User Tools

Site Tools


atelier_no_koibito_tachi:s015
;//S015「私もママと向き合うわ」
#savetitle 私もママと向き合うわ


;**璃紗の部屋
#bg bg01a
#wipe fade


;♂MP22
#bgm 0 bgm22


#mes on
#system on


美夜と愛し合った後、私はパジャマから服に着替えた。
もう熱も下がったし、起き上がって支障ないわよね。
お礼とはいえ、美夜とあんなことしちゃったくらいなんだから……ある意味、全然元気よね?


#cg 1 tri01f 400 0
#wipe fade



#voice risa_1135
【Risa】「ちょっと遅くなっちゃったけど、朝ご飯にしない?」


#cg 1 tmi01s 200 0
#cg 2 tri01f 600 0
#wipe fade



#voice miya_0956
【Miya】「じゃあ、わたくしが作るわ」
#voice risa_1136
【Risa】「えっと……じゃあ、トーストにしましょうか」
お礼も込みで、私が作りたかったんだけど。
多分、作らせてくれなさそうね。
ここは簡単なものを、美夜に頼む方がいいわ。
#voice miya_0957
【Miya】「わかったわ、じゃあ作ってくる。後はお茶でいいかしら?」
#voice risa_1137
【Risa】「ええ、お願いね」


#cg all clear
#wipe fade



そして、待つこと数十分。
トーストと紅茶を盆の上に載せて、美夜が戻ってきた。


#cg 1 tmi01s 400 0
#wipe fade



#voice miya_0958
【Miya】「はい、お待たせしました」


#cg 1 tmi01s 200 0
#cg 2 tri02f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1138
【Risa】「ありがとう、美味しそうね♪」
#voice miya_0959
【Miya】「そう? ただパンを焼いただけだわ」


#cg 2 tri01f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1139
【Risa】「そうね……でもお腹が空いているから、余計そう見えちゃうのかも」
美夜が作ってくれたものなら、何でも美味しそうに見えちゃうんだけどね。


#cg 1 tmi02s 200 0
#wipe fade



#voice miya_0960
【Miya】「朝から運動したら、お腹空くわよね……くすっ\001」
#voice risa_1140
【Risa】「……いただきます」
もうっ、すぐ変なことばかり言うんだから、美夜は。


#cg 1 tmi01s 200 0
#wipe fade



でもその後は、二人してゆっくりと朝ご飯を頂いた。
今日がたまたま、休日で良かったわ。
そうじゃなかったら、今頃あわてて準備をして二人して、学校に駆け込んでいるところだったはず。
#voice risa_1141
【Risa】「美夜の場合はきっと、慌てなさそうだけどね……」
多少の遅刻なんて、気にしなさそうだもんね。
#voice risa_1142
【Risa】「ごちそうさま〜」
#voice miya_0961
【Miya】「お茶のお代わり、いる?」
#voice risa_1143
【Risa】「ええ。二杯目はミルクティーにするから、ミルクちょうだい」
#voice miya_0962
【Miya】「そういうと思ったわ、はい」
#voice risa_1144
【Risa】「ありがとう」
お茶のお代わりをいただき、ちょっとまったりとした時間。
私はあらためて、美夜にお礼を言った。


#cg 2 tri02f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1145
【Risa】「昨日と今日と、本当にお世話になりました。ありがとう、美夜」
#voice miya_0963
【Miya】「璃紗……もう礼はいいわ。わたくしは当然のことをしたまでよ」
うっすらと、美夜の顔が赤い。
もしかして、照れているのかしら?


#cg 2 tri01f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1146
【Risa】「何回でも言いたいくらい、嬉しいのよ……それとね……」
今から言おうとしていること、これが肝心だった。
私は緊張感を和らげるために、ミルクティーを一口飲む。
そして正面からまっすぐ、美夜を見つめる。
私からただ事ならないものを感じたのか、美夜も真剣な表情になる。
#voice risa_1147
【Risa】「美夜が私の看病をしているとき、思い出したことがあるの」
#voice miya_0964
【Miya】「璃紗……何を思いだしたの?」
#voice risa_1148
【Risa】「ママのこと、よ」
#voice miya_0965
【Miya】「お母様の、こと……?」
#voice risa_1149
【Risa】「美夜、言ってたわよね。『愛』とは、誰かに何かをしてあげたいって気持ちだって」
#voice miya_0966
【Miya】「ええ、わたくしはそう思っているわ」


#cg 2 tri03f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1150
【Risa】「それで気付かされたのよ。ママもきっと、そうだったんだろうなって……」
ママが私を、本気で愛してくれたこと。
私が愛されていたこと。
なんでこんな大事なこと、忘れていたんだろう。


#cg 2 tri01f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1151
【Risa】「だからね、決めたわ」
決心が揺るがないようにここで、美夜の前でしっかり宣言する。
今の自分の、この気持ちを……
#voice risa_1152
【Risa】「美夜の言う通り、私、これからはママと向き合うから」
#voice miya_0967
【Miya】「璃紗……」


#cg 2 tri03f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1153
【Risa】「色々と親身になってくれたのに、この間は全然話を聞かなくてゴメンね」
#voice miya_0968
【Miya】「いいえ、璃紗がちゃんと自分で決められたのなら、それでいいわ」


#cg 2 tri02f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1154
【Risa】「うん、ありがとう……感謝の気持ちを受け取って」


#cg 1 tmi04s 200 0
#cg 2 tri11f 600 0
#wipe fade



#voice miya_0969
【Miya】「えっ、璃紗……んっ!?」
#voice risa_1155
【Risa】「ん、ちゅ……ちゅ、ちゅぱ……ぁぁ、ン……美夜」


#cg 1 tmi11s 200 0
#cg 2 tri11f 600 0
#wipe fade



私は美夜の唇に、自分から唇を重ねていた。
たくさんのお礼と、たくさんの愛を込めて……
#voice risa_1156
【Risa】「ちゅ\001 ぁぁ……美夜、大好き\001」
#voice miya_0970
【Miya】「んんっ……わたくしもよ、璃紗\001」
美夜がいたから、寂しくない。
美夜がいたから、素直になれたの。


#cg 1 tmi05s 200 0
#cg 2 tri02f 600 0
#wipe fade



#voice risa_1157
【Risa】「こんな私だけど、これからもずっと傍にいてね……美夜\001」


;**暗転
#mes off
#mes clear
#system off
#bg black
#cg all clear
#wipe fade



;♂MS
#bgm 0 stop 1000



;//好感度選択で○が3つ以下(〜2)だと、ここで終わり。
#if f1>=4 true_route


#mes on
#system on


途中END


#mes off
#mes clear
#system off
#bg black
#cg all clear
#wipe fade


#title


;//好感度選択で○が3つ以上(3〜)だと、継続(S016へ)
#label true_route

;#skipoff
#wipecancel disabled
#log off

#bg eyecatch01
#wipe vshutter

;#wait 3000
#set f2 0
#label loop
#wait 1
#set f2 f2+1
#if f2<=100 loop

#bg black
#wipe fade

#log on
#wipecancel enabled


#next2 S016


;//END
atelier_no_koibito_tachi/s015.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)