User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s013
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08B9> 「なあなあの仲良しさん」=Kiss and Make Up

  <0C2B> お姉さまのお家にお泊まりをしてしまったわたし。=I stayed over at Onee-sama's house.
  <0CCD> 学校に行くのに、お姉さまの家から通うなんて……!=We were just going to school, but walking together from the same house...!
- <0E6D> 「ああ~ん、新婚さんみたい」=「Aaah~n, we're just like newlyweds.」
  <0EFD> 新婚さん……なんて素敵な響き。=Newlyweds... what a wonderful word.
- <10C5> 「おはようのキスよ、七海」=「Here's your good morning kiss, Nanami.」
- <12D7> 「はい、おはようのキスです」=「Yes, our good morning kiss.」
- <14EB> 「……ちゅっ」=「...*chu*」
- <1575> 「そしてこれは行ってきますのキス」=「And then here's my "I'm going out" kiss.」
- <1613> 「いってらっしゃいませのキス……ちゅっ」=「Here's my "take care" kiss... *chu*」
- <16B7> 「それじゃあ、今度は私から七海に……ちゅっ」=「And now here's one from me for Nanami... *chu*」
- <175F> 「いってらっしゃいのキスよ……ちゅっちゅっちゅっ♪」=「My "take care" kiss... *chu* *chu* *chu*♪」
- <180F> 「はうぅぅ~~ん♪」=「Hauuuu~~♪」
  <198B> ああ、興奮っ!=Aaah, how electrifying!
  <1A0D> 身悶えっ!=*fidget*!
- <1BD5> 「七海、どうしたの、そんなにくねくねして……?」=「Nanami, why are you wiggling around like that...?」
- <1DC3> 「はぅっ!」=「Haauu!」
  <1E43> またやってしまいました……妄想です。トリップです。=Here I go again... again with the lewd daydreams.
- <2033> 「なんでもありません~、それよりも急ぎましょう」=「It's nothing~ Never mind that, let's go!」
  <20D7> そうよ。=Yes.
  <2153> 他の学生に、お姉さまとご一緒に登校しているところが見つかったら……=If other students saw me together with Onee-sama on the way to school...
- <2353> 「パ、パ、パパニックだわっ!」=「P-P-P-P-Panic!」
  <23E5> わたしは辺りを見渡すと、ひと気が無いことを確認して学園へ急いだのでした。=I checked around me for signs of life as I rushed toward the school.
- <256C> 「今日も、優菜さまが元気に登校されてるそうよ」=「Looks like Yuuna-sama made it to school safe and sound today too.」
- <2616> 「まぁ、よかったわ。もうお加減がよろしいのね」=「Ah, that's great. I'm glad she's feeling better now.」
  <26B8> あれ以来、皆さんは毎日お姉さまが無事に登校されるのかを気にされているのです。=From that day on, everybody was concerned with whether Onee-sama came to school every day.
  <2778> ホントにお姉さまの人気は絶大だわ。=That's how popular Onee-sama was.
- <2816> 「それにしても聞きました?」=「Speaking of which, have you heard?」
- <28AE> 「やっぱり交換留学生には優菜さまが推薦されてらっしゃるんですってね」=「Yuuna-sama was recommended for exchange to England as expected.」
- <296E> 「本当に素晴らしいですわね、優菜さま」=「Yes, isn't our Yuuna-sama just wonderful?」
- <2B04> 「ええ……」=「Yeah...」
  <2B84> すでにその噂は、学園中に広まっているもの。=This is all anybody talks about at school these days.
  <2C22> でも、わたしはまだなにもお姉さまから聞いていない。=And yet, I still haven't heard a thing about this from Onee-sama.
  <2CC8> そのまま沈んでしまったわたしに、クラスメイトが慌てて声をかける。=Seeing me down like this, my classmates hastily apologized.
- <2D84> 「申し訳ありません、七海さん」=「We're really sorry, Nanami-san.」
- <2E1E> 「優菜さまと親しい七海さんは、お寂しいですわよね」=「Nanami-san will surely feel lonely seeing as she's closest to Yuuna-sama.」
- <2ECC> 「私たちったら、至らずに七海さんにはお辛いことを噂話にするなんて……」=「We were so inconsiderate, talking about such unpleasant rumors around Nanami-san...」
  <2F86> 口々にかけられる慰めの言葉が、わたしを癒してくれる。=They comforted me with their words, trying to make me feel better.
- <312A> 「大丈夫ですわ」=「It's okay.」
- <31B6> 「留学生に選ばれるなんて、優菜先輩が素晴らしいという証拠ですもの」=「Yuuna-sama is an excellent student, and her being chosen to go on exchange is just proof of that.」
- <3274> 「それを悲しんでいたら……マリア様の罰が当たります」=「If I were to feel sad about this... Mother Mary would punish me.」
- <3324> 「留学は……一年とのお話ですから」=「The exchange is only for one year, after all.」
- <34B6> 「卒業前には戻られるますし……これで二度と会えないわけじゃ……っ」=「She'll be back before I graduate... it's not like we'll never see each other again...」
  <356C> そこでわたしの強がりの言葉は詰まる。=I pretended to be all strong and calm.
  <3604> お姉さま……わたし、辛くてこれ以上は言えません。=But Onee-sama... it hurts too much for me to go on!
- <36B0> 「七海さん……なんて健気な」=「Nanami-san... how brave of you.」
- <3748> 「お辛いときには、いつでも私たちにおっしゃってください」=「Please, come talk to us whenever you feel down.」
- <37FC> 「せめてお話をして、少しでもお心を晴らしてくださいませ」=「At least that way you'll be able to clear your heart a bit.」
- <39A4> 「皆さん……ありがとうございます」=「Everybody... thank you so much.」
  <3AFD> 今日もお昼はお姉さまとご一緒です。=Today I'm spending lunchtime with Onee-sama again.
  <3B93> 留学のお話が本当なら、あとどれくらい一緒にいられるか分からない。=If she really is going on exchange, who knows how much time I have left to spend with her.
  <3C47> それだからこそ、この時間はとても大切な時間。=That's why this time together is truly precious.
  <3CE7> その時間を暗い顔でなんか過ごせない。=I can't waste it looking sad.
- <3E4C> 「お姉さま、卵焼きですよ、あ~ん」=「Onee-sama, here, fried eggs. Say "Aaah~n".」
- <3EEA> 「嬉しい~、七海から『あ~ん』をしくれたわっ」=「I'm so happy~ Nanami's feeding me.」
- <3F94> 「あ~ん♪」=「Aaah~n♪」
- <401C> 「ぱくっ……!」=「*munch*...!」
- <40A8> 「お姉さま、美味しいですか?」=「Onee-sama, is it good?」
- <4142> 「実は、これわたしの手作りなんです」=「Actually, I made this myself.」
- <41E2> 「ええっ、本当?」=「Oh, really?」
- <4270> 「嬉しい~~っ」=「I'm so happy~~」
  <42F4> お姉さまに、少しでも多くわたしとの思い出を残していただきたいから……=I want to give Onee-sama more memories of me...
- <43B4> 「早起きして、作ってみました♪」=「I got up early this morning to make it♪」
  <4448> 失敗に失敗を重ねて、卵を2パックも使ったのでお母さんには大目玉をくらったけど。=I used up two cartons of eggs from my repeated failures, earning me a good scolding from my mom.
- <4512> 「お姉さまに喜んで貰えたら、それだけでわたしは幸せです」=「I'm so happy that you like them so much.」
- <45C6> 「幸せなのは、私の方よ~」=「I'm the one who's happy~」
  <4654> お姉さまがわたしに抱きついてきそうになった時……=As Onee-sama was about to hug me...
- <4854> 「……あっ、失礼しました」=「...Aah, sorry for intruding.」
- <4A2C> 「麻衣……先輩?」=「Mai... senpai?」
  <4AB2> こないだ、わたしの悩みを聞いてくださった麻衣先輩が現れたのです。=Mai-senpai, the one who listened to my troubles the other day, has appeared.
- <4CAF> 「よかった……二人が楽しそうで」=「Great... I see you two are happy together.」
- <4E8D> 「……はいっ!」=「...Yes!」
  <4F11> ええ、わたしは何があってもお姉さまを信じると決めた。=Yes, I've decided to believe in Onee-sama no matter what happens.
  <4FB9> 麻衣先輩にはこの決心が通じると信じて、明るい笑顔を向ける。=Mai-senpai saw the resolve in my eyes and smiled brightly in response.
- <506E> 「お邪魔しました、失礼しますね」=「Well, I won't bother you any longer. I'll be going now.」
  <5240> 麻衣先輩が去っていく背中を、じっと見つめていました。=I kept my eyes on Mai-senpai as she walked away.
- <5432> 「七海ぃ……ずいぶん麻衣さんと親しそうね?」=「Nanami... you're really close to Mai-san, aren't you?」
- <561C> 「うっ……!」=「Uuu...!」
  <569E> しまった!=Oh no!
  <571C> お姉さまは、とてもヤキモチ焼きの方だった。=Onee-sama gets jealous easily.
- <57C2> 「あの~、なんでもないんですよ」=「Err... it's nothing like that.」
- <585E> 「以前、ちょっとお話をしたことがあるだけの方です」=「We just had a little chat about something once.」
  <5904> 何のお話をしたかなんて、言えるわけありません!=I couldn't say exactly what that chat was about, though!
- <5AF0> 「……ううっ……」=「...Uuu...」
  <5B76> お姉さまが……あうあうっ……わたしを睨んでるぅ。=Onee-sama is staring at me... oh dear.
- <5D64> 「苦しい……」=「It hurts...」
- <5DEE> 「え?」=「Huh?」
- <5E72> 「胸が苦しいわ……七海ぃ」=「My chest hurts... Nanami~」
  <5F00> つい今し方までわたしを睨んでいたお姉さまが、顔をへにゃっと歪ませる。=Onee-sama was staring at me until just now, but now her face is twisted in pain.
- <5FC0> 「はうぅぅ~~んっ……七海ぃ、うえぇぇ~ん」=「Haauuuuu~~... Nanamii... Ueeeeee~h.」
- <61AA> 「どうしたんですか、お姉さまっ!?」=「What's wrong, Onee-sama?!」
  <6242> やっぱり病み上がりで、まだ本調子ではないのではっ?=Was she still sick after all?
- <6432> 「お姉さま、すぐさま保健室に参りましょうっ!」=「Onee-sama, let's go to the clinic!」
- <6693> 「別に病気じゃないのに、七海ったら」=「Geez, Nanami, it's not like I'm sick.」
- <6875> 「だって、こんな時にもし倒れられたらどうするんですか?」=「But you can't afford to get sick right now, can you?」
- <6A6B> 「こんな時?」=「"Right now"?」
- <6AF5> 「あ……っ、それは……その」=「Aah... that's... umm...」
- <6CCF> 「とにかくです!」=「Anyway!」
  <6D55> 留学のことを、まだお姉さまの口から聞いていない以上。=As long as Onee-sama doesn't mention anything about going on exchange,
  <6DFD> わたしからその話を持ち出すわけにはいかない。=I shouldn't bring it up.
- <6FE7> 「このまま放課後までわたしがついていますから安心してください」=「I'll be with you all day, so don't worry.」
  <7099> 保健室の先生は、あいにく午後から出張。=Unfortunately, the nurse had been out since the afternoon.
  <7133> でも、そのおかげで特別に先生からは許可を頂けた。=But it was thanks to this that I got permission from the teacher to stay with Onee-sama.
- <71DF> 「うっ……」=「Uuu...」
#prev. 「Uuu *cough*」 - sounds like one sound to me.
- <73A9> 「どこか苦しいんですか、お姉さまっ?」=「Where does it hurt, Onee-sama?」
- <758D> 「放課後まで七海と保健室……っ! なんて美味しいシチュエーションなの♪」=「Staying with Nanami in the clinic all afternoon...! What a delicious situation♪」
- <7793> 「……がくっ」=「...*faint*」
- <781D> 「ああ、マリア様、ありがとうございます!」=「Aah, Mother Mary, thank thee for thy providence!」
- <7A05> 「もう~っ、そんなことを言ってる場合じゃありませんってば!」=「Geez, now's not the time for this!」
  <7AB5> お姉さまは相変わらずのマイペース。=Onee-sama's oblivious to those around her as usual.
- <7C95> 「具合が悪くなったのかもって、心配したのに!」=「And I was worried that you were really sick!」
- <7E81> 「だから、本当に元気なんだってば」=「Well, I'm telling you, I'm feeling just fine.」
- <8061> 「さっきのは、七海が……」=「Back then, it was because you...」
- <8239> 「わたしが?」=「Me?」
- <82C3> 「う、う、う…………うっ!」=「Uu, uu, uu... uuuu!」
- <835B> 「『う』?」=「"Uu"?」
  <83DB> このあいだから、お姉さまは一体どうしたんだろう?=What's gotten into Onee-sama recently?
  <847F> 何かを言いかけては、こうしてうるうると瞳を潤ませる。=She always seems like she has something to say when she gets all teary-eyed like this.
- <8671> 「だめぇぇ~~~~っ、言えないわっ!」=「Noooo~~, I can't say it!」
- <8713> 「言ったら、本当になってしまいそうなんだものっ~~~~!」=「If I say it, it might become true~~~!」
- <890B> 「お姉さまっ!?」=「Onee-sama?!」
- <8ADB> 「どうして、その流れでわたしを押し倒すんですか~っ?」=「Why did you suddenly push me down mid-sentence~?」
- <8CCF> 「だってぇぇ」=「Because~」
- <8D59> 「お姉さまは具合が悪いんですから、大人しくして下さい」=「Onee-sama, you're not feeling well, right? Please behave yourself.」
- <8F4D> 「もう、私は元気よぅ♪」=「No, I'm feeling just fine♪」
- <9123> 「だって!」=「But~!」
- <91AB> 「いいわ♪ だったら、私が元気だっていうのを七海に証明しちゃうんだから!」=「Well then♪ In that case, let me prove to you just how well I feel!」
- <9271> 「沢山、エッチなことをしてあげるのよ~っ!」=「I'll do lots and lots of naughty things to you~!」
- <945B> 「ええっ?」=「What?」
- <94E3> 「どうしてそうなるんですか~っ!」=「Why has it come to this~!」
  <9657> お姉さまはわたしをベットに押し倒すと、いきなり……=Onee-sama suddenly pushed me down onto the bed...
- <9705> 「ひゃうぅっ……!?」=「Hyaauuu...?!」
- <9797> 「お、お、お姉さまっ!?」=「O-O-Onee-sama?!」
- <982D> 「ダメよ、暴れちゃ♪」=「Don't say no to me now♪」
- <98BF> 「ダメよじゃないですぅぅ~っ!」=「I'm not just saying no~!」
- <995B> 「保健室ですよ、ここは~っ!」=「I'm saying, this is the clinic~!」
- <99F5> 「そうよ♪ 誰もいない、保健室!」=「That's right♪ The clinic, with nobody else here!」
- <9A93> 「そして七海と二人きり……!」=「The clinic, alone with you...!」
- <9B2D> 「がばっ……んちゅぅぅぅ~♪」=「*glomp*... *kissss*~♪」
- <9BC7> 「はうわっ……んれろっ、れろんっ」=「Hauwa... *mmm* *roll* *slurp*」
- <9C65> 「ぷはっ! お、お姉さまったら~っ!」=「Buuhaa! O-Onee-sama, geez~!」
  <9CFF> さっきまでの具合の悪さの片鱗もなく、お姉さまはわたしを押し倒して激しいディープキス。=All sign of illness gone, Onee-sama pushed me down and kissed me passionately.
#lit. deep kiss or French kiss
- <9DCF> 「うふふ~、七海ったらスカートがこんなにめくれて♪」=「Ehehe~ Look, Nanami, even your skirt is all rolled up♪」
  <9E77> はっ!=Haauu!
  <9EF1> ミカ女の学生にあるまじき、制服の乱れです。=My uniform was messed up in a most unbecoming way for a St. Michael's girl.
- <9F97> 「ああ~ん、でもこれはお姉さまがぁ~」=「Aaa~, but this is all your~」
- <A039> 「いい眺めよ~、七海っ」=「Nice view~ Nanami~」
- <A0CD> 「そうじゃないですぅ~」=「No, it's not~」
  <A159> わたしの嘆きもなんのその。=She ignored my protests.
  <A1E7> 捲れ上がってしまったスカートから見えるパンティに、お姉さまは手をかける。=Seeing my panties under the rolled-up skirt, Onee-sama reached for it with her hand.
- <A2AB> 「ひゃうっ」=「Hyaauu.」
- <A333> 「心配性の七海を納得させるためにも、私頑張らなきゃ」=「I'll work hard to reassure my worrywart girlfriend.」
- <A3E3> 「な、な、なななな何をですか~っ!?」=「Ho-Ho-Ho-Ho-How are you going to do that~?!」
- <A485> 「いやぁね」=「Well, you see...」
- <A50D> 「たくさんエッチをして、私が元気なことを、ちゃんと七海に納得させるのよ♪」=「I'll be doing lots of naughty things to you, to show you just how good I feel♪」
- <A5D3> 「はうわ~~っ!」=「Haauuwah~~!」
  <A659> そういえば、そんなことをおっしゃっていたわ、お姉さま!=Now that I think of it, Onee-sama did mention this!
  <A703> 急に押し倒されてちゃって、忘れてたぁっ~。=I just forgot about it when she suddenly pushed me down~
- <A7A9> 「ほら、そんなに口をパクパクさせてたら……ちゅっ」=「Now now, let's close up that mouth of yours... *kiss*」
- <A857> 「んはぁっ」=「Uweeh.」
#Joe0Bloggs:approximately as pronounced by the seiyuu...
- <A8DF> 「れろろっ、ちゅぱっ……んちゅるぅ」=「*lick* *kiss* Mmm... *chu* *chu*」
- <A97F> 「はふっ、んぅっ……♪」=「Haauu... mmmm♪」
  <AA0B> お姉さまが深く舌を差し込んできて、私の舌を絡めとる。=Onee-sama thrust her tongue deep into my mouth, entwining with my tongue.
- <AABB> 「七海の舌、食べちゃたいわ」=「Your tongue... I want to eat it up.」
- <AB53> 「んぅっ」=「Nnmmm~」
- <ABD9> 「そして……私だけのものにしちゃうの」=「And then... it will be mine and mine only.」
  <AC73> いまだって、お姉さまだけのものですよ?=It's all hers now too, isn't it?
- <AD15> 「そうしたら、もう……他の子とおしゃべりなんて出来ないんだから」=「That way, you won't... be able to talk to anybody else anymore.」
- <ADD1> 「私の……私だけの七海になってくれるのにぃ」=「I... I thought you were all mine already, but...」
- <AE79> 「お姉さま……?」=「Onee-sama...?」
  <AEFF> いまだって、お姉さまだけの……わたしなのに?=But I am all yours... Onee-sama?
- <AFA7> 「ぷるぷるぷるっ!」=「No! *shake* *shake*」
- <B037> 「せっかく七海とエッチなことをしてるの、嫌なことを考えるのは止めなきゃ」=「I'm spending precious time with you right now, so I must stop these nasty thoughts.」
#Joe0Bloggs: Because I'm using "naughty" again two lines down... let's skip "naughty" for this line.
  <B0F3> お姉さま、一体どうしたの……?=What's wrong with Onee-sama...?
  <B185> 不思議そうに見つめるわたしに、お姉さまが蠱惑的な笑みを浮かべた。=Noticing my confused stare, Onee-sama smiled naughtily.
- <B241> 「ちゃんと愛してあげる、ここもね♪」=「Let me give you more love... here too♪」
- <B2E1> 「ひゃうっ!」=「Hyaau!」
  <B363> お姉さまの手がまたパンティに伸びて、今度は隙間から忍び込む。=Onee-sama reached for my panties again, this time slipping inside.
- <B41B> 「まぁ……♪」=「Aah...♪」
- <B4A5> 「あぁ~」=「Aaaa~」
  <B523> お姉さまとの口づけで、すでに反応していた女の子の部分はしっとりと濡れている。=Having been kissed by Onee-sama so thoroughly, that most sensitive part of mine had started getting wet.
  <B5E3> そこをお姉さまの手が探って、わたしの蜜を指に絡めていった。=Onee-sama reached in there with her hand, stirring up my nectar.
- <B699> 「こんなになってるわ、七海のおまんこ」=「It's so wet already, your pussy...」
- <B73B> 「だって……お姉さまがあんまり激しいキスをするから」=「That's because... you was kissing me so intensely.」
- <B7EB> 「もう、私の指を欲しがって、ひくひくしてる♪」=「See, it's already twitching, longing for my fingers♪」
- <B895> 「んうぅっ!」=「Ueeei!」
  <B917> お姉さまの指は、ゆっくりとわたしのおまんこをなで回し、感じる部分を探り当てる。=Onee-sama's fingers slowly rubbed my pussy, searching for a sensitive spot.
- <B9E1> 「ココ♪」=「Here♪」
- <BA67> 「はうぅっっ!」=「Haaaa!」
  <BAEB> ベッドの上で体が跳ね上がる。=My back arched hard enough to send me bouncing right off the bed.
#lit. on top of the bed, my body jumped
- <BB83> 「ココをしっかり愛してあげる……ちゅっ」=「I'll give you all my love here... *kiss*」
- <BC27> 「んぱっ……ふぅっ、んちゅっ……」=「Nhaa... fuuu... mnnn... *nchuu*」
  <BCBD> お姉さまはわたしの秘裂を愛撫しながら、またもや激しいキスをくれる。=Onee-sama passionately kissed my pussy again as she fondled it.
- <BD7B> 「あぁんっ……お姉さ……まっ、声が……声がでちゃいま……」=「Aaahn... Onee-sa-ma, I... I'm going to cry out...」
- <BE31> 「だったら、私の口でふさいでいてあげる~!」=「Then, let me seal your mouth with mine~!」
- <BED9> 「んむっ」=「Mmmm...」
- <BF5F> 「はむっ!?」=「Hamnnn?!」
- <BFE9> 「んむぅぅ~っ、むむっ……んむっ」=「Nmmmm~ mmm... nmmmmm~」
  <C07F> お姉さまにしっかりと舌を絡め取られ、全ての声がお姉さまに吸い取られる。=As Onee-sama tangled her tongue with mine, she sucked away all sounds I made.
  <C139> わたしのおまんこは、お姉さまの指でぐちょぐちょと音が鳴るほどに愛されて……=But my pussy made wet squishy sounds as Onee-sama's fingers made love to it forcefully...
- <C1FF> 「はむっ……とろけちゃい……そうれす……ぅ」=「Haaummmm... I feel like... I'm gonna melt...」
- <C2A7> 「とろけて……七海♪」=「Melt with me... Nanami♪」
- <C339> 「んむぅぅ、ふむぅっ!」=「Nmuuu, mmmuuu!」
- <C489> 「……ふぅっ! あふううぅぅぅ……んんんっっっ!」=「...Fuu! Ahuuuuu... nnnnnghee!」
  <C52F> ビクビクッ=*twitch* *twitch*
  <C5AD> お姉さまの指をきつく締め上げながら、わたしは最初の絶頂に押し上げられていました。=As I squeezed tightly on Onee-sama's fingers, she pushed me up to my first climax.
- <C679> 「うふふ。まだまだこれからよ~♪」=「Ehehe~ The fun starts here~♪」
- <C717> 「はうぅぅ~」=「Haauuu~」
  <C799> お姉さまの不敵な笑いに、わたしはなすすべもなかったのです。=Against Onee-sama's indomitable smile, I was totally helpless.
- <C907> 「はぁ……んむっ、ちゅうぅっ、ちゅぱっ」=「Haa... om... hmmm... *chu* *kiss*」
  <C9A3> 一度目の絶頂からすぐ、お姉さまの膝の上に抱き上げられてしまった、わたし。=As soon as I reached first climax, Onee-sama hefted me up on her knee.
- <CA67> 「あふっ……すごい、れすぅ……」=「Aah... so good...」
  <CAFB> さっきのアクメでべとべとになったおまんこは、すでにパンティを取り除かれている。=She took off my panties, revealing my pussy, wet and sticky with nectar from my first orgasm.
  <CBBD> そこをまたお姉さまの指で、愛撫されていると、さっきよりも強い快楽がわたしを支配する。=As Onee-sama started caressing me again down there, I felt even stronger waves of pleasure take over me.
- <CC8D> 「んくぅ……っ!」=「Ngkuu...!」
- <CD1B> 「七海、腰が揺れてるわよ?」=「Nanami, your hips are shaking.」
- <CDB3> 「だって、だって……お姉さまがぁ」=「Because, because... Onee-sama...」
- <CE51> 「だったらリクエストにはこたえてあげないとっ!」=「I must grant your request!」
- <CEFD> 「七海が干からびちゃうくらいに、攻めてあげる♪」=「Nanami, I won't stop until I squeeze you dry♪」
- <CFA9> 「はうぅぅ~っ」=「Haauuuu~」
  <D02D> お姉さまが言うと、本当になっちゃいそうっ!=What Onee-sama is saying might come true!
  <D0CB> こ……こわい!=S-Scary!
- <D155> 「うふふ~」=「Ehuhu~」
- <D1DD> 「まずはお口から……ちゅっ、ちゅぅぅ、ちゅるる」=「Starting from your mouth... *suck* *chu* *kiss*」
- <D289> 「んはっ、むむぅっ……ぺちょ、れろろんっ」=「Nghaa, hommmuu... *fuu* *buu* mmm... *slurp* mmnnmm...」
#"fuu buu": what's an SFX for "being sucked"? :D
  <D327> 怖いと思いながらも、ついついお姉さまのキスに答えてしまう。=Though I found her a bit scary, I ended up kissing Onee-sama back.
  <D3D5> だって……大好きなお姉さまからの口づけ。=Because... it's my beloved Onee-sama kissing me.
  <D471> これを拒むことなん出てきますか!?=How could I refuse?!
- <D50F> 「んちゅっ……七海のおまんこも応えてくれてるわ♪」=「*chu*... Your pussy is responding to me too♪」
- <D5BD> 「はうっ!?」=「Haauu?!」
- <D647> 「ほら……こんなにぐちゅぐちゅで涙を流してる」=「See... these tears of joy trickling down from there.」
- <D6F1> 「んぅぅっ、あふっ、そんなことを言ったらだめぇ」=「Nguuuu, ah, don't say something like that.」
- <D79D> 「あら、どうして……ちゅぅうっ……」=「Oh, why not... *chu*...」
- <D83D> 「……はずかし……んむぅっ」=「...It's embarrassing... homuumm-」
- <D8D5> 「上のお口も、下のお口も七海は可愛いわ」=「You're so cute everywhere, be it your lips up here or your lips down there.」
  <D971> お姉さまの指は、繊細な動きでおまんこを愛撫し、快楽を引き出す。=Onee-sama's fingers fondled my pussy with a delicate touch, bringing out every last bit of pleasure.
  <DA23> そのたびにわたしはお姉さまの口の中に淫らな声をあげてしまう。=My dirty cries of pleasure went straight from my mouth to hers.
- <DADB> 「んふっ……はううっ……んんんっっ!」=「Ngfuu... haauuu... nnnngg!」
- <DB7D> 「はぁっ、あふっ……ンんっ~」=「Haa, haup... nnn~」
- <DC17> 「もっと悦んで、七海」=「Let me make you happier, Nanami.」
- <DCA9> 「そんな七海を見るのが、とても嬉しいんだから♪」=「Because it makes me happy to see you like this♪」
- <DD55> 「はひっ……んんっ、ふぅっ」=「Yes... haauu... aaahh」
- <DDED> 「ねえ? もう、私が病気だなんて心配しない?」=「Well? You're not worried that I'm ill anymore, are you?」
  <DE8F> お姉さまのことは……いつだって心配。=I'm... always worried about Onee-sama.
  <DF27> だって、大好きなお姉さまのことだから。=Because, she's my most beloved Onee-sama.
  <DFC1> でも……=But...
- <E045> 「お姉さまが、元気なのは……ふぁっ、あふぅんっ……分かりましたぁぁ~」=「You're feeling really well... fuaa, afuun... I get it~」
  <E0FF> こんなにパワフルにエロ乙女全開のお姉さまを、見せつけられたら……!=If full-power naughty-mode Onee-sama found out...!
- <E1BD> 「よかった~」=「That's great~」
- <E247> 「それじゃあ……んちゅ……ちゅぱちゅぱっ♪」=「Well then... *kiss*... *chu* *chu* *chu*♪」
- <E2EF> 「はうぅぅぅん~~っ!」=「Hauuwaa~~!」
  <E37B> 更に激しく口づけで攻められ、おまんこはお姉さまの指で翻弄させられる。=As she kissed me more and more passionately, Onee-sama's fingers played with my pussy.
  <E433> わたしの花弁はあますとこなく、お姉さまに支配されて。=As the flower blossomed in my secret garden, Onee-sama picked every petal.
  <E4DB> 悦びの充血で濃いピンク色……=Deep pink petals flushed by joy and ecstasy...
- <E573> 「あっ、んんっ……お姉さまっ!」=「Aaah, nnh... Onee-sama!」
- <E60F> 「気持ちいいの……もう、何も考えられない~っ」=「It feels so good... I, I can't think anymore~」
  <E6B1> 体の中で、お姉さまへの愛情と快感が渦巻いて暴れる。=My body swirled with pleasure and love for Onee-sama.
- <E75F> 「イキそうになってる、七海、可愛い……っ♪」=「You look so cute when you're coming...♪」
- <E807> 「ああ……イッちゃいますっ」=「Aaa... I'm coming...!」
- <E89F> 「お姉さまにおまんこ弄られて……わたし……っ」=「You're touching my pussy like that... I...」
- <E949> 「わたし、イッちゃいますぅぅ~」=「I'm comiinnnngggggg~」
- <E9E5> 「そのままイッて」=「Come for me, Nanami.」
- <EA73> 「いやらしくて可愛い七海を、全部私に見せて」=「Let me see you in all your naughty and lovely glory.」
- <EBD7> 「あぁっ! イクっ……くぅっ、イクぅぅぅぅっっっっ!」=「Aaaah! I'm coming... I'm comiiinnnggggggg!」
- <EC89> 「お姉さまぁぁぁっ……!」=「Onee-samaaaaaaa...!」
  <ED17> 目の前が金色に輝いて、そして白く変化する。=My field of view flashed gold and white.
  <EE6D> キラキラした世界の中……お姉さまがまるで女神の様に見えた。=In this glittering world... Onee-sama's face appeared in front of me like that of a goddess.
  <EF1B> お姉さまの指を、おまんこから迸る愛液が淫らに濡らす。=Juices gushed indecently out of my pussy and soaked Onee-sama's fingers.
  <EFC3> その液体を、お姉さまの指が絡め取るようにして……=Her fingers seemed to grasp at my nectar.
- <F06F> 「七海のおつゆ……こんなに」=「Your juices... so...」
- <F107> 「光っていて綺麗ね♪」=「So glittery and beautiful♪」
  <F191> お姉さまの指が、わたしのおつゆでてらてらと光っている。=Onee-sama's fingers glittered with a coating of my nectar.
- <F243> 「あぁっ……いやぁ~」=「Aaa... no~」
  <F2CD> 差し出されたお姉さまの指は、ふやけてしまっている。=Her outstretched fingers were starting to wrinkle.
  <F373> それはわたしのおつゆがしてしまったこと。=Soaked from my juices.
  <F40F> 恥ずかしさで頬を染めるわたしに、またお姉さまがキスをひとつ。=As I blushed in embarrassment, Onee-sama kissed me once more.
  <F4BF> 甘いキスに……わたしはうっとりと目を閉じる。=What a sweet kiss... I closed my eyes in bliss.
  <F55F> もう……何も考えられないほど、わたしの頭の中はふやけていました。=My mind went blank... unable to think.
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s013.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)