User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s010
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <067D> 「お姉さまが留学生に!?」=Onee-sama, on Exchange?!
  
  <07D8> お姉さまと楽しく学園生活を過ごす日々。=These enjoyable school days spent with Onee-sama.
  <0872> それはずっと続くものだと思って信じていた。=I thought they would continue forever.
  <0910> けれどその日々を脅かすものが、ある日突然現れたのだ。=But a threat to these happy days suddenly came up one day.
- <0AB4> 「ええっ!?」=「What?!」
- <0B3E> 「本当のお話らしいですわ。優菜さまが交換留学生になられるというのは」=「It's true, Yuuna-sama is going to go on exchange.」
- <0BFE> 「ええ、本当に素晴らしいことですわ」=「Ah, that would be so wonderful!」
- <0C9E> 「でも……寂しいことですわ」=「But... she might become lonely.」
- <0D36> 「……ええ、実は私も」=「...Yeah, I think so too.」
  <0DC0> 交換留学生……!?=Exchange student...?!
  <0E46> その言葉が私の頭の中を巡る。=Those words swirled around in my head.
- <0EDE> 「七海さんは、優菜さまから何か聞かれていないのですか?」=「Nanami-san, have you heard anything from Yuuna-sama?」
- <1086> 「そんなの……」=「Well...」
  <110A> わたしは何も聞いていない……!?=I haven't heard a thing!
- <11A6> 「あの……あの……わたし、ちょっと気分が」=「Um... er... I'm... not feeling so well...」
  <1244> 青い顔をして蹲ってしまった私に、クラスメイトが騒然となる。=Seeing me crouch with my face turning pale caused a small commotion among my classmates.
- <12FA> 「七海さん、大丈夫ですか?」=「Nanami-san, are you okay?」
- <1392> 「ごめんなさい、私たちったら無神経なお話をしてしまって」=「I'm very sorry, we were being insensitive.」
- <1446> 「大丈夫……大丈夫……です」=「It's okay... it's okay...」
  <14D6> 全然……大丈夫じゃないです、お姉さま。=It's... not okay at all, Onee-sama!
  <1570> 交換留学生の話は、本当なのですか、お姉さま……?=Is it true what they're saying about you becoming an exchange student, Onee-sama...?
  <16C5> そのまま次の授業が始まってしまって、私はそれ以上詳しい話がきけなかった。=And then the next class started, stopping me from hearing any further details.
  <1844> その日の授業は上の空。=Nothing in the classes we had that morning went in my mind.
  <18CE> 気が付けば、午前の授業は終わってしまっていた。=Before I knew it, all the morning classes were over.
  <1970> もう少ししたら、お姉さまと一緒にお昼をとる時間になるというのに。=Later today, I'm having lunchtime with Onee-sama.
  <1A24> わたしは呆然として、廊下の端に立っていることしかできなかった。=But all I could do was to stand at the end of the hall, frozen in place, lost in thought.
- <1BD2> 「でも……お姉さまくらい優秀な学生なら、交換留学生に推薦されて当然よね」=「But of course, someone as talented as Onee-sama is bound to be recommended for exchange.」
  <1C8E> なんといっても、ミカ女一の才女と呼ばれるお姉さまなんですもの。=She's not called the number one talent of St. Michael's for nothing.
- <1D48> 「それに……交換……なんだから」=「And it's just... an exchange.」
- <1DE4> 「いつかは戻ってこられるのよ」=「She'll definitely come back one day.」
  <1E76> 向こうに行ったままになるわけではない。=It wasn't like she'd be leaving forever.
- <1F18> 「それに……噂話よ」=「And these are just... rumors.」
- <1FA8> 「私は何もお姉さまから聞いてない」=「I haven't heard anything from Onee-sama herself.」
- <2046> 「…………ふぅ」=「...*sigh*」
  <20CA> 胸の中のもやもやをかかえたまま。=As the time came to have lunch with Onee-sama,
  <215E> お姉さまとのお昼ご飯の時間を迎えてしまった。=my heart continued to roil with unease.
- <23BD> 「七海~、今日のお弁当はエビチリなの~」=「Nanami~, today we'll have chili prawns~」
- <2555> 「七海は好きよね、エビチリ♪」=「You like chili prawns, right?♪」
- <2731> 「……はい……」=「...Yes...」
  <27B5> どうしてもお姉さまへの返事が、ワンテンポ遅れてしまう。=My reply was slightly delayed.
- <29A9> 「ねえ、どうかしたの……七海?」=「Hey, what's the matter... Nanami?」
- <2A45> 「元気がないみたいよ」=「You don't look well.」
- <2AD7> 「……そんなこと、ないですよ……」=「...I'm... perfectly fine...」
  <2B6D> どうしてお姉さまは何も言ってくださらないのだろう。=Why hasn't Onee-sama told me anything?
  <2C13> それとも……やっぱり噂話は、単なる噂だから?=Unless... the rumors were really just rumors?
- <2CBB> 「ねえ、七海。何か困ったことでもあったの?」=「Hey, Nanami. Have you run into some kind of trouble?」
  <2D5B> お姉さまの心配そうな顔が、私の胸を締め付ける。=My chest tightened at the sight of Onee-sama's worried face.
- <2E05> 「あの……」=「Um...」
- <2FCF> 「なあに? 言って」=「What is it? Tell me.」
- <305F> 「あの……っ」=「Um...」
  <30E1> ……ダメぇっ、聞けません!=No, I won't ask her!
  <316F> だって、もしお姉さまが『そうなの、留学するの』だなんておっしゃったらっ?=Because, what if Onee-sama says, "that's right, I'm going on exchange"?
  <322B> 離ればなれになんかなりたくありません~っ。=I don't want to be separated from her!
- <3413> 「あの……エビチリ、たくさん食べたいなぁ~なんて?」=「Um... chili prawns! I want to eat lots of chili prawns!」
- <3605> 「エビチリ?」=「Chili prawns?」
- <37D1> 「はい、でもお姉さまのお弁当を食べつくしちゃったら……って思うと申し訳なくて」=「Yeah, but then I'd eat up all of Onee-sama's lunch, and that wouldn't be very nice of me, would it?」
- <39DD> 「もう~っ、そんなことだったの~?」=「Gee~, is that all~?」
- <3A7D> 「七海が望むなら、エビチリくらいトラック一杯でもプレゼントするわよ!」=「If you like it, I can make chili prawns for you by the truckload!」
- <3B3F> 「そんなに食べられません~っ」=「I wouldn't be able to eat that much~」
- <3BD9> 「じゃあ、『あ~ん』して♪」=「Well then, say "aa~hn"♪」
- <3C71> 「食べさせてあげる」=「I'll feed you.」
- <3E43> 「はいっ♪」=「Okay♪」
- <3ECB> 「あ~ん」=「Aah~n」
  <3F49> わたしはわざと明るい笑顔を作ると、その場を誤魔化した。=I forced a happy smile and muddled through lunchtime.
  <4167> 今日もお姉さまとわたしは一緒に帰宅。=Today, Onee-sama walked home with me as usual.
  <41FF> でも、お昼休みには頑張って作れた笑顔も、そろそろ限界……=But the smile I'd been forcing since lunchtime was reaching its limit...
- <43A7> 「やっぱり、今日の七海は元気がないわ」=「Nanami, you're really not looking good today.」
- <4449> 「大丈夫?」=「Are you all right?」
- <4613> 「大丈夫ですよ!」=「Yes, I'm fine!」
  <4699> できるだけ明るく笑ってみるものの。=I tried my best to keep smiling.
  <472F> うう……ほっぺたが攣ってしまいそう。=Uuu... my face feels like it's cramping.
  <47C7> だって……だって、お姉さまが交換留学生になるかもしれないのに!=Because... because Onee-sama might be going on exchange!
  <4879> あれだけ噂話になっているなら、お姉さまの耳にも入ってるはずよね?=With all these rumors floating around, surely Onee-sama would have heard of it?
  <492D> それなのに、何も言ってくださらないのは……=Then, could it be that the reason she hasn't said anything is...
  <49CB> お話が本当だから、言い出しづらいの?=That the rumors really are true, and she just can't bear to say it?
  <4A63> それとも本当に噂話だけのことだから?=Or maybe they really are just rumors, and she's ignoring them?
- <4C45> 「……よし!」=「...Okay!」
  <4CC7> 悩んでいても仕方がない。=It was no use worrying myself sick over it.
  <4D53> 私は意を決して、お姉さまに向き合った。=I hardened my resolve and turned to face Onee-sama.
- <4DF5> 「どうしたの、七海。急に大きな声を出して」=「What's wrong, Nanami? Why did you shout all of a sudden?」
- <4FDD> 「あの……お姉さまっ、わたしお聞きしたいことがあるんです」=「Well... Onee-sama, I have some things I want to ask you.」
- <5093> 「たとえば……その」=「Such as... er.」
- <5265> 「なあに?」=「Such as what?」
- <52ED> 「えっとですね……」=「You see...」
#1: Ask directly
#2: Try to ask indirectly
#Joe0Bloggs: I don't see the Japanese for the two choices anywhere...
- <555C> 「あの……!」=「Um...!」
- <55E6> 「なあに?」=「Yes?」
- <566E> 「あひょ! お姉さまは……ひゅーがくしゅるんでしゅひゃ!」=「Thpt! Onee-sama... are fuu going un exfange?!」
- <5866> 「…………七海?」=「Er... Nanami?」
#"Er" from the actual soundtrack.
- <5A36> 「あうあうあう~っ!」=「Auauau~!」
  <5AC0> あう~~っ、緊張のあまり噛んでしまった!=Aauuuu~~ I was so nervous I bit my tongue!
- <5CA6> 「ああんっ、なんだか七海が可愛いわっ♪」=「Aaha, Nanami, you're so cute♪」
  <5D42> お姉さまには受けてしまったみたいだけれど。=It seems Onee-sama didn't hear properly.
  <5DE0> うううぅぅ、これじゃ失敗っ!=Uuuuu, what a failure!
- <5EAB> 「あの……例えば、噂話とかって……どう思います……か?」=「Such as... what do you think... about the rumors...?」
- <5F5F> 「噂話? えっと、あまり気にしない質だけど?」=「Rumors? I don't give much thought to them.」
- <614B> 「はうっ!」=「Haau!」
  <61CB> 気にしないというのは、耳に入れないという意味ですか!?="Don't give much thought to them"? Does that mean she hadn't heard?
  <6275> それとも、噂をされても気にしないという意味ですか!?=Or that they weren't something she needed to care about?!
- <6467> 「えっと……それじゃあ……噂話って……」=「Er... then... rumors...」
- <650B> 「噂話って、信憑性があると思いますかっ?」=「Do you think rumors can be trusted?」
  <65A9> これなら、どうですか、お姉さま!=How about this then, Onee-sama!
- <6645> 「噂と言うからには、やっぱり推測や憶測の域を出ないんじゃないかしら?」=「If it's a rumor, then it's only based on guessing and conjecture, right?」
- <6849> 「そう思いますっ!?」=「You really think so?!」
  <68D3> ということは、やっぱりお姉さまが交換留学生になる噂話は、単なる『噂』っ!=Then, the rumors about Onee-sama going on exchange really were just "rumors"!
- <6AD9> 「でも、火のないところに煙は立たぬとも言われるわよね」=「However, there's also a saying that "where there's smoke, there's fire"...」
- <6CCD> 「はうっ!」=「Hauuu!」
  <6D4D> それじゃあ、お話は本当なんですか~っ!?=Then, the rumors were true~?!
- <6DF1> 「変な七海……」=「Nanami, you weirdo...」
  <6E75> 結果、全然成果は得られず。=In the end, nothing was gained.
  <6F03> あげくにお姉さまに変な顔をされてしまった。=It even made Onee-sama think I was acting strange.
  <6FA1> あうあうっ。=Aauuaauu.
  <7021> やっぱり、こんな聞き方をしたわたしが悪かったんです。=It was obviously a mistake to try asking her like this.
  <71BD> 質問は失敗に終わってしまった。=The questioning ended in failure.
  <724F> わたしはお姉さまの返事が怖くて、緊張もピーク。=At any rate, I was twitching with fear of actually hearing an answer from Onee-sama.
  <72F1> 気が付けば、わたしの視線は足下に落ちてしまっていた。=After calming down, I stared down at my feet.
- <74E3> 「ねえ? 今日の七海は何か変よ?」=「Hey, is there something wrong with you today?」
- <7581> 「そんなこと……ないですよ?」=「No... I'm fine.」
  <7613> せっかくお姉さまと一緒に帰っているというのに。=Going home together after school was precious time spent to be together.
  <76B5> わたしの心は重く沈んでいました。=And yet I felt horrible.
  <7749> それでも、少しでもそばにいたくて。=I wanted to be with Onee-sama until the very end.
  <77DF> でも手を握って欲しいと言い出す勇気もなくて。=And yet I couldn't even bring up the courage to ask to hold hands with her.
  <7937> お姉さまの制服の裾をそっと握る。=Instead, I held on to the hem of Onee-sama's school uniform.
- <79D3> 「どうしたの、手を繋ぎましょう、七海」=「What's wrong? Let's hold hands, Nanami.」
- <7A75> 「いいんです……これで」=「This... is fine.」
  <7B01> 手を握ってもらったら、その場で泣いてしまいそう。=My heart was crushed by worry.
  <7BA5> 不安に押し潰されそうなんです。=If I held her hand now, I felt I'd start crying right there.
#Last two lines reversed for better flow.
- <7C3F> 「七海……?」=「Nanami...?」
- <7CC9> 「……いいんです、お姉さま」=「...It's okay, Onee-sama.」
  <7D59> 怪訝そうなお姉さまに、それ以上答えず。=Onee-sama looked puzzled, but I didn't say any more.
  <7DF3> わたしはずっとお姉さまの制服の裾を握って歩いたのでした。=I just held onto Onee-sama's school uniform and kept walking.
  <7F50> まさか……=It couldn't be...
  <7FCE> このまま、何も言わないで留学してしまうなんてことは。=She wouldn't just leave for exchange without saying a word.
  <8076> 無いですよね、お姉さまっ!?=Would you, Onee-sama?!
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s010.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)