User Tools

Site Tools


lily_platinum:s001

Lily Platinum:s001

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0725> 「書の心は」=「Calligraphy is...」

  <0872> 書の心は……無の心。=Calligraphy is... the art of clearing one's mind.
  <08FA> それがきっと、書の極み。=That is, without a doubt, the essence of calligraphy.
- <0A84> 「………………」=「......」
  <0B08> 心地良い緊張感と緊迫感に、わたくしは包まれていた。=I was immersed in a pleasant mixture of tension and urgency.
- <0BB8> 「雫様、かなり気合入ってる感じ」=「Shizuku-sama seems really focused.」
- <0C56> 「シッ、静かに……雫様は今、精神集中していらっしゃるのよ」=「Shh, quiet. Shizuku-sama is concentrating right now.」
  <0D04> そう、わたくしは今極限まで自分の心を高めていた。=Indeed, I was pushing myself to the limit.
  <0DA8> いつもとは違う大書を書く為の、精神集中。=I'm putting all my concentration into this large print calligraphy.
  <0E44> 放課後の教室はシンと静まり返っている。=The afterschool classroom became stone silent.
  <0EDE> いつもならばざわざわと、ざわめきが聞こえてきそうなところだけど、今日は皆さんも分かってくれているようで良かった。=Usually, I would hear my classmates buzzing about. Thankfully, it seems like they knew better today.
  <0FC2> わたくしの立ち居振る舞いに、皆さんは声も忘れてジッと見守ってくれている。=As if reading the atmosphere, everyone became silent and watched.
  <107E> これだけの観客がいても、わたくしは見事にこの書を書き上げて見せます。=Despite the large audience, I'll show them my wonderful work.
- <1234> 「……ハァ……はぁ……」=「... Haa... haa...」
  <12C0> 呼吸が良い感じに落ちついてきた。=The deep breath calms me down.
  <1354> 一筆目を始めるのは、今しかない。=Now is the time to start the first stroke.
- <13F2> 「………………では……」=「... Now then...」
  <147E> 半紙に筆を強く押し当てた、まさにその瞬間。=I press my brush firmly against the paper. In that moment...
- <1668> 「ああ、シズク……なんて美しいのかしら」=「Ah, Shizuku... you're so beautiful...」
- <1850> 「……えっ……」=「... Eh?...」
  <18D4> 黙って見守る観衆の中、ただひとり大きな声を発する人物。=Amidst the silent crowd, one person broke the silence.
  <197E> 言うまでもない、それはわたくしの学友……特別な友人である、粢エリスだった。=Needless to say, that was my classmate. A special person to me - Shitogi Eris.
- <1A47> 「ああ、シズク……艶やかな黒髪と対をなすような、鮮やかな和服のコントラスト」=「Ah, Shizuku... Your sleek, black hair, contrasted with a vibrant kimono...」
- <1B11> 「………………」=「...」
  <1B95> ああ、もう……せっかく良い感じで集中できているのに。=Ah, geez... Just as I had become focused.
  <1C3D> 今だけは邪魔しないでちょうだい、エリス!=Don't bother me right now, Eris!
- <1E25> 「そして凛としたその表情はまさに完璧、パーフェクト」=「And that look of concentration is just flawless. Perfect!」
- <1ED7> 「……はぁ~」=「... *sigh*」
  <1F59> わたくしの中で、緊張の糸が途切れてしまった。=The concentration I had been building up disappeared in an instant.
  <1FF9> 静まり返ったこの教室に、エリスの声は実に良く響いていたから。=In the silence of the classroom, Eris' voice echoed fairly well.
  <20A9> わたくしだけじゃない、他の学生たちにももちろん聞かれている。=It wasn't just me. The other students heard it as well.
  <2159> ああ、こんなの恥ずかしすぎます。=Ah, this is too embarrassing.
  <21ED> お願いだから、この書を書き終えるまでは黙っていて。=Please, stay quiet until I finish my calligraphy.
  <23D5> ……そんな願望を、視線に念を込めてエリスに送ってみる。=... I tried to convey that thought to her through my gaze.
  <247F> その青い瞳を、まっすぐに見つめて。=Her blue eyes stared straight at me.
- <2661> 「……ああ、シズク……その情熱的な瞳……たまらないわ、ワンダフル」=「... Ah, Shizuku... Those intense eyes... Irresistible, wonderful!」
- <2863> 「……だめね、届きそうにないわ」=「... It's hopeless. That thought will never reach her.」
  <28F7> 普段でも、人の話を聞いてないことが多いエリス。=Eris pays little enough attention to what people say to her at the best of times.
  <2999> 彼女に言葉以外の方法で気持ちを伝えるのは、難しいのかもしれない。=For me to express my thoughts to her without words may as well be impossible.
  <2A4D> だけど、わたくしはあきらめません。=But I'm not going to give up.
  <2AE3> せめてこの書が終わるまで、30秒くらいでいいから、静かにしていてね。=At least until I finish writing this, for just 30 more seconds, please be quiet!
  <2B9B> 届いて、この想い!=Hear my thoughts, Eris!
  <2C21> そう祈りつつ、わたくしは再度気合を入れて、精神集中……よし、今ならいける!=Praying this, I mentally prepared myself again. Okay, I can do this!
- <2E2B> 「……んっ!」=「... Nnh!」
- <2EB7> 「ああ、シズク……そのりりしい顔、ワタシもう我慢できない! 愛してる!」=「Ah, Shizuku... That awe-inspiring look, I can't take it anymore! I love you!」
- <30BF> 「っ!? ちょ、ちょっとエリス、こんな所でな、なにを、もう……ぅぅ」=「Huh?! W-Wait, Eris, wh-what do you think you're saying in a place like this... geez...」
  <3177> こんな大胆な告白をされて、平静を保てる程わたくしは大人ではなかった。=I'm not yet mature enough to keep my composure after a bold public confession like that.
- <337B> 「あぅぅ、もお……」=「Ahh, geez...」
- <340D> 「雫様、お顔が真っ赤になっていますわ~」=「Shizuku-sama, your face is bright red~」
- <34B3> 「仕方ないですわ。あのエリス様にあんな事を言われてしまっては……ああ、私なら失神してしまいそう★」=「She can't help it with Eris-sama saying things like that. Ah, if I were her, I would've fainted★」
- <3598> 「もう……馬鹿、エリスの馬鹿……」=「Geez... Stupid, stupid Eris...」
  <362E> 顔も熱いし、体まで熱くなってしまう。=My face turned red, and my body burned with embarrassment.
  <36C6> これではとても、書を書く事なんてできそうにない。=There's no way I could do calligraphy now.
  <376A> こんなわたくしの気も知らず、エリスは愛の言葉を発し続けていた。=Oblivious to my embarrassment, Eris continued to confess her love.
- <3968> 「美しすぎる、ジャパニーズビューティフル。シズクは日本の美の結晶ね★」=「Absolutely beautiful! A Japanese beauty! You are the epitome of Japanese beauty★」
#Joe0Bloggs: the katakana appears to read "Japanese beautiful" rather than "Japan is beautiful" (Ja-pa-nii-zu), may be a grammatically fouled up version of "Japanese beauty"
- <3B73> 「はぁぁぁぁ……」=「*sigh*」
- <3E6B> 「………………むぅ」=「...*Grr*.」
- <403F> 「シズク……まだ怒ってるの?」=「Shizuku... Are you still mad?」
- <421D> 「当然です!! 今日という今日は、絶対許してあげませんっ」=「Of course! I will absolutely never forgive you for what you did today!」
- <42D5> 「そんなぁ……ごめん」=「No way... I'm sorry.」
- <44AB> 「謝って済む問題ではありません。それにエリスの謝り方には、どこか真剣さが足りないんです」=「As if apologizing can make up for what happened here! And besides, there was no hint of sincerity in your apology.」
- <4581> 「う~ん……じゃあ脱いだら許してくれる?」=「Hmm... Well, will you forgive me if I take my clothes off?」
- <4629> 「そんなのは……だめです、恥ずかしいですし」=「That's...! No way, that's so embarrassing.」
- <4815> 「シズクが脱ぐわけじゃないのに、ヘンなの。じゃあ……キス100回で許して」=「Even though I'm the one doing it? That's odd. Then... will you forgive me if I kiss you a hundred times?」
- <4A1F> 「キス、百回……それでしたら……って、だめに決まってます!!」=「A hundred kisses... in that case... No, of course not!」
- <4C1D> 「あぁん、ごめん、ホントにごめんね、シズク」=「Aww, I'm sorry. I'm really sorry, Shizuku.」
  <4CBD> 帰り道、エリスはわたくしに何度も何度も謝ってきた。=On the way home, Eris apologized to me many times over.
  <4D63> その姿にほだされそうになるけれど。=Her apologetic look was starting to mesmerize me, but...
  <4DF9> わたくしイジワルなのかしら、そんなエリスの姿をもう少しだけ見ていたいって思っていた。=I wonder if I'm being a bit too mean, as I actually wanted to see her like this a bit longer.
  <4EC1> その必死さが可愛らしいっていうか、一生懸命さに心が揺り動かされてしまうのです。=This sweet desperation, or rather, determination, moved my heart.
- <50CF> 「大事な書の時間を邪魔されたのですもの、このくらいは許されますよね……」=「If it's for disturbing my precious calligraphy session, I can forgive her after this much...」
- <5195> 「今何か言った、シズク? このワタシを許してくれる気になったの?」=「Did you say something, Shizuku? You're going to forgive me now?」
- <5397> 「……いいえ、許しませんよ」=「... No, I'm not.」
  <5427> いけません、つい顔が緩みそうになってしまいました。=Oh no, my stern look is starting to give.
  <54CD> ここは毅然としていないといけません。=I must remain firm.
- <556F> 「そんなぁ、シズクは厳しすぎるわ」=「No way! Shizuku, you're so mean!」
- <5751> 「当然ですっ!」=「Of course!」
  <57D5> エリスに対して、私は依然強気の姿勢を崩してませんが。=I held my stern demeanor against her.
  <587D> 本当は……=But the truth was...
  <58FB> 心の中ではもうとっくに許しているのです。=I'd already forgiven her, at least in my mind.
  <5997> あんな大勢の前で愛の、こ、こくはくなんかして、書の邪魔をされたけど。=Even though she c-confessed to me in front of so many people and ruined my calligraphy...
  <5A4F> 恥かしさよりも、嬉しさで胸が熱くなって。=It was happiness more than embarrassment that warmed my chest.
  <5AEB> エリスに対する愛しさが、いっそう湧き上がってきたのです。=My love for Eris was gushing out.
  <5B97> だけど簡単に許してしまうと、きっと調子に乗ってしまうはず。=But if I forgave her too easily, she might get carried away.
  <5C45> だからつい、こっちも意地になってしまう。=That's why even now I held my ground.
- <5CEB> 「お願い、シズク。ワタシ、シズクの為になんでもするから……ね?」=「Please, Shizuku. I'll do anything for you... okay?」
- <5EEB> 「ひゃっ、ちょ、ちょっとエリス……もぉ、だめっ!」=「Hya, w-wait, Eris... No, don't!」
  <5F91> こんなところで手をギュッと握って、わたくしを抱き寄せようとして。=In such a place, she held my hand and tried to hug me.
- <6191> 「……こういう手にはもう、乗りませんから」=「... I'm not going to fall for this again.」
- <6239> 「そんなぁ~、だったらシズクの好きなもの、何でもおごってあげる。タイヤキでも、おまんじゅうでも……あっ、駅前でケーキ買ってあげる♪ すっごくお勧めのお店が……」=「Well~ If that's the case, then I'll treat you to anything you want, like taiyaki or manju... Ah, I'll buy cake from the station♪ That one famous shop...」
- <6357> 「わたくし、物では決してつられませんから」=「Bribing me isn't going to work, you know.」
- <63FF> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <6481> ピシッ、と言ってあげました。=I threw down my words and gave no quarter.
  <6511> やはり親しき仲にも礼儀あり、言うべき事は言ってあげた方が良いんです。=I guess even between friends, saying what needs to be said is crucial.
  <65C9> 特別な存在のエリスだから、尚更に。=Eris holds a special place in my heart, but that just makes it more important.
- <67AB> 「……ぅ……ぅぅ……」=「... *sob*... *sob*...」
- <6981> 「……あら……エリス?」=「... Ah... Eris?」
- <6B59> 「………………ごめん、シズク……」=「... Sorry, Shizuku...」
  <6BEF> いつものエリスらしくない、かすれるような小声。=Unlike her usual self, she spoke in a tiny cracking voice.
  <6C91> 力なく謝った後、エリスはそのまま黙り込んでしまった。=After that feeble apology, Eris fell silent.
- <6E37> 「あの、エリス……?」=「Um, Eris...?」
- <6ECB> 「………………」=「...」
  <6F4F> なんだか本気で落ち込んでしまったみたい。=It was as if Eris was seriously depressed this time.
  <6FEB> ちょっと意地悪が過ぎたのかしら。=I wonder if I've gone a bit too far.
  <707F> わたくし、こんなつもりではなかったのに……。=That isn't what I intended.
- <7129> 「あの、あのですね、エリス、その……わたくしも言いすぎたといいますか……」=「Um, hey, Eris, you know... I said a bit too much...」
- <71F1> 「……ワタシ、もうシズクに許してもらえないのかな……シズクが好きだから、好きで好きでたまらないから、思ったことを言っただけなのに」=「... You're never going to forgive me, are you? It's just that I love you, I love you so much I can't help but express my feelings and yet...」
- <72F1> 「ですから、それは時と場所を選んで欲しいだけで」=「Like I said, it's just that you have to consider the time and place.」
- <739F> 「決して、その……嫌だったわけではなくてですね」=「Also... it's not as if I didn't like what you said...」
- <744E> 「シズクはもう、ワタシのことなんてどうでもいいんだよね、嫌いになったのね……うるるるっ」=「You don't care about me any more. You hate me now, right?... *sob*」
- <7524> 「わたくしの話、聞いてます?」=「Are you even listening to me?」
- <75C0> 「シズクはもう一生ワタシを許してくれないんだわ」=「Shizuku doesn't like me anymore!」
- <766E> 「ぅぅ……ああ、もう! 面倒くさいですわねっ」=「Ugh... Ah, geez! You're really troublesome.」
  <7710> いつもとは対称的に、とことん本気で落ち込んでしゅんとなってしまうエリス。=It seems that this time, Eris was seriously depressed beyond hope.
  <77CC> こうなってしまっては、簡単には手がつけられない。=The way this is going, there's only one easy way to solve things.
- <787A> 「エリス、わたくしはもう怒っていません。だから落ち込まないで下さい」=「Eris, I am not mad anymore, so please cheer up.」
- <793C> 「……そうやって慰めてくれるのは、もう話すのが面倒になったからでしょう? シズク」=「You're just saying that to comfort me. Talking to me is just a bother to you now, isn't it, Shizuku?」
- <7A0C> 「そんな事はありません! 本当にもう、怒っていませんから」=「Of course not! Really, I'm not mad anymore.」
- <7AC4> 「だってたった今『面倒くさいですわねっ』って言ったもの」=「But didn't you just say, "You're really troublesome"?」
- <7B7A> 「それはその……とにかく怒っていません、怒ってないのっ」=「That was... Anyway, I'm not mad. I'm really not mad.」
  <7C26> これ以上長引いたら、また怒ってしまいそうです。=Though if this keeps up, I may get angry again.
  <7CC8> どうしましょう、エリスの機嫌をすぐに直せる方法なら、いくつか心当たりはあるんです。=What should I do to cheer Eris up? There are a few things I can think of.
  <7D8E> でもそれをこの場で実践するのは……あまりに恥ずかしすぎますっ。=But doing it around here... is a bit too embarrassing.
- <7E4A> 「だけど、場合によっては最後の手段を……ううん、でもそんな事をしてしまっては……」=「It doesn't seem like there's any other way... Ugh, but if I did that...」
  <7F10> わたくしは恥じらいに体を熱くしながら、身をよじってしまう。=Burning with embarrasment, I turned to her.
  <7FBE> そのわたくしに、エリスはポツンと呟いた。=Eris quietly muttered:
- <8064> 「シズク……シズクはワタシのこと……好き?」=「Shizuku... Shizuku, do you love me?」
- <810E> 「えっ、えぇっ、それは……あぁん、んんっ……」=「Eh? Ehh, that's... uhh... umm...」
  <81B0> こんな時にそれを言うの、エリス?=How can you say that at a time like this, Eris?
  <8244> 少し破廉恥な行為を実行に移すかどうか悩んでいる、このわたくしに!?=Meanwhile I'm hesitating over the slightly indecent act I'm about to do?!
- <8304> 「そんなの、決まっています……好き、です……」=「Isn't it obvious... I love you...」
- <83B0> 「ホント? ワタシを慰める為に、適当に言っているんでしょう?」=「Really? You're not just trying to comfort me?」
- <846C> 「本当に、好きです……ああ、好きです、エリスの事」=「I really love you... Ah, I love you, Eris.」
- <851C> 「じゃあ、どのくらい好き? 少し好き? 中くらい? それとも……」=「Then, how much do you love me? Just a bit? Or a little more? Or...」
- <85DC> 「ぅぅぅ、もぉ……」=「Uuu, geez...」
  <8664> このもどかしい状況を何とかしたくて、わたくしは勢いに任せて言ってしまった。=Those words I always carried in my heart, but could never say properly.
  <8722> いつも心で思っている事、でもなかなか口にはしない、その言葉を。=Letting myself be caught in the flow of events, I now spoke.
- <87DE> 「大好きです、好き好き、エリスの事、大好きですっ★」=「I really love you. I love you, I love you, Eris, I really love you★」
- <8895> 「………………んふ★」=「... *giggle*★」
- <8A70> 「シズク、シズクぅぅ……シズクッ★★」=「Shizuku, Shizuku~... Shizuku★★」
- <8C5E> 「ちょ、ちょっとエリス、あぁ、こんなところじゃだめ、だめ、なの……」=「W-Wait, Eris, ah, not here... Don't... I said no...」
  <8D16> わたくしの『好き』に、途端に機嫌の直ったエリス。=The instant I said "love", Eris' mood changed completely.
  <8DBA> ギュッと抱きついてきた彼女の体を、わたくしは必死に引き剥がそうとする。=She latched onto me with a big hug while I desperately tried to free myself.
  <8E74> だってこうしないと、この体の火照りを知られてしまうから。=Because if I didn't, I wouldn't be able to resist my body's desires.
  <8F20> でもエリスの体、すごく柔らかくて、甘い匂いがして、気持ちがいいのです……=But Eris' body was so soft and smelled so sweet... it felt so good.
  <8FDC> ずっとこのままでいたくなってしまうくらい。=It would be great if this continued on forever.
- <9084> 「シズク、ありがとう★ ワタシもシズクが大好きよ★」=「Thank you, Shizuku★ I love you too★」
  <9136> ググッと顔を寄せ、わたくしの顔を見つめるエリス。=Eris brought her face closer, gazing at mine.
  <91DA> その顔にはもう、さっきまでのどんより落ち込んだ雰囲気は欠片も残っていなかった。=Not a trace of sadness was left on her face.
- <93E8> 「エリス、まさか……さっきの、あの落ち込みは……」=「Eris, could it be... back then, that sulking was...」
- <9498> 「もちろんフェイク♪」=「Of course it was fake♪」
- <952C> 「そ、そんなぁ……わたくしとした事が、こんな初歩的な策に引っかかってしまうなんて……」=「N-No way... How did I fall for such a elementary trick...」
  <95F6> シュン、とうつむいてしまう。=I hung my head.
  <9686> まだまだわたくし、未熟です。=I still have a long way to go.
  <9716> 今になって思えば、落ち込んでいる時のエリスの顔、どこか楽しそうに見えなくもなかったですし。=Now that I think about it, it's not like I couldn't see a hint of joy in Eris' depressed face.
  <97E4> あのエリスがあんなに暗く落ち込む事なんて、普通ならあり得ない事ですもの。=To seriously make her that depressed, it would normally take something unimaginable.
- <99EC> 「エリス……わたくしはいつも笑顔で、楽しそうにしているエリスが好きなんです」=「Eris... I like you better when you're smiling and having fun.」
- <9AB6> 「……だからもう、こういう冗談は止めて下さいね」=「... So please, stop making these kinds of jokes.」
  <9B5A> 少しむくれながらそう言うと、エリスは彼女の持つ最高の笑顔を返してくれた。=Eris turned to face me with her best smile.
- <9C20> 「じゃあいつも、シズクの前では楽しそうにしているわ。だからずっと、ワタシを大好きでいてね?」=「Then I will always act happy in front of you. So, will you always love me?」
- <9E3C> 「……わかりました。エリスがそうやって微笑んでくれているなら、わたくしはずっと……エリスが……」=「... I understand. If you keep smiling like that, I will always... love...」
  <9F10> ううっ、恥かしいです。=Ugh, this is really embarrassing.
- <9FA4> 「何? 聞えないわ、シズク★」=「What? I can't hear you, Shizuku★」
- <A045> 「エリスが大好きですっ★」=「I will always love you★」
- <A0E2> 「グッド! よく言えました、んふふっ♪」=「Good! Well said, nfufu♪」
- <A2CA> 「ううっ、恥かしい……」=「Urgh, it's embarrassing...」
  <A356> またこんなところで、本音を言ってしまいました。=Again in this place, I told her my true feelings.
  <A3F8> でもエリスの策にはまって、散々恥ずかしい事を言わされたのですもの。=But I fell for Eris' trick and was forced to say it.
  <A4AE> 今更なのかもしれません。=I don't know if it's because we've come so far.
- <A544> 「大好き……ああ、なんて最高の響きかしら★ もっと言ってくれないかしら? シズク、あと10回くらい、ワタシの耳元で囁いて★」=「I really love you... Ah, that sounded so good★ Won't you say that to me more? Shizuku, whisper that into my ear 10 times more★」
- <A648> 「……嫌です。そんな恥ずかしい事、これ以上は言えませんっ」=「... I don't want to. I can't say something so embarrassing again.」
- <A842> 「そんなこと言わないで。ね? 言って、シズク」=「Don't say that. Try it, Shizuku.」
  <A8E4> わたくしに寄り添うように歩きながら、エリスはいつまでもその『おねだり』を続けていた。=As we walked home, Eris clung to me and continued her pestering.
  <A9AC> いくらエリスのお願いと言っても、それだけは聞くわけにはいきません。=But no matter how much she begs, that much I can't give in to.
  <AA62> 10回もエリスに『大好き★』なんて言ってしまったら、普段グッと抑えている想いが、エリスへの愛が大爆発してしまいそうなんですもの。=Eris' repeated cries of "love" made my normally suppressed feelings toward her threaten to explode from within me.
  <AB5B> さっき言葉にしてしまった『好き』の気持ちがずっと、わたくしの胸の奥をドキドキさせていました。=My own feelings of love that I had only then managed to put into words were even now making my heart pound.
- <AC35> 「ねぇ、シズク……じゃあ5回だけ『エリス大好き★』って言って」=「Hey, Shizuku... How about saying "Eris, I really love you★" only 5 times?」
- <AE38> 「……絶対に、言いません」=「... I will never say that.」
  <AEC6> 愛を言葉にしたい衝動を抑えつつ、わたくしは早足で帰宅したのでした。=Resisting the urge to talk about love, I quickly walked home.
lily_platinum/s001.txt · Last modified: 2017/02/05 23:08 by massaca