User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s004
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08C1> 「お姉さま大暴走」=Onee-sama is Out of Control

  <0A14> 本日も聖ミカエル女学園はいたって平和。=It's another peaceful day at St. Michael's Academy for Girls.
  <0AAE> 乙女たちは、風に舞う羽毛のように軽い足取りで学舎を歩き、勉学に、神への奉仕にと励んでいる。=Like feathers dancing in the wind, the young ladies walked gracefully towards the school building, striving to serve God with rigorous studies.
  <0B7C> 普通の学園のように、休み時間を全力でエネルギーの発散に費やす者はいない。=Unlike a normal school, where students spent their break time getting rid of pent up energy, everyone here was relaxed.
  <0C38> あくまでエレガントに学園生活をおくるのだ。=They lived an elegant school life from start to finish.
  <0CD6> ほら、鈴を転がすようにお上品な笑い声がそこかしこから……=Even now, one could hear refined, chime-like laughter in the air...
- <0D89> 「こらぁぁぁぁっ!」=「Heeeey!」
- <0FD0> 「……え?」=「...Huh?」
  <1050> なにか、とんでもない怒鳴り声が聞こえてきたような……=I thought I heard an extremely angry voice...
- <11F4> 「き、気のせいよね」=「I-It's just my imagination.」
  <127C> 無理矢理自分を納得させて、うんうんと頷くわたし。=I nodded my head, forcing myself to believe it was nothing.
- <141C> 「って、そんなことより今は目の前の危機に対して努力しなくちゃ」=「Forget about that. Right now I have to focus on the crisis at hand.」
  <14CE> 目の前の危機っていうのは他でもない。=And what I meant by "crisis at hand" was...
  <1566> それは、間近に迫ったテスト。=the upcoming test.
  <15F6> お姉さまに相応しい女の子になろうと思った矢先に……はぁ。=Just when I thought I could become a girl Onee-sama would be proud of... *sigh*
  <16A2> くぅぅ~、マリア様は意地が悪い。=Grrr... Mother Mary was cruel.
- <1832> 「英文法なんて、嫌いよぅ」=「I can't stand English!」
##There is no such subject as "English grammar".
- <18C8> 「七海さん、どうかされました?」=「What's the matter, Nanami-san?」
- <1964> 「ううん、なんでもないの」=「Oh, nothing.」
  <19F2> テストの成績が悪いだなんて、恥ずかしくて言えないわ。=There's no way I could tell her that I'm worried about getting a poor grade on the test.
- <1AA2> 「それならいいんですけど……ねえ、それより聞きました?」=「Well, if you say so... Oh, have you heard?」
- <1C4A> 「何が?」=「Heard what?」
- <1CD0> 「来年度から、交換留学生でイギリス人の学生さんが来られるんですって」=「That an exchange student from England is enrolling next year!」
- <1E84> 「ええっ、本当?」=「Oh, really?」
- <1F12> 「だってシスターがおっしゃってらしたもの。本当ですわ」=「Even the Sisters were talking about it. Seriously.」
  <1FBC> イギリス……ということは英語が喋れる。=England... Which means she'll be speaking English...
- <2152> 「……羨ましい……っ」=「I'm jealous...」
- <21E4> 「ええ、本当に羨ましいですわね。成績優秀な方が選ばれて……」=「Yes, it truly is enviable. Only people with excellent grades are chosen...」
  <2294> クラスメイトの続きの言葉は私の耳に入っておらず。=The rest of my classmate's words didn't sink in at all.
  <2338> わたしは必死でマリア様に祈っていました。=I prayed fiercely to Mother Mary.
  <23D4> マリア様……わたしにもどうか、そのイギリス人の学生さんくらいの英語力を授けてください。=Mother Mary... Please bestow upon me the ability to speak as well as the English student.
#Joe0Bloggs: is spoken English specified? How relevant is it to test scores?
  <249E> ううう~っ!=Ugh!
# Translated Japanese->Chinese (by jackcdz)->English (by Joe0Bloggs) below this line
- <278E> 「はうわ~っ、移動教室なのをすっかり忘れてたぁ~」=「Hauwaa~ I totally forgot about going to my next class~」
  <2834> クラスメイト達は既に移動済みの筈。=All the other students seem to have long since left.
  <28CA> だって教室は既にもぬけの空。=In the time it took me to go to the bathroom...
  <295A> それはわたしがお手洗いに行っている隙のこと。=...the entire classroom has been emptied out.
- <2AF6> 「多分、わたしはもう先に移動したと思われてるわよねえ」=「I guess they thought I'd gone ahead of them.」
  <2BA0> 環境整備委員で頑張って、お姉さまにも目をかけられている。=They probably thought I was working hard in the Environmental Protection Committee...
  <2C4C> ……と思われているわたし。=...to surprise Onee-sama.
- <2DD6> 「皆さん、ちょっぴり誤解してるのよ!」=「Isn't everyone getting the wrong idea?」
  <2E70> しかも、なんだか良い方にばっかり!=They keep thinking I'm better than I really am!
- <3002> 「あぁ、もう時間が……!」=「Eh! Look at the time!」
  <3090> 始業まであと2分。=Class starts in two minutes.
- <311E> 「本当は廊下を走るだなんて、お行儀の悪いことは許されないんだけど」=「Running down the hallway is really unacceptable behavior but...」
  <31D4> 今だけはお許し下さい、マリア様!=Forgive me this time, Mother Mary!
  <3268> それでもできるだけ足音を立てないように、スカートの裾が不様に翻って中のクマさんパンツが見えたりしないように。=I did my best to step quietly and keep my skirt from flying up, lest I expose my teddy bear panties.
  <3348> ゆっくりと……でも出来るだけ急いで廊下を駆ける。=Trying not to appear rushed, I ran down the corridor as quickly as possible.
- <34E8> 「よし、この階段を上ったら……っ!」=「Just this last flight of stairs!」
  <3580> わたしは辺りに人がいないのを見てから、一段とばしで階段を駆け上がる。=After looking around to make sure nobody was watching, I leapt up the stairs two at a time.
- <3734> 「マリア様、今だけはお許しくださ……」=「Mother Mary, please forgive me for―」
  <37CE> 最後までわたしは言葉を口にできなかった。=I didn't get the chance to finish that thought.
  <386A> なぜなら……!=As for why...
- <39E8> 「あ……あ、ああ……ああ~~っ!」=Ah... Ah... Aah... Aaaaah~!
  <3A7E> 一段飛ばしで階段を上るだなんて!=Leaping up the stairs two at a time...
  <3B12> ミカ女の学生にあるまじき行為がマリア様の逆鱗に触れたに違いないわ~っ。=Such behavior, completely unbecoming of a St. Michael's student, has definitely angered Mother Mary!
  <3C07> わたしの足は、しっかりと(?)階段を踏み外して……!=My foot missed the next step spectacularly!
- <3CB7> 「あうっ……あうっ……あうあうっ!」=「Hauu... Auuu... Aaauuuaauuu!」
  <3D4F> それでも残りの足で、どうにか階段に踏みとどまろうとする。=My other foot desperately tried to maintain its place on the stairs.
  <3DFB> けれどそれも空しい抵抗。=But resistance was futile...
- <3E8F> 「あああぁぁぁ~~~~んっ!」=「Aaaaaaahhhh!」
  <4011> わたしの体は階段の下に向かって落下してしまった!=Now I was flying down to the bottom of the stairs!
- <40F8> 「……えいっ!」=「Aiieee!」
  <41B7> お尻から廊下に向かって落ちたわたしは、その衝撃を覚悟していたのに。=With my bottom soaring down toward the hard floor, I braced for impact.
##It will be better for all of us to reduce the vulgarity of our translations.
- <43A4> 「……え?」=「...Huh?」
  <4424> 確かに落下した感覚はあったのに、訪れたのは柔らかい感触。=I was sure I'd hit the floor already, but it felt soft.
- <44D8> 「何、コレ?」=「What's this?」
  <455A> 何故かわたしのお尻の下には巨大なクッションがあった。=Where the floor had been, a big cushion now took its place.
- <460A> 「なんだろ……これ」=「What is this?」
  <4692> 頭の回りにハテナマークがいくつも浮かぶ。=I felt as if a dozen question marks were floating around my head.
  <472E> けれどもちろんわたしの疑問に答えてくれる人なんているわけもなく……=But, of course, nobody was around to explain what just happened...
- <491B> 「きゃ~っ、授業が!」=「Kyaa! I'm late!」
  <49A5> とりあえず、落下でお尻を打ってしまう悲劇は免れたのは事実。=There was no mistaking that I had avoided the misfortune of my bottom hitting the floor.
  <4A53> もしかしたら慈悲深いマリア様が『そこまでの罰はいいでしょう』とクッションを出してくださったのかも?=Did Mother Mary, in her limitless benevolence, decide that being late was enough punishment and make it appear?
- <4C25> 「……そんなわけ、ないだろうけどぉ~」=「...There's no way something like that could happen though~」
  <4CBF> マリア様の奇跡で、クッションがどこからとも無く現れた……なんて聞いたこともない。=I'd never heard anything about Mother Mary performing miracles like making cushions appear out of nowhere.
- <4E7F> 「でも、今は謎の解明よりも、授業が大事なんです!」=「But solving this puzzle isn't important now ― getting to class is!」
- <4F2D> 「だからこれは、マリア様の御心だと信じることにしちゃう!」=「I'll just have to believe it was Mother Mary's will!」
  <4FDB> わたしは強引に話をまとめると、今度はちゃんと階段を一段一段……駆け上がった!=Forcing myself to set the matter aside, I took the stairs one step at a time... in a hurried sprint!
- <5331> 「結局、遅刻してしまった……とほほ」=「In the end, I was still late...」
- <53D1> 「七海さん、そんなに気落ちなさらないで」=「Nanami-san, don't look so down.」
- <5475> 「そうですわよ。七海さんのことですから、移動教室に行かれる最中に何かあったのでしょう?」=「She's right. Did something happen between classes?」
  <5541> う……ありました。=Uhh... Something happened all right.
  <55C7> 階段からの転落と、謎のクッション発生事件。=I fell down the stairs and the a mysterious cushion appeared.
- <566D> 「どなかた具合の悪い方でも保健室につれていってらしたとか」=「Something like taking someone feeling ill to the clinic?」
- <5723> 「お困りの方の面倒を見てらしたとか」=「Did you help someone in a pinch or something like that?」
- <58B7> 「ほほほ……そんなことでは」=「Hahaha... Nothing like that...」
  <5947> ないんです。=...happened.
  <59C7> 単にわたしのドジの所為です。=Just me screwing up again, that's all.
  <5A57> でも、お育ちのいいクラスメイト達は、なんだか勝手にわたしの武勇伝を作ってしまっている。=But my well bred classmates seemed to have come up with some kind of epic tale for me on their own.
- <5B29> 「七海さんは本当に優しい方だから」=「Nanami-san is such a kind person.」
- <5BC7> 「優菜先輩がお認めになるだけの方なんですもの」=「Yuuna-senpai approves of her, after all.」
- <5C71> 「私達も七海さんのクラスメイトとして恥ずかしくないような女性になりたいですわ」=「We all need to improve ourselves to be classmates worthy of Nanami-san.」
- <5D3B> 「ええ、そうですわよね」=「Yes, exactly.」
- <5EC3> 「……ほほ……ほほほほほ……」=「Haha... Hahahahaha...」
  <5F55> もう、笑って誤魔化すしかない。=All I could do was smile and muddle through.
  <5FE7> 今更本当のことなんて言えないわ。=The situation made it impossible to tell the truth anymore.
- <61B2> 「あら、今……何か聞こえませんでした?」=「Huh? Did... Did you just hear something?」
- <6256> 「私は何も……?」=「I didn't hear anything...」
- <62E4> 「ええ、私にも何も聞こえま……」=「I didn't hear anything eith―」
- <64AF> 「ほら!」=「Listen!」
  <652D> やっぱり、幻聴なんかじゃない。=So it wasn't my imagination after all.
- <65C7> 「きゃぁぁぁーーっ!」=「Kyaaaa~!」
- <6659> 「いやぁっ!」=「No!」
- <67D7> 「……ええっ!」=「What?!」
- <689E> 「どうして校内に犬なんてっ!?」=「Why would a dog come into our school?!」
  <6932> しかもどうみても野良犬さん。=It definitely looks like a stray dog.
  <69C2> どなたかのペットが紛れ込んだ……なんて、明るいオチはなさそう。=Maybe somebody's pet slipped in... or something. This can't end well.
  <6A74> しかも……ひぇぇ~んっ。=And... Eeeehh~
#I know the last part is vocalization but don't know exactly how it sounds like.
- <6C37> 「ものすごく、喧嘩上等……な状況っ!?」=「It looks like it's going to go on a rampage!」
  <6CD3> ありえない……ありえないぃ~っ。=This can... *not* be happening!
- <6D6F> 「七海さん……私、足がすくんで……動けません」=「Nanami-san... I'm so scared... My legs won't move...」
- <6E19> 「あんな怖そうな犬、私初めて見ました……っ」=「I've never seen a dog this scary before...」
  <6EB9> 箱入り娘のお嬢様育ちのクラスメイトは、真っ青になって震えている。=My classmates, with their high-class, sheltered upbringings, had gone pale and were trembling in fear.
  <6F6D> もちろん、わたしだって怖いけれど……=Of course, I was scared too...
- <7101> 「でも、お姉さま……じゃなくて、優菜先輩ならこんな時……!」=「But, if Onee-sama... I mean, if Yuuna-senpai were here...!」
  <71B1> 我が身を呈してでも、人を助けられるはず。=Even if it meant sacrificing herself, she would save everybody.
- <7255> 「だったら、わたしだって!」=「Then, I can do it too!」
  <72E5> わたしは一瞬で覚悟を決めた。=I hardened my resolve in an instant.
- <7471> 「お二人とも、そっと後ろに下がって……」=「Both of you, step back slowly...」
- <7515> 「絶対に走っちゃダメですよ」=「Whatever you do, don't run.」
  <75A5> そんなことをしたら標的になってしまう。=If you run, you'll draw its attention.
- <7647> 「でも、七海さんは……っ?」=「But... What about you, Nanami-san?」
- <77D3> 「わたしなら、大丈夫です!」=「I'll be fine!」
- <786B> 「小さい頃には駆けっこだって得意だったもの」=「Running is the one thing I've always been good at.」
- <7913> 「なんとか……なるはずですっ!」=「Somehow... I'll pull through!」
- <79AF> 「七海さん……っ」=「Nanami-san...」
  <7A35> わたしは意を決して、小さく頷いた。=I made up my mind and nodded.
- <7AD3> 「早く下がって……、わたしが囮になっている間に!」=「Get away while I distract it!」
  <7B79> そうして、わたしはできるだけ野良犬の注意をひきつけるようにして。=I did what I could to attract its attention.
  <7C2D> ――走った!=And then I ran!
  <7D5E> でも、思った通りになんて。=But...
  <7DEC> そうそういくはずもない……=Not everything went as planned...
- <8039> 「はぁ……っ、はぁっ……!」=「Haah... Haah...」
  <8104> うう~っ、ついてくるぅ。=Uuuu~ It's following me.
  <8190> ずっとついてくるぅ。=It's still following me!
- <8220> 「はぁっ、はぁっ……」=「Haaaah... Haaah...」
  <82AA> そう言えば、昔は駆けっこが得意だったけど、それは短距離のこと。=Come to think of it, I was always great at running, but only sprinting.
  <835C> マラソン大会なんて大の苦手のわたし。=I didn't stand a chance in a marathon.
  <83F4> ああぁ~ん、こんなに長いこと走るのは、もう限界。=Aaaaa... I've run so far... I think I've reached my limit.
- <84DB> 「なんだか……はぁっ、さっきよりは怖い感じはしないけど……っ」=「Somehow... I'm not as afraid as before...」
  <858D> うなり声もない。=But I'm too out of breath to speak anymore.
  <8611> 第一、犬が本気で走っていたら、わたしになんて、あっという間に追いついてくるはず。=Besides, the way I'm going now, if the dog were to get serious it would take me down in no time.
  <86D5> それなのに一定の距離を置いて、ずっとついてくるってことは……=But it has kept its distance while staying right on my tail this whole time, which means...
- <878D> 「ああ~~んっ、わたしはあなたの遊び相手じゃないわよ~っ!」=「Aaaa~ I'm not here to play with you!」
  <883D> どうやらわたしは犬の遊び相手に認定されてしまったみたい。=It seems the dog wants me as its playmate.
- <892C> 「はうぅぅっ……良く聞けば……なんだか楽しそうな鳴き声になってるぅ」=「Haauuu! Even it's bark sounds happier than before.」
  <89E4> とはいっても、このまま止まるのも怖い。=Still, it would be too scary to stop running now.
  <8A7E> だって、もし止まった途端に飛びつかれたら?=What if it leaps onto me when I stop?
- <8B24> 「ぶるぶるっ……いやぁぁんっ」=「Wuwuru! No~」
  <8BB6> 子犬ならいいけれど、あんなに大きな犬なんて冗談じゃない。=It would be okay if it were a puppy, but such a big dog... No way!
  <8C62> ううっ。=Uuu...
- <8DDA> 「お姉さぁ……助けてぇ~っ」=「Onee-sama... Save me~!」
  <8E6A> 思わずそんなことを口走る。=I blurted out those words without thinking.
- <8FF4> 「ううんっ、だめよ!」=「Uuu... That won't do!」
- <9086> 「……お姉さまに相応しい子になるためにも……ここはわたし自身で切り抜けるの!」=「To become a girl befitting of Onee-sama... I have to overcome this myself!」
  <9148> そう思ったものの、犬はただただ楽しそうにわたしという獲物を追いかける。=As I thought that, the dog just kept happily pursuing me.
  <9202> しかも運が良いのか悪いのか、わたしがここまで逃げてくる間、誰にも会わなかった。=And I didn't know whether or not it was fortunate, but I hadn't seen anyone the entire time I'd been running.
  <92C4> このままこの犬に捕まってしまったら、誰も助けてなんてくれない。=If the dog caught me now, nobody would come to save me.
- <9472> 「どうしよう……っ」=「What should I do?」
  <94FA> かといって、校舎に戻ってしまえば、犬も一緒に着いてきてしまう。=If I ran into the building the dog would follow me there...
  <95AC> そうしたら他の学生に被害が……=Then other students could get hurt...
- <9646> 「どうしたらいいの~っ」=「What should I do~?」
- <96DA> 「……ていっ!」=「Ei!」
- <9895> 「え?」=「Huh?」
  <9982> 背後で犬が変な声を上げた。=The dog made a strange sound.
- <9B0C> 「何?」=「What?」
  <9B88> わたしは足を止めて振り返る。=I stopped and looked behind me.
  <9C18> するとそこには……=And there was...
- <9D9A> 「お……扇?」=「A... paper fan?」
  <9E1C> 何故か顔面に扇をめり込ませた犬が、動きを止めている。=A paper fan came out of nowhere, hitting the dog in the face and stopping it dead in its tracks.
#V123 - TLC please, I have no clue what this is actually supposed to mean but I did the best I could with it
  <9EC4> 一体コレってどういう事?=What in the world is going on?
- <A04C> 「まさかマリア様が救ってくださったのかしら……?」=「Did Mother Mary save me again?」
  <A0F2> お、扇で~?=With a fan, no less?
  <A172> わたしは更に困惑する。=I'm more puzzled than ever.
- <A2F8> 「はっ! こうしている場合じゃないわ!」=「Ah! Now is not the time for this!」
  <A394> 謎は深まる一方だけれど、逃げるなら今がチャンス。=The mystery may have deepened, but this is my chance to escape.
  <A438> 犬はその場でくんくんと情けなさそうな声を立てている。=The dog stood there making pitiful whining sounds.
  <A4E0> わたしはその隙に、慌てて校舎へと駆け戻った。=I took the opportunity to dash fearfully back into the building.
- <A73F> 「はぁ……はぁっ……はぁ……」=「Haa... Haa... Haa...」
  <A7D1> 疲れたぁ。=I'm exhausted.
  <A84F> 汗もびっしょりで気持ちが悪い。=I was covered in sweat, and felt terrible.
- <A8E9> 「七海さん……っ、ご無事でしたのね!」=「Nanami-san... You're all right!」
  <A983> さっきわたしが逃がしてあげたクラスメイトが駆け寄ってきた。=The classmates I helped escape from the dog ran up to me.
- <AA39> 「本当にありがとうございますっ……」=「Thank you so much!」
- <AAD9> 「ご自分を犠牲にしてまで私を助けてくださって……本当に七海さんはお優しいわ」=「Going so far as to sacrifice yourself to save us... You're so kind, Nanami-san.」
  <AB99> うっすらと涙をためてお礼を言われる。=She thanked me with tearful eyes.
- <AC39> 「そんなことないです……わたしも犬から逃げるのに精一杯で」=「It's not like that at all... It was all I could do to escape from the dog, myself.」
- <ACEF> 「何をおっしゃってるの」=「What are you saying?」
- <AD83> 「七海さんの献身の精神は、本当に素晴らしいです」=「Your spirit of self-sacrifice is so wonderful, Nanami-san.」
- <AE2F> 「それなのに、こんな風にとても奥ゆかしいなんて……」=「And yet, you're still so humble...」
- <AEDF> 「よければ今日のお礼もかねて、来週にはうちに来てくださらない?」=「As further thanks, if it's all right with you, would you like to come over to my house next week?」
- <B08F> 「ええっ? そんな申し訳ないわ」=「Really? I wouldn't want to impose on you.」
- <B12B> 「そんなことおっしゃらないで」=「Oh, don't say that.」
- <B1C5> 「だって私が無傷でここにいるのも、七海さんのおかげなんですもの」=「It's thanks to you that I stand here unharmed.」
- <B281> 「お礼をさせてくださいな」=「Please let me do something to thank you.」
  <B30F> わたしに一生懸命そう言ってくれるクラスメイトを見ていると。=Since she's so adamant about doing something for me...
  <B3BD> むげにお断りするのも、申し訳なくなってしまった。=It would be impolite to turn her down so coldly...
- <B55D> 「それじゃあ……」=「Okay, then.」
- <B5EB> 「嬉しいわ、七海さん」=「I'm so happy, Nanami-san.」
  <B675> クラスメイトの笑顔に、わたしはちょっとだけ報われた、明るい気分になれた。=My classmate smiled happily at being able to repay me, even if just a little.
- <B9C7> 「とはいえ、あの扇は何だったのかしら?」=「Still... What was the deal with that fan?」
  <BA63> なんだか気になる組み合わせ。=Such a curious coincidence.
  <BAF3> それに、今日は階段から落ちたときもクッションが突然現れて?=And what about the cushion that came out of nowhere as I fell down the stairs?
- <BBA9> 「不思議なことばかり?」=「So many mysterious things are happening...」
  <BC35> 私は首を傾げる。=I tilted my head in confusion.
- <BCC1> 「あっ……七海さんっ!」=「Ah! Nanami-san!」
- <BE49> 「あら、どうかしました?」=「Oh, are you all right?」
  <BED7> さっきのクラスメイトが血相を変えて、わたしに駆け寄ってきた。=The classmate from from before came running towards me, her face white as a sheet.
- <BF8F> 「あの……あの……誠に申し訳ないのですがっ」=「Um... Um... I'm really truly sorry but...」
- <C037> 「来週のお誘いの話はなかったことにしてくださいませっ」=「Please forget about the invitation for next week.」
- <C1DD> 「ええっ?」=「Huh?!」
- <C265> 「本当に申し訳ございません……っ、でも私……優菜さまのあんなお顔は……っ」=「I'm truly sorry... But I... That face Yuuna-sama made...」
- <C41F> 「えっ?」=「Huh?」
- <C599> 「おね……優菜先輩がどうしたんですか?」=「What were you saying about Onee― Yuuna-senpai?」
- <C63D> 「いえ、何でもないんですっ……あんな恨めしそうな優菜さま……いえっ、もごもご……」=「Nothing! Nothing at all... Yuuna-sama... That sad and resentful face... No! I-I-I mean...」
- <C70B> 「用事が……用事ができてしまったんです。ですから……なかったことに!」=「Something... Something important has come up.  So please forget about the invitation!」
  <C7C5> ウソくさい。=That doesn't sound like the truth.
  <C845> ていうか、ぜったいウソ!=More like it's definitely a lie!
- <C8D9> 「本当にごめんなさい……弱い私を許してください……っ!」=「I'm really sorry! Please forgive my weakness!」
  <C985> バタバタバタッ……=*dash*
- <CB07> 「あっ!」=「Hwaa!」
  <CB85> わたしが声をかける間もなく、クラスメイトは早足で去って行ってしまう。=She didn't even wait for me to respond before leaving.
  <CC3D> ミカ女の学生にあるまじき、慌ただしい足取りで。=She left with hurried pace, unbecoming of a St. Michael's student.
- <CDDB> 「お姉さま……?」=「Onee-sama...?」
- <CE69> 「なんだか……変よ? これは変……!」=「There's something... strange here. Very strange...!」
- <D04D> 「七海~♪」=「Nanami~♪」
- <D217> 「きゃっ!」=「Kyaa!」
  <D297> 突然、廊下の暗がりからお姉さまが飛び出してきた。=From a dark corner in the hallway, Onee-sama suddenly appeared.
- <D343> 「今日は一緒に帰りましょうね、七海♪」=「Let's go home together today, Nanami~」
  <D3DD> 頬をすり寄せてくるお姉さまにわたしは慌てる。=Onee-sama pressed her face up to mine, making me nervous and flustered.
- <D5C7> 「優菜先輩、誰かに見られたらどうするんですか!」=「Yuuna-senpai, what if someone sees us?!」
- <D7B5> 「大丈夫よ、ほら、誰もいないわ」=「It's fine. Look, there's no one here.」
- <D993> 「だから、この隙に七海を味あわなきゃ~。すりすり~っ♪」=「That's why I need to take this chance to get a good taste of Nanami! *rub* *rub*♪」
- <DB89> 「すりすりじゃありません!」=「Please stop nuzzling me!」
- <DD63> 「でも……ちょうど良かった」=「But... it's just as well that you're here.」
- <DDFB> 「わたし、お姉さまにお聞きしたいことがあるんです」=「I have a few things to ask you.」
- <DFEB> 「なぁに?」=「Like what?」
  <E06B> 楽しそうに尋ねてくるお姉さまを、わたしはじとーと睨みつけた。=I stared hard at Onee-sama, who looked perfectly content be questioned.
- <E1E8> 「わたしのクラスメイトに、何かされませんでした?」=「Did you do something to my classmate?」
  <E28E> さっきのクラスメイトの様子は尋常じゃない。=She was acting so strange.
  <E32C> これはお姉さまが何かをしているに違いない。=There's no doubt that Onee-sama did something.
- <E3D2> 「何かって……私、何もしていないわよ」=「What did I do? I haven't done anything.」
- <E474> 「じと~っ」=「*stare*」
- <E4FC> 「だって……だって!」=「Because... Because...!」
- <E58E> 「じと~っ」=「*stare*」
- <E616> 「だって、週末に七海を誘うだなんてっ、私が誘おうと思っていたのに……って恨めしそうにしてないもの」=「Well, she invited you out for the weekend... even though I was going to... B-But I didn't look all that resentful.」
- <E6F4> 「ううぅ~」=「Uuu~」
- <E77C> 「本当よ、悲しそうに睨んだりしていないわ! 拗ねてもいません!」=「Really! I didn't stare at her with a sad and resentful face! I didn't throw a tantrum at her either!」
- <E838> 「してるじゃないですかぁ~!」=「Isn't that exactly what you did~?!」
  <E8CA> やっぱりさっきの反応はお姉さまが原因だったのね。=As I thought, Onee-sama was the one responsible for my classmate's actions.
  <E96E> そりゃあ、ミカ女のアイドルのお姉さまに恨めしそうに見られたら、誰だって遠慮しちゃう。=Of course, anyone would let Onee-sama have her way if they saw the idol of St. Michael's stare at them with such sadness and resentment.
- <EA3E> 「もうぅ~」=「Geez...」
  <EABE> でも、わたしはお姉さまがしでかしたことは、それだけではないと気がついていた。=But I had a feeling that wasn't all Onee-sama was responsible for.
- <EB86> 「お姉さま、もしかして今日わたしにクッションを投げてくださったのは」=「Onee-sama, are you the one who threw a cushion under me today?」
- <EC46> 「私、階段から落ちそうになった七海にクッションなんか投げていないわ!」=「I didn't throw a cushion under you as you fell down the stairs!」
- <ED08> 「犬に向かって……」=「The dog...」
- <ED98> 「扇も投げてないもの!」=「I didn't throw a fan at that dog, either!」
- <EE2C> 「やっぱり~」=「I knew it...」
  <EEAE> 小さい頃からお姉さま日本舞踊を習ってらっしゃる。=Onee-sama has been learning traditional Japanese dance since she was little.
  <EF52> それで、あんなものを持ってらしたんだわ。=That explains why she would have a paper fan with her.
  <EFEE> わたしがばれていますよ、とばかりに睨むと、途端にお姉さまがくしゃりと顔を歪めた。=I shot her a glare that said "You've been exposed." Onee-sama quickly turned away from me in response.
- <F1AE> 「だって~、私の七海が困っているところを、助けたかったのよ~」=「Because... I saw my Nanami in a pinch and wanted to save you...」
- <F35C> 「あぁぁ~~んっ、それなのに、余計なことをしたから」=「Aaaa~ And yet, I've done something I shouldn't have.」
- <F40C> 「私、七海に嫌われちゃったわ……」=「Because you hate me now...」
- <F59E> 「うわぁぁぁ~~んっ」=「Uwaaaah~」
- <F772> 「あわわわっ、嫌ってなんかいません~」=「Awaaah! I don't hate you!」
- <F956> 「ぐす……っ、本当?」=「*Sniff*... Really?」
- <FB2A> 「だってお姉さまのおかげで色々助かったんですもの」=「You've helped me so much...」
- <FBD8> 「それにわたしが頑張っているのは……ひとえにお姉さまのため」=「It's all for your sake that I'm working so hard.」
  <FC88> お姉さまに相応しい女の子になりたいから。=To become a girl befitting of Onee-sama...
- <FE6E> 「あ~ん、七海大好きよ!」=「Aaah~ I love you, Nanami!」
- <10046> 「はい、私も大好きです!」=「Thanks. I love you too!」
- <1021E> 「……でも!」=「But...!」
- <103EA> 「え?」=「Hm?」
- <1046E> 「わたしのクラスメイトを、怯ええさせちゃダメですよ」=「You can't go around intimidating my classmates!」
- <10660> 「ぶぅぅ~。だってぇ、私と七海の週末の楽しみを奪われそうになったんですもの」=「Boo~ But my happy weekend with you was about to be taken away...」
- <10728> 「そういう時は、わたしに言ってくださいね」=「When something like this happens, you should just talk to me about it.」
- <107CE> 「お姉さまのお誘いがあるなら……」=「If you invite me...」
- <109AE> 「何よりもお姉さまを優先します♪」=「Of course you always come first♪」
  <10A44> お姉さまの顔が、ぱあぁっと明るくなった。=Onee-sama's face immediately lit up with joy.
- <10C2A> 「七海、だ~い好きっ☆」=「Nanami, I love you☆」
  <10CB6> ちょっと暴走気味のお姉さまだけど……わたし、大好きです!=Onee-sama is a bit out of control... but I love that part of her, too!
  
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s004.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)