User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s017
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08A9> 「貴子の想い」=Takako's Feelings

  <0C11> 夜になっても、私はショックから抜け出せないでいた。=That night, I still couldn't believe what I had done.
  <0CB7> 自然と口数も減り、俯きがちになってしまう。=I kept my head down and didn't say a word.
- <0E51> 「ん……」=「Nn...」
  <0ECF> 食後のいちご牛乳を飲む瑠奈が、じっと私を見ている。=Runa stared at me as she drank her after-dinner strawberry milk.
  <0F75> 何か私に言いたいのでしょうけど、今はショックのどん底にいるところだから、話しかけないで。=She seems to be trying to tell me something, but I'm still too flustered to talk to her right now.
  <1041> こういうときたのための、自分だけの部屋が欲しい。=At times like these, I wish I had my own room.
  <10E5> クローゼット1畳分でもいいから、体育座りの私がきっちり収まる場所に入って、ウジウジしたい。=Just one closet will do. I want to go somewhere where I can settle down and think things through.
- <11BB> 「せんせい」=「Sensei.」
- <1387> 「……うぅ」=「Uuu...」
  <1407> 希望とはお構いなしに話しかけてくる、女王様。=The Queen ignored my wishes and continued to talk to me.
- <15F1> 「もー、最近わたしに冷たいわよ」=「You've been pretty cold lately.」
- <168D> 「なんだか、目を反らしたりするし」=「You keep avoiding my eyes when I look at you.」
  <1723> それは、少しでも自分の理性を長く保つため。=It was to preserve my sanity for just a little longer.
  <17C1> 理由を知らない瑠奈には、冷たいと思われても仕方がないわね。=Runa doesn't know, so she must think I'm being cold.
- <1877> 「このいちご牛乳だって、わたしが自分で冷蔵庫から出してきたのよ?」=「I even had to get this strawberry milk from the fridge myself.」
- <1935> 「いつもはせんせいが冷蔵庫から取って、コップに移し替えてくれるのに」=「Usually it's you who takes it out of the fridge and pours it into a cup for me, Sensei.」
- <19F5> 「どうして急に冷たくなっちゃったの?」=「Why'd you become so cold all of a sudden?」
  <1A8F> おずおずと顔を上げると……=I lifted my head timidly and...
  <1B1D> わわ、瑠奈が怒ってる。=Whoa, Runa's angry.
- <1BAF> 「悩みがどうとか言ってたけど、そのせいなの?」=「Is it because I asked about what's bothering you?」
- <1C59> 「それとも、まったく違う理由で冷たくなったの?」=「Or is it something else?」
- <1D07> 「どっちも合っているような、そうじゃないような……」=「Both, I guess...? Or maybe not...」
- <1DB7> 「……どっちよ」=「...Which is it?」
- <1E45> 「実は、自分にショックを受けているの」=「The truth is, I'm shocked at myself.」
- <1EE9> 「学園で、自分からキスをしちゃったから……」=「Since I kissed you myself when we were on campus...」
- <20D3> 「……ああ」=「...Aah.」
- <215D> 「いつも瑠奈には、学園でああいう事をしちゃダメだって言っているのに」=「I always tell you that we shouldn't do those things at school.」
- <221F> 「私ったら、自分でそれを破ってしまったのよ」=「Then I broke that rule myself.」
- <2409> 「どうしてキスしたの?」=「Why did you kiss me?」
- <249F> 「実は、自分でもよく分からなくて」=「I really don't know myself.」
- <253F> 「瑠奈を見ていたら、つい衝動的に……」=「I took one look at you and then I just...」
- <25E1> 「キスしちゃった、と」=「Kissed you...」
- <2675> 「ええ……」=「Yeah...」
- <26FF> 「自分でも驚いてるの」=「I'm surprised too.」
- <2793> 「ここ最近、特にその……想いが強くなっていて……理性で抑えがきかないの」=「Especially recently, umm... those feelings have been getting stronger and... I couldn't tell what's what anymore...」
- <2859> 「だから、出来る限り瑠奈と顔を合わせないようにしていたっていうか……」=「So I decided I should avoid looking at you as much as I could...」
- <291D> 「冷たくしているつもりじゃなかったんだけど、結果的にそうなってしまったわ」=「I didn't mean to be so cold, but I guess I turned out that way.」
  <29DB> 私って、何をやっても上手く行かないなぁ。=Nothing ever goes right for me no matter what I do...
- <2A7F> 「つまり、せんせいは自分を戒めようとしてたってわけね」=「In other words, you're restraining yourself.」
- <2B33> 「その通りよ……」=「Yes...」
- <2BC3> 「あんなことして、私は教師失格よ」=「I can't call myself a teacher after that.」
- <2C63> 「このままでは、私だけでなく、瑠奈にも迷惑をかけてしまうわ……」=「At this rate, I might drag down not just myself, but you too...」
- <2E61> 「むっ」=「Muu!」
- <3027> 「せんせいのバカ!」=「Sensei, you idiot!」
- <30B7> 「キスもえっちも、我慢することないのよ!」=「You shouldn't hold back when it comes to kissing or sex!」
- <32A1> 「ええっ?」=「What?」
- <3329> 「私たちは恋人同士なのよ? 愛し合ってるの」=「We're girlfriends, right? Don't we love each other?」
- <33D1> 「キスのどこがいけないの?」=「What's wrong with kissing?」
- <35AD> 「る、瑠奈……」=「R-Runa...」
- <3639> 「愛し合ってるわたしたちは、当然の事をしただけよ」=「It's only natural for people who love each other.」
- <36E9> 「……っ」=「...」
- <376F> 「せんせいは根本的に間違ってるわ」=「Sensei, you're completely wrong in every single way.」
- <380F> 「私が……間違ってる?」=「I'm... wrong?」
- <39E5> 「そうよ」=「Yes.」
- <3A6B> 「衝動の抑えがきかないのは、せんせいの欲求が満たされてないから」=「You can't hold back your impulses because you're not satisfying your desires.」
- <3B27> 「だから、我慢すればするほど辛くなっていくのよ」=「The more you endure it, the tougher it becomes.」
- <3BD5> 「でも……だったら私はどうすれば?」=「But... then what do I do?」
- <3DB7> 「簡単よ」=「Simple.」
  <3E35> 瑠奈はニヤリと笑う。=Runa grinned.
- <3EC5> 「えっちしてえっちして、とにかくえっちしまくるのよ!」=「Sex. For now, let's have sex!」
- <40BB> 「な……!?」=「Wha...?!」
- <4145> 「せんせいが、性欲を持て余してるなら、その持て余してる分をスッキリさせればいいじゃない」=「If your sex drive is becoming unmanageable, then it's fine to just let it all out!」
- <435D> 「性欲を、持て余すって……せめて、もうちょっと穏やかな言い方を……」=「"Sex drive"... "unmanageable"... At least put it in a nicer way...」
  <4415> なんていう大胆な理論かしら。=What a bold theory.
  <44A5> 瑠奈らしいと言えばらしいけど。=Though I guess it's just like Runa.
- <4681> 「でも、その通りだと思わない?」=「But don't you think that's the case?」
- <471F> 「う……そう、かも……」=「Uu... Maybe, I think...」
- <47B3> 「もうエッチはこりごりってくらいしまくれば、次の日はきっと妙なこと考えないわよ」=「If we have sex until you're sick of it, you won't be thinking anything weird tomorrow!」
- <4881> 「そうなのかしら……」=「Really...?」
- <4913> 「そうよ」=「Really.」
- <4ADB> 「このわたしが言うんだから間違いないわ」=「Since I said so, there's no doubt about it.」
  <4B77> 凄い自信ね……=She sure is confident...
  <4BF9> 復活女王様のはったりって、凄いわ。=The revived Queen is amazing.
- <4C97> 「だから、あとは実践でなんとかするしかないわね」=「Now all that's left is to try it out.」
- <4D45> 「え……? 何の実践……?」=「Huh...? Try what out...?」
- <4DDD> 「もちろん、気持ちいいことをして、先生の性欲を根こそぎ奪い取る実践よっ♪」=「Making you feel good and satisfying your sex drive♪」
- <4EA5> 「そう……なの……?」=「Really...?」
- <5036> 「きゃっ!?」=「Kyaa?!」
  <50B8> ベッドに連れて行かれるや否や、私の上に跨ってくる瑠奈。=Runa forced me onto the bed and straddled me.
  <5162> 太股の上に乗った彼女の体は、熱かった。=Her hot body sat on top of my thighs.
- <5204> 「ふふふ……」=「Fufufu...」
  <5286> 妖艶な笑みを浮かべて、私の胸を掴むと、いきなりキスをしてくる。=With a bewitching smile, she grabbed my breasts and suddenly started kissing me.
- <5342> 「んんっ、ん……ちゅ……」=「Mmmmmff... *kiss*...」
- <53D8> 「れろ……ちゅるる、ちゅ……んはむ……んっ」=「*lick*... *slurp* *kiss*... Ahm...」
- <5482> 「る、瑠奈……あ、ん……」=「R-Runa... aahn...」
  <5510> 瑠奈の唇が、私の下唇を啄むように甘噛みしてきた。=Runa playfully pecked at my lower lip.
  <55B4> なんだかとても恥ずかしくて、されるがままになってしまう。=It was very embarrassing, letting her do whatever she wanted.
- <5668> 「ちゅ……はむ……せんせいの唇って、ぷっくりしてて可愛いわ……ちゅ、ちゅっ★」=「*kiss*... *peck*... Sensei, your lips are so cute... *kiss* *kiss*★」
- <5739> 「恥ずかしい……ん、んっ、ぅ……んぅぅん」=「So embarrassing... mmmff...」
- <57DF> 「せんせい……れろ、ちゅるる……ちゅ、ぢゅっ」=「Sensei... *lick* *slurp*... *kiss* *kiss*」
- <588B> 「んんぅ! んっ、は、ぁ……んっ、っ!」=「Mmmmff!! Haaahh... nngh!」
  <5927> キスだけでも恥ずかしいほど感じてしまうのに、胸まで揉まれているのだから、おかしくなってしまいそうになる。=Just kissing felt embarrassing enough, but she was groping my breasts at the same time, and I thought I would go crazy.
  <5A03> 彼女の指は、私の体を知り尽くしたかのように、敏感に反応してしまうところを刺激してくる。=Her fingers, which thoroughly knew my body, stimulated the places that were sure to make me react.
- <5AD5> 「ちゅっ、ちゅ……本当に敏感な体よね」=「*kiss* *kiss*... You really are sensitive.」
- <5B77> 「こんなにえっちなんだから、すぐにたまっちゃうのは当たり前じゃない」=「When you're this perverted, of course your lust will quickly become too much to bear.」
- <5C39> 「た、た、たまっちゃうって……」=「T-Too much...?」
- <5CD5> 「だからわたしを押し倒したくなっちゃうんでしょう?」=「Isn't that why you wanted to push me down?」
- <5D87> 「それは……うぅ……」=「That... uu...」
- <5E19> 「つまり、そういう事なのよ。せんせいは、それを早く自覚した方がいいわね」=「That's how it works. Sensei, it's better if you just accept it.」
- <5EDF> 「ふ、普通よ……たぶん」=「T-That's not true... I think.」
- <5F73> 「じゃあせんせいは、学園で誰かが誰かに押し倒されたところを、見た事があるの?」=「In that case, have you ever seen someone push someone else down at school before?」
- <603F> 「……ないです」=「...No.」
- <60CB> 「ほーらみなさい。せんせいは、えっちなの」=「There, see? You're a pervert.」
- <6173> 「うう……」=「Uuu...」
  <61F3> 言い返せないよぉ……=I can't deny that...
  <627B> だって私、瑠奈としたいし……すぐ感じちゃうし……=Because I really want to do it with Runa... I get aroused so quickly...
  <631F> 瑠奈の喘ぐ可愛い顔も見たいと思っちゃう。=I want to see Runa's cute, gasping face.
  <63BB> だから……=That's why...
  <6514> 瑠奈の股間に手を伸ばして、そっとその場所をまさぐる。=I reached between her legs and gently groped around.
- <65C4> 「ひぁっ!?」=「Hiaaa?!」
- <6650> 「瑠奈も……よね?」=「Aren't you one too... Runa?」
- <66E0> 「せ、せんせい……あ、ぁんっ、そんな場所……うぁ、あ……ぁぁっ」=「S-Sensei... aaaahn, that's... uuaa...」
- <679E> 「瑠奈、こんなに濡らして……」=「You're this wet, Runa...」
- <6838> 「あうぅ、せんせ……あ、あっ、そんな風に、指、動かさな……で……あっ、ん……んぅ……んっ★」=「Aauu, Sensei... aaahh, don't move your fingers like... that... nnngh...★」
  <690D> 小さな陰裂を指でくぱぁっと拡げて、1本の指で撫で上げてゆく。=I spread her tiny pussy open and stroked it with a single finger.
- <69C5> 「きゃぅぅん! んっ、あ、あ……せんせいの指、気持ちいい……あああんっ!」=「Kyaaauun! Aaaahh... Sensei, your finger feels so good... aaaahhn!」
- <6A8D> 「1本でもこんなに感じちゃうなんて……瑠奈のここは、なんてえっちの?」=「You're like this from just one finger... You're so lewd down there too, Runa.」
- <6B4F> 「い、淫乱だって言いたいの?」=「S-So you're saying I'm a pervert?」
- <6BEB> 「いいえ、指一本で感じてくれる瑠奈が、可愛いと思ったのよ」=「No, I think it's cute that you're like this with just one finger.」
- <6CA1> 「か、可愛いだなんて……あ、あっ」=「C-Cute...? Aaahh...」
- <6D41> 「指で掻き回されるの、好きかしら?」=「Do you like it when I stir you up?」
  <6DD9> その花びらを指で優しく包み、くちゅくちゅと掻き回す。=I gently tucked in her flower petals and stirred her up.
  <6E81> 淫靡で粘着質な蜜が音を奏でると、瑠奈の頬が羞恥に染まっていく。=The sounds made by her lewd, sticky nectar caused her cheeks to become red with embarrassment.
- <6F3B> 「ひぁ、ぁぁぁ……あっ、ぁ、凄い……ぃっ」=「Hiaaaaa... aaah, amazing...」
- <6FE1> 「あう……う、掻き回されるの、好き……もっとしてぇ」=「Auuuuu... I love being stirred up... Keep doing it...」
- <7093> 「こうね? 可愛い瑠奈……」=「Like this? My adorable Runa...」
- <712B> 「あぁ! あんっ、んっ、そ……それ……それ、好きぃ★ あ、あぁぅっ、んっ! ぁうぅ」=「Aaah! Aahnnn, l... like that, I love it★ Aaaaahhhnn!!」
- <7200> 「ん……っく、ぅ……うぅ……んっ★」=「Nn... uuu... nngh★」
  <729D> 瑠奈は感じるたびに、両足を左右に拡げていく。=As I pleasured Runa, I spread her legs wide open.
  <733D> 指が膣に入りやすくなり、動きは激しさを増した。=As my finger began to slide in and out more easily, I intensified my movements.
- <73E7> 「きゃぅぅ! んっ、あ……あぁぁ、せ、せんせぇ……激しすぎるぅ」=「Kyaaauu! Aaaahhh... S-Sensei... you're going too fast...」
- <74A5> 「瑠奈、おまんこ気持ちいい?」=「Runa, does your pussy feel good?」
- <753F> 「うんっ、っ、せんせいの指でおかしくなちゃうくらい、気持ちいい……あ、あ……いい……★」=「Yeah, your finger feels so good, I'll go crazy... aaahh...★」
- <761A> 「もっとして欲しい?」=「Should I keep going?」
- <76AC> 「うん……して……おまんこいっぱい掻き回して……」=「Yeah... do it... stir up my pussy more...」
- <775A> 「わ、わたしもせんせいを気持ちよくさせるの……んっ、ちゅ……ちゅぱ、ちゅっ、ああっ」=「I-I want to make you feel good too, Sensei... nn, *kiss*... *smooch* *kiss* aahh!」
- <782C> 「瑠奈、あ……ふぁ、ぁ、そんな……いやらしく揉まれたら……んくぅ! う、ぅ」=「Runa... fuaaa, if you... rub me like that... nngh!!」
  <78EC> 瑠奈の指が、痼った乳首を弄り続ける。=Runa started playing with my nipples.
  <7984> すっかり固くなってしまった私の乳首は、触れられるだけで、おかしくなりそうになっていた。=My completely stiff nipples were making me go crazy just from being touched.
- <7A56> 「あ、ん……ちゅぱ、ちゅ……ちゅるるっ、ちゅ……せんせい……せんせ、好き……★」=「Aaahn... *smooch* *kiss*... *slurp* *kiss*... Sensei... I love you, Sensei...★」
- <7B29> 「私も……好きよ……あっあん! んっ」=「I love you... too... aaahn!! Nngh!」
  <7BC3> 瑠奈は気持ちよさに、自らも体を前後に動かしている。=Runa, basking in pleasure, moved her body back and forth.
  <7C69> 唇は紅く濡れ、彼女の全てが性器に見えてしまう。=Her lips were red and wet, and her entire body was very sensitive.
- <7D13> 「あはぁ、ぁ……気持ちいい……せんせい★」=「Ahaaa... it feels good... Sensei★」
- <7DC0> 「なぁに……?」=「Whaaat...?」
- <7E4C> 「せんせいも良くなって……はあぁ」=「Sensei, you too... haahh...」
  <7EE2> 瑠奈は私の胸を揉みしだきながら、再度くちづける。=As Runa rubbed my breasts, she kissed me once more.
  <7F86> 瑠奈の繊細な舌が、私の舌にからみついて痺れさせる。=Her delicate tongue twisted around and entangled itself with mine.
- <8034> 「んっ、ふぅん、ちゅうぅ……んんっ、ちゅっ……好き★ せんせいが好きっ★」=「Mmmff, *kiss*... mm, *kiss*... I love you★ Sensei, I love you★」
- <8106> 「ちゅっ、ちゅぷっ……私も……私もよ……んんっ、瑠奈大好きよ★」=「*kiss* *smooch*... Me too... me too... nngh, I love you so much, Runa★」
  <81BF> もっともっと、瑠奈に触れたい。=I want to touch Runa more and more.
  <8251> 瑠奈と一つになりたい。=I want to become one with her.
  <82DB> からみあって、どこからどこまで自分なのか分からなくなりたい。=I want to embrace her until I can't tell what was me and what was her.
  <838B> 瑠奈……可愛い、綺麗な、私の瑠奈……=Runa... My adorable and beautiful Runa...
  <8423> 大好きよ!=I love you so much!
- <84A9> 「わ、わたし、イッちゃう……あ、あ……気持ちよすぎて、イッちゃうのぉぉ」=「I-I'm coming... aaah, it feels too good, I'm coming!!」
- <856F> 「瑠奈……じゃあ、一緒に……」=「Runa... together...」
- <8609> 「うん……」=「Yeah...」
  <8689> お互いを激しく攻める。=We both moved more intensely.
  <8713> 瑠奈の股間は、おしっこをしたように濡れていた。=Runa's crotch was so wet that it's like she peed herself.
  <87B5> 蜜は太股を伝い、私の太股も、ベッドのシーツも濡らしていく。=The nectar dripped down our thighs and soaked the bed sheets.
  <8863> 唾液も私たちの顎を伝い、汗と一緒に下へ流れていった。=Our saliva also dripped down our chins and mixed with our sweat.
- <8913> 「あああっ、あ……ふぁ、ぁ、イク……せんせ、あ……あっ」=「Aaaaahhh... fuaaa, I'm coming... Sensei... aahhh!」
- <89C9> 「瑠奈……んっ、んん……ちゅるっ、ちゅぱ……ちゅぢゅ……ぢゅ……好き、瑠奈……ちゅるるっ!」=「Runa... nnnngh, *slurp* *smooch*... *kiss*... *kiss*... I love you, Runa... *slurp*!」
- <8AA1> 「せんせい……あ、ああっ、んちゅ、ちゅ★」=「Sensei... aaaahhhnn, *kiss* *kiss*★」
- <8B4E> 「ん、くぅぅ……!」=「Nnnngh...!」
  <8BD6> びくっ、と大きく体を捩らせる私たち。=Our bodies twisted with a huge jolt.
- <8D53> 「ああああっ★★」=「Aaaaaahhhhh★★」
- <8DE9> 「ひぁぁっ、あっ、ああーっ★★」=「Hiaaa, aaaahhhh★★」
  <8E85> イク直前お互いの体をぴっちり寄せ合った。=Our bodies pressed snugly against each other as we came.
  <8F21> そのまま、体液が解け合うように抱きしめ合う。=Just like that, we embraced each other our love juices mixing together.
- <8FCB> 「はぁ、ぁ……瑠奈……」=「Haaahh... Runa...」
- <905F> 「せんせい……んっ、はぁ……」=「Sensei... haaahh...」
  <90F1> 互いの腕の中で、荒い息が収まるのを待つ。=We gasped for breath in each other's arms.
  <918D> この時間も好き。=I love this moment too.
  <9211> 同じ激しい早さで動いていた心臓の鼓動が、だんだん静まっていくのを感じるのも……=I can feel both our hearts beating wildly from earlier and slowly calming down...
  <92D3> 瑠奈の鼓動は私のより少し速い。=Runa's was even faster than mine.
  <9365> それはまだ成長途中だから……=Well, she is still growing...
  <93F5> いつか、同じくらいの速さになるまで、こうしていたいわね、瑠奈。=I guess Runa wants to stay like this until someday, our hearts reach the same pace.
- <9586> 「ふぅっ、まず1回目……と」=「Whew, that's round one...」
  <9616> キランと光る瑠奈の瞳。=Runa's eyes are glittering in the light.
  <96DB> まさか……えっちしまくるってあの話を実行する気なの?=Don't tell me... she's seriously going to try having sex over and over again?
- <978D> 「ええと、さすがに、これで……性欲は、消えたんじゃないかしら……」=「Umm, I think... I'm satisfied now...?」
- <984B> 「……あのねぇ、せんせいは普通の人よりえっちなのよ?」=「You know, Sensei, you're way more perverted than normal.」
- <98FD> 「こんな1度きりで、消えるわけないじゃない」=「There's no way you can be satisfied after doing it just once.」
- <99A7> 「ええっ?」=「What?!」
- <9A31> 「そ、そそ、そんなこと……」=「T-That's...」
- <9AC9> 「実践するって、言ったでしょ」=「I said we'd be doing this, didn't I?」
  <9B5B> や、やっぱり……!=I-I thought so...!
- <9BEB> 「ふぇ……?」=「Fuee...?」
- <9C75> 「せんせいの性欲を、根こそぎ奪ってあげる」=「I'll satisfy your sex drive, Sensei.」
  <9D13> 舌なめずりをして、挑戦的な視線を向けてくる。=She licked her lips and gazed aggressively at me.
- <9DBB> 「せんせいのこと、もっと気持ちよくさせてあげるわ♪」=「I'll make you feel even better, Sensei♪」
- <9E6D> 「それっていったい何を……」=「What do you mean by...」
- <9F05> 「ふふふ」=「Fufufu...」
  <A080> 淫蕩にふけったような笑みを浮かべる 瑠奈はの片脚を、私が持ち上げる。=With an incredibly erotic smile, Runa lifted up my leg.
- <A141> 「な、な……」=「W-Wha...!」
  <A1C3> そのまま腰を突き出すようにして、私たちのおまんこをすりあわせ始めた。=Just like that, Runa began to push out her hips and press our pussies together.
- <A285> 「きゃっ! あ……ひぁぁっ、あ!」=「Kyaa! Aah... hiaaaah!!」
- <A323> 「うふふ……せんせいだっておまんこ濡れてるじゃない」=「Ufufu... You're pretty wet too, Sensei.」
- <A3D5> 「こ、これは……そう、汗よ!」=「T-This is... sweat!」
- <A46F> 「それで言い訳してるつもり?」=「Trying to make excuses?」
- <A509> 「まあいいわ、わたしの目的はせんせいの性欲を奪う事だし」=「Well, whatever. I'm here to satisfy your desires, after all.」
  <A5B5> 瑠奈は自ら腰を動かし始める。=Runa started moving her hips.
  <A645> 上下に動いていたかと思うと、左右に動いてみたりと、あらゆる方向から責めてきた。=Just when I thought she would be moving up and down, she began moving left and right, and just when I started getting used to that, she switched back again.
- <A711> 「ひぁぁっ、あ……敏感なままだから、感じちゃうっ」=「Hiaaaaahh... I'm still sensitive, but it feels too good!」
- <A7BF> 「ん、ん……はぁ、ん……わたしも……」=「Nnngh... haaahhnn... Me too...」
- <A861> 「繋がってるところ、ぬるぬるして、気持ちいい……」=「It's so wet where we're connected, it feels so good...」
- <A911> 「ええ……」=「Yeah...」
  <A991> 瑠奈の言葉を聞いて、頷くのがやっとなくらい、気持ちいい。=It felt so good that I could barely even nod at Runa's words.
  <AA3D> 彼女の花びらが、私のそれと擦れて、捲れ上がる。=Her petals scraped against mine and churned me up.
- <ABC4> 「あっ、ん……あぁぁ……ぅ……」=「Aaaahhnn... aaaaauuu...」
- <AC60> 「んはぁ、ぁ……わたしまで気持ちよくなってきちゃった……あんっ、んっ! んはぁ……」=「Haaahh... It's making me feel good too... aaaahhnn! Haaahh...」
- <AD32> 「瑠奈……あ……んぁ、ああっ、はぁ……ん」=「Runaaa... aaahh, haaahhnn...」
- <ADD8> 「せんせいのえっちな声を聞くと、ますます感じちゃうわ★」=「The more I hear your erotic voice, the better I feel★」
- <AE93> 「そう言われても、声、出ちゃう……あ、んっ」=「I can't stop, my voice, even if you say that... aaahhnn!」
- <AF3B> 「出していいのよ……でも、わたしの方が先にイッちゃいそう」=「You can let it out... but it looks like I'm going to come first.」
- <AFF3> 「わたしも、そんな……もたな……あ、んぁぁんっ! ん……ひぁ、ぁっ、あ……あぅ、ぅ……ッ!」=「Me too... I... aaahhnnn! Nngh... hiaaa, aaahhhh...!」
  <B0C3> ギシギシと軋むベッドの音で、瑠奈の動きの激しさがわかる。=I could tell how rough she was being just from hearing the bed creaking and groaning.
  <B1AA> 彼女の腰は円を描くように蠕動し、より刺激を与えてきた。=Her hips moved around in circles, further stimulating both of us.
- <B25E> 「ひぁ、うぁぁ……あ……ぅ、う……」=「Hiaaauu... aaaahh... uuuu...」
- <B2FE> 「クリトリス、擦れて、気持ちいい……★」=「Your clitoris is scraping mine... it feels so good...★」
- <B3A9> 「ん、く……おまんこいっぱい感じちゃう……あ、あ……瑠奈ぁ★ ……あんっ」=「Nnngh... my pussy feels so good... aaahh... Runaa★ ...Aaahnn!」
- <B474> 「せんせい、わたしのこと、好き?」=「Sensei, do you love me?」
- <B514> 「好きよ……凄く……言葉では言い表せないくらい、好きよっ」=「I love you... so much... I can't even put it into words...!」
- <B5CC> 「私は気持ちを表現するのが上手ではないから、伝わっていないかもしれないけど……」=「I'm not really good at showing my feelings, though, so I might not seem like it...」
- <B69A> 「でも、好き……瑠奈じゃなければダメなの……」=「But I love you... I wouldn't want to be with anyone except you...」
- <B744> 「ほんと……?」=「Really...?」
- <B7D2> 「ええ……瑠奈を1番に愛してるわ……あ、んっ」=「Yeah... I love you the most, Runa... aahhn!」
  <B874> 瑠奈は嬉しそうに、いやらしく、ねちっこく、責めてくる。=She happily, stubbornly, and pervertedly tormented me.
  <B91E> 瑠奈はシーツをぎゅっと握りながら、駆けめぐる快感を感じている様だった。=As Runa clutched the sheets, pleasure seemed to be rushing through her.
- <B9E0> 「はぁはぁ……せんせいのおっぱい、いっぱいぷるぷるしてる……」=「Haah, haah... Sensei, your boobs are bouncing around...」
- <BA9C> 「瑠奈が激しいから、あ……んっ、んっ」=「Because you're going too fast, Runa... nn, nngh!」
  <BB36> 自分で説明するだけでも、気絶するほど恥ずかしい。=Even with my own explanation, it was still so embarrassing that it was making me dizzy.
  <BBDA> でも、快感には勝てない。=But I can't win against pleasure.
  <BC66> 私は自らも左右に腰を振り始めた。=I began to move my hips left and right too.
- <BD02> 「あっあっ、動いちゃダメ……んぁうぅ、う……っく、う……んっ、あぅぅ……う、う……んっ★」=「Aaaahh, not so hard... aauuuu... gghu... nnn, aaauuuu...★」
- <BDDF> 「気持ちよくて、止まらない……★」=「It feels too good, I can't stop...★」
- <BE82> 「せんせい……あ、ひぁ、あ……ああっ」=「Sensei... aah, hiaaahh... aahhhh!」
- <BF26> 「瑠奈、あんん、ん……あっ、ぁ、また……おまんこイキそう……」=「Runa, aahhnnnnn... aah, aa... I'm... going to come again...」
- <BFE0> 「わたしも、さっきイッたばっかりなのに、あ、あ……」=「Me too, even though I just came... aahhh...」
- <C090> 「せんせいの事が好きすぎて、おかしくなっちゃう……んっ、んんんっ」=「I love you too much, Sensei... I'm going crazy... nnnghhh!」
  <C146> 瑠奈の体が、小刻みに震えている。=Runa's body repeatedly shivered.
  <C1DA> 眉をきゅっと寄せて、不安そうな顔をした。=With an uneasy face, she furrowed her eyebrows.
- <C27E> 「おしっこ、出ちゃう……」=「I'm... going to pee...」
- <C314> 「せんせいの事が好きだから、いっぱい動いて、感じちゃって、おしっこ漏らしちゃうぅぅ」=「I love you so much, I'm moving and feeling good and going to peeee!」
- <C3E6> 「いいわよ……」=「It's fine...」
- <C472> 「で、で、でも……」=「B-B-But...」
- <C504> 「おしっこしちゃう瑠奈も、大好きだから★」=「I love you when you're peeing too, Runa★」
- <C68A> 「せんせぇ……あ、あぁぁっ★★」=「Senseiii... aaaahhhh★★」
- <C730> 「瑠奈、瑠奈、瑠奈ぁ……ん、あ、あ……イク……ぅう★」=「Runa, Runa, Runaaa... aaahh... I'm coming...★」
- <C8FD> 「あ、あ……あぁぁっ!!」=「Aaahhh... aaahhhhh!!」
  <C98B> イッた直後、繋がった部分から、瑠奈のおしっこが吹き出した。=As soon as we came, Runa's pee spurted out from where we were connected.
- <CA41> 「ふぁ、ぁ……」=「Fuaaahh...」
- <CACF> 「たくさん出たわね♪」=「You sure let out a lot♪」
- <CB61> 「あうう……ぅ、おしっこ、止まらない……見ないでぇ……」=「Aauuu... I can't stop peeing... Don't look...」
- <CC17> 「私は瑠奈の全てが好きなのよ? おしっこも大好きだわ」=「I love all of you, Runa. Even your pee.」
- <CCC9> 「ううう……変態」=「Uuuu... pervert.」
- <CD59> 「!!」=「!!」
- <CDDD> 「ま、まあ……わたしもせんせいのおしっこなら……好きかも」=「T-Though... I'd like your pee too... I think.」
  <CE8B> 同じじゃないの。=It's not the same.
  <CF0F> ちょろちょろと流れ続ける聖水。=The strange liquid continued to flow down.
  <CFA1> それはとても綺麗なものだった。=I thought it was something very beautiful.
- <D2D1> 「せんせいの顔、すっきりしてる」=「Sensei, you look a lot more refreshed now.」
- <D4B1> 「え? そう……かしら」=「I do? Really...?」
- <D545> 「少しは、性欲を奪えたみたいね」=「Looks like some of your sex drive is gone now.」
- <D5E3> 「う……」=「Uu...」
- <D7AB> 「夜は長いし、明日先生に押し倒されないためにも、あと何回かしておきましょう★」=「The night is long, so why don't we do it a few more times so you won't push me down tomorrow?★」
- <D9BE> 「えええ~~?」=「Whaaat~~?」
  <DA42> 恥ずかしそうに笑う瑠奈。=Runa laughed shyly.
  <DACE> 私は苦笑して、=I gave a strained laugh.
  <DB50> それから、やっぱり彼女が好きすぎて、抱きしめてしまうのだった。=But I guess I love her too much, so I embraced her.
  <DC02> そうよね、夜はこれからだもの♪=That's right, our night together is just getting started♪
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s017.txt · Last modified: 2014/07/02 06:22 by axypb