません。=But why Eris had become "Lily-sama" was yet unknown to me.
- <09E0> 「エリスはなぜ自分がリリ・プラチナムって呼ばれてるのか、思い当たる節はないのですか?」=「Eris, do you have any ideas about why you're being called Lily Platinum?」
- <0BF6> 「知らないわ。でもシズク、そんなに気になるの?」=「Not in the slightest. Why, does it bother you?」
- <0CA4> 「それは……エリスこそ自分の事なのに、気にならないのですか?」=「Well... since it directly involves you, aren't you concerned about it?」
- <0D60> 「う~ん……特には」=「No... not really.」
  <0DE8> もう、エリスったら本当に、自分の事には無頓着なのですね。=Geez, she's so carefree, even on matters concerning herself.
- <0E9E> 「もういいじゃない、大体のコトは判明したのだし」=「It's fine isn't it? We pretty much know everything now.」
- <108E> 「よくないです! 中途半端じゃないですか。それに……自分にとって大事な人が関係している事なんです、ちゃんと知る権利があると……」=「It is not fine! There's a lot that's still unclear. And... since it's about you, the most important person to me, I feel I have a right to know...」
- <118C> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <120E> はっ、わたくし興奮してつい、大胆な事を言ってしまいました。=Haa, I just said something really daring in my excitement.
  <12BC> エリスの顔がぱあっと輝いている。=Eris beamed, her face shining.
- <149C> 「ああ、もうシズクはそんなにワタシのことが好きなのね★ ありがとう、その想いに応える為にも、キスの雨を降らしてあげる★」=「Ah~ I never knew you loved me so much★ Thank you, and in response to those feelings, I shall shower you with kisses★」
- <16DE> 「だめ~っ! 顔が近いです、ここは学校なんですから……」=「No~! Your face is too close, we're still at school you know...」
- <18D6> 「大丈夫、誰も見てないから、ほらっ」=「It's fine, no one's watching, see?」
- <1ABA> 「そう言って、まわりの人を巻き込むのはもう無しですよ」=「You're completely ignoring the fact that you're getting the people around us involved.」
- <1CB0> 「シズクは本当に恥ずかしがりね。でもそういうところも好き★」=「You really do get embarrassed so easily. But I also like that part of you★」
- <1EB1> 「コホン、もう……とにかく『リリ・プラチナム』の由来を知りたいのです、わたくしは」=「Ahem... Anyway, I still want to know how they came up with Lily Platinum.」
- <20C3> 「はいはい、じゃあ誰かに聞いちゃいましょう……ね、そこのアナタがた」=「Okay, okay. Then, let's go ask someone... Dearies, could you come over here?」
#"Hey, you there" just sounds out of character, not to mention rude.
  <217B> エリスは廊下を通りがかったクラスメートに、あっさり声をかけていた。=Eris quickly called out to two passing classmates.
  <2231> こういう所、すっごく尊敬したくなります。=I really admired that side of her.
  <22CD> 誰にでも分け隔てなく声をかけられる……わたくしには一生、無理な気がします。=The ability to call out to literally anyone... Something I don't think I'd be able to do in my entire life.
- <2395> 「エリス様、どうかいたしました?」=「Eris-sama, how may I help you?」
- <2435> 「あっ、雫様もご一緒なんですね、相変わらず仲がよろしくて羨ましいですわ~♪」=「Ah, and Shizuku-sama too. You two get along so well, I'm so jealous♪」
  <24F5> エリスに声をかけられた二人は、わたくし達の前で立ち止まった。=The two girls Eris called out to stood in front of us.
- <25AF> 「ね、二人は何故ワタシが『リリ・プラチナム』と呼ばれているのか、知っている?」=「Hey, do you two know why people call me Lily Platinum?」
  <2671> この質問に二人は顔を見合わせて、ふふふっと優雅に微笑んだ。=The two smiled at each other knowingly.
- <2729> 「以前エリス様、ファンの方に好きなお花を聞かれたの、覚えていますか?」=「Do you remember when some of your fans asked for your favorite flower?」
- <292F> 「お花? うーん、聞かれたかもしれない……」=「My favourite flower? Hmm, I think so...」
- <29D9> 「その時『スイレンが好き』とお答えになったのですわ」=「At that time, your response was the suiren.」
- <2BCD> 「ああ、そう言ったかもしれない。スイレン、ウォーターリリーね」=「Ah, I probably did say something like that. Suiren, Water lily, right?」
- <2C89> 「ウォーターリリー、リリーって……」=「Water lily, lily...」
- <2D2B> 「そうです、そこにエリス様の最大の特徴であるプラチナブロンドの髪をあわせて『白銀のスイレン』」=「That's right. And combined with your trademark platinum blonde hair, this gave rise to the nickname "Platinum Flower".」
- <2E07> 「そここら、リリ・プラチナムというファンクラブが出来たのですわ♪」=「And that's how the Lily Platinum fan club started.」
#keep fan club in lowercase
- <2EC7> 「それが、いつの間にかエリス様ご本人を指すものともなって、皆『リリ様』という愛称でお呼びしているのです」=「From there came "Lily-sama", which quickly caught on as a nickname for Eris-sama herself.」
- <2FAD> 「今となっては、私達の中ではごく自然な呼び方ですわ~♪」=「It's become very natural to us now~♪」
- <31A5> 「なるほど……あぁ、教えてくれてありがとう。可愛いアナタ達★」=「I see now... Thanks for telling me, dearies★」
- <3266> 「い……いえそんな★ お礼を言われるほどではありませんわ」=「No, not at all★ This is hardly something worth thanking us for.」
- <3323> 「そ、そうですわ★ また何かありましたら、何でも聞いて下さいましね」=「Th-That's right★ If ever you need something, please don't hesitate to ask.」
  <33E0> エリスがもう一度お礼を言うと、二人は顔を赤らめて、どこか嬉しそうに教室に帰っていった。=Eris thanked the two again, and they returned to their classroom blushing happily.
- <35F6> 「シズク、聞いた? そういうコトみたい」=「Shizuku, did you hear that? That's how things are, apparently.」
- <37DE> 「ふぅん……なにかまるで『女たらし』みたいですね、エリスは」=「Fuun... You seem to be quite the lady killer, Eris.」
- <39DA> 「えっ、シズク……いきなり何を言ってるの?」=「Eh, Shizuku... What are you saying, all of a sudden?」
  <3A7A> お礼を言われただけで、真っ赤になったあの二人を見てたらつい、意地悪な言葉が口から出ていました。=Seeing those two girls go completely red from just being thanked, these nasty words slipped my mouth.
  <3B4C> こんな事、言いたくないのに……=I didn't mean them though...
- <3BE8> 「もぉ……せっかくシズクが知りたがっていた『リリ・プラチナム』のコトも判明したのに……シズク、機嫌悪くなった?」=「Geez... After going through all that trouble to learn about the Lily Platinum... Shizuku, are you in a bad mood?」
- <3CD6> 「そんな事……別に、ありません」=「Of course... not.」
  <3D6A> 『白銀のスイレン』『リリ・プラチナム』="Platinum Flower", "Lily Platinum".
  <3E04> いかにもミカ女の乙女らしい、特別な呼び方。=These special titles are indeed characteristic of St. Michael's young maidens.
  <3EA2> 素敵なお姉様のファンクラブを作る事だって、そんなに珍しくはない。=For a popular Onee-sama to have a fan club was not unusual, after all.
  <3F56> それなのに何故、わたくしはこんなにも面白くない気分なのかしら。=So, why was I feeling this way?
- <4012> 「エリスも嬉しいんでしょう、ファンクラブができて、たくさんの女の子にちやほやされて」=「Good for you, Eris. Having your own fan club, and all these girls fussing over you.」
- <40E4> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <4166> ……あぅぅ、わたくし何を言っているの。=... Aah, what am I saying?
  <4200> ファンクラブは別に、エリスが望んで作られたものでもないのに。=It's not like Eris went and made the fan club; it happened by itself.
  <42B0> これではまるで、八つ当たりでもしているようなものです。=I was getting mad over nothing.
  <435A> それでもわたくしの言葉は止まりません。=Yet, the words kept coming.
- <43FE> 「せっかくですから、その会員の皆様とお茶会でもしてきたらどうですか……わたくしといるより、楽しいかもしれないし」=「Why not go to chat and have tea with them? It'd probably be more fun than just being with me.」
  <44E2> こんなの嫌、言いたくない、でも口が止まってくれない。=I wanted to stop, but my mouth wouldn't let me.
  <458A> エリスももう、こんなわたくしに愛想をつかしてしまうかも……=I wonder if Eris is getting put off by my behavior too...
- <4642> 「シズク、やめて……彼女達とお喋りするのは楽しいけど、それよりワタシ……ワタシが一番愛してるのは、シズクなの」=「Shizuku, stop it... Although it is fun to chat with them... I love being with you the most.」
- <4870> 「……えっ?」=「... Eh?」
  <48F2> 愛想を尽かすどころか、エリスは取り乱してわたくしに告白をしてきた。=Far from being put off, Eris seemed distressed and confessed her love for me.
  <49A8> それもなんと、大勢の学生がいるこの場所で。=In a place with so many students around, no less.
- <4A50> 「わかっているんでしょう? シズク……ワタシがどれだけシズクを好きなのか」=「Do you understand? How much I love you?」
- <4B18> 「ぅ……うん、それは……」=「... Y-Yeah, that's...」
  <4BA6> 今度はわたくしの方が、焦ってしまいます。=This time, I was the one flustered. 
  <4C42> そのわたくしを、エリスの青い瞳がジッと見つめていた。=Eris gazed at me with her blue eyes.
  <4CEA> それだけで、さっきまでの意地悪な気持ちが消えていく……なんか嬉しい、かも。=That was all it took for my ill-tempered feelings to disappear... Somehow, I'm really glad. 
  <4DA8> わたくしの言葉でこんな風に、エリスが振り回されてしまうみたいに。=Just as my words had influenced her.
  <4E5C> わたくしもエリスの言葉一つで、こんなに気持ちが動いてしまっている。=With only one word from Eris, she was able to stir my feelings.
- <4F1C> 「シズクがいない世界なんて、ワタシには無意味なの……シズクがいてこそ、キラキラと輝くの」=「A world without Shizuku is meaningless to me... You being here gives light to my world.」
- <4FF2> 「どれだけワタシにとって、シズクが大事なのか……わかって欲しいの」=「I want you to understand... how important you are to me.」
- <50B2> 「ぅ、うん……分かっている……つもり……」=「Y-Yeah... I... want to understand...」
  <5150> ああ、エリスの大胆な愛の台詞に、胸がドキドキと高鳴り始めた。=Ah, Eris's bold confessions made my heart race uncontrollably.
  <5200> でももっと、もっと聞きたい、聞かせて欲しかった。=Yet, I wanted more. I wanted to hear more.
- <53F0> 「それにシズクみたいに可愛い恋人を……絶対手放せるはずない、絶対にイヤ!」=「Having a girlfriend as adorable as you are... I never want to let go of your hand, never!」
- <55FA> 「ああ、エリス……」=「Ah, Eris...」
- <57CE> 「普段も可愛いけど、特にエクセレントなのは、和服姿かしら♪」=「And though you always look lovely, you're most beautiful when you're wearing your kimono♪」
- <5888> 「そ、そう……ですか……」=「I-Is... that so?」
- <5920> 「和服姿で恥らっている時のシズク……ああ、絶対誰にも見せたくない★」=「When I see you turn red while wearing it... Aah, I want you all to myself★」
- <5B29> 「……えっ? ちょ、ちょっとエリス……何の話を……」=「... Eh? W-Wait Eris... what are you saying...」
  <5BD1> おかしな方向に、話が向かっているような気がしてきました。=I felt this conversation was heading in a strange direction.
- <5C87> 「乱れた服の下から見える、太股やおっぱい、すっごくいい★」=「When I see your breasts and thighs from under your disheveled clothes, it's the best★」
- <5E86> 「やだ……エリス、貴女がわたくしを好きだっていう想いは伝わったから、もう止めて……あぁ」=「No... Eris, I get how much you love me already, so stop it... aah.」
  <5F52> これ以上話していたら、違う意味でドキドキしてしまいそうです。=If this goes on, I'll be getting excited for a different reason.
- <614E> 「ダメよ、まだ話たりない……じゃあ、おっぱいの続きを」=「But I still have more to say... Now, continuing from your breasts...」
- <6202> 「胸の話は、もういいですから……やぁん」=「Enough about my chest... yaah.」
- <63EA> 「シズクのおっぱい、すっごく柔らかくって、ワタシの手にとっても馴染むの★」=「Shizuku's breasts are so soft, they fill my palm so easily★」
- <64B7> 「やぁぁ、ダメ……そんな恥ずかしい事、もう言わないで~」=「Yaa, stop... Stop saying things like tha~t」
- <656D> 「それとシズクの、アソコの色も……好き★ 淡いピンクで綺麗だし★」=「And the color of Shizuku's special place... I love it★ It's such a beautiful, pale pink★」
- <6637> 「ヤッ、ひゃぅん★」=「No... Hyaan★」
  <66C4> ふ~っと、耳に息が吹きかけられて。=Eris blew slowly against my ear.
  <675A> わたくしはビクッと身体を震わせてしまった。=My body trembled in response.
- <6802> 「ああ、好き好き、シズクの全部が大好きなの、ワタシ★」=「Ah, I love everything about you, Shizuku★」
  <68B1> 熱い眼差して、エリスの告白は続く。=Eris continued professing her love, gazing hotly at me.
  <6947> しかしこんなの、とても耐えられるものではなかった。=However, I couldn't endure much more.
- <69F7> 「エリス、もういいから……止めて、お願い」=「Eris, that's enough... please stop.」
  <6A95> わたくしは、その場から離れようとしました。=I tried to escape.
  <6B33> 教室に戻ってしまえば、いくら何でもこの恥ずかしい告白は終るはず。=If I can make it to a classroom, then surely this will end.
  <6BE7> しかしそんなわたくしに、グイッと手が伸びてきたのです。=But a hand suddenly reached out and stopped me.
- <6DDD> 「まだよ、まだ……ワタシの愛の半分も、シズクに伝わってないわ」=「Not yet... I'm not even halfway through expressing my love for you, Shizuku.」
- <6FDB> 「ぅぅっ、もう十分伝わったから、わかったから、エリス」=「Uuu, I've felt your love plenty now! I get it, Eris!」
- <708F> 「ダメ、最後まで聞いていきなさい」=「It's not enough. Listen to me.」
- <712F> 「あぁん、もうやめて~!」=「Aah, stop it already~!」
  <71BD> 廊下を走るなんて、ミカ女の学生としては許されない事。=Running through the hallway is definitely not acceptable for a maiden of St. Michael's. 
  <7265> いけない事だとわかっていても、今だけは見逃してくださいっ!!=I know I shouldn't, but please let it go just this once!!
- <731F> 「ごめんエリス、もう許して~」=「Sorry, Eris. Let me go already~」
  <752A> わたくしは必死に、エリスの手を解いて逃げ出した。=I frantically escaped from Eris's hand and ran away. 
- <76CC> 「あぁっ、シズク待って!」=「Aah, Shizuku, wait!」
  <775A> すぐにエリスが追いかけてきた、もう追いつかれた。=Eris started running after me, and immediately caught me.
- <794A> 「だめです、見逃して~」=「No, let me go~」
- <7B22> 「シズク~、ワタシの大きな愛、全部受け取りなさいっ」=「Shizuku~ My immense love, please accept all of it.」
- <7BD4> 「あら、雫様とリリ様が……」=「Oh, Shizuku-sama and Lily-sama...」
- <7C6E> 「あんなにはしゃいでいらっしゃる雫様、珍しいですわね」=「How rare for you two to be in such high spirits.」
- <7D22> 「好きな人の前だと、雫様もお変わりになるのですわね……ふふっ★」=「Even Shizuku-sama can't help it when in front of the one she loves... Fufufu★」
  <7DDB> ほのぼのとわたくし達を眺めているクラスメート達。=Our classmates looked on warmly...
  <7E7F> 彼女達の温かな声を聞きながら、わたくしは懸命に逃げ回ったのでした。=... as I desperately tried to escape from Eris.
lily_platinum/s005.txt · Last modified: 2017/01/24 11:10 by massaca