User Tools

Site Tools


kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite:s002
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08B1> 「委員活動をした後は」=After the Committee Meeting

- <0C64> 「七海さん、ごきげんよう」=「Good day, Nanami-san.」
- <0DEE> 「ごきげんよう」=「Good day.」
- <0E7A> 「七海さん、頑張ってらしてね」=「Nanami-san, do your best!」
- <0F14> 「ええ」=「I will.」
  <0F90> わたしは帰って行くクラスメイト達に手を振ってから、心の中で小さく拳を握る。=I waved to my classmates as they left, trying very hard to contain my excitement.
  <104E> だって――=Well, that's because...
- <11C8> 「今日は環境整備委員会の活動日なんですもの!」=「We have a committee meeting today!」
  <131B> 『環境整備委員会』=The Environmental Protection Committee...
  <13A1> それは、この聖ミカエル女学園における学生自治の中心組織のこと。=This is essentially the student council of St. Michael's Academy for Girls.
  <1453> 良家お嬢様が集まるこの学園で、その中心となって活動することはとてもすごいこと。=In this institution, filled with ladies from well-to-do families, being a part of this committee holds great prestige.
  <1515> その委員会の委員長を務めるのは、なにをかくそう優菜お姉さま。=And the president of this committee is, in fact, Yuuna Onee-sama.
##How should "Yuuna Onee-sama" be rendered?
  <15C5> それを聞いてお姉さまにお近づきになりたい私は、無謀にも委員に立候補し……=When I first heard this, I immediately applied to join the committee so I could be closer to her.
  <1681> そしてまさかのまさかで委員に選ばれたのです。=I never would have thought that I might really get accepted.
  <1721> 実はそれが、わたしに近づきたいと思ったお姉さまが裏で推薦して下ったなんて。=I was later surprised when I found out the truth.
  <17DF> 後で知って驚いたことでしたけれど……!=Onee-sama actually pulled some strings because she wanted to be closer to me, as well!
  <1879> でも、選ばれたからには、ちゃんと委員として活躍したい。=However, when I got chosen, I wanted to do my part for the committee.
  <1923> わたしは委員会がある度に、そう強く心に誓っている。=I promised myself that I would give it my all.
- <1B88> 「それでは皆さん、各自持ち場は確認しましたね」=「So has everyone confirmed their stations?」
- <1C32> 「はい!」=「Yes!」
- <1CB8> 「では、オイル引きの班の方は、雑巾かけの班が用意を完了する前に荷物を取りに行くこと」=「So then, the oiling group needs to move all their equipment before the wiping group finishes getting prepared.」
- <1D88> 「はい!」=「Got it!」
- <1E0E> 「ホウキ班の方は、まず廊下の半分を全員で掃き掃除」=「The sweeping group will sweep the first half of the hallway together.」
#Joe0Bloggs: "together" is not redundant, they split up later.
- <1EBC> 「綺麗になったところを雑巾班が、お掃除してくださいね」=「Once they're done, the wiping group will move in.」
- <1F6E> 「ホウキ班は半分がすんだら二組に分かれて、掃き掃除を続けること」=「The sweeping group will then split into two groups and cover the rest of the area.」
- <202A> 「はい!」=「Sure!」
- <20B0> 「そうすれば雑巾班の方を待たせずに、時間を有効に使えますからね」=「That way, we won't have to wait for the sweeping group to finish before the wiping group can start.」
- <216C> 「はい!」=「Okay!」
  <21EA> はう~。=Hau~
  <2266> お姉さまは、こうして見るとやっぱりすごい。=When I see Onee-sama like this, I'm reminded of how great she is at these kinds of things.
  <2304> 普段、二人っきりの時はついいやらしいことなんかをいっぱいしてこられるから、わたしも怒ったりできるけど。=When we are alone, she usually does dirty things to me. I sometimes get mad at her for that.
  <23DE> こうして皆さんの前では一寸の隙もない、完璧な優菜お姉さま。=But she shows no flaws around everyone else. Yuuna Onee-sama is perfect.
  <248C> ホウキ班のわたしは、てきぱきと指示を与えて委員会を統率するお姉さまの姿をうっとりと眺める。=I'm in the sweeping group and I can't help but admire how efficiently Onee-sama directs the committee members. 
- <2562> 「あっ……!」=「Ah...!」
- <26E0> 「どうかしたの?」=「What's wrong?」
- <276E> 「拭き掃除をしていたら、廊下の継ぎ目に……トゲが……」=「I was wiping the floor and got a splinter...」
- <2914> 「指に刺さったのね、大丈夫?」=「It looks like it's in your finger. Are you all right?」
- <29AE> 「誰か保健室に連れて行ってあげて」=「Could someone please take her to the nurse's office?」
- <2A4C> 「そんな……私一人でも大丈夫です、優菜さま」=「Oh no, I can go there myself, Yuuna-sama.」
- <2AF4> 「怪我をしたのは利き手でしょう? それでは消毒もままならないじゃない」=「You hurt your hand, didn't you? You'll need to have it disinfected.」
- <2BB6> 「すみません」=「I'm sorry.」
- <2D34> 「何言ってるの。小さな怪我も馬鹿にしたら痛い目を見るのよ」=「What are you saying? Even small injuries need to be treated properly.」
  <2DE2> ご両親がお医者様のお姉さまの言葉には、どこか重みがある。=Being a daughter of two doctors, Onee-sama's words were pretty convincing.
- <2E96> 「はい……」=「Okay...」
  <2F16> 怪我をした委員の子は、間近でお姉さまに看ていただいて、頬を赤く染めている。=The injured girl's cheeks flushed red as Onee-sama looked at her hand closely.
  <2FD4> ……確かにお姉さまは素敵なので、気持ちは分かるけれど……ちょっぴりジェラシー!=I know how wonderful it is to be that close to Onee-sama, so of course I'm a bit jealous!
- <3192> 「それじゃ、皆さん。怪我をしないように、お掃除を続けて」=「All right, everyone. Let's get back to work and take care not to get hurt.」
- <3246> 「はい!」=「Okay!」
#Translated Japanese->Chinese (jackcdz, published Chinese game)->English (Joe0Bloggs) from this line down
#The H-scene SFX are transcripted directly from listening to the audio tracks corresponding to each line and may not match the Japanese text.
  <32C4> こうして看ていると、廊下から差し込む午後の光に照らされたお姉さまは、とても素敵。=Rays of the afternoon sunlight filtered through the hallways and shone onto Onee-sama. The effect is simply stunning.
#V123 - "on" just doesn't quite flow here
  <3388> さっきのヤキモチは、お姉さまに見とれるうちに消えてしまう。=The jealousy I was feeling vanished as soon as I looked at her.
  <3436> 皆さんが各自の持ち場に戻るのに、わたしはその場でぼうっとお姉さまを見つめてしまった。=Everyone else had gone back their posts, but I continued to stand there, entranced by the sight of Onee-sama.
- <35FA> 「七海ちゃん?」=「Nanami-chan?」
  <367E> 普段はとろ~んとした優しい表情で笑ってくださるのだけど。=She usually greets me with a soft and fluffy smile.
  <372A> こうしてちょっときりりとしたお顔のお姉さまも……大好きなんです。=But the girl in front of me now, looking a bit more more prim and proper... I love this Onee-sama too.
  <37DE> きゃぁっ。=Kyaa~
  <385C> なんだか照れてしまう。=I can't help but feel embarrassed.
- <39E2> 「……七海ちゃん?」=「...Nanami-chan?」
  <3A6A> そう、こんな風にちょっとだけ眉をしかめたお姉さま……=Yes, this Onee-sama, with her now slightly raised eyebrows...
  <3B12> りりしくて、本当に素敵。=What an awe-inspiring vision.
- <3C9A> 「七海ちゃん! 手が止まってるわよ」=「Nanami-chan! Don't just stand there doing nothing!」
- <3E7C> 「あうっ! すす、すみません!」=「Aauu! S-S-Sorry!」
  <3F10> わたしったら、わたしったら!=Stupid... Stupid Nanami!
  <3FA0> お馬鹿さんなんだから。=I'm such an idiot.
  <402A> お姉さまを見つめる機会なんて、わたしにはいくらでもあるのに。=I'm able to look at Onee-sama all the time.
  <40DA> どうしてわざわざ委員会活動中に、ぼうっと見つめたりしたの~。=Why now? Why did I space out now, in the middle of committee work?
- <42D4> 「ちゃんと、皆さんと同じようにお掃除に励むことよ、七海ちゃん」=「You should be working hard on our cleaning like everyone else, Nanami-chan.」
  <4386> メッと、お姉さまから注意を受けて、わたしはしょぼんとしてしまいました。=Hearing Onee-sama's suddenly stern words, I felt ashamed.
- <46B0> 「それでは、本日の活動はここまでです」=「Well then, our work for today is done.」
- <4752> 「はい!」=「Okay!」
- <47D8> 「気を付けて下校してね……あ、七海ちゃんは居残りよ」=「Take care on your way home. Ah... Nanami-chan, stay behind.」
- <49CA> 「はい。……えっ?」=「Okay... What?」
  <4A52> もちろんお姉さまが残られるなら、わたしも同じように残っているつもり。=If Onee-sama was staying behind, of course I would stay behind too.
  <4B0A> だって、帰りには一緒に帰ろうと約束していたのだから。=We already agreed to walk home together.
  <4BB2> それなのに、委員会の皆さんの前でわざわざ、そんなことを言うなんて……?=Even so, to say it in front of the entire committee...
- <4DB6> 「お掃除の途中にぼうっとしていた罰よ。わたしのお手伝いをしてね」=「This is punishment for losing focus in the middle of cleaning. Come help me out.」
- <4E72> 「はっ……はい!」=「O-Okay!」
  <4EF8> わたしは慌てて頭を下げた。=I nervously lowered my head.
  <4F86> 周りの委員会のメンバーが、小さく吐息を漏らす。=The committee members around me sighed in amazement.
  <5028> お気に入りの後輩でも、けじめをつけて叱るお姉さまの態度に皆感心しているのだ。=They were in awe of Onee-sama's impartiality. She would admonish even the junior she dotes on.
  <5199> わたしったら……本当に情けないわ。=I... really am pathetic.
  <522F> こんなことではお姉さまの恋人だなんて、胸を張れません。=How shameful... How can I call myself Onee-sama's girlfriend if I'm like this...?
  <52D9> もっとしっかりしないと……!=I have to do better than this!
- <554E> 「……み、七海」=「...mi. Nanami.」
- <571C> 「え……あら? もう誰もいない……?」=「Eh... Huh?  Everyone's gone already?」
  <57B6> 教室にはいつの間にか、わたしとお姉さまの二人きりになっていた。=Before I knew it, Onee-sama and I were the only ones left in the classroom.
- <59B2> 「そんなに泣きそうな顔をしないで~っ、七海~っ」=「Don't look so down, Nanami~」
- <5A5E> 「がばっ!」=「Wah!」
#Joe0Bloggs:you know that this is Yuuna's line, right?
- <5C28> 「え……きゃっ……おね、お姉さまっ?」=「Eeeh... Kyaa! Ah! Ah! O-Onee-sama?」
  <5CC2> 勢いよく抱きついてきたお姉さまを、受け止めかねてわたしはたたらを踏んだ。=I stumbled forward a couple steps from the force of Onee-sama's hug.
#script says forward. hug from behind? maybe just change it if it's not clear when playing.
- <5D86> 「だって、早く二人きりになりたかったんだもの~っ」=「I just wanted the classroom all to ourselves quickly~」
- <5F76> 「皆の前で叱ったのが、そんなにショックだった?」=「Was it that big a shock to be lectured in front of everybody?」
  <601A> うるうると水気のある瞳で見つめられて、わたしはそのお姉さまの目に吸い込まれてしまうよう。=Her watery, tear-filled eyes stared at me with such intensity, that it felt like I could get sucked into them.
- <6230> 「ショックはショックでしたけど、自分の至らなさが恥ずかしかっただけです」=「It *was* a shock, but I'm mostly embarrassed by my carelessness.」
- <62F4> 「わたしがしっかりしていないと、お姉さまに恥をかかせてしまいますもの」=「If I can't improve myself, it'll be embarrassing for you.」
#Joe0Bloggs:"stay focused" seems to narrow on the present incident whilst I believe Nanami usually means to generally improve herself.
- <64F8> 「七海は今でも十分、しっかりしてて、可愛いくて、エッチな子よ~」=「I think you're already a very hard-working, cute, and sexy girl~」
- <66F6> 「お話の脈絡が繋がってませんっ!」=「That last part has nothing to do with anything!」
  <678C> どうして、そこでエッチが関係するんですか!=Why is she saying "sexy" at a time like this?!
- <6974> 「本音と希望がつい、口から出ちゃったの☆」=「My true thoughts and feelings just slipped out by mistake☆」
- <6A1A> 「『でちゃったの☆』じゃ、ありません!」=「"Slipped out"? What kind of excuse is that?!」
- <6C00> 「でもね、本当に七海はしっかりしているわよ」=「But I can tell you're really trying your best.」
- <6DEA> 「失敗だらけじゃないですかぁ」=「And failing every time, right?」
  <6E7C> しょぼ~ん……=Sigh...
- <7048> 「馬鹿ね。そうやって、自分で反省できるところが、七海のえらいところなの」=「Don't be silly. It's good that you reflect on your actions like this.」
- <724E> 「誰だって失敗をするけれど、それを認められる強さが大事なの」=「Everybody makes mistakes, but the important thing is to have the strength to admit it.」
  <72FE> お姉さまが諭すように、話してくださる。=Onee-sama continued with her lecture.
  <7398> その言葉は私の胸にしみる。=Her words plunged straight into my heart.
- <7570> 「……はい!」=「Okay...」
  <75F2> 拳を握ったわたしに、お姉さまの目がきらめく。=Onee-sama's eyes sparkled, as I clenched my little fists.
- <77DC> 「うふふ。やっぱり七海は可愛いわ~」=「Ehehe. You're really cute, Nanami~」
- <787C> 「キスしちゃいた~い♪」=「Give me a kiss~♪」
- <7A52> 「はうわっ、だ、だめ、ダメです、お姉さまったら」=「Hauwa! S-St-Stop that, Onee-sama!」
- <7AFE> 「ダメよ、離さない~」=「Nope, I'm not letting go~」
- <7B90> 「今日のお掃除の時間にぼうっとしていた七海を、これからたっぷりお仕置きしてあげる~」=「I still need to punish you for what happened during cleaning today~」
- <7C60> 「ええっ! そんな~」=「What? No way!」
- <7CF2> 「だめよ、お仕置き♪ お仕置きっ♪」=「Oh yes! Pu-nish-ment♪ Pu-nish-ment♪」
- <7ED4> 「たしかにお掃除中に、お姉さまに見とれていたのは不謹慎でした~」=「It's true that I was wrong for staring at you during cleaning.」
- <7F90> 「普通のお仕置きなら、わたしも喜んで受けますけど……」=「I would gladly accept any normal kind of punishment...」
- <8042> 「お姉さまの言ってるのは、絶対に違いますよね~っ!?」=「But the way you're saying it doesn't sound normal at all!」
- <8236> 「すごいわ、七海。私と以心伝心ね!」=「Amazing, Nanami! It's like you can read my mind!」
- <8418> 「お姉さまの、そのバラ色に紅潮した頬を見ていれば想像がつきますっ!」=「It's not hard to imagine when your cheeks are that red!」
- <84D8> 「でも、許してあげない~」=「Still, I'm not letting you go so easily~」
- <86B0> 「だって……もしかしてまだ誰かが残っているかもしれないのに」=「But... there might still be someone here.」
- <88AA> 「今日は、私たち委員会のメンバーだけが残って、お掃除をしたのよ?」=「Only the committee members stayed today for cleaning, remember?」
- <8968> 「その委員会のメンバーが、私たち以外残っていないなら……学園には誰もいないわね?」=「All the committee members except for us left already. Which means there should be no one left on campus...」
- <8A36> 「で~も~っ」=「But~」
- <8C02> 「うっ……それとも……っ!」=「Uuu... Or do you mean...!」
  <8C92> お姉さまの綺麗なお顔が、途端に悲しそうに歪む。=Onee-sama's beautiful face was suddenly twisted by grief.
- <8E7E> 「はうううぅ~~んっっ、七海は私のことを嫌いになっちゃったの~~っ!?」=「Hauuuuu~ Do you hate me now~?!」
- <9084> 「ええっ!?」=「Eeeh?!」
- <910E> 「いやああ~~~~っ、そんなのいや~~~~っ」=「No~ I don't want that~」
- <91B8> 「いやいやいや~~っ」=「No! No! No~!」
- <924A> 「七海に嫌われたら、私どうやってこの先を生きていくのぅ~~」=「If you hated me, how am I supposed to go on living~?!」
  <92FA> ぽろぽろと涙を零すお姉さまを、わたしは慌てて抱きしめる。=Completely flustered, I anxiously held on to Onee-sama, whose tears were starting to fall like raindrops.
- <94F0> 「嫌いになるなんて、そんなことありませんっ!」=「There's no way I could hate you!」
  <9592> だって、お姉さまは私の命なんですもの。=Onee-sama is my whole life, after all.
- <9776> 「本当? 本当に嫌いになってないわね?」=「Really? You really don't hate me?」
- <995C> 「はい、もちろんです」=「No, of course I don't.」
#Joe0Bloggs:Am I the only one who thinks that according to English grammar "Yes, of course" would mean "Yes, of course I hate you"?
#http://english.stackexchange.com/questions/28530/how-to-answer-a-negative-question-without-ambiguity
- <9B30> 「本当ね……ぐすっ」=「Really? *sniff*」
  <9BB8> まだしぶるお姉さまを安心させるために、わたしは決意した。=To reassure my still unhappy Onee-sama, I answered firmly.
- <9DAE> 「ええ……」=「Yes.」
- <9E36> 「だから……」=「So...」
  <9EB8> それを口にするのは勇気が要ったけれど、わたしはお姉さまの手を取って言葉にする。=I had to be brave, so I held Onee-sama's hands and said:
- <A0C4> 「お仕置き……今、ここでしてください、お姉さま」=「Please... Punish me here and now, Onee-sama.」
- <A24E> 「うう……っ」=「Uueeh...」
  <A2D0> 恥ずかしい……っ。=So embarrassing...
  <A356> お姉さまのお仕置きで、わたしはスカートの裾をたくしあげています。=Onee-sama made me hold up my skirt as punishment.
  <A40A> しかもそれどころじゃなくて……=More than that...
- <A4A4> 「パンティもだなんて~っ!」=「Even my panties~!」
  <A534> 知ってますけど……やっぱりお姉さまのえっち~~っ!=I knew it all along, but... Onee-sama really is perverted!
- <A5E2> 「あら、裾を降ろしちゃダメよ、七海♪」=「Now, don't let go of your skirt, Nanami~」
  <A67C> お姉さまは嬉しそうにわたしを……=Onee-sama gazed happily at...
  <A710> わたしの……恥ずかしい股間を見てらっしゃいます。=the embarrassing place between my legs.
- <A7BC> 「あうっ……」=「Uuu...」
- <A846> 「あら♪ 七海の可愛いおまんこがひくひくしてるわ♪」=「Oh, your cute pussy is starting to twitch♪」
- <A8F6> 「はうっ!」=「Hauu!」
  <A976> 足は軽く開くようにと言われている為に、のぞき込まれてしまうと……=She told me to spread my legs... so she could look inside...
  <AA2A> 私の股間は生まれたままの姿をさらしてしまう。=Everything between my legs is exposed.
- <AAD2> 「はうぅぅ~っ、中からお汁がでてきてるわ♪」=「Auuu~ Your juices are starting to flow out♪」
- <AB7A> 「七海のおまんこは……いやらしくて愛おしいわぁ」=「Your pussy... is so lovely and full of lust.」
- <AC26> 「あぁん……舐めてあげたい~」=「Aah... I want to lick it~」
- <ACC0> 「あんっ……お姉さまがそんなこと言ったら……わたしぃ」=「Ahh... If you say it like that... I...」
  <AD6A> パンティを下げたときからじんじんとしていたおまんこは……=My pussy started twitching the moment my panties were taken off.
  <AE16> すでに見なくても分かるくらいに……ぐっしょりと濡れた感触。=I knew without looking that it was... completely wet.
  <AEC4> 体の奥から熱い液体が、湧き出てくるのを感じる度に……体が火照る。=The hot juices inside me felt like they would overflow at any moment. My body burned with embarrassment.
- <AF80> 「んんっ……あぁっ、お姉……さまぁっ!」=「Ahnnn... Aah... Onee... sama!」
- <B024> 「すごいわ、七海。お汁が床に滴りそうよ~♪」=「Amazing, Nanami!  Your juices are about the drip all over the floor~♪」
- <B0CC> 「ため息をついちゃうくらい、可愛い……ふうぅ~」=「It's like it's sighing... How cute~ Fuuuu~」
- <B178> 「あひゃんっ!」=「Ahyaa!」
- <B204> 「お姉さまの息が……あうっ」=「You're breathing on it... Auuu~」
  <B294> わたしの恥ずかしい秘密の場所に、お姉さまの息がかかって……=Onee-sama's lustful breaths gently blew over my shy secret garden.
- <B34A> 「はふっ、あぁ……わたし……わたしぃ……っ!」=「Haa... Aaa... I... I...!」
- <B3F4> 「まだダメよ~、もっと七海の可愛らしいおまんこを見ていたいんだから♪」=「Not yet... I still want to see more of your cute little pussy~」
- <B4B6> 「はうぅ~、でも……わたしっ、もうっ」=「Hauuu~ But, I can't...」
- <B558> 「ああ、七海の花びらが綺麗なピンク色から桃色に変わってるわ」=「Ahh... Your flower petals are becoming even pinker than they already were.」
##V123 - would like a literal TL of this please
#ahh, Nanami's flower petals have changed from a pretty pink colour to a pink colour (peach flower petal colour).
##V123 - Thanks, I was afraid of that. Edited based on the google images of peach blossoms being very dark pink. Leaving out the "peach blossom" part since most people are probably not familiar with the color. I think this should work but I may come back to it at some point.
- <B610> 「恥ずかしいのね……なんて、可愛いの~♪」=「Embarrassing, isn't it? And yet it's so cute~♪」
- <B6B6> 「ふぅぅ~」=「Fuuu~」
  <B736> お姉さまの熱い息が……かかってっ!=As she spoke, Onee-sama's warm breaths... blew in!
- <B890> 「んはぁっ! あふっ……んんっ!」=「Aaah! Ahuu... Gueeh!」
  <B926> ビクビクンッ=*twitch* *twitch*
- <B9AE> 「はふぅぅ……あんっ……あぁ、あああ……」=「Haa... Ahn... Aa, aaaa...」
- <BA54> 「あっ……お汁が湧き出ててるわっ」=「Aaa... Your juices are really gushing out now.」
  <BAEA> わたしはお姉さまに視姦されて、甘い絶頂を感じてしまいました。=Onee-sama's lustful gaze alone made me reach sweet climax.
  <BC52> 立ったままアクメを迎えてしまったわたし。=I came while standing up.
  <BCEE> お姉さまはそんなわたしに嬉しそうに抱きつくと、今度は机の上に押し倒して……=Onee-sama happily hugged my trembling frame, and then pushed me down onto a desk.
- <BDB4> 「あふっ……んぁっ!」=「Aauu... Huaaa!」
- <BE46> 「ぴちゃ、れろろっ……あぁん、七海のお汁美味しいわ~♪」=「*fwchh* *slurp* Ahh... Your juices are so delicious~♪」
- <BEFA> 「お姉さま……おまんこをそんなにしたらっ、あぁんっ!」=「Don't suck on my pussy like that... Aaaaah!」
- <BFAC> 「だめよ、これは七海のお仕置きなんだから~」=「But, this is your punishment, so...」
  <C04C> ううっ。=Uuu...
  <C0C8> それを言われてしまうと……わたしは弱い。=When she says it like that... I just can't say no.
- <C16C> 「ほら、私の舌が触れると……ピクピクッて動くのよ」=「Look, when I touch it with my tongue... it twitches.」
#Joe0Bloggs:"twitches" seems overused throughout the script. (you'll see)
- <C21A> 「れろっ、れろろ……ちゅぱっ!」=「*slurp* *chuu* *suck*」
- <C2B6> 「んんっ……あぁんっ!? あふっ!」=「Eeee... Aaah?! Ahu!」
  <C34E> お姉さまの舌は、お汁でベチョベチョになっている秘裂を掻き分けて奥にまで進み……=Onee-sama's tongue swept aside my dripping lips and slithered its way into my forbidden passage.
##You guys are so creative when it comes to alternatives for dirty words, lol.
- <C418> 「すごい……差し込んだ舌をきゅっと締めてくるの♪」=「Wow! It sucked my tongue in the moment I touched it♪」
- <C4C6> 「大好きっ、大好きよ! 七海~っ」=「I love you! I love you, Nanami~」
- <C564> 「れろっ、ちゃぷっ! ちゅるるんっ」=「Aahh... *slurp* *chuu* Mmm...」
- <C604> 「ひゃぅっ! あふぅ……んっ!」=「Hyauu! Aaauu... Hnng!」
- <C6A0> 「ダメ……ダメですぅ、そんなところぉっ」=「No... Stop! Don't... Not there...」
- <C744> 「七海こそダメよ。これはお仕置きですもの」=「You just stay quiet over there. This is your punishment.」
- <C7EA> 「七海がお仕置きしてって言ったんでしょう?」=「You told me to punish you, remember?」
- <C892> 「言いましたけど……けどぉぉ~」=「That's what I said, but...」
  <C926> でも、教室の中でこんな恥ずかしい格好のおまんこを、お姉さまに舐められているなんて!=But, for Onee-sama to lick my pussy like this in the classroom...
  <C9EC> ああ!=Aaa!
  <CA66> 恥ずかしいやら、気持ちいいやらで……どうしたらいいの!?=Should I be ashamed? Should I feel good? How could I decide?!
  <CB12> わたしはただただ身悶える。=All I could do was squirm with all my might.
- <CBA8> 「あっ♪」=「Aha♪」
- <CC2E> 「今、七海のおまんこから、たくさんお汁が出てきたわ……」=「A lot of juice just came out of your little pussy.」
- <CCE2> 「気持ちいいのね? 私にこうされて気持ちいい?」=「Does it feel good? Does it feel good when I do this to you?」
- <CD8E> 「んぅっ……いいです、お姉さまぁ」=「Uuuueh... Yes it does, Onee-sama...」
- <CE2C> 「気持ち……いいですぅ」=「It feels... good...」
- <CEC0> 「素直な七海も可愛いっ……♪」=「You're also cute when you're being honest♪」
- <CF5A> 「ああ~、もうっ、この愛しさをどうしたらいいのかしら」=「Aaa~ Geez... You're too cute! What should I do?」
- <D00C> 「え~いっ、すりすりしちゃうわぁ~」=「Eeehh~ I should rub it~」
  <D0A4> スリスリ~=*rub* *rub*
- <D12A> 「きゃふぅぅっ!?」=「Kyaa?!」
  <D1B2> お姉さまはこともあろうか、わたしの濡れた秘裂に頬ずりをした。=Onee-sama moved her face all around my dripping wet forbidden passage, without a care in the world.
  <D262> それは愛おしそうに、何度も何度も……=She pressed against it over and over...
- <D302> 「んぁっ……あうっ!」=「Ngaa... Haaauu!」
- <D394> 「お姉さまっ、そんなことダメですぅ~っ」=「Onee-sama, don't do this!」
- <D438> 「ほっぺたに七海のお汁がついてる……あぁん」=「Your nectar is all over my face... Aaahn~」
  <D4D8> 嬉しそうに言って、お姉さまはまた私の秘部に舌を這わせる。=Onee-sama said this happily and then stuck her tongue back into my pussy.
- <D58C> 「んちゅるっ……ちゅるんっ♪」=「Aaa... *slurp* Mmm... *chu* Nn... *slurp*♪」
- <D626> 「あぁ、七海のお汁……本当に美味しい」=「Ahhh... Your juices are so delicious.」
- <D6C8> 「これだけを飲んで暮らしたいわぁ♪」=「I want to drink just this for the rest of my life♪」
- <D768> 「んん~っ、そんな、無理……れすっ」=「Nnnn~ That's impossible...」
  <D800> お姉さまの勢いで飲まれちゃったら……わたし干からびちゃいますぅ!=If Onee-sama keeps drinking it at this rate, I'll run dry!
- <D8BC> 「だって、こんなに美味しいんだもの……ちゅるるっ♪」=「But, it's just so tasty... *slurp* *chu*♪」
- <D96C> 「ちゅぱっ……ちゅるるっ、れろれろっ」=「Mmm... *chu* Mmmm... *slurp* Ahh... *slurp* *chu* Aah...」
- <DA0E> 「はうぅ……っ、あんっ、あぁんっ!」=「Hauuu... Aahn, aaahn!」
- <DAAE> 「うふふ、こっちもよ……カリッ」=「Ehehe... Here, too... *chomp*」
- <DB4A> 「はぅぅんっ!?」=「Ahhuuueeh!」
  <DBD0> お姉さまがさっきまで放っておいたクリトリスへ、急に歯を立てる。=Up until now, Onee-sama had left my clitoris unattended, but all of a sudden she started nibbling on it.
  <DC82> 無防備だったわたしは、思わず背をしならせて悶えた。=I was defenseless. My back arched in sweet agony.
- <DD30> 「コリコリよ……七海の可愛いクリトリス」=「Your cute little clitoris... It's so stiff.」
- <DDD4> 「はうぅっん、ああぁ……お姉さまっ、お姉さまぁぁっ~」=「Uueeeh, aaaa... Onee-sama... Onee-sama!」
  <DE7E> あまりの激しい刺激に、わたしは一気に絶頂にまで押し上げられてしまう。=The overwhelming stimulation pushed me towards climax.
- <DF3E> 「あぁん……わたし、もうっ……もうぅっ!」=「Aaahn... I... I...」
- <DFE4> 「イッて、七海」=「Come now, Nanami.」
- <E070> 「見ていてあげるから、私の前でイッて~っ♪」=「I'm watching. Let me see you come~♪」
  <E110> そう言いながら、お姉さまはクリトリスから秘裂までを激しく舐めてゆく。=She said that and then licked me intensely from my clitoris to the depths of my pussy.
- <E1D0> 「ちゅるっ……んちゅっ、れろろっ……んちゅぅぅっ」=「Aahn... *slurp* Mmm... *chu* *slurp* Mmmm... *slurp*」
  <E276> とうとうわたしは頂点に押し上げられる。=I finally reached my peak.
- <E318> 「あんっ……あふっ!」=「Ahuu... Ahhn!」
- <E3AA> 「おまんこぉ……おまんこイッちゃいます……お姉さまっ」=「My pussy... I'm coming, Onee-sama!」
- <E518> 「お姉さ……んあっ、ああぁぁぁっんっ!」=「Onee-sa― Aaa... Haaaaaaaaahn!」
  <E5B4> ビクビクッ=*twitch* *twitch*
  <E632> 膣内がビクビクと震え、わたしはお姉さまの愛撫で強い絶頂を迎えた。=My pussy trembled as Onee-sama's touches made me climax violently.
  <E6E6> 同時に膣から激しく愛液が迸る。=At that moment, a torrent of love juices gushed out from my passage.
- <E780> 「あっ! あぁ、あふんっ……♪」=「Aaahn! Aah, aaaahn♪」
  <E814> 淫水はお姉さまの顔に、激しい飛沫となってかかり……=The obscene liquid sprayed directly onto Onee-sama's face.
- <E8C2> 「あ~んっ、七海のお潮だわ~っ」=「Aaahn~ Your juices~」
  <E956> 嬉しそうなお姉さまは、最後の一滴までわたしの淫水を浴び続ける。=Onee-sama ecstatically bathed in my gushing nectar until the very last drop was released.
- <EACC> 「お姉さま……ご、ごめんなさいっ!」=「Onee-sama... Uuu... I'm sorry!」
  <EB64> 慌てて、汚してしまったお姉さまの顔を拭こうとしたのに。=I hurriedly tried to clean up Onee-sama's dirtied face.
  <EC0E> お姉さまはわたしの手を押しとどめる。=However, she caught my hand before I could.
- <ECAE> 「だ・め・よ!」=「That... won't... do~」
- <ED3A> 「えっ?」=「Huh?」
- <EDC0> 「七海のお汁をハンカチで拭くなんて、なんてもったいないことをするの~!」=「You were going to wipe away your sweet juices with a handkerchief? That would be such a waste~!」
- <EE84> 「ええっ?」=「Huh?!」
- <EF0C> 「七海のおまんこも、全部私がお汁を舐め取ってあげるんだから、覚悟なさい♪」=「I'll lick your pussy until every drop of juice is gone. Prepare yourself♪」
- <EFD2> 「これも、お・仕・置・き♪」=「This is also your pun-ish-ment♪」
  <F062> 嬉しそうに笑うお姉さま。=Onee-sama smiled contently.  
- <F0F6> 「はうわぁ~っ!」=「Haauuwaa~!」
  <F17C> その笑顔にもくらくらっとなってしまうわたしは、もう太刀打ちできない!=Her smile was disarming me to the point of dizziness. I could do nothing to resist!
- <F23C> 「うふふ……ぴちゃっ、れろんっ♪」=「Hehehe... *nom* *chuu* *slurp* Mmhm...」
- <F2DA> 「あふんっ」=「Aheeh!」
  <F35A> お姉さまの柔らかな腕でしっかりと捕獲されてしまったわたしは。=Onee-sama's soft arms had me firmly in her grasp.
  <F40A> このあと2回も絶頂を迎えてしまったのです……=She made me come twice like this...
  <F589> 愛し合った後のけだるさで、ぼんやりとするわたしとお姉さま。=We became lost in listlessness after we finished making love.
  <F637> その横顔を見ながら、わたしはお姉さまへの愛おしさで胸を高まらせていました。=Looking at her face, I could feel my love for Onee-sama swell within my heart.
  <F6F5> お姉さまと相思相愛のわたし。=And her love for me...
  <F785> でもわたし、お姉さまに相応しい女の子になりたい。=I want to become a girl worthy of Onee-sama.
  <F829> 誰からも認められるような。=A person who everyone would approve of...
  <F8B7> そんなお姉さまに相応しい、立派な女の子に……=A match for Onee-sama, the perfect girl...
  <F957> お姉さまのやわらかい腕の中で、私はそんなことを思っていたのでした。=My mind was filled with these thoughts as I rested in Onee-sama's soft arms.
  
kuchibiru_to_kiss_de_tsubuyaite/s002.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)