User Tools

Site Tools


lily_platinum:s004

Lily Platinum:s004

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <06D1> 「謎の人物」=「A Mysterious Being」

- <0828> 「聞きましたか、リリ・プラチナムの会合の話」=「Have you heard about the Lily Platinum Association?」
- <08D2> 「もちろん聞いてますわ。以前から気になっていたのですから」=「Of course I have. I've been interested for a while now.」
- <098A> 「今日の放課後ですわよね、前回は習い事と重なって無理でしたが、今回こそは参加しようと思っているんです」=「I couldn't make it last time because of a make-up lesson, but this time I'm definitely joining.」
- <0B62> 「……りり、ぷらちなむ……??」=「Lily... Platinum...??」
  <0BF6> その聞き慣れない言葉を聞くのは、これで何度目でしょうか。=How many times have I heard this unusual phrase now?
  <0CA2> それも一度や二度ではなく、何回も聞いています。=Not just once or twice, but many times.
  <0D44> 今日だけではなく、この一週間ばかりでは百回以上聞いたかもしれません。=Not just today either, I must have heard it more than a hundred times just this week.
- <0E06> 「どうにも横文字というものは、よくわかりません……語感からして、どこかの洋菓子屋とか、洋服屋とか……う~ん……」=「It being written in English doesn't help either... It sounds like some kind of Western candy shop, or a clothes store... no...」
- <0EF4> 「あの……雫様、さっきからずっとこちらをご覧になっておりませんでしたか?」=「Um... Shizuku-sama, you've been looking this way for a while... is something the matter?」
- <0FBC> 「えっ? そ、それは……その……」=「Huh? Ah, well no... I...」
- <105C> 「もしかして雫様も『リリ・プラチナム』に興味がおありですか?」=「I don't suppose that Lily Platinum has also caught your interest, Shizuku-sama?」
- <1118> 「……興味があるというより、気になっているというか……」=「...Not so much interest, it has just been on my mind for a while now...」
- <11CE> 「ちょっと、雫御前に何を下らない話してるの? 私たちならいざ知らず、雫御前はそんな事に興味を持つはずないでしょう?」=「Hey, just what do you think you're wasting Shizuku-gozen's time with? There's no way she'd be interested in something like that, right?」
- <12C0> 「そ、それもそうですよね……すみませんでした、雫様」=「Y-You're right... I'm sorry, Shizuku-sama.」
- <1372> 「い、いえ……いいんです、別に……」=「N-No... that's all right, really...」
  <140A> わたくしから向き直った女子達は再び『リリ・プラチナム』の話に花を咲かせていた。=As soon as they were done talking to me, the conversations about this "Lily Platinum" business started again.
  <14CC> 気にしなければ良いはずなのに、どうにもわたくしの耳にその言葉は残り続けていました。=I really shouldn't concern myself with it, but I just can't get it out of my head.
- <159C> 「ああ……さっきの子に、聞いておけば良かったかも知れません……」=「Ahh... maybe I should have asked that girl about it.」
  <1701> ……そして、更に数日後。=Then, a few days later...
- <185A> 「聞きました? 『リリ・プラチナム』の会員が50名を越えたそうですよ」=「Did you hear? The Lily Platinum Association just broke 50 members!」
- <191E> 「もちろん知っていますわ。その中の一人が私ですもの。会員ナンバー15番ですわ♪」=「Of course I've heard, I'm one of them. I was the 15th one to join♪」
- <19EC> 「まぁ、そんなに早くから入っていたのですね」=「Wow, you really got in early.」
- <1A96> 「ふふっ、甘いですわね。私は実は、会員番号1ケタ台なのよ」=「Hehe, that's nothing. I'll have you know I'm a single digit member!」
- <1C42> 「……どこも、かしこも……はぁ~」=「... It's everywhere... haa~」
  <1CD8> いつしか学年中が、その『リリ・プラチナム』という単語で持ちきりだった。=In no time at all, this "Lily Platinum" had become the talk of my entire grade.
  <1D92> 日常会話の中に、当たり前のように使われている状況。=It was already sprouting up in even the most trivial of conversations.
  <1E38> これだけ聞かされると、疎外感を覚えずにはいられません。=At this rate, there's no way I'd be able to ignore it.
- <1FE0> 「なにか……悔しい」=「It's somewhat... frustrating.」
  <2068> 今、そこで話をしている三人に聞けば、きっと教えてくれるはずです。=If I ask those girls over there, they'll surely tell me about it.
  <211C> でもその後の、三人の態度の変化が恐くて聞くに聞けません。=But after recalling that other incident, I'm not so sure.
  <21C8> 『雫様がまさか、リリ・プラチナムをお知りにならないなんて……』=『Don't tell me, you don't even know about Lily Platinum, Shizuku-sama?』
  <227A> 『もはやこの学園では常識ですわよね、常識』=『It's practically common knowledge at this school already, you know.』
  <2318> 『やはり世間離れしていらしゃるんですね……雫御前は』=『You aren't losing touch with the world are you, Shizuku-sama?』
- <24BE> 「……そんな言葉、絶対に聞きたくないです……ぅぅ」=「There's no way I could stand that...」
  <2564> 以前は人の輪の中心に自分がいたことも多かったというのに。=I'd once been the center of attention of many.
  <2610> こういう時に頼れる友達がいません。=But now I had no one to talk to about this.
  <26A6> 友は一生の宝ともいうのに、わたくしはまるでダメですね。=Friendship lasts forever... apparently this wasn't the case for me.
- <275A> 「何だか情報不足で時代に取り残されていく、旧人類の気分です……あっ」=「I feel like a past generation, lost in the times due to my lack of awareness... oh.」
  <2812> そうでしたわ。=That's it.
- <2992> 「友はいなくとも、恋人ならいます……うん♪」=「I may not have a friend to ask, but I have a lover... yeah♪」
- <2CA4> 「知らないわ」=「I have no idea.」
- <2E72> 「えぇっ、エリスも知らないのですか……あぁ、残念です」=「Eeh, even you don't know... ah, how disappointing.」
  <2F1C> わたくしと違って、クラスの子とよくおしゃべりしているエリスなら、知っていると思ったのに。=Unlike me, Eris was often talking to the other girls in the class, so I thought she'd definitely know.
  <2FE8> あっさり『知らない』と答えられてしまった。=Yet she had no idea.
- <3090> 「あーぁ……これで唯一の情報源を、失ってしまいましたわ」=「Aah... there goes my last source of information.」
- <3288> 「そんな事、その辺の誰かに聞いてみればいいのに……」=「You know, I'm sure if you just asked around...」
- <347C> 「それが簡単にできるものなら、こんな苦労はしていません!」=「If it was that easy, I wouldn't be stressing like this!」
- <3534> 「ふむ……シズクの性格上の問題、なのね。素直に『教えて』と聞けないから」=「Hmm... seems like the problem is on your end, Shizuku. You just need to go out and ask.」
- <373C> 「……その通りです」=「...You're right.」
  <37C4> 自分の性格が、変なこだわりが恨めしい。=I rebuked myself for being so childish.
- <3868> 「じゃあワタシが、みんなに聞いてみる?」=「How about I go ask them?」
- <390E> 「……確かに級友に人気のエリスなら、情報を集めやすいかも……でも、それではだめです」=「...Given your popularity, it would certainly be easier to gather information if you went... but that won't do.」
- <3B22> 「えぇ~、どうして?」=「Eeh, why?」
- <3CF8> 「だってわたくしとエリスは一心同体のようなもの、エリスが聞いてきても、それはわたくしの負けなのです」=「Since we're joined as one spirit, if you were to go it would be as though I'm losing.」
  <3DD0> それに自分じゃ聞けないから、代わりにエリスに聞いてきてもらうなんて。=And I couldn't stand the thought of having her go because I couldn't.
  <3E88> 何も出来ない子どもみたいじゃないですか。=That would be making me out to be little more than a child.
  <3F24> 恋人といえど、対等な関係でいたいのです。=Being lovers, I want to maintain a balanced relationship.
  <3FC0> こんなところで甘えるわけにはいきません。=I can't let myself be dependent here.
- <41A8> 「何だかよくわからない理屈だけど……とにかくワタシとシズクはいつでも二人で一つってコトなのね? きゃっ★」=「I don't really follow your logic... but you're basically saying that we always move as one, right? Kyaa★」
- <43D7> 「ちょっとエリス、ここは教室ですよ、あんまり目立つような事は……あぁ、だめぇぇっ」=「Please Eris, we're in a classroom. Try not to do something so obvious... ah, stop.」
  <454E> ……抱きついてきたエリスを何とか制してから、わたくしは再び思案しはじめた。=After finally getting Eris off of me, I once again tried to unravel the mystery.
- <47CD> 「『ぷらちなむ』というのはおそらく、白金の事でしょうね」=「"Platinum" must refer to the precious metal.」
- <49C5> 「そうだと思うわ。他に考えられないし」=「That must be it. Nothing else comes to mind.」
  <4A5F> 直訳すればそうなるのだし、これはそのままで良いと思う。そうなると……=There wasn't much I could do but take it literally. Moving on...
- <4B21> 「……リリ、ですね。こっちが肝心です」=「"Lily", this part must be the critical part.」
- <4D07> 「シンプルすぎて、わからないわね。一番に思いつくのは……人の名前とか?」=「It's so simple it's hard to tell. The first thing that comes to mind is... a person's name, maybe?」
- <4DCD> 「白金のリリさん、という事ですか……なんだかこれでは、ただのあだ名みたいです」=「The Platinum Lily, I suppose... sounds like a nickname.」
- <4FDB> 「またはコードネーム」=「Or some kind of code name.」
- <51B1> 「こ、こーどねーむ?」=「C-Code... name?」
  <523B> エリスの瞳がきらりと光りました。=Eris' eyes sparkled.
  <52CF> どうやら何か、確信したみたいです。=She spoke with conviction.
- <536F> 「ミカ女で暗躍する女スパイの別名、いつの間にかこの学園は『リリ・プラチナム』に支配されていくのであった」=「It's one of the pseudonym of a foreign spy, seeking to enslave the entire school under the "Lily Platinum".」
- <5455> 「恐ろしい……まさか、そんな驚愕の事実が……」=「There's no way... something like that would happen...」
- <5643> 「……ウソよ?」=「...That was a joke.」
- <5813> 「えっ??」=「Ehh??」
- <59DF> 「冗談よ、本気にしないで、シズク」=「I was joking, don't take this too seriously, Shizuku.」
- <5BC1> 「ほっ、本気になど、しているはずないじゃないですかっ」=「I-I'm not taking this too seriously.」
  <5C6B> ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、ドキドキしてしまいましたが。=Though it did get my heart racing for a bit.
- <5E69> 「人が真剣に相談しているのに……少しは真面目になって下さい、エリス!」=「But you shouldn't be joking around when someone's serious about something, Eris!」
- <606F> 「あン……ごめんね、ワタシもちゃんと考えるから」=「Yeah... sorry, I'll think properly.」
  <6113> 腕を組んで、うーんと考え込むエリス。=Eris crossed her arms and went deep into thought.
  <61AB> わたくしも頭の中をフル回転させてみましたが、やはりそこから先に進んでいきません。=I doubled my efforts to solve this case, but didn't manage to get anywhere.
- <63BB> 「……シズク、こうなったら」=「...Shizuku, this isn't working...」
  <644B> 不意にエリスの手が、わたくしに伸びてきました。=Eris suddenly stretched her arms out toward me.
- <6639> 「ちょっと! 何をするの、エリス?」=「Excuse me! What are you doing, Eris?」
- <681D> 「気分転換に、イチャイチャしましょう、シズク★」=「I need a break. Work hard, play hard, Shizuku★」
- <6A12> 「もぉ、ダメです! 考えようといってから、まだ全然経ってません」=「Hey, stop that! You said you were going to take it seriously, but you still haven't!」
- <6C12> 「だって……だってせっかくシズクと一緒にいるのに、二人で考えこんでいるなんてつまらないわ」=「But... we're finally together, it'd be a waste to spend this time just standing around thinking.」
  <6CE0> さっき言い聞かせたばかりなのに、また抱きついて来ようとするエリス。=Despite having just told her off, Eris once again tried to embrace me.
- <6EE2> 「だめ、だめです、ここは教室ですよ」=「No, stop, we're in a classroom!」
- <70C6> 「大丈夫よ、誰も見てないから」=「It's okay, no one's looking.」
- <7162> 「そんな事ありません、皆さんちゃんと見ています」=「That's not true, everyone's looking at us.」
- <7352> 「見てないよ……ねっ?」=「No they're not... right?」
  <73DE> エリスがそういうと、わたくし達の近くでお喋りしていたクラスメート達が、一斉に目を逸らした。=As Eris spoke, the girls talking close by to us averted their eyes simultaneously.
  <74AC> 『お二人の邪魔はいたしませんわ』とばかりに、統制された動きだった。=Almost as if saying "We wouldn't dream of interrupting you two".
- <76AE> 「ほらね、誰もこっちを見ていないよ……さぁ、二人でめくるめく世界へ★」=「See, no one's watching us... Now, off into our own little world★」
- <7777> 「も、もう……エリスったら」=「P-Please... Eris.」
  <7807> 貴女はこの教室の支配者ですか。=Are you the ruler of this classroom, or something?
  <7899> そんな感じで、結局何の進展もないまま、時間だけが過ぎてしまって。=And so several hours passed, without any progress.
  <794D> 謎はまだ、深まるばかりです……=Things had only become more confusing.
  <7B41> 教室移動の途中、前を歩く二人組のクラスメートがまた『リリ・プラチナム』の話をしていました。=As I made my way between classes, two girls walking ahead of me were talking about "Lily Platinum" again.
- <7D0D> 「立ち聞きなんてみっともない事、したくはありません……」=「It's not like I want to eavesdrop...」
  <7DB9> しかし背に腹は変えられません、全容解明の為には仕方のない事です。=But this was a necessary evil if I wanted to get anywhere on this matter.
  <7E6D> そう自分に言い聞かせ、わたくしは軋む床に気をつけながら、さりげなく二人に近づいて行きました。=Talking myself into it, I casually inched closer toward the girls, taking care not to make a sound on the creaky floorboards.
- <7F47> 「『リリ・プラチナム』の活動もだいぶ起動に乗りましたわね。毎日が充実していますわ」=「The activities at Lily Platinum are really taking off too. Every day is so fulfilling.」
- <8017> 「私も会員の皆様とのお喋りが、今一番の楽しみです」=「I'm most looking forward to talking with the other members.」
- <81BB> 「『会員』という言葉は、よく聞きますね……」=「I keep hearing about these "members"...」
  <825B> やはり、何かしらのグループという事なのかしら。=So this must be some kind of club.
  <82FD> そういえば会員数が50名を超えたって話もしていたし。=Now that I think of it, someone mentioned    "breaking 50 members" before.
- <83AF> 「かの君もあいかわらず、お美しくていられるし…」=「And the Flower is as beautiful as ever too...」
##Assuming they're referring to Eris, whom they also call "Lily". So, Flower.
- <845D> 「本当に、思わずため息が漏れてしまいますわ」=「I know right, sometimes I can't help but sigh when I see them.」
- <85FB> 「……かの……君?」=「The... Flower?」
  <8683> それはまるで、誰か一人を指しているようにも聞こえます。=That sounds like its referring to a particular person.
  <872D> ああ、わたくし頭の中がますます、混乱してしまいそう。=Aah, my head can't take this.
  <87D5> 『リリ・プラチナム』は一人なのか、それとも複数なのかしら。=Is Lily Platinum a group of people, or one person?
- <888D> 「ぅ……うぅぅっ……だめよ、相手の反応を怖がっていては、いつまでたっても真相には辿りつけそうにありません!」=「Uuu... this won't do. If I keep being scared of others' reactions like this, I'll never uncover the truth!」
  <896D> こんなのは常に完璧を求める、わたくしらしくありません。=As one striving for perfection, I won't stand for it.
- <8B15> 「こうなったら……直接聞くしかないですね……」=「Looks like I have no choice... but to ask someone directly...」
  <8BB7> わたくしは、思い切って後ろから二人に声をかけることにしました。=Mustering my courage, I called out to the two girls in front of me.
- <8D67> 「あ、あの……」=「Um, excuse me...」
- <8DF5> 「あっ、あれをご覧になって!」=「Oh my, if it isn't!」
- <8E91> 「あそこにいらっしゃるのは!」=「I didn't realize you were there!」
  <8F23> 歓声を上げる二人に、わたくしの声はあっさりかき消されてしまい。=My voice was swallowed by their cries of joy.
  <8FD5> その途端、わたくしの中の勇気はへなへなと萎えてしまいました。=Along with my courage.
- <9183> 「ああ、もうだめ……」=「Aah, I can't...」
  <920D> この件はもう、諦めるべきでしょうか。=I may have to give up on this entirely.
  <92A5> 沈んでいくわたくしとは対照的に、目の前の二人は心躍らせている様子でした。=While I stood there depressed, the two girls were simply jumping with joy.
  <9361> 一体、何があったのでしょう。=Just what had happened?
  <93F1> 二人の視線の先を見ると、見慣れた後姿がありました。=Following their line of sight, I saw a familiar person.
- <9595> 「あれは、エリス……」=「That's, Eris...」
  <961F> エリスがこちらに気づくより先に、彼女達が声をかけました。=The girls called out to her first.
- <96D5> 「リリ様~」=「Lily-sama~」
- <975F> 「リリ様、ごきげんよう」=「Good day, Lily-sama~」
- <97F5> 「リ、リリ様?」=「L-Lily-sama?」
  <9879> 二人はエリスを、はっきりと『リリ様』と呼んでいた。=They had definitely called her "Lily-sama".
- <9929> 「これって、どういう事なの……?」=「What is the meaning of this?」
  <9A82> ……あの後。=...Then.
  <9B02> わたくしは困惑しながらも、エリスをリリ様と呼んでいた二人にどういう事か尋ねてみました。=While I was still lost in confusion, Eris asked the two girls about the title she'd been given.
  <9BCC> こんな事態になっては、自分の見栄や恥かしさなど、どこかに飛んでしまいましたから。=I was simply too embarrassed to do so myself.
  <9C90> 大好きなエリスがこの件に関わっている。=My beloved Eris was a part of this all along.
  <9D2A> それだけで、細かい事にはこだわってなどいられないのです。=I can't let this little detail get to me.
  <9DD6> ………………=......
  <9E56> そしてついに『リリ・プラチナム』の正体を知る事となりました。=I'd finally uncovered the true nature of Lily Platinum.
  <9F06> 彼女達の話によると、『リリ・プラチナム』とは。=According to those girls, Lily Platinum was:
  <9FA8> なんとエリス自身と、エリスのファンクラブの名称を呼ぶときの名前でした。=A name used when referring to Eris, and her fan-club.
- <A06C> 「あ、ですがエリス様ご本人に声をおかけする時は、皆さん『リリ様』と呼ぶことが多いですわ♪」=「Ah, but when speaking to Eris herself, everyone calls her Lily-sama♪」
- <A238> 「そうなの……でしたか……」=「Is that... what all this is about...?」
  <A2C8> まさか答えがこんな身近なところにあったとは、気付かないわたくしも迂闊でしたが。=To think the answer had been right beside me all this time. How careless of me.
  <A38A> エリスもエリスです。=And Eris too.
- <A684> 「……という事らしいですけれど」=「...And that's how it is.」
- <A864> 「……そういえばみんな、ワタシのことをそんな風に呼んでいたかも」=「...Now that I think about it, there were people calling me that.」
- <A922> 「………………」=「......」
- <AAF2> 「以前も《リュミエール・ノヴァ》……だったかしら? そんなニックネームをつけられていたから、よく判らなくて」=「Last time was "Lumiere Nova"... was it? It's been a bit confusing since then.」
- <ABDC> 「また似たようなものかと、あまり気にしていなかったのよね……ってシズク、どうしたの?」=「So I wasn't too concerned when a new nickname suddenly came up... Shizuku, what's wrong?」
- <ADF2> 「くっ……もう、それならそうと早く言ってくださいっ!」=「Kuu... if that was the case, then tell me sooner!」
  <AE9C> ここ数日のわたくしの悩みはなんだったんでしょう。=What was the point of all my worrying these past few days?
  <AF40> わたくしの悔しい叫びは虚しく、廊下に響き渡ったのでした。=My vain cries echoed down the corridor.
lily_platinum/s004.txt · Last modified: 2017/02/05 23:09 by massaca