User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s012
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0855> 「いつもと変わらぬお姉さま」=Same Old Onee-sama

- <0CC7> 「七海……あれはどういう事なの?」=「Nanami... just what was that all about?」
- <0D65> 「まさか……まさか、う……う……」=「Could it be... could it be, uu...uuuuuu...」
- <0EF7> 「浮気ぃぃぃぃっ!?」=「She's cheating on meeeee?!」
- <107D> 「私がいるのに~っ、そんなの……」=「Am I not good enough for her...」
- <111B> 「ううっ~、いやあああぁぁぁぁんっ!」=「Uuuu~ Noooooooooo!」
- <12B1> 「でも……嫌われるようなことなんて何もしてないわ」=「But... I haven't done anything that would make her hate me.」
- <135F> 「そりゃあ、あんまりにも七海が可愛いから、どこでもかしこでも押し倒したくなっちゃうけど」=「Well, it's true that I've wanted to make love with Nanami in all the wrong places because she's just too cute.」
- <1527> 「10回に9回は我慢していてよ!」=「But I've held myself back 9 out of 10 times!」
  <16D6> 『10回に9回で、あれなんですかっ!?』=『Only 9 out of 10 times, is it?!』
- <186E> 「あら……いま七海の声が聞こえたような気が……」=「Oh... I think I heard Nanami's voice just now...」
- <1A0E> 「うふふ♪ やっぱり愛の力かしら~、いつでもどこでも七海の声が聞こえる様な気がするわ!」=「Ufufu♪ That's the power of love~ I can hear Nanami's voice anywhere, anytime!」
- <1BD6> 「じゃなくて~~っ!」=「That's not it~~!」
- <1D5C> 「七海の浮気疑惑がぁ!」=「Nanami may be cheating on me!」
- <1DF0> 「あんなに可愛い七海ですもの、他の女の子が目を付けてもしかたないわっ」=「Nanami's so cute and lovable, it wouldn't be surprising if other girls had their eyes on her.」
- <1EB2> 「そうよ、七海は可愛いの! 可愛いから本当はもっともっと色んなところで可愛がってあげたいのに~」=「Yes, Nanami's so cute! So cute that I want to love her more and more all over her body~」
- <2082> 「七海ったら、恥ずかしがり屋さんなんだから……きゃっ☆」=「Nanami gets embarrassed so easily... kyaa☆」
  <2247> 『恥ずかしがり屋さんじゃなくて、お姉さまがエロ乙女すぎるんですっ!』=『It's not that I get embarrassed easily, it's just that Onee-sama's too dirty!』
- <23FB> 「あら、また七海の声……?」=「Eeh, Nanami's voice again...?」
- <2587> 「あン♪」=「Aah♪」
- <260D> 「心と心が通じ合ってるのね~、私たち」=「Our hearts are indeed linked together~」
- <27A3> 「……でも、それならどうして……う、う、うわっ、うわ!」=「...but then, if that's the case, why's she... ch-ch-che-, che-!」
- <294B> 「浮気なんかぁぁぁ~~っ!」=「Cheating on meeee~~!」
  <2AF4> 『し・て・い・ま・せ・ん~~~~っ!』=『I-am-not~~~~!』
- <2C8A> 「だって、あんなに楽しそうに笑っていたんだもの」=「But you were laughing so happily.」
- <2E2A> 「浮気よ、浮気に違いないわぁぁぁぁ~っ」=「Cheating, definitely cheatiiinggg~」
- <2ECE> 「どうしてぇ~、七海、私の何がいけなかったのぅ~っ」=「Why~ Nanami, what's not good enough about me~」
- <2F7E> 「毎晩、私が七海をおかずにオナニーをしているからなのっ!?」=「Is it because I think of Nanami while masturbating every night?!」
- <3036> 「まだしていないアクロバティックな体位で、七海をくりくりと責めちゃっているところを想像しているのがバレたのぉ~っ!?」=「Have my fantasies of toying with Nanami in all new acrobatic body positions been exposed~?!」
- <3128> 「はう……七海に嫌われちゃった……ううぅっ……七海ぃ」=「Haauuu... Nanami hates me now... uuuu... Nanamii...」
- <31DA> 「七海ぃ……七海ぃ……大好きなのにぃ」=「Nanami... Nanami... I love so so much but why...」
- <327C> 「ぐすっぐすっ……」=「*sob* *sob*」
  <33B5> その晩、物思いに悩んだお姉さまは……=That night, Onee-sama, lost in worry...
  <344D> なんと高熱を出して寝込んでしまわれたのです!=fell ill with a high fever!
- <36D2> 「えっ、優菜先輩が……倒れた!?」=「Eeh, Yuuna-senpai... has fallen ill?!」
  <3768> その事は、翌日わたしの耳に飛び込んできました。=News of such an event didn't take long to reach my ears the next day.
- <3812> 「ええ、そうなんですって」=「Yes, that's what they're saying.」
- <38A8> 「クラスメイトのお姉さまが話されているのを、聞いてしまいましたの」=「That's what we heard her classmates talking about.」
- <3966> 「大変だわ、優菜さまご無事なのかしら」=「Oh dear, I hope Yuuna-sama is all right.」
- <3A08> 「ご両親がお医者様なんですから、危険なことは無いでしょうけれど」=「Her parents are both doctors, so there should be no danger.」
- <3AC4> 「心配ですわね」=「I can't help but worry.」
- <3B50> 「ああ、代わって差し上げられるなら……代わって差し上げたい」=「Aaa, if I could... I'd gladly take her place.」
  <3C00> 噂話をするクラスメイトたちから、そっと離れた。=I quietly slipped away from my gossiping classmates.
- <3D9E> 「お姉さま……大丈夫かしら」=「Onee-sama... are you all right?」
  <3E2E> でも、どうせならお姉さまからご連絡を下さっても良いのに。=But it would've been nice if Onee-sama had told me about this.
  <3EDA> そう思うと、心の中で少しだけむくれてしまう。=A tinge of spitefulness welled up in my heart as I thought this.
- <3F82> 「それとも、電話もメールもできないほどに具合が悪かったのかしら」=「Or could it be that she's too ill to even phone or text me?」
- <403E> 「そんなに具合が悪いのに、ご連絡が欲しいだなんて……」=「Onee-sama's so seriously ill and all I can think about is why she hasn't called me...」
- <40F0> 「ううぅ、わたしったら、わがままだわ」=「Uuu, I'm way too selfish.」
  <418A> 自分でポカりと頭を叩いて自分をお仕置き。=I gave myself a hard knock on the head to punish myself.
- <422E> 「それに、お姉さまのことだから、心配をかけないようにって思われたのかも」=「And, knowing Onee-sama, she probably just doesn't want me to worry.」
- <42F2> 「でもやっぱりお姉さまがお休みになるなんて、心配だわ」=「But now that I know about it, I can't help but worry.」
  <439C> よし。=All right.
  <4416> わたしは今日、早退することを決めた。=I'm going to take early leave today.
- <45AA> 「お姉さまのお見舞いに行こう!」=「To go visit Onee-sama!」
  <46EF> そうして、わたしは生まれて初めての仮病を使い……=And then, I took the first sick leave of my life...
  <4793> お見舞いの品を持って、お姉さまのお家をお訪ねしたのです。=Bearing gifts for my visit, I came to Onee-sama's home.
- <49FE> 「七海……っ!?」=「Nanami...?!」
  <4A84> 私が尋ねていくとお姉さまは随分驚かれていました。=Onee-sama looks really surprised to see me.
- <4C72> 「具合はどうですか?」=「Are you all right?」
- <4D04> 「心配したんですよ」=「I was so worried.」
- <4ED6> 「もう、大丈夫だけれど……本当に七海なの?」=「I'm all right now, but... is that really you, Nanami?」
- <4F7E> 「私の妄想じゃなくて?」=「I'm not seeing things?」
- <5154> 「ほら、わたしは幻じゃないですよ」=「Look, I'm not an illusion.」
  <51EA> お姉さまの傍によって、手を握る。=I came up to Onee-sama's side and held her hand.
- <5286> 「七海だわ……本物の」=「Nanami... it's really you.」
  <5310> いつもならここで明るく笑ってくださるはずのお姉さま。=If Onee-sama were her usual self, she would be laughing happily by now.
  <53B8> 今日はお加減が悪いせいか、少しだけうつろな表情。=Perhaps because of her illness, she looked a bit expressionless today.
- <55A6> 「まだお加減がよろしくなかったですか?」=「Are you still feeling sick?」
- <564A> 「わたしったら……そんな時に来てしまって」=「Sorry for disturbing you now.」
  <56E8> よく考えれば、とても失礼だったのかも。=Come to think of it, this might not have been the right time for a visit.
  <5782> お姉さまは、今から登校するつもりだったのだと説明してくれたけれど……=Seeing as Onee-sama was getting ready to go to school, she couldn't really be in need of a visit...
- <5984> 「……しゅん……」=「...*mope*...」
- <5B54> 「大丈夫よ、そんな悲しそうな顔をしないで」=「It's okay, don't be so sad.」
- <5D3C> 「ねえ……七海……あのね?」=「Um... Nanami... you know?」
- <5F16> 「はい、お姉さま?」=「Yes, Onee-sama?」
- <5FA6> 「あの……昨日……お昼に」=「Um... Yesterday... during lunchtime.」
- <603C> 「はい?」=「Yes?」
- <60C2> 「お昼に……う、う、うううっ」=「During lunchtime... uu, uu, uuuuuuu.」
- <629E> 「うーーーーーーーっ!」=「Uuuuuuu~~~!」
- <6474> 「鵜!?」=「"Uuu"?!」
#a pun of sorts in Japanese. Nanami misinterprets Yuuna's crying as the name of a bird, specifically the cormorant. Good luck finding something similar in English...
- <64FA> 「はうぅぅぅ~~んっ!」=「Haauuuuu~~!」
- <658E> 「いやああぁぁぁ~~んっ」=「Noooooooo~~」
- <6624> 「どうしたんですかっ、お姉さまっ!?」=「What's wrong, Onee-sama?!」
- <66C6> 「いやあああんっ、聞けないわぁ、怖くて聞けないぃぃーっ」=「Nooo, don't want to know, too scared, don't want to hear~~」
  <6772> お姉さまが急に抱きついてきて、わたしは慌てる。=I panicked as Onee-sama suddenly hugged me tightly.
- <695E> 「あ……あの、どこかお苦しいんですか、誰かお呼びしましょうかっ?」=「Er... er, are you hurting somewhere, should I call somebody?」
- <6B5E> 「いや~、どこにも行かないでぇ、七海ぃぃぃっ」=「No~ Don't go anywhere, Nanamiiii~」
- <6C08> 「七海は私のものよ、絶対に誰にも渡さないんだからぁーっ」=「Nanami, you're mine, I'm not handing you over to anybody~」
- <6DFE> 「ええっ、そんなの当たり前じゃないですか!」=「Eeh? But of course!」
  <6E9E> だって、わたしのすべてはお姉さまに捧げているのに。=Because, every part of me is an offering to Onee-sama.
- <708E> 「ほ……本当ね?」=「R-...Really?」
- <711C> 「もちろんですよ」=「Of course.」
  <71A2> おかしなお姉さま。=Onee-sama sure was acting strangely.
  <7228> あ……でも、病気の時は誰でも気が弱くなってしまうもの。=Oh... but anyone would become weak when they're sick.
  <72D2> もしかしたら、お姉さまもそうなのでは?=Could that be the case with Onee-sama too?
- <7374> 「お姉さま、ほらそんなに暴れてはいけません」=「Onee-sama, you shouldn't strain yourself like that.」
- <741C> 「ゆっくり横になってください」=「You need to lie down and get some rest.」
- <74B6> 「もしお邪魔でなかったら、お姉さまが楽になられるまで傍についていたいです」=「If it's not too much trouble, I'd like to be with you until you get better, Onee-sama.」
- <76BE> 「七海ぃ」=「Nanami...」
  <773C> お姉さまが目をうるうるさせてわたしを見つめる。=Onee-sama stared at me with teary eyes.
- <77E6> 「さっそくですけど、お熱を計らせてください」=「Well then, please let me take your temperature.」
  <7886> こんなにお姉さまの様子がおかしいのだもの。=With Onee-sama looking and acting so strange,
  <7924> 熱くらいありそうだわ。=she probably has a fever.
- <79B6> 「体温計はありませんか?」=「Do you have a thermometer somewhere?」
- <7B8E> 「それなら……そこの引き出しに」=「A thermometer... there's one in that drawer.」
- <7C2A> 「引き出しですね?」=「This one?」
- <7DFC> 「ああ~っ、やっぱりダメーっ」=「Aaah~, actually, that won't work~」
- <7FD8> 「えっ?」=「Eeh?」
- <81A0> 「う……うちでは、熱を測るのは体温計を使わないの」=「W-We don't use thermometers to take the temperature at our house.」
- <824E> 「ご両親はお医者様なのにですか?」=「Even though both your parents are doctors?」
- <842E> 「そうよ!」=「That's right!」
- <84B6> 「私は昔から額と額をくっつけて、お熱を計ってもらっているの」=「I've always had my temperature taken by touching foreheads.」
- <86B0> 「はうわっ! ということは、わたしがお姉さまに額に……額をっ!?」=「Uwahh! You mean, I have to touch my forehead with... Onee-sama's?!」
- <88B0> 「してくれるわよね?」=「You'll do it for me, right?」
- <8A84> 「恥ずかしいけれど……頑張ります」=「It's embarrassing but... I'll give it my best.」
- <8B22> 「……こつん」=「...*touch*」
- <8CEE> 「ああ~、くんくん。七海の匂いだわ~」=「Aaah~, *sniff* *sniff*. It's Nanami's sweet smell~」
- <8ED2> 「お熱はないようですね?」=「You don't seem to have a fever?」
- <90AA> 「ああん、もう離れちゃうの?」=「Aaaa~ you're done already?」
- <9144> 「お熱を計るんですよ」=「I was just taking the temperature.」
- <9318> 「額だけでは、ちゃんと計れていないかもしれないわ」=「If it's just your forehead, it might not have been a good measure...」
- <93C6> 「そうね……もっとお熱を計れる場所があるじゃない」=「Yes... aren't there better places with which to take my temperature?」
- <9474> 「どこですか?」=「Such as?」
- <9642> 「七海からキスしてちょうだい♪」=「Please give me a kiss, Nanami♪」
- <9820> 「ええっ!」=「Eeeeh!」
- <98A8> 「熱を舌で計ってちょうだい~~♪」=「Take my temperature with your tongue~~♪」
- <9A88> 「はうぅぅん、そんなの恥ずかしいです」=「Haauuuu, that's so embarrassing.」
- <9C6C> 「あら、これは看病の一環よ」=「Oh, but that's part of nursing too.」
- <9D04> 「本当ですかぁ~?」=「Really~?」
- <9ED6> 「本当よ。ね、だから……お願い」=「Yes, really. So... please?」
- <9F72> 「それでは……失礼します……んっ」=「Well then... here I go... *mmm*」
- <A152> 「ちゅっ……お姉さま、舌を……絡めてください……」=「*Kiss*... Onee-sama, please... give me your tongue...」
- <A342> 「はうっ……んっ……こう……? れろっ……ちゅるっ」=「*mmm*... like this...? *mmm* *kiss*」
- <A534> 「……ちゅるっ……ぴちょっ……お熱……ないようれす……よ」=「...*slurp*... *drip*... you don't... seem to have a fever.」
- <A72C> 「あん……もう終わりなの?」=「Aaa... is that it?」
  <A7BC> つまらなそうに言ったお姉さま。=Onee-sama looked disappointed.
  <A84E> そして突然……=And then all of a sudden...
  <A9AE> お姉さまに押し倒されてしまったわたしは、あっという間にこんなことに……!=Onee-sama pushed me down onto the bed, and in no time...!
- <AA72> 「あふっ……お姉さま……ぴちゃっ」=「Aah... Onee-sama... *kiss*」
- <AB10> 「七海のおまんこ……熱いわ」=「Your pussy... so hot.」
- <ABA8> 「私よりも熱があるんじゃなくて?」=「Don't you have even more of a temperature than me?」
- <AC46> 「あんっ……そんなこと」=「Aahn... that's-」
  <ACD2> だったら、それはお姉さまのせい。=That would be Onee-sama's fault.
  <AD66> わたしの体を熱くするのは、全部お姉さまのせい。=It's all Onee-sama's fault that my body's turning so hot.
- <AE10> 「んちゅっ……れろっ」=「*chu*... *slurp*」
- <AEA2> 「あんっ♪」=「Aahn♪」
  <AF22> お姉さまの服をたくし上げて、そのままパンティの上から秘部を舐める。=I rolled up Onee-sama's uniform and started licking her privates through her panties.
- <AFE0> 「七海、もっと強く……♪」=「Nanami, harder...♪」
- <B076> 「これは看病よ」=「This is nursing too.」
- <B102> 「は、はい!」=「Er, yes!」
  <B184> こうしてお姉さまが元気になって下さるなら……=If this will make Onee-sama get well...
- <B22C> 「はむっ、んんっ♪」=「*om*, *nnn*♪」
- <B2BC> 「ぺちょっ、んちゅ……」=「*kiss* mmm *chu*...」
- <B350> 「あぁ……七海の舌が私のおまんこに~」=「Aaa... Your tongue is inside my pussy~」
  <B3EA> 身悶えるお姉さまの声が、わたしを更に熱くする。=Onee-sama's sultry voice as she writhed in pleasure made me feel even hotter.
- <B494> 「あふっ、んはっ……んむむむっ」=「Aah, mnnn... *ommm*」
  <B528> パンティをゆっくりとはぎ取ると、目の前に現れたお姉さまの花園に顔を埋める。=I slowly pulled off Onee-sama's panties and buried my face in the secret garden that appeared in front of my eyes.
  <B5E6> すでにじっとりと濡れてらしたお姉さまのおまんこは、舌を差し込むと……=And thrust my tongue into her already-drenched pussy.
- <B6A6> 「やっぱり……いつもより少し熱い気がします」=「It feels hotter than usual... you really must have a fever.」
- <B74E> 「んうっ♪ それは……七海のせいでしょう」=「Nnn♪ That's... your fault.」
- <B7F4> 「七海が私を熱くしているんだわ♪」=「You're making me feel hot♪」
- <B892> 「もうっ、お姉さまったら!」=「Geez, Onee-sama!」
- <B92A> 「わたし、心配してるのに~っ」=「I was really worried, you know~」
  <B9BC> でも、こんなことを言えるのなら、本当に元気なのかも。=But, for her to say something like that, maybe she's really feeling better now.
  <BA64> わたしはほっと胸をなで下ろす。=I put my hand over my chest in relief.
- <BAFE> 「心配させたお仕置きですよ……!」=「This is punishment for making me worry...!」
- <BB9C> 「まぁ♪」=「Aah♪」
- <BC22> 「もうっ! そこは嬉しそうな声を出すところじゃありません!」=「Geez! You're not supposed to sound happy about it!」
- <BCDA> 「はむっ」=「*nibble*」
- <BD60> 「んはぁっ♪」=「Aaha♪」
  <BDE2> ぷんぷんと頬を膨らませながら、わたしはお姉さまのちいさな肉芽を咥える。=As I pouted and grumbled, I sucked on Onee-sama's little bud.
- <BEA4> 「私も負けていないわよ……んちゅっる」=「I won't lose either... mmm *lick*」
- <BF46> 「あぁんっ」=「Haaa~」
  <BFC6> 制服のスカートが皺になってしまうのも構わず、お姉さまに秘部を探られる。=Heedless of the wrinkled mess she was making of my uniform, Onee-sama attacked my secret place.
- <C088> 「んむっ……するっ♪」=「*mmm*... got it♪」
  <C112> パンティはお姉さまのお口で、器用に取り払われてしまい……=Onee-sama skillfully took off my panties with her mouth...
- <C1C6> 「きゃふぅんっ!」=「Kyafuun!」
- <C254> 「ちゅっ、ちゅっ、ちゅぱっ♪」=「Mmm *slurp* *chu* *kiss*」
- <C2EE> 「七海のおまんこはかわいいわ」=「Your pussy is so cute.」
- <C388> 「私のために、こうしてピンク色の花びらを開けてくれて……んちゅっ♪」=「Such pink flower petals blooming open for me... *chu*♪」
- <C448> 「はうっ! んはぁぁん~」=「Haauu! Nhaaan~」
  <C4D6> 絶妙なお姉さまの舌戯に、わたしは思わず声をあげてしまう。=I couldn't help but cry out under Onee-sama's exquisite skill with her tongue.
  <C582> お姉さまの舌は、わたしの花びらをねぶるようになめ回していて……=Onee-sama's tongue licked back and forth across my flower petals...
- <C63C> 「おまんこをそんなにしたらっ、あぁんっ!」=「Haeh...! It's moving... inside... aah!」
#!!The seiyuu spoke a different line from what is written here. Check it out
#@fkeroge - The spoken line is: 「はぇ、おまんこの中でうごいて、うぅ」 
- <C6E2> 「そうよ、七海のおしるを一番最初に私が飲んであげているの」=「That's right, I'll be the very first to get to drink Nanami's juices.」
- <C798> 「んちゅっ、ぢゅっ、ぢゅるるん♪」=「Mmm... *slurp* mmm... *suck* mmm... *slurp*♪」
- <C836> 「ひゃぅんっ♪ そんな、音を立てて……あふぅぅっ」=「Hyaan♪ You're making so many noises... haaauuu.」
- <C8E4> 「七海のおまんこ、中もピクピクしてるわ」=「Your pussy is twitching all the way inside.」
- <C988> 「気持ちいいのね?」=「Does it feel good?」
- <CA18> 「はい……んぅっ、気持ちいいですぅ」=「Yes... mmm, it feels wonderful.」
- <CAB8> 「わたしも、お姉さまに……れろっ、ちゅぱっ」=「I'll also make Onee-sama... *slurp* mmm *kiss* *chu*」
- <CB60> 「はうぅっ、ああ、いいわ……いいっ」=「Hauuu, aah, that's... great.」
#alt: aah, yes... yes! *facepalm*
  <CBF8> 湧き出てくる、濃厚なお姉さまのおつゆ。=A torrent of Onee-sama's nectar came gushing out.
  <CC92> わたしは残らず舐め取っていく。=I licked up every last drop of it.
- <CD2C> 「美味しいれす……お姉さまぁ」=「It's delicious... Onee-sama.」
- <CDC6> 「ちゅるっ……んんっ」=「*slurp*... nnn.」
- <CE58> 「はむっ……ここ、コリコリしてる」=「*omm*... you've grown so stiff here.」
  <CEEE> お姉さまが愛芽におつゆを塗り込むようにして、舌先でくすぐる。=Onee-sama spread my love juices over my sensitive bud and circled it with the tip of her tongue.
- <CFA6> 「んうぅぅんっ♪」=「Nnnnhaa♪」
- <D034> 「可愛い七海のお豆さん、こうしているとぷっくりと膨れてくるのよ……ちゅばっ」=「Your cute little pea swells up when I do this...mmm *chu*」
- <D0FC> 「ひゃぅぅぅん……っ!」=「Hyaauu...!」
- <D190> 「ほら、もっと……こうして……ちゅるるっ、ちゅぱっ」=「Look, it's still... *slurp* *kiss* mmm *chu*」
- <D240> 「んあっ、あふぅんっ……あぁっ、いいっ、いいですぅぅ」=「Nhaa, aafuunn, aaa... so... good...」
  <D2EA> 激しい快感が、おまんこの奥から溢れてくる。=Intense pleasure overflowed from the depths of my pussy.
- <D390> 「ああっ、もう……もう、わたし……っ!」=「Aaa, I... I'm, I'm...!」
  <D42C> こらえきれない大波に、攫われてしまう。=going to be swept away by an unstoppable tidal wave.
  <D4C6> びくびくと太腿が震え、わたしのおまんこを愛撫するお姉さまのお顔をしっかりと挟んでしまう。=My legs twitched and trembled, clasping Onee-sama's face tight as she made love to my pussy.
- <D59A> 「私もよ……んはっ、はうぅん♪」=「Me too... *om* *kiss* haauuu♪」
- <D636> 「んちゅっる……一緒に、一緒にイキましょうっ」=「Mmm *slurp*... Let's, let's come together.」
- <D6E0> 「はうぅん……んぢゅっ、ちゅむっ……はひ、一緒に……っ!」=「Haauuu... hnng *chu* *kiss*... yes, together...!」
- <D796> 「んちゅるっ……ちゅるるっ!」=「Nng *chu* *suck* *suck*」
- <D830> 「はむっ! ちゅぱっ、ちゅるるっ、にちゅぅっ」=「Haa *om*! *chu* *slurp* aah *slurp*」
  <D8D2> お互いがおまんこを愛撫し合い、愛液が舌に絡まる粘質の音が響く。=As we made love to each other's pussy, our tongues swirled in nectar, making sweet sticky sounds.
- <DA48> 「あぁっ……イッちゃう、イッちゃいまふぅっ、お姉さまぁぁぁっっっ!」=「Aaa... I'm coming, I'm coming, Onee-samaaaaa~!」
- <DB08> 「んはぁっ♪ 私もよっ、イクわっ、七海の舌でイッちゃぅぅぅぅぅぅぅっ!」=「Nhaa♪ me too, I'm coming, Nanami's tongue is making me commmmmmmme!」
  <DBC4> ビクビクッ、ビクビビクンッ=*quiver* *twitch* *quiver*
  <DC52> 二人ともお互いの腰にしがみつきながら、身を反らせ絶頂を迎える。=Holding onto each other's hips, we both arched back in climax.
- <DD0C> 「あふっ……はうぅぅん……はぁ」=「Ahhfu... Ueeeh... Haa.」
- <DDA8> 「んうぅ、素敵だわ……七海……♪」=「Ahhn... that was wonderful... Nanami...♪」
  <DE3E> 愛液でべとべとになりながら。=As our nectar flowed thickly,
  <DECE> わたしたちはうっとりと、絶頂後の快感の波をその身で感じていたのでした。=we set ourselves adrift in the tides of pleasure sweeping after the climax.
- <E11F> 「あふぅ……」=「Ahfu...」
  <E1A1> お姉さまの柔らかい胸が……心地良いです。=Onee-sama's soft breasts... so comfortable.
- <E245> 「七海、七海~、私の七海♪」=「Nanami, Nanami~ My dear Nanami♪」
- <E2DD> 「ちゅっ……んちゅ♪」=「*chu*... *kiss*♪」
  <E367> わたしの髪の毛に、お姉さまのやさしい口づけが幾つも落とされる。=Onee-sama softly kissed my hair again and again.
  <E419> その感覚にうっとりとして、わたしはこのまま幸せの国に流されてしまいそう。=Lost in these sensations, I was swept away to the land of bliss and happiness.
- <E4DD> 「お姉さま……あぁ、優奈お姉さま……」=「Onee-sama... aaa, Yuuna Onee-sama...」
- <E57F> 「優奈お姉さま……私の優奈お姉さま……」=「Yuuna Onee-sama... my one and only Yuuna Onee-sama...」
  <E61B> 愛おしさがこみ上げて、お姉さまの名前を何度も呼ぶ。=My feelings of love welling up inside me, I called out Onee-sama's name again and again.
  <E6C1> 見つめ合うお姉さまの表情が、とても優しくて嬉しそうなものになった。=As our eyes met, I saw Onee-sama's face soften with gentleness and happiness.
- <E77F> 「……私の思い過ごしよね」=「...I was worrying too much.」
- <E815> 「何がですか?」=「About what?」
- <E8A1> 「ううん、こんなに優しくて素直な七海を疑った私がお馬鹿さんだったの」=「Nothing. I'm just an idiot to doubt my honest and kindhearted Nanami.」
- <E961> 「……お馬鹿さん?」=「...An idiot?」
- <E9F1> 「変なお姉さま……?」=「Onee-sama, you weirdo...」
  <EA7B> くすくすとわたしは笑う。=I giggled.
  <EB07> こうしていても、お姉さまは留学のお話なんて何もおっしゃらない。=Even now, Onee-sama didn't mention a thing about going on exchange.
  <EBB9> だったら留学のお話は……わたしの思い過ごしなのよ。=In that case, there's no need to worry about it.
- <EC67> 「わたし、お姉さまを信じています」=「I believe in Onee-sama.」
  <ECFD> わたしの体に回されている、お姉さまのこの優しい腕を疑うなんてしてはいけないわ。=It would be wrong to doubt Onee-sama as she held me so gently in her arms.
  <EDBF> もう一度、自分に言い聞かせるようにして宣言する。=I proclaimed my resolve to myself again.
- <EE6B> 「信じています、お姉さまっ!」=「I believe in you, Onee-sama!」
  <EEFD> お姉さまの愛も!=Whether it be Onee-sama's love for me!
  <EF81> わたしの、お姉さまへの愛も!=Or my love for Onee-sama!
- <F019> 「いつまでも、わたしたちの心は一緒ですよ」=「Our hearts will always be joined together.」
- <F0BF> 「お姉さま、だ~いすきっ」=「Onee-sama, I looove you!」
- <F155> 「私もよ~、七海♪」=「Me too~, Nanami♪」
  <F1DD> そうして……=And this...
  <F25D> わたしたちの熱い夜は更けていったのでした。=...was just the beginning of our night of hot passion.
  <F5B6> 途中END=HALFWAY END
#lit. Halfway END
#If this line appears, the player is returned to the title screen. While not a "bad" end, it's not the true end either.
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s012.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)