User Tools

Site Tools


lily_platinum:s002

Lily Platinum:s002

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0849> 「勝手知ったる」=「Make Myself at Home」
##Refers to making oneself at home in another's house

  <0AF0> こうしてわたくしは、今日もエリスにいいように振り回されていました。=Eris had gotten me completely wrapped around her finger.
  <0BA6> せっかくの書も進まず……その事だけは、まだちょっと怒ってはいます。=I'm still somewhat mad about not having finished my precious calligraphy back at school.
  <0C5C> でも愛しいエリスに笑顔を見せられてしまうと、許すしかなくて。=But when I saw my beloved Eris' smiling face, I couldn't help but forgive her.
- <0D16> 「そんな自分が……なんだか悔しいです」=「This is... frustrating.」
  <0DB0> もやもやする気持ちを引きずったまま、電車を乗り継ぎようやく自宅に帰りました。=With my heart still flustered and unsettled, I started to head back home.
- <1031> 「……はぁ~、ただいま帰りました」=「...*sigh*, I have returned.」
#Joe0Bloggs:The Japanese seems to warrant a more elaborate greeting here but I'm at a loss for one.
#@fk: "Tadaima modorimashita" means simply "I have just returned" and is just a polite version of "Tadaima".
- <10D1> 「お帰りなさいませ、雫お嬢様」=「Welcome home, Shizuku-ojousama.」
- <12AF> 「ただいまー♪」=「I'm home~♪」
#Joe0Bloggs:"I'm home" to emphasize the casualness of Eris and how she's totally made herself at home... does this work?
- <133D> 「あら粢様、ようこそいらっしゃいました」=「Ah, Shitogi-sama, welcome to our humble abode.」
- <1525> 「えっ……ちょ、ちょっとエリス!?」=「Eh... W-Wait, Eris?!」
  <15BD> どうしてエリスが、ここにいるの?=What is Eris doing here?
  <1651> 振り返ると、さっき別れた筈のエリスが立っていました。=Before I knew it, Eris, who I'd parted ways with earlier, was standing right in front of me.
  <16F9> そして、当然のようにわたくしの家にあがろうとしていたのです。=And she's coming into my house like it was her own.
- <17B3> 「なっ、何故、エリスがここにいるの? 自分の家に帰ったのではなかったのですか?」=「Wh-Why are you here, Eris? Didn't you go home?」
  <1877> 慌てるわたくしに、エリスはニッコリと微笑んだ。=Eris simply smiled brightly at my flustered question.
- <1923> 「だってワタシ、今日はここに泊まるように、頼まれたから」=「Well, I was asked to stay over, so that's what I'm doing.」
- <1B1B> 「頼まれた、って……誰にですか?」=「Asked... by whom?」
- <1BBB> 「もちろん、シズクのパパに、よ♪」=「Your Papa, of course♪」
- <1D9D> 「えぇぇぇぇっ、お父様にっ!?」=「Eeeeh, Father?!」
  <1E31> 何がどうなっているのか、わたくしにはさっぱりです。=I have no idea what is going on.
  <1ED7> 今のこの状況を、エリスはにこやかに説明してくれた。=Then Eris explained, smiling.
- <1F87> 「シズクのパパ、今日は仕事でいないのでしょう?」=「Your Papa's away at work today, right?」
- <2035> 「娘が寂しがると困るから、今日は泊まっていって欲しいって、昨夜頼まれたの」=「He was worried that you would be lonely, so last night he asked me to stay over.」
- <223F> 「頼まれたって……どうやって?」=「Asked you... how?」
- <241F> 「これ、携帯メール」=「By text message, here.」
  <24A7> エリスが携帯を開いて文面を見せてくれる。=Eris opened her phone to show me the message.
- <254D> 「………………」=「......」
- <25DB> 「ね、書いてあるでしょう?」=「See? That's what he wrote.」
- <2675> 「そうね」=「That's true.」
  <26F3> 確かに書いてあるけど、それよりどうしてお父様が、エリスと携帯電話でやりとりしているの?=That's indeed what was written, but more importantly, why would Father be contacting Eris?
  <27BD> それも『めーる』で、なんて。=What's more, through a "text message" of all things.
- <2857> 「いつの間にお父様とエリスがそんな関係に……」=「When did Father get so close with Eris...」
  <28F9> 謎は深まるばかりだっていうのに。=The plot thickens.
  <298D> エリスは肝心なことは教えてくれなくて、さっさと携帯をカバンにしまっている。=Without explaining this important little detail, Eris quickly returned her phone to her bag.
- <2A55> 「話もついたことだし、それじゃ、お邪魔します」=「And with that, I'll be in your care tonight.」
- <2B01> 「粢様、お荷物はこちらにどうぞ」=「Shitogi-sama, you may leave your luggage with me.」
- <2CE1> 「ありがとう」=「Thank you.」
- <2EAF> 「ちょ、ちょっとエリス……」=「W-Wait, Eris...」
  <307D> エリスはまるで我が家のように、すたすたと屋敷内を歩きまわる。=Eris walked around the house with a carefree stride, as if it were her own.
  <312D> 慣れているというか、自分の家みたいというか。=Should I say she's used to this, or that she's totally making herself at home?
- <32CB> 「わたくしの知らないところで、お父様と交友を持っていたなんて……」=「To think that she had befriended Father without me realizing...」
  <3381> エリスにはまだまだ、わたくしの知らないところがたくさんあるのかも知れません。=Looks like I still have a lot to learn about Eris.
- <353F> 「でも……お泊り、ですか……」=「But... staying over...」
  <35D1> その事実を思い出し、わたくしは再び体が熱くなるのを感じた。=As this fact sunk in, I felt my body heating up again.
  <367F> 意味不明な部分も多いけれど、エリスと一緒にいられるのはまんざらでもない。=Although I was still somewhat confused, what was certain was that Eris would be staying over with me.
  <373B> ううん、なんかドキドキしてしまいます。=The thought made my heart race.
- <38D3> 「エリスと一つ、屋根の下……ああ、いけない事を思い出してしまいそう」=「Under the same roof with Eris... Aaah, I'm remembering something indecent.」
  <398B> この部屋でエリスと、甘くとろけるような夜を過ごした事を、思い出さずにはいられません。=I couldn't help but recall the sweet night I'd had with Eris in this room.
  <3A53> 自分の体をギュッと抱きしめていると、そのわたくしを呼ぶ声がした。=As I hugged myself at the thought, I heard someone call me.
- <3C05> 「シズク、キッチンやお風呂場がどこにあったっか教えて? この家広すぎて、忘れてしまったわ」=「Shizuku, can you tell me where the kitchen and bathroom are? This house is so big, I've totally forgotten.」
- <3DD1> 「えっ、ええ……今行きますから、エリス……」=「Aah, sure... I'm coming now, Eris...」
  <3E71> わたくしは何とか雑念を振り払い、エリスを連れてこの屋敷を案内したのです。=I put away my turbulent thoughts and guided Eris around the house.
- <418D> 「んふふ、また来れて良かった、愛しのシズクの部屋★」=「Nfufu, I'm so happy to be back in my beloved's room again★」
- <4386> 「そんな、大げさな……」=「Oh please, it's not that special...」
- <441C> 「この部屋こそ純和風、ジャパニズムの結晶よね」=「Now this is what we call la maison du Japonais!」
#Joe0Bloggs: google translation of "the house of Japanism". Since the term originated from French. My response to the repetitive utterances of "純和風、ジャパニズム". I don't pretend to know French but I think it's correct? No accents possible in the game engine so that doesn't matter either.
##@fk: I think "La maison du Japonais" lit. "house of the Japanese" fits the bill better. Note that I'm no French student either.
- <44C8> 「それに、このタタミの匂いを嗅ぐと、シズクの家に来たんだと感じるわ」=「And when I smell this tatami, I know for sure that I'm at Shizuku's house.」
  <4580> 楽しげに、エリスは部屋中を見回し始める。=Eris started looking around my room with joyful curiosity.
  <461C> でも、ちょうど良いかも知れない。=Well, that's not such a bad thing.
  <46B0> エリスが部屋に気を取られているうちに、着替えてしまいましょう。=With Eris' attention diverted by my room, I can get changed.
  <4762> そう思い、わたくしが制服を脱ごうとした瞬間、エリスはバッと振り向いてこっちを見つめてきたのです。=But just as I made a move to take off my uniform, Eris turned toward me instantly.
- <4982> 「なっ……何ですか、エリス?」=「W-What is it, Eris?」
- <4B60> 「じぃぃ………………っ」=「*stare*......」
  <4BEC> そんなに大きく見開いた目で見つめられたら、着替えづらい。=With her staring at me like this, I can't change now.
  <4C98> 思わず手が止まってしまった。=My hand instantly froze in place.
  <4D28> エリスはまじまじとわたくしを見つめ、やがて頬を赤らめながら、ボソッと呟いた。=Eris stared at me incredulously, then her face turned red and she whispered:
- <4F34> 「シズク……まだ夕方よ」=「Shizuku... the night is still young.」
- <4FCA> 「え、ええそうね……それがどうかしたの?」=「Eh? Y-Yeah... what about it?」
- <51B4> 「せっかく二人きりだし、シズクの気持ちは嬉しいけど……まだ早くないかしら?」=「We're finally alone together, and while I appreciate your feelings, isn't it a bit too early?」
- <527E> 「早いって、何が早いんですか?」=「Too early... too early for what?」
- <545E> 「ワタシに言わせたいの? もう家だと大胆ね、シズクは★」=「You want me to say it out loud? Geez, Shizuku, you sure get bold when you're at home★」
- <5519> 「な、なにがです?」=「W-What do you mean?」
- <55AB> 「だから………………エッチに誘っているのでしょう? ワタシを」=「I mean... you're inviting me to do naughty things with you, right?」
- <57A9> 「はううー! なんてことを」=「Haauuuuu~! You thought I was...」
- <5985> 「えっ? 違うの?」=「Eh? You weren't?」
- <5B59> 「っっ!! ちち、違いますっ、わたくしはただ、着替えようとしているだけですっ」=「O-Of course not. I was just trying to get changed.」
  <5C1B> 真っ赤になった顔を背けながら、わたくしは慌てて開いていた胸元を元に戻していた。=Averting my reddened face, I covered my now exposed chest.
  <5CDD> エリスったらいきなり、なんて事を言うのかしら……もう。=What is she asking me all of a sudden?
- <5D91> 「………………」=「......」
- <5E1F> 「ごめんね、シズク。そうよね、まだ早いわよね。せめてシャワーを浴びてからでないと」=「Sorry, Shizuku. You're right. And it is still early. We should at least take a shower first.」
- <6031> 「そういうことじゃありません」=「That isn't what I meant.」
- <60CD> 「エリスの頭の中は、エッチな事でいっぱいなんですね……もぉ」=「Your mind is just full of dirty things, isn't it?」
- <62C9> 「えへん★ でもただのエッチなことじゃないわ。シズクとのエッチなコトでいっぱいなの」=「Ehehe★. Not just dirty things, they're dirty things done with you.」
- <64E2> 「それって余計に恥ずかしくなります……エリス、お願いですから着替え中だけ部屋の外に出てはもらえませんか?」=「You're making me feel embarrassed... Please Eris, at least while I'm changing, could you wait outside my room?」
- <670C> 「そんな勿体ないこと出来ないわ。見ている、むしろ見たい!」=「That would be such a waste though. I'll watch you. In fact, I want to!」
- <67C4> 「そんな……見られながら着替えるなんて、恥ずかしくて……」=「But... being watched while changing, that's so embarrassing...」
- <69BE> 「だって、だってワタシ、シズクの着替えが見たいの★ 制服から和服へ、和の世界の住人に戻っていくシズクの姿を見つめていたいの★」=「But I want to see you change, Shizuku★. I want to gaze upon your transition from uniform to kimono, regaining your form as one from the world of Japan.」
- <6AC4> 「……わたくし、別室で着替えて参ります」=「... I'll go change in another room.」
  <6B60> そう宣言して着物を持つと、エリスはわたくしの肩をがっちりと押さえて、この部屋に留めようとする。=As I went to pick up my kimono, Eris placed her hand firmly on my shoulder, keeping me from leaving.
- <6D7E> 「ダメ、行かないでシズク。ワタシの願いを叶えて……ねっ?」=「No, please don't go, Shizuku. Let me watch you... please?」
- <6E36> 「他のお願いでしたら、聞いてあげても良いけれど……やっぱり、着替えを見つめられるのは恥ずかしいし」=「If you want something else I'll hear it, but letting you watch me change is just too embarrassing.」
- <6F16> 「絶対に見るだけ、触ったりしないし、ヘンな声も出さないし、ねっ、いいでしょ?」=「I won't make any weird noises, and I won't touch you. Just looking. That's fine, right?」
- <6FE2> 「変な声って……って、そんなに目を輝かせても、だめなものはだめで……」=「Weird noises... hey, don't think looking at me with those blue eyes of yours will work. No means no.」
- <70A6> 「う~ん……あっ、だったらワタシにも手伝わせて?」=「Hmm... then, what if I help you?」
- <7156> 「手伝い……ですか?」=「Help... me?」
- <71EA> 「そうそう。和服って洋服と違って、着るのが難しいのでしょう? だから後学の為にやってみたい、覚えたいの」=「That's right. A kimono is much harder to put on than regular clothes, right? So I want to get some experience with it.」
- <72D0> 「エリス……」=「Eris...」
  <7352> それは絶対に、着替えを見たい口実にすぎないと思います。=That's definitely just an excuse to watch me change.
  <73FC> だけどこんなに真剣に頼まれては、無碍に断るわけにもいかなくなってきました。=But still, with her pleading with me so strongly, it's hard to refuse her outright.
  <74BA> こういう時は、どうすれば……。=What should I do...
- <75F3> 「お願い、シズク。ワタシ、和服の着方を覚えたいの、ねっ?」=「Please, Shizuku. I want to learn how to put on a kimono.」
- <76AB> 「……わかりました。では手伝って下さい、エリス。ですが……」=「... All right. I'll let you help me. But Eris...」
- <78A7> 「ウン、わかってるよ。ジロジロ見ないし、ヘンな声も出さないし、触ったりもしないから」=「I get it. I won't stare, or make weird noises, or touch you.」
- <7ABB> 「わかりました……ではお手伝い、お願いします」=「Good... Then, please go ahead.」
  <7B5D> しかたありません。強烈なエリスの押しに負けたわたくしは、彼女の手伝いをしぶしぶ了承するしかなかったのです。=There was nothing I could do. Having lost to her persistent pleading, I had no choice but to submit.
- <7C78> 「お願い、シズク。いいでしょう……ねっ?」=「Please, Shizuku, can I...?」
- <7D20> 「……やっぱり、一人で着ます。エリスに任せたら絶対、とんでもない事に……」=「... On second thought, I'll change by myself. If I leave it to you, I'll surely be...」
- <7F2A> 「あぁん、シズクのイジワルっ!! 日本文化を学びたいという外国人の純粋な想い、シズクは踏みにじるのねっ」=「Aah, Shizuku you meanie!! Are you denying the pure feelings of a foreigner who wants to experience Japanese culture?」
- <8010> 「ぅぅ……もう、わかりました!! では、少しだけなら……」=「Uu... All right!! Then, just a little...」
  <80BE> 悪い予感を覚えながらも、エリスの脅迫に負けたわたくしは仕方なく、手伝いを了承したのでした。=Despite my bad premonition, I again lost to her coercion and let her approach.
  <8263> ………………しかし。=But......
  <82EB> 実際に着付けを始めると、エリスはいきなりわたくしとの約束を破っていた。=As I went to put on my kimono, Eris broke her promise.
- <84BE> 「あっ、だめ……エリス、だめって言ってるでしょう!?」=「Ah, hey... Eris, I said not to, didn't I?!」
- <8572> 「えぇっ、だって……こんな至近距離にワタシの大好きな柔らかくて甘い匂いのシズクがいるのよ?」=「Eeh, but... with my gentle, sweet smelling Shizuku standing so close to me, what am I supposed to do?」
- <864C> 「こうするしかないでしょう★」=「I can't help it★」
  <86E3> 着付け中、ほとんど無防備な状態のわたくしに、エリスは後ろから抱きついてきました。=With me partly undressed and defenseless, Eris latched on to me from behind.
- <87B1> 「約束が違います、エリス……あっ、だめです、だめ……くぅん」=「This isn't what you promised, Eris... ah, stop, stop it...」
- <886B> 「クンクン……あぁ、至福の時間だわ★ 愛しいシズクの甘酸っぱい匂いを楽しみ放題★」=「Ahh... my beloved Shizuku's sweet aroma★ This is pure bliss★」
- <8945> 「やっ、もぉ……そんなことしかしないなら、着替え終わるまで部屋から追い出しますよ……ん、んんっ★」=「Ah geez... if you don't stop, I'll kick you out of my room until I finish changing... mmnh★」
  <8A20> エリスの熱い呼吸に、体が小さく震えてしまう。=Yet my body couldn't help but tremble slightly at Eris' passionate breathing.
  <8AC0> おかしな感じがしてきて、ちゃんと着付けができなくなりそう。=I won't be able to change with my mind like this.
  <8B6E> だから強引に、エリスの体を遠ざけようとした。=I tried to push Eris' body away from me.
  <8C0E> するとエリスは必死に、わたくしの着物にしがみついてきたの。=But as I did, she desperately clung to my kimono.
- <8CC6> 「あぁん、ごめんね、シズク。ちゃんと着付けの勉強するから、許してね」=「Aah, forgive me, Shizuku. I'll pay attention now.」
- <8D88> 「本当、ですか……はぁ、はぁ……でしたら、まずは襦袢を……」=「Really, now... Haa, haa... then, first is the undershirt...」
- <8E42> 「あっ、これね。これって和服の下着みたいなものよね? なんだかエッチ★」=「Ah, this is like a Japanese-style underwear, isn't it? It's kind of erotic★」
- <8F0D> 「余計な事を言わないで、ちゃんと説明を聞いて下さいっ。まずはこれを、こうやって……」=「Don't say anything unnecessary, just listen carefully. First you take this, then you...」
- <8FDF> 「ワタシ、やってあげるわね。こうやって、こうして……うーん、意外と難しいかも……」=「I'll do it for you. Like this... ah, it's harder than it looks...」
- <90AF> 「……ぁ……ぁん、エリス……ぅ」=「...Ah, Eris...」
- <914D> 「あっ、ここの紐をこうすればいいのかな、きっとそうよね、シズク?」=「Ah, I'm supposed to tie this string here, right, Shizuku?」
- <920D> 「えっ……ええ、そうです……あぁ、でも、早くして下さい……ん、んぁ★」=「Uh... yeah, that's right. Ah, but please, do it quickly... mmnh★」
  <92CC> 確かにこれ、ちゃんとわたくしに着付けをしているように見えなくもない。=She certainly was helping me put on the undershirt.
  <9384> だけど言いかえると、これはわたくしに襦袢を着せているように見せながら、体を弄っているようにも思えてしまう。=But another way of looking at it, was that she was touching my body.
- <946C> 「あっ、はぁ……一度そう思い始めてしまうと……ふぅ、あっ……だめぇ」=「Ah, haa... I just had to think about it... ah... don't...」
- <952E> 「シズク、難しいよね、これ。腰の辺りとか……」=「This is hard, Shizuku. This part, goes around the waist...?」
- <95DA> 「んぁ、ぁん……もっと、早く……あん、そこはお尻で……はぁ、んふぅ」=「Nnh... quickly... ah, no that's my butt... haa, fuu.」
- <969C> 「胸元のところも、ちゃんとやらないと……」=「Must do the front one properly too...」
- <9744> 「強いの、それ……あっ、胸……揉んじゃ、だめ★ あぁ……ん?」=「You're too rough, and that's... ah, don't squeeze my chest, ah★ ahn...?」
- <9805> 「……クン……クンクン………………んふ★」=「...*sniff*...*sniff*......mmm★」
- <98B2> 「ぁっ……エリス……今、匂い嗅ぎませんでしたか?」=「...Eris... did you just smell me?」
- <9962> 「……バレちゃった? シズクのおっぱいの谷間の匂い、味わいたくて★」=「...You noticed? I wanted to try smelling your breasts★」
- <9A29> 「もう、だめですっ!!」=「Hey, stop that!」
  <9AB5> 結局約束は守らない、わたくしの体を触りたいだけ触って、くんくん匂いまで嗅いできて。=In the end Eris didn't keep her promise.
  <9B7B> エリスのやりたい放題にさせていただけだった。=Instead she simply ended up touching and smelling my body as she pleased.
- <9C25> 「やっぱりわたくし、一人で着替えますから……もう離れて下さい、エリス!」=「I'll get changed by myself after all... Please, let go of me, Eris!」
  <9CE1> きつく叱るようにそう言い放つと、エリスはじっとわたくしを見つめて、その青い瞳を潤ませた。=Eris stood still, eyes tearing up slightly at my scolding.
- <9DB7> 「そんなこと言わないで、シズク。最後まで手伝わせて?」=「Don't say that, Shizuku. Let me help you to the end.」
- <9E6B> 「嫌です、もうだめです。これ以上着つけの邪魔をするなら、部屋から出ていってもらいますから」=「No, thank you. If you keep getting in my way, I'll send you out of my room.」
- <9F43> 「邪魔しないわ、もう……あっ、じゃあこの帯、巻いてあげるね♪」=「I won't be in the way... Ah, I know, I'll tie the sash for you♪」
  <9FF5> 置いてあった太い帯をわたくしの体に巻きつけるエリス。=Eris picked up the thick sash and started wrapping around my body with it.
  <A09D> そう、これはもはや着付けではなくて、まるでベーゴマでもするかのように、わたくしに帯を巻きつけているだけだった。=Rather than helping me put it on, it was more like she was playing with a spinning top.
- <A189> 「やぁぁん、あぁっ、エリス……わたくし、本気で怒りますよ……キャッ、帯を解きなさい!」=「Yaaah, Eris... I'm getting angry... kya, untie this sash right now!」
- <A25D> 「わかったわ、ほどくから怒らないで、シズク。こうやって……それっ」=「Okay, I'll untie it so please don't be mad, Shizuku. And... there.」
- <A358> 「キャ、やぁぁんっ、何なのこれ、目が回りますぅ」=「Kya, yaah, I feel so dizzy.」
- <A406> 「このシーン、前にどこかで見たような……そう、アクダイカンが捕まえてきたマチムスメを脱がせるシーン★」=「I feel like I've seen something like this before... when that evil magistrate undresses the town girl★」
#perhaps a reference to some famous play/film?
#@fk: It's a well-known cliche of a guy stripping a girl in a kimono, making the girl spin around when the sash is pulled.
- <A4EF> 「はぁ、はぁ……エリス、もうこんなの、終わりに……やぁぁん」=「Haa, haa... Eris, please, stop this... yaahn.」
  <A59F> 悪乗りしたエリスは再びわたくしに帯を巻きつけ、回して解き始めた。=Eris then proceeded to wrap me in the sash again, before pulling it off again.
- <A65D> 「楽しい♪ ほれほれ、脱がせてしまうぞ、シズク……んふふっ」=「This is fun♪ "Hey, hey, you gonna get stripped, Shizuku..." fufu.」
- <A717> 「なんですか、その変な言葉使いは……あぁん、もう止めてくださいっ」=「What's with that strange way of speaking... Ah, please stop it!」
- <A7D7> 「そこは『オダイカンサマ、お許しを~』と言うの。そしたら……あっ!?」=「You should say "Please let me go, magistrate~" Then I'll... ah?!」
- <A8D6> 「あぁん、痛いぃぃ」=「Aah, oww...」
- <A968> 「はぁ、はぁ……悪ふざけも、ほどほどにして下さい……はぁ、はぁ」=「Haa, haa... will you please, stop playing around... haa, haa.」
- <AA26> 「ごめんね、シズク……でも乱れた和服姿のシズク、エッチにビューティフル★」=「I'm sorry, Shizuku... but still, seeing you all disheveled in a kimono is also quite sexy and beautiful★」
- <AAF3> 「また、そんな事を……ひゃっ、あぁぁんっ★」=「Again with that... hyaa, aahn★」
- <ABA2> 「あむっ……あむあむ、んふ……今のシズク見ていると、ドキドキするわ……ちゅっ、あむっ★」=「Mm... mmmmh... when I look at you, my heart starts pounding...」
  <AD4E> 着付が解けたわたくしに抱きつき、しまいには耳たぶに甘噛みしてくるエリス。=With my kimono now undone, Eris embraced me and began softly nibbling on my earlobe.
- <AE14> 「そんな、ことされたら……ぁん、だめぇ……だめ、エリスぅ……あぁぁんっ★」=「Ah, no... if you do that... no, Eris... aahn★」
  <AED7> 本気のエッチな声、出ちゃいました。=That was quite an erotic sound I just made.
  <AF6D> このままじゃまた、いつものようにエリスの好きなようにされてしまう。=If this goes on, Eris will end up having her way with me again.
  <B023> わたくしは必死に怒りの力を集めて、エリスを引き離す決意をしました。=Desperately gathering up all my rage, I tried to separate from Eris.
  <B0D9> 彼女を部屋から追い出して、初めから一人できちんと着付けをやり直さないと。=I'll chase her out of my room, and then I'll finally be able to get changed.
- <B19F> 「はぁ、はぁ……エリス、もう……いい加減に、しなさいっ!!」=「Haa, haa... Eris, just... give me a break, already!!」
  <B24F> 両腕に力を込めて、エリスの腕を掴んだ、まさにその瞬間。=Putting force into both of my arms, I grabbed onto Eris' arm. At that moment.
  <B2F9> わたくしの体は何故か、宙に浮いていた。=I suddenly felt my body float in the air.
- <B39D> 「えっ……キャッ、何なんですか、これ!?」=「Eh... kyaa, what's going on!?」
- <B445> 「シズク、ワタシもう我慢できないっ★」=「Shizuku, I can't hold it any longer★」
  <B4E4> 絶妙すぎるタイミングで、わたくしの体はエリスに押し倒されてしまって。=With superbly timed movements, Eris pushed my body down.
  <B59C> 着物が乱れた状態だったわたくしは、抵抗することが出来なかった。=I lay with my kimono disheveled, unable to resist.
- <B72F> 「今日のシズク、ズルすぎ。ただでさえステキなのに、はだけたキモノ姿なんて見せられたら、押し倒すしかないじゃない……★」=「You're so mean today, Shizuku. You're already so splendid, then you stand in front of me with a half-open kimono, there's no way I can contain myself★」
- <B828> 「別にこれは、はだけたのではなくて……ぁん、ただ着付けの途中だっただけです……ぁっ、やぁぁ、エリス、だめっ」=「It's not like I meant to leave it open... ah, I was just halfway through changing... ah, yaah, no, Eris.」
- <B912> 「キモノって最高にステキ♪ ショーツを穿かないなんて、いつでもエッチOK状態ってコトよね★」=「Kimonos are so wonderful♪ You don't wear panties, so I have easy access any time★」
#lit. can do naughty things at any time
- <B9F1> 「そういう事を言うなんて、日本文化をばかにしているとしか……あっ、はぁぁん、やぁぁん★」=「Are you making a mockery of Japanese culture... ah, haah, yaan★」
  <BAC2> 下着がない、無防備状態のわたくしのそこに、エリスは自分のあそこをグイグイ押しつけてきた。=With no panties on, Eris pressed against my defenseless lower region with her own.
- <BB98> 「あっ、シズク、もうここヌルヌル……エッチな娘ね★」=「Ah, Shizuku, you're already so wet down there... such a naughty girl★」
- <BC4F> 「ちっ、違いますっ、これはエリスがわたくしの体を触ったり、くんくんしたり、耳を噛んだりするから……あン、だから……」=「N-No, that's because you kept touching me, smelling me, nibbling on my ear... ahn, so...」
- <BD41> 「ワタシの愛撫で感じてくれていたのね? シズク……んふっ、だからこんなに、ここがヌルヌルなのね★」=「So my caressing turned you on, did it? That's why you're so wet, Shizuku★」
- <BE26> 「あぁぁっ、もぉ……そんな事、言わないで……あぁん、あン★」=「Aaah, don't... say that... aah, ahn★」
  <BEDB> 松葉崩しで貝合わせさせられて、わたくしは淫らな声を上げてしまった。=A shameful moan escaped my lips.
  #lit. in the tribadism position, [...] (it's obvious enough from the CG, so I left it out)
  <BF91> ものすごく気持ちいい、なんだかいつもより感じちゃう。=It felt so good, as if I was more sensitive than usual.
- <C043> 「はぁ、あぁ……ふふっ、シズク、どんどん着物が乱れていくわ……まさにエロスの化身ね、すっごくエッチ♪」=「Haa, ahh... fufu, your kimono is getting even more disheveled, Shizuku... a manifestation of eroticism itself, so naughty♪」
- <C127> 「やぁ……んっ、そんなに腰、動かさないで……あん、揺らさないでぇぇ~★」=「Yaan... Don't move your hips so much... ahn, stop shaking~★」
  <C1E8> 自分でもはっきりわかるくらい、エッチなお汁が溢れてしまっている。=I could feel the love juices overflowing from within me.
  <C29C> 体も熱くなって、全身が感じやすくなって……何されても、乱れてしまいそう。=My entire body heated up and became sensitive... everything she did made me go crazy.
- <C362> 「シズクの乳首、もうツンツンね……ちゅっ、ぺろっ★」=「Your nipples are already hard, aren't they... *lick*★」
- <C419> 「ひゃん、あぁぁんっ★ ダメ、乳首舐められたら……あぁぁ、感じすぎてしまいます……くぅん★」=「Hyan, aahn★ No, not my nipples... ah, that feels too good... kuh★」
- <C4FD> 「乳首ダメなの? だったら……ふふっ、ちゅっ、つつ……れろ♪」=「Not your nipples? Then... fufu, *kiss* *lick*♪」
- <C694> 「あぁぁんっ、あし……脚なんて、舐めてはダメ……あぁ、なんか……ゾクゾク、する……んっ、んぁぁ、あん★」=「Ahhn, not... not my leg... ah, I'm getting shivers... nnh, ahhn★」
  <C775> 乳首を舐められた時ほどの強さはないけど、エリスの舌の動きに合わせて、心地良い快感が脚に走っていく。=Though her ministrations weren't as strong as before, a feeling of warm pleasure coursed through my leg whenever Eris moved her tongue along it.
  <C84B> この感覚、クセになりそう……いっぱい、して欲しくなってくる。=I'd never felt anything like this, and yet... I wanted her to do it more.
- <C905> 「ぁ……はぁ、あぅぅ……ダメ、ダメなの……ぁぁ……ん、エリス……?」=「Ah... haa, ahh... no, no... ah, Eris...?」
  <C9BD> エリスは急に、脚舐めを止めてしまった。=Eris suddenly stopped licking my leg.
  <CA57> そして潤んだ瞳でジッと、わたくしを見つめている。=She stared at me with misty eyes.
- <CB05> 「シズク……脚、気持ちよくない?」=「Shizuku... does it not feel good?」
- <CBA5> 「そ、それは……その、えっと……」=「W-Well... that's, um...」
- <CC45> 「もっと、舐めてもいい?」=「Can I... keep going?」
- <CCDD> 「………………はい、舐めて……欲しいです」=「...... Yes, I want you to... keep going.」
  <CD7B> ああ、わたくしなんて恥ずかしい事を言ってしまったのかしら。=Aah, what an embarrassing thing I just said.
  <CE29> でもつい、口からそんな言葉が出てしまったのです。=But, it just slipped out without me realizing.
  <CECD> それほど、脚をエリスに舐めてもらうのは刺激的で気持ちが良かったから。=It just felt that good.
  <CF85> そんなわたくしの『おねだり』に、エリスは瞳を輝かせて微笑んだ。=Eris smiled with gleaming eyes at my pleading.
- <D041> 「シズク……そのエッチな声、最高にステキ……ちゅ、ぺろ……れろ、れろッ★」=「Shizuku... that erotic voice just then was so splendid... *kiss* *lick*... *lick*★」
- <D10E> 「あぁぁぁぁんっ、ピリピリして……あん、いい、すごくいいの、エリス……あはぁぁっ、感じすぎちゃう★」=「Aaahhn, it tingles... ahn, it's so good, Eris... ahaa, it feels so good★」
  <D1EB> 脚から全身に、快感が広がっていく。=Pleasure spread from my leg throughout my entire body.
  <D281> そしてそれが一気に、あそこに集まってくるように思えた。=And then seemed to converge at my lower body.
- <D335> 「くぅん、あふ……どんどん、濡れちゃう……ぁん、いっぱい溢れてきますぅ……あん、ああん★」=「Kuuh, ah... I'm getting so wet... ah, there's so much... ah, ahhn★」
- <D412> 「うんうん、いっぱい溢れてきたよ、シズク……シズクのあそこ、すっごく気持ちいい……★ もっと感じて、もっと乱れて?」=「Yeah, it's overflowing, Shizuku... Your pussy feels incredible...★」
  <D4FF> より強い快感を求めるように、そしてわたくしに与えるように、エリスが激しく腰を振った。=In search of more pleasure, Eris shook her hips wildly which in turn stimulated me.
  <D5C7> 擦れ合うヒダから、二人のエッチな蜜が飛び散っていく。=Sweet honey spread out from our rubbing petals.
  <D66F> あまりの快感に、わたくしもいつしか腰を揺らしていた……エリスのあそことピッタリ吸いつくように。= Overcome by intense pleasure, I began moving my own hips as well... as if completely sucked in by Eris'.
- <D74B> 「あぁん、すごいぃ……あん、くちゅくちゅ、エッチな音しているよぉ……ワタシも、感じてきちゃった……あぁ、はぁん★」=「Aah, so good... ah, such dirty sounds... it feels so good... ah, haahn★」
- <D840> 「ハァ、はぁん、エリス……エリスも、気持ちいいの、ですか……?」=「Haa, haahn, Eris... does it feel good...?」
- <D8FE> 「すっごく、イイよ★ シズクは、気持ちいい? 気持ちいいの?」=「It's so good★ How about you, Shizuku? Is it good?」
- <D9BF> 「ぁぁ……はい、わたくしも……あん、気持ちいいです、気持ちよすぎて……ひゃぅん、んあぁぁぁっ★」=「Aah... yes, I... feel amazing, it's too much... hyan, aaaah★」
  <DA98> 嬉しそうなエリスが、より激しく腰を振り出して。=Eris smiled happily and moved her hips even harder.
  <DB3A> あそこのひだひだや、くりとりすが擦れて、ものすごく感じてしまって……=Rubbing against my clitoris and labia, it felt so good...
  <DBF2> わたくし、もう限界でした……体の奥から際限なく溢れてくる熱い欲情に、流されてしまったのです。=I was at my limit... swept away by the ceaseless hot desire overflowing from deep within my body.
- <DCCC> 「あん、あああんっ★ ダメ、もうだめぇぇ★ はぁん、イキそう……わたくし、イキそうです、エリス……エリスぅ★ んくっっ★」=「Ah, ahhhn★ I, I can't hold it any more★ Hah, I'm going to come... I'm coming, Eris... Eris★ Kuuh★」
- <DDD8> 「可愛い、イキそうなシズクの顔、とっても可愛い……あぁ、ああん、一緒にいこう、シズク……はぁ、ハァ、一緒にイクのっ★★」=「Your face is so cute when you're coming, Shizuku... Ah, ahhn, let's come together, Shizuku... haa, haa, let's come together★★」
- <DED6> 「いい、イイの、気持ちイイ★ 震えちゃいます……アッ、もうイク、イク、いくぅぅ………………イッちゃいますぅぅっ★★」=「Good, so good★ I'm shaking... ah, I'm coming, I'm coming...... I'm comi~ng★★」
  <E0A6> 密着しながら動いていた二つの腰が、ピタッと止まる。=Our hips, pressed tightly against each other, suddenly stopped.
  <E14C> しばらく時間が止まったように硬直し、そしてゆっくりと離れていく。=They stiffened, as if time itself had come to a halt, before slowly separating.
- <E20A> 「あぁん、あぁぁっ★ すっごく……気持ち、よかった……シズク★」=「Ahn, aahh★ That felt... incredible... Shizuku★」
- <E2D2> 「……はい、エリス……なんか、とろけそうです……わたくし★」=「...Me too, Eris... I feel... like I'm melting★」
  <E387> 離れていく二つの濡れた花びら、でもそれを繋ぐように、エッチな光の橋が出来ていた。=Our soaked flower petals separated, but between them, a perverted bridge formed as if to join them, sparkling.
- <E455> 「シズクとワタシの、エッチなジュース……ミックスされちゃった★」=「Shizuku's and my dirty juices have... joined together★」
- <E518> 「もぉ、こんなの……あん、恥ずかしい……です」=「That's... ah, so embarrassing...」
  <E5BA> ものすごく恥ずかしかったけれど、ものすごく嬉しい★=It was embarrassing, but it also made me happy.
  <E663> だって大好きなエリスと、一緒にイケたのですもの。=Because I was able to come together with my beloved Eris.
  <E707> でも………………。=Even so......
- <E797> 「……エリス、あの……お願いが、あるのですが……」=「... Eris, um... I have something to ask of you...」
- <E847> 「ウン、なぁに? ワタシ、大好きなシズクのお願いなら、何でも聞くわ★」=「Sure, what is it? I'd do anything for my beloved Shizuku★」
- <E910> 「ありがとう、エリス。でしたらわたくしが着替え終わるまで、この部屋から出て行って下さい」=「Thank you, Eris. Then, until I finish changing, could you leave the room please?」
- <E9E6> 「えぇぇぇっ!? そんなお願い、聞きたくな……」=「Eeeeh?! That's not what I-」
- <EA94> 「武士にニ言はありませんっ!!」=「A warrior never goes back on their word!」
- <EB32> 「ワタシ、ブシじゃないのに~」=「But I'm not a warrior~」
lily_platinum/s002.txt · Last modified: 2017/02/05 23:08 by massaca