User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s008
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <079D> 「お留守番……?」=Staying Behind...?
  
  <08F0> 今日は、昨日とは違って本当に環境整備委員会のお仕事。=Unlike yesterday, I have a job to do for the Environmental Protection Committee today.
  <0998> うう……=Uuuu...
  <0A14> 昨日、あんなにエッチなことをした教室での委員会。=...The same classroom we did such naughty things in yesterday.
  <0AB8> なんだか色々とイヤな汗をかいてしまいそう。=I felt like I was breaking out into an unpleasant sweat.
- <0C52> 「とはいえ、わたしは一人でお留守番」=「Then again, it's only me here.」
- <0CF2> 「なんだかちょっぴり寂しい」=「Makes me feel a bit lonely.」
  <0D82> わたしの今日のお仕事は、アンケートの集計。=My job today was to collate the survey results.
- <0E28> 「今日中に仕上げないといけないお仕事なんだけど~」=「It's something that must be done today~」
- <0ED6> 「でも、一人でもできるくらいの量なのよね」=「But it's something I can do on my own.」
  <0F74> 他の皆さんは部活動の監査。=Everyone else is overseeing club activities.
  <1002> とっても大事なお役目をされているだけに。=It's all very important work.
- <119A> 「くすん……ひとりぼっちはちょっぴり悲しいかも~」=「*sniff*... It feels a bit sad all alone here~」
- <1248> 「だってまだそんな大事なお仕事は任せられないってコトでしょう」=「They must think that I can't handle such important work yet.」
  <12FA> たしかにまだまだ至らない点はあるけど~、どぉ~っ。=It's true that there's much I still need to improve upon~ *sigh*
- <13A8> 「くすんくすん……」=「*sniff* *sniff*...」
  <1430> ちょっぴりすねて机に突っ伏してしまいます、どよ~ん。=I flopped onto the desk and sulked.
- <15D4> 「でも……」=「But...」
- <165C> 「アンケートの集計だって大事な仕事よ、七海」=「Collating surveys is important work too, Nanami.」
- <1704> 「だって、学園生活での希望アンケートだもの」=「This is a survey about improving school life.」
- <17AC> 「皆さんの学園生活が明るくなるための、大事な意見を取り集めてるの」=「You're collecting vital opinions from everybody for the sake of making their days brighter.」
  <1862> よし!=Okay!
  <18DC> がんばろう!=Work hard!
  <195C> わたしはむくりと机から起き上がった。=I got up from the desk in a flash.
- <1AF0> 「そうよ、こんな風にサボっていたら、申し訳ないわ」=「That's right, if I slack off like this, I'd be letting everyone down.」
  <1B96> この私の目標は?=What is my goal?
- <1D16> 「お姉さまに相応しい女の子になること!」=「To become a girl worthy of Onee-sama's love.」
##Altered this line to read better. Lit: To become a girl worthy of Onee-sama
  <1DB2> 自分を磨くのよ!=I must improve myself!
- <1E3E> 「お姉さまに似合う素敵な女の子は、こんなことでへこたれない!」=「An outstanding girl like Onee-sama would never be discouraged by something like this!」
  <1EF0> わたしは自分に喝を入れると、改めて机に向き直りました。=Pumping myself up, I sat up straight at my desk.
  <204B> ………………=.........
  <20CB> …………=......
  <2147> ……=...
- <237E> 「完了~!」=「All done~!」
  <23FE> やればできるじゃない、わたし。=I can do it if I put my mind to it.
  <2490> たくさんのアンケートを1時間もかからずにまとめられた。=It didn't even take me one hour to go through the big pile of surveys.
- <2636> 「とはいえ……変な意見も多かったけど」=「But... there sure are a lot of strange suggestions.」
  <26D0> お嬢様の集う聖ミカエル女学園だけれど、やはり無記名アンケートとなると色々出てくるもので。=When it came to anonymous surveys, even the prestigious St. Michael's Academy for Girls could turn out a variety of responses.
- <2898> 「『2年生の、とあるお姉さまの教室が、もっとよく見える場所に移動していただきたいです』」=「"Please move the classroom of so-and-so Onee-sama in second year to someplace more visible."」
  <2A58> お姉さま……って、どう考えても優菜お姉さまのことです!=Onee-sama... no doubt about it, she must be talking about Yuuna Onee-sama!
- <2BFE> 「『2年生のお姉さまと、合同授業を行なって欲しいです』」=「"I would like to have a joint class with the Onee-samas in second year."」
- <2CB2> 「『……できるなら優菜さまのクラスと』」=「"...Preferably with Yuuna-sama's class."」
  <2E42> まんま、お姉さま目当てです!=Again, aiming at Onee-sama!
- <2FCE> 「『修学旅行は1年生、2年生と一緒でお願いします』」=「"I would like for first-year and second-year students to go together on the next field trip."」
  <3076> これも、お姉さま狙いくさいです。=This one must be going for Onee-sama too.
- <3112> 「『2年生はもう一度クラス替えをしてください。松原さんと同じクラスになりたいのです』」=「"Please re-organize the second-year class assignments. I would like to be in the same class with Matsubara-san."」
  <32D0> むむっ、上級生のお姉さまも、優菜お姉さまを狙ってる!?=Grrr, even the seniors are after Yuuna Onee-sama?!
- <3476> 「『優菜さまと……』」=「"I would like Yuuna-sama and I..."」
- <35FC> 「もう、いい~~っ!」=「Enough already~~!」
  <3686> 皆さん、お姉さまとお近づきになりたいという意見があまりにも多すぎ。=Everybody is petitioning to be together with Onee-sama!
- <3744> 「お姉さまは、わたしのもの!」=「Onee-sama is mine!」
- <38D2> 「そんなこと宣言したら、ミカ女の全てを敵に回しちゃうのは分かってるけど」=「But announcing that would turn everyone in St. Michael's against me.」
#Joe0Bloggs: "knew" seems to imply that she already announced herself.
- <3A8A> 「ここまでお姉さまへの求愛を見てしまったらぁ~っ」=「But seeing everyone going after Onee-sama like this...」
  <3B30> ああ、ジレンマですよ、お姉さま。=Aaah, what a dilemma.
- <3CC0> 「わたしがこんなにやきもきしてるのに、お姉さまったら天然なんだから!」=「I'm getting so worked up over this, yet Onee-sama doesn't even know about it!」
  <3D7A> ご自身がミカ女のアイドルだと言うことをこれっぽっちも分かっていらっしゃらない。=No matter how much I try to tell her that she's the idol of St. Michael's, she just doesn't get it.
  <3E3C> だから、どうしてわたしたちの関係をここまでひた隠しにするのかも。=That's why I've been trying so hard to hide our relationship up to now.
#Joe0Bloggs: Again, past tense seems to imply they've exposed their relationship.
##Changed it to "I've been trying" to make it progressive.
- <3EF8> 「いまいち分かってくださらないから、昨日だってこの教室で~!」=「I can never get it through her head ― just like what happened right in this classroom yesterday~~!」
- <42E4> 「うっ……思い出したら……くっ」=「Uuu... I'm remembering... *kuu*」
  <4378> ちょっぴり……その、色々……=A bit of... this and that, and...
  <4408> 胸の辺りがきゅんとして……そしてパンティの中も……ちょっぴり。=My chest started to tighten... and inside my panties... just a little.
- <45B6> 「いや~ん、こんなことだったらお姉さまのエッチな事を責められない!」=「Noo~ If I go on like this, I can't scold Onee-sama for being naughty anymore!」
  <466E> エッチなことをするのは……お姉さまがエロ乙女だから!=Doing all these perverted things... it's all because Onee-sama is such a dirty girl!
- <4812> 「というのもあるけれど~」=「That's part of the reason...」
- <48A8> 「うん、とっても大きな理由として、あるけど!」=「No, that's the biggest part of the reason!」
- <4A46> 「でも……愛おしいからなのも理由だもの」=「But... another reason is because she loves me.」
  <4AE2> 私だって、お姉さまが愛おしくてエッチなことがしたくなってしまう。=Even I start wanting to do naughty things when Onee-sama loves me so.
#Joe0Bloggs: or is it "when I love Onee-sama so"?
  <4B96> だから一概にお姉さまだけを責めるのは良くない。=So I can't blame Onee-sama for everything.
- <4D34> 「とはいえ……お姉さまがとってもエッチなのも事実ですけど!」=「Even so... that doesn't change the fact that Onee-sama's such a pervert!」
- <4DEC> 「ええ~いっ、委員会の最中にふしだらよ、わたし」=「Eee~ii, you're in the middle of committee work, pull yourself together.」
  <4E90> ぷるぷるっ。=*shake shake*
  <4F10> 頭を振って心機一転。=I shook my head to clear it out.
- <5094> 「とはいえ、お仕事は終わってしまった」=「Even so... my work is already done.」
  <512E> どうしよう。=What to do.
  <51AE> 本当にお留守番だけの仕事になってしまった。=Now I'm really just killing time.
- <5348> 「ぼうっとしていても仕方ないし、お部屋のお掃除でもしよう」=「It's no use spacing out here. Let's clean the room up a bit.」
  <53F6> 勢いをつけて立ち上がる。=In high spirits, I quickly stood up.
- <557E> 「……あっ!」=「...Ah!」
- <5737> 「やっちゃったぁ~」=「Now I've done it!」
  <57BF> 勢いよく立ち上がりすぎて、椅子を倒してしまった。=I stood up too quickly and knocked my seat over.
  <5863> しかも巻き添えで机の上にあった、他の方の鞄まで床に。=And I even knocked somebody's bag onto the floor.
- <5913> 「ごめんなさい」=「Sorry.」
  <5997> 鞄に向かって謝って、慌てて拾い上げる。=I apologized to the bag and picked it up in a hurry.
- <5B2D> 「あ……これ、お姉さまの鞄だわ」=「Ah... this is Onee-sama's bag.」
  <5BC1> しかも落ちた拍子に蓋が開いて、中身が半分零れている。=What's more, when it fell, the cover had opened and half of its contents had spilled out.
- <5D65> 「ごめんなさい、お姉さま~!」=「I'm sorry, Onee-sama~!」
  <5DF7> 急いでノートやらを拾い上げていたのだけれど、最後の一つで私の手は止まった。=I hurriedly picked up the notebooks and other such things, but stopped on reaching the last item.
- <5EBD> 「これ……お姉さまの手帳?」=「This is... Onee-sama's diary?」
  <5F4D> ピンク色の綺麗な革製。=Bound in beautiful pink leather.
  <5FD7> 傷は入っていないみたいでほっとするけれど。=I was relieved to see it was undamaged.
- <607D> 「う……どうしよう」=「Uuu... what to do.」
- <629E> 「見たい……!」=「I want to read it...!」
  <6322> だって……お姉さまの手帳。=Because... it's Onee-sama's diary.
  <63B0> やっぱり大好きなお姉さまのもの。=It belongs to my beloved Onee-sama.
  <6444> 見たいというのは……乙女心です。=It's only natural for... a girl in love to want to read it.
- <65D4> 「いけないことなんですけど~」=「But it's not right to do this~」
- <6795> 「見たくなんてない!」=「I don't want to read it!」
  <681F> だって、もしそこにわたしへの不満なんて書いてあったら?=Because, what if it's full of complaints about me inside?
- <69C5> 「立ち直れないわ~」=「I just can't face it~」
  <6A4D> でも……知りたい。=But... I want to know.
  <6AD3> お姉さまの手帳の中身……=What is written in Onee-sama's diary...
  <6B85> わたしはぐるぐると悩んでしまう。=I paced around the room, worried.
##Pacing the floor? Walking around the room?
- <6C21> 「いけないわ、人の手帳を見るなんて」=「It's just not right to peek at someone's diary like that.」
  <6CB9> プライバシーの侵害。=It's an invasion of privacy.
  <6D41> どんなに愛し合ってる恋人同士でも、それはダメ!=No matter how close we are, I can't do that!
- <6EDF> 「なのに、どうしてわたしの手は手帳から離れませんか~っ!?」=「Then, why won't my hand let go of the        diary~?!」
  <6F8F> うう、体は正直。=Uuu, the body doesn't lie.
  <7013> お姉さまのお心はほんの少しだって疑ってません。=I don't doubt Onee-sama's love for me one bit.
  <70B5> でも、やっぱり心の中は本のように読めるものではないから。=But a person's heart can't be read like a book, after all.
##Shouldn't be read?
  <7161> 少しだけ……少しだけ……『形』のあるものを覗いてしまいたくなる。=I wanted something with a bit... just a bit... more "form".
- <7311> 「ちょっぴりだけなら……」=「Just a bit...」
- <73A7> 「うう、悪い子のわたしを後でいくらでもお仕置きしてください!」=「Uuu... you can punish this bad girl however you like afterwards!」
  <7459> ――ガバっ!=...Open!
  <74D9> わたしは思い切ってお姉さまの手帳を広げた。=I resolutely opened Onee-sama's diary.
  <7577> ふわん……=Wow...
  <75F5> 途端にお姉さまの甘い香りが、わたしの鼻孔に届く。=Just as I did, Onee-sama's fragrant scent wafted into my nose.
- <7795> 「やっぱりお姉さまのものだから……お姉さまの匂いがする」=「This really does belong to Onee-sama... it smells like her.」
  <7841> 中を見る前に、胸がきゅんと切なくなる。=Before I even looked inside, my chest tightened.
  <78DB> でも、すぐにわたしの興味は中身の方へと移ってしまい。=Nevertheless, my attention immediately turned to the contents.
- <7A7F> 「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……」=「I'm sorry, I'm sorry, I'm sorry...」
- <7B2B> 「わたし、覗き見します」=「I'm peeking in!」
- <7CB3> 「ちろっ…………はうっ!」=「*glance*... Haauuu!」
  <7D41> 手帳にはお姉さまのささいなプライベートメモが記されていた。=The diary had bits and pieces of Onee-sama's private notes written in it.
  <7DEF> けれど、それはほとんど……=But, most of these...
- <7F79> 「わたしとのことばっかりじゃないですか、お姉さま~」=「These all just about me! Onee-sama~」
  <8021> わたしとデートした日のメモや、エッチをした日にもメモ。=The day we went on a date, days we had sex...
  <80CB> とても綺麗な字でわたしへの愛が溢れたメモが残されている。=Recorded in beautiful handwriting, overflowing with notes of her love for me.
- <8273> 「あ……誕生日プレゼントのリストなんて書いてらっしゃる」=「Ohh... there's even a list of birthday presents here too.」
  <831F> お洋服? リボン? ネックレス? おそろいの指輪?=Clothes? A ribbon? Necklace? Matching rings?
  <83C5> 語尾にハテナマークをつけて、そしていくつもの丸印。=Some had a question mark next to them, while many of them were circled.
#prev tl. Some followed by a question mark, others with a period.
##maru might refer to the equivalent of an english tick, rather than a period. Not sure.
#Joe0Bloggs: circled or followed by a circle?  Consider that the Japanese period is a circle instead of just a dot.
- <8567> 「どれにしようか、考えてくださったんだわ」=「She's really thought a lot about this.」
  <8605> どうしよう……なんだか愛しさがこみ上げてくる。=Oh no... I can feel my love for her welling up inside me.
- <87A3> 「今、ここでお姉さまを見たら、抱きついてしまいそう」=「If I saw Onee-sama now, I'd end up embracing her.」
  <884B> わたしはこみ上げる熱い想いを、どうしていいか分らなくなって。=With these hot feelings welling up inside me, I wouldn't know what else to do.
  <88FB> かわりに手帳を胸に抱き締めた。=All I could do was to hold the diary tightly to my chest.
- <8A89> 「って、いけない……!」=「Wait, no...!」
- <8C11> 「こんなところを誰かに見られたら……大・問・題!」=「If somebody saw me like this... I'll be in trouble!」
- <8DB3> 「ささっ……鞄の中に仕舞って……蓋を閉めて……」=「Quickly... back into the bag... close it up...」
- <8F53> 「えっと、その……七海?」=「Um, er... Nanami?」
- <90DD> 「きゃああ~~っ!」=「Kyaaaa~~!」
  <9165> 突然かかった声に、わたしは盛大に悲鳴を上げた。=I let out a magnificent scream at the sudden voice.
- <9351> 「七海、耳が痛いわ……くすん」=「Nanami, my ears... *sniff*」
- <93EB> 「お姉さま、いつから……そこに!?」=「Onee-sama, how long... have you been here?!」
- <95CD> 「ええ~っと、部活動の審査は人手が足りているから、戻ってきたの」=「Well... since there were already enough people overseeing club activities, I came back.」
- <9689> 「そうしたら、七海が椅子を倒していて……」=「And then you knocked that chair over...」
  <9727> その答えを聞いて、わたしはさあぁぁぁっと血の気が引いた。=I turned deathly pale at her answer.
  <97D3> それじゃぁ、手帳を盗み見ているシーンはバッチリ見られてしまったに違いない。=That means she definitely saw the whole scene of me peeking at her diary.
- <99DB> 「すみません~~っ!」=「I'm sorry~~!」
- <9A6D> 「わたし、お姉さまの手帳を盗み見て……」=「I peeked at your diary...」
  <9B09> ガクガクと震えながら、わたしはお姉さまにお詫びする。=My body trembled as I apologized to Onee-sama.
- <9CFB> 「いくらでもお仕置きはしてくださっていいですから、許してください!」=「You can punish me as much as you want, just please forgive me!」
  <9DB3> もし、これが理由でお姉さまに嫌われてしまったら……=If Onee-sama came to hate me for this...
- <9FA3> 「わたし、生きていけません……うっ、ぐすっ……」=「I, I wouldn't be able to live anymore... uuu, *sniff*」
  <A047> 情けなくも涙が浮かぶ。=Tears welled up as I said this miserably.
- <A0D9> 「七海、ほらぁ可愛いお鼻を真っ赤にしないで~」=「Nanami, come now, you'll make your cute nose all red~」
- <A183> 「大丈夫よ、そんなに怯えなくても」=「It's okay, don't be so scared.」
- <A221> 「でも……わたし……」=「But... I...」
- <A2B3> 「七海もそのかわり、私に手帳を見せてくれればいいだけの話なんだから」=「I don't mind, as long as you show me your diary in exchange.」
- <A4B5> 「……え?」=「...Huh?」
  <A535> 私の……手帳?=My... diary?
- <A701> 「怒って……ないんですか?」=「You're not... angry?」
- <A8DB> 「もちろんよ~、それよりも七海の手帳が合法的に見られる機会をゲットできて……あぁん、大・興・奮!」=「Of course not~ Rather, getting the chance to see your diary... aah, I - can't - wait!」
- <A9B9> 「そ、そうですか……」=「I-Is that so...」
  <AA43> と、ともあれ、どうやらお姉さまは、本当に怒ってらっしゃらないらしい。=A-Anyway, it seems Onee-sama really isn't angry.
  <AAFB> それどころか、嬉しそうにその場で飛び跳ねている。=Quite the opposite ― she was jumping with joy.
- <ACE9> 「七海の手帳が見られるわ~。ああん、レアアイテムよ~♪」=「I get to see Nanami's diary~ Aah, what an opportunity~♪」
  <AD95> それで許していただけるなら、手帳でも下着でも何でも差し出しますが。=If it would earn me her forgiveness, I'd offer anything ― my diary, even my panties!
  <AE4B> でも、こうも期待されるほどのものとは……=But, for her to have such great expectations for my diary...
  <AEE7> う、うーん。=Uu, uuu~n.
  <AF67> 違う意味で、ちょぴり差し出しにくいですよ、お姉さま。=In other words, I'm quite embarrassed, Onee-sama.
- <B159> 「ね、見せて見せて♪」=「Hey, show me, show me♪」
- <B1EB> 「それじゃあ……これです」=「Well then... here.」
  <B279> 私は鞄から手帳を取り出すとお姉さまに差し出す。=I took my diary out from my bag and handed it to Onee-sama.
  <B31B> お姉さまの手帳のように立派なものではなくて、そこらで買った平凡な手帳。=It was nothing compared to the beauty of Onee-sama's diary ― just an ordinary notebook one could buy anywhere.
  <B3D5> でもお姉さまはまるで世界一の宝物のようにして受け取る。=But Onee-sama received it from me as though it was the greatest treasure on earth.
- <B487> 「では……は~い、ご開帳♪」=「Well then... let's open you up♪」
- <B51F> 「お姉さま、なんだかその言い方いやらしいですよ」=「Onee-sama, why does that sound so dirty?」
- <B5CB> 「イイから~イイから~」=「Don't worry about it~」
- <B65F> 「お姉さまがエロ乙女なのは、今に始まった事じゃないので……もういいです」=「Well, it's not like you just started being a dirty girl today... oh well.」
- <B865> 「あ~っ、この間のデートの日にピンクのハートマークがついてるわ!」=「Aah, there's a pink heart marking the day we went on the date!」
- <BA65> 「はうあっ! だって、嬉しかったんですもん」=「Haau! Because it was a happy day.」
  <BB05> つけちゃいますよ、ハートマーク。=So I drew in the heart.
- <BCE3> 「はぅ~、エッチをした日の印はないの~?」=「Hauu, no markings for the days we did naughty things~?」
- <BD89> 「それは恥ずかしいから……付けてません」=「That's too embarrassing... I wouldn't mark that.」
  <BE25> ――嘘です。=...That's a lie.
  <BEA5> 本当は家の机の中の日記に、ちゃんと書いてありますぅ。=Actually, they were marked down in the diary on my desk at home.
- <C097> 「あ~、七海のスリーサイズがあった~」=「Aah~ I found your three sizes~」
- <C27B> 「おっぱいのサイズのところに……『打倒お姉さま』?」=「What's this next to the bust size... "Defeat Onee-sama"?」
- <C46D> 「いや~っ!? そ、それは新学期の時の健康診断でぇ~っ!?」=「Nooo~! Th-That's from the health check at the beginning of term~!」
  <C51D> お姉さまみたいに豊かな胸になれることを祈願していたんです。=I've always been praying for a bountiful chest like Onee-sama's.
- <C715> 「口に出して読まないでくださいっ」=「Please don't read it out loud!」
- <C8F5> 「じゃあ、心の中でとってもエッチな解説をつけて読んじゃおう~」=「Then, I'll just read it to myself with a little extra naughty commentary~」
- <CAF1> 「それもダメ~っ!」=「Don't do that either~!」
  <CB79> お姉さまはそれからもじっくりと私の手帳を見て、堪能されたよう。=Onee-sama continued carefully reading through every entry, looking very satisfied.
  <CC2B> そして、こんなことを言いだした。=Then, she said:
- <CE09> 「ねぇ、七海。デートした日の記号を一緒にしない?」=「Hey, Nanami. What if I add my own mark next to yours for the day we went on a date?」
#lit. Hey, Nanami. Let's both make a symbol for the day we went on a date.
- <CFF9> 「手帳の中ででも、私たちは一緒なんて素敵でしょう」=「Then even in our diaries we'd be together. Wouldn't that be wonderful?」
- <D1E9> 「はうあっ……手帳の中でもお姉さまと一緒……一緒……」=「Haua... together with Onee-sama... even in our diaries...」
  <D293> 想像するだけでも、嬉しくてわたしはぽうぅ~っとなってしまう。=Just imagining it made me lose myself in happiness.
  <D343> なんて幸せなんでしょう。=I really am blessed.
- <D3D7> 「ね?」=「So how about it?」
- <D59D> 「はいっ♪」=「Okay!♪」
  <D61D> 他の皆さんが戻ってらっしゃるまでの短い時間。=We spent this wonderful time together.
  <D6BD> わたしたちはこうしてとても楽しい時間を過ごしていました。=This short time before the others came back.
##I tried reversing the order of these lines to improve flow
  <D769> ごめんなさーい♪=Sorry, everybody♪
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s008.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)