User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s011
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <05D1> 「相談しようかな」=Let's Talk About It

- <0820> 「ごめんなさい、七海さん」=「I'm sorry, Nanami-san.」
- <08B6> 「今日のお昼は一緒にできないの!」=「I can't have lunch with you today!」
  <094C> 廊下が騒がしいと思っていたら。=Just as I was wondering what the noise in the corridor was all about,
  <09DE> 突然現れたお姉さまは、そうおっしゃったのです。=Onee-sama appeared out of the crowd and told me this.
  <0A80> ちなみにお姉さまが行かれるところに、人の波ができるのは毎度のこと。=I should mention that a crowd always gathers wherever Onee-sama goes.
  <0B36> なんと言っても、お姉さまはミカ女のアイドルなのですから!=She was the idol of St. Michael's after all!
- <0BEA> 「急にごめんなさいね」=「Sorry for the short notice.」
- <0C7C> 「本当にごめんなさい」=「I'm really sorry.」
- <0E50> 「気になさらないでください、それよりも何かお急ぎなのでは?」=「Please don't let it bother you. Rather, has something urgent come up?」
  <0F00> だって入ってこられた時から、お姉さまは時間を気にされていた。=Onee-sama had been looking at the time ever since showed up.
- <0FB8> 「そうなの……ちょっと時間が」=「Yes... time is a bit...」
- <1052> 「ああもう、こんな時間だわ」=「Oh dear... it's already so late.」
- <10EA> 「本当にごめんなさいね」=「I'm really sorry!」
  <12B4> そう言って、また慌ただしく去っていくお姉さまの後ろ姿を。=I just stared at Onee-sama's swiftly receding figure...
  <1360> ……わたしは寂しく見つめていた。=...with forlorn eyes and an empty heart.
- <13FC> 「あの……七海さん、気落ちされないで」=「Um... Nanami-san, don't look so down.」
- <149E> 「まだ交換留学の時期まで時間はありますわ」=「There's still time before she leaves for exchange.」
- <1544> 「ええ、お昼をご一緒される機会はまだまだありますわよ」=「Yeah, you can spend many more lunchtimes with her yet.」
- <16EA> 「……そうですわよね」=「...That's true.」
  <1774> 『勝手にお姉さまが留学されるのを決めつけないで!』=『Onee-sama is not leaving for exchange yet! Don't act like she will be!』
  <181A> 本当はそう怒鳴ってしまいそうだった。=I wanted to just scream that out loud.
  <18B2> だから代わりにわたしはうつむいて。=But instead, I just lowered my head.
  <1948> 唇を噛みしめた――=And bit my lips hard.
- <1B8D> 「結局、一人でも来ちゃった」=「Even though I was alone, I still ended up coming here.」
  <1C1D> 教室で、これ以上お姉さまの噂話なんて聞きたくない。=I didn't want to hear any more gossip about Onee-sama in the classroom.
  <1CC3> お弁当を持って逃げるように歩いていたら、いつの間にか通い慣れたここに来てしまっていたというわけ。=I just hurriedly walked out, clutching my lunch box, ending up here almost by instinct.
- <1D9F> 「これって、条件反射よね」=「Habits are habits, I suppose.」
  <1E2D> でも、食欲なんてあるはずもない。=Even so, it's not like I had any appetite.
  <1FB1> わたしは制服が皺になるのに構う気力もなくて、そのままごろりと横になった。=Not even having the will to care about my wrinkled uniform, I threw myself down on the ground.
##ground or a bench? Not specified.
- <2075> 「ちゃんと聞けばいいのよ」=「I should just ask her straight out.」
- <210B> 「わたしのいくじなし!」=「I'm so pathetic!」
- <21C4> 「誰かいるの?」=「Is somebody here?」
- <2344> 「えっ?」=「Eeh?」
  <23C2> まさかお姉さまっ?=Could it be Onee-sama?
- <2592> 「えっと……どなた?」=「Er... who are you?」
  <261C> わたしの期待とは違って。=Not quite who I was hoping for.
  <26A8> そこにはお姉さまとは違った方が立っていた。=Someone other than Onee-sama was standing in front of me.
- <288F> 「あ……わたしは沢口麻衣。2年生よ」=「Aah, I'm Sawaguchi Mai. I'm a second-year.」
- <292F> 「すみません、2年生の先輩にお見苦しいところを!」=「I'm sorry! I let my senior see me in such a mess!」
  <29D5> わたしったら裏庭とは言え、寝転がっているところを見られてしまった。=Even though it was the back garden, lying down like that would draw too much attention after all.
#lit. even though [it's/I'm in] the back garden, I let my lying down [part/aspect of me] be seen.
#makes me think her panties were exposed or something like that.
  <2A8B> あわてて立ち上がって、お辞儀をする。=I quickly stood back up and bowed in apology.
- <2C6C> 「いいのよ、気にしないで」=「It's okay, I don't mind.」
- <2E43> 「人の声が聞こえたので気になっただけなの」=「I was just curious because I heard a voice.」
- <302A> 「ねえ、それより。どうかしたの? 顔色が悪いわ」=「Hey, never mind that. What's wrong? You look pale.」
- <30D6> 「これは……」=「That's...」
  <3158> お姉さまのことを考えていて、ちょっと自己嫌悪に陥っていただけで。=That's just me falling into a bit of self-loathing as a result of worrying over Onee-sama.
- <3355> 「よければ相談に乗るわよ」=「You can talk it over with me if you don't mind.」
- <33EB> 「そんな」=「But that's...」
  <3469> でも……本当は誰かに聞いて欲しい。=But... I really did want to talk with someone about this.
- <3648> 「愚痴を言うだけでも、色々と気は楽になるわよ?」=「Letting it out will make you feel better, so please?」
  <36EC> わたしはその時、麻衣先輩の言葉がマリア様の言葉のように思えた。=At that time I felt that Mai-senpai's words were like those of Mother Mary herself.
- <38E8> 「あの……実は!」=「Well... the thing is!」
  <3A45> そうして思い切って、初めて会ったばかりの麻衣先輩に、わたしは胸の中の鬱屈とした思いを、話し始めたのです。=And so I poured out my heart's load of depressed thoughts to Mai-senpai, who I'd only just met today.
- <3CCD> 「そうなの……」=「Is that so...」
- <3D58> 「優菜さんが留学されるかもしれないと、落ち込んでいたのね?」=「Yuuna-san may be going on exchange, and this is making you feel miserable?」
- <3F52> 「はい……」=「Yes...」
  <3FD2> もちろん、わたしとお姉さまが恋人同士なんて事は言えませんとも!=Of course, I didn't say anything about us being lovers!
- <408C> 「優菜先輩はわたしには何もおっしゃってくださらなくて」=「Yuuna-senpai hasn't said anything to me about this at all.」
- <413E> 「どうして……なんでしょう?」=「Why... why is that?」
- <41D7> 「もちろんわたしは優菜さん本人じゃないから気持ちは分からないけれど」=「Of course, I'm not Yuuna-san, so I can't know her feelings for sure.」
- <4296> 「もし、わたしが大好きな人を置いて留学に行かないといけなくなったら……」=「However, if I had to leave my closest friend to go on exchange...」
- <4359> 「ちゃんとお話をするわ」=「I would definitely tell her about it.」
- <452F> 「じゃぁ……」=「Then...」
  <45B1> もしかして、お姉さまの中でわたしはそれほど大事に思われていないと言うことっ!?=Could it be that I'm not even that close to Onee-sama's heart?!
- <467A> 「そんなに青い顔をしないで、七海さん」=「Don't be so down, Nanami-san.」
- <471B> 「お話をできないなら、それは何かの理由があってのこと」=「If she won't talk to you about it, she must have her reasons.」
- <490E> 「優菜さんほど優しい人が、そんな不誠実なことをするわけ無いわ」=「Someone as kind as Yuuna-san would never do something so mean.」
#lit. dishonest
- <4B0A> 「そう……そうですよね!」=「That's... that's true!」
- <4CE1> 「それに優菜さんが留学すると決まったわけじゃないでしょう?」=「And it's not like we know for sure that she's going on exchange, right?」
- <4D99> 「はい……」=「No...」
- <4F88> 「だったら、七海ちゃんが優菜さんを信じて差し上げなくちゃ」=「Then, you should believe in Yuuna-san.」
- <5180> 「わたし、噂話ばかりが耳に入って……疑心暗鬼になっていました」=「I've only heard rumours... but I took them as fact.」
- <5239> 「それだけ七海ちゃんは、優菜さんのことが大好きなのね」=「I see that you really love Yuuna-san.」
- <542D> 「えっと……その……」=「Umm... well...」
  <54B7> 恥ずかしいけれど、でもわたしの心は一つ。=It's embarrassing to admit it, but that's how I feel from the bottom of my heart.
- <569D> 「はいっ、優菜先輩が大好きです♪」=「Yes, I love Yuuna-senpai♪」
  <5733> わたしの答えに、麻衣先輩はにっこりと笑ってくださいました。=Mai-senpai laughed happily on hearing my answer.
- <5A44> 「よかったわ、先生とのお話が早くすんで」=「It's a good thing I finished talking with the teacher early.」
- <5BDC> 「これならまだ、七海とのお昼のお時間に少しは間に合うかも♪」=「I might still be able to spend some lunch time with Nanami♪」
- <5C94> 「……あら。あれは……七海だわ♪」=「...Ah, there's Nanami♪」
- <5E26> 「……え?」=「Eeh?」
- <6108> 「ほら、そうやって元気に笑われているのが一番ですよ」=「See, you look much better with a bright smile like this.」
- <62FA> 「本当にありがとうございます。麻衣先輩のおかげで元気になりました」=「Thank you so much. Thanks to Mai-senpai I'm finally feeling like myself again.」
- <63B7> 「良かったわ」=「That's great.」
- <6583> 「あはは♪」=「Ahaha♪」
- <674C> 「うふふ♪」=「Ufufu♪」
  <67CC> 麻衣先輩にお話を聞いてもらって、元気になったわたしは久し振りに明るく笑っていました。=After talking with Mai-senpai, I was smiling more brightly than I had in a while.
- <6AF7> 「……えっ!?」=「...What?!」
- <6C77> 「七海と一緒にいるのは……麻衣さん?」=「Nanami is together with... Mai-san?」
- <6E0D> 「ど、どうしてなのぉぉぉぉ~~~~っ!?」=「Wh-Whyyyyyyyyyyy~~~~?!」
  <6F5C> だから……=And so...
  <6FDA> お姉さまが、そんなわたしたちを見て……=Onee-sama seeing us like that...
  <7074> 大きな勘違いをなさっていることを知らなかったのです!=led to a grave misunderstanding without me realizing!
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s011.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)