User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s015
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <06AD> 「大人になるおまじない」=A Charm for Growing Up

  <0806> 翌朝、私の隣には瑠奈が眠っていた。=The next morning, Runa was sleeping beside me.
  <089C> 彼女の頬にキスをすると、くすぐったそうに目を開ける。=After kissing her cheek, I lifted her eye open, seemingly tickling her.
- <094C> 「んん……」=「Nngh...」
- <09D4> 「なに……せんせい……もう朝?」=「What is it... Sensei... morning already?」
- <0B66> 「ええ、そうよ」=「Yup, that's right.」
- <0BF4> 「おはよう、瑠奈」=「Good morning, Runa.」
- <0C82> 「んー……まだ眠ぅい……」=「Mmm... still sleepy...」
- <0D18> 「5分経ったら起こして……」=「Wake me up in five minutes...」
  <0DA8> もぞもぞと動いたかと思うと、頭から布団をかぶってしまう。=She pulled the blanket over her head.
- <0F52> 「……はぁ」=「*sigh*」
  <0FD2> 予想はしてたけど、ここまでとは……=I expected as much, but this...
- <1072> 「る、瑠奈ぁ?」=「R-Runa?」
- <1100> 「起きてちょうだいっ」=「Please wake up.」
- <1194> 「ていうか、もういい加減自分で起きるクセつけないと」=「And can't you wake up by yourself already?」
- <1244> 「んんー、せんせ、うるさぁい……」=「Mmmm, Sensei, so noisy...」
  <12DA> いやいや、うるさいとかじゃなくて。=Wait, wait, that's not the problem here.
- <146E> 「もうっ、そんなんじゃ社会に出た時苦労するわよ」=「At this rate, you'll have a lot of trouble once you become a part of society.」
- <151A> 「いいのー、ずっとせんせいと一緒に住んで、せんせいに起こしてもらうから」=「I'm fine with that... I want to live with you forever... so you can wake me up...」
- <16D4> 「もう、ほんとにああ言えばこう言うんだから……」=「Geez, you really have a response to everything...」
- <1876> 「どっちにしても、そろそろ起きないと遅刻しちゃうわよ」=「Anyway, you'll be late if you don't wake up soon.」
- <1928> 「ぐー」=「Zzz...」
  <19A4> 都合の悪いこと言った時だけ寝たフリするんだから。=Of course she pretends to fall asleep when it's convenient for her.
- <1B46> 「はぁ……もう、どうすれば起きてくれるのよぉ」=「Haah... What do I have to do to get you to wake up...?」
- <1BF0> 「せんせいが、ちゅーしてくれたら、起きてもいいわー」=「I'll wake up if you kiss me, Sensei.」
- <1CA2> 「もう……また……そんなこと」=「Come on... Again with that?」
- <1D3C> 「でも、ただのちゅーじゃ嫌よ」=「But it can't just be an ordinary kiss.」
- <1DD6> 「とっても濃密なやつー」=「It has to be rich.」
- <1E6C> 「の、濃密って……」=「R-Rich...?」
  <1EF4> それってつまり、ディープキスってことじゃない。=In other words, a French kiss.
- <1FA0> 「こ、こんな朝から?」=「Th-This early in the morning?」
- <2034> 「せめて、そういうのは日が暮れてから……」=「Shouldn't we wait after the sun sets to...」
- <20DA> 「してくれないと起きない~」=「Going back to bed~」
  <216A> 今度は布団の中でだだをこねはじめた。=This time she's throwing a tantrum from inside the futon.
- <2300> 「もう……仕方ないわねぇ」=「Geez... No choice, huh?」
- <2396> 「はい」=「Here.」
  <2412> 目を閉じて、キスを待つ瑠奈。=Runa shut her eyes waiting for a kiss.
  <24A2> 桜色の愛らしい唇に逆らえるはずもなく、キスをする。=Without defying her pretty, cherry blossom-colored lips, I kissed her.
  <2548> やっぱり瑠奈には逆らえないわ。=I guess I still can't go against Runa.
- <26D8> 「ちゅ……れろ……★」=「*kiss*... *lick*...★」
  <2767> 舌を挿れると、粘液を擦り合う私たち。=Our saliva mixed as we inserted our tongues.
- <2807> 「ちゅぢゅ……んちゅるるっ」=「*kiss* *kiss*... *slurp*」
- <28A1> 「んふぅ……ぅ……んっ、んっ、ふぅぅんっ!?」=「Nnn... nnngh, uuu?!」
  <2943> ふいに舌を吸われて、びくっと体を震わせてしまう。=Surprised by my tongue suddenly being sucked, my body quivered and jolted.
  <29E7> 瑠奈はその反応が気に入ったらしく、私を逃がさないように引き寄せて、より濃密なキスをしてくる。=Apparently pleased with my reaction, Runa pulled me in as if to prevent me from escaping and made our kiss even richer.
- <2BB5> 「んんーっ!?」=「Nnngh?!」
- <2C41> 「ちゅる、ちゅ……ぴちゃ……ぷはぁ」=「*slurp* *kiss*... *drip*... Puhaah...」
  <2CD9> 顔を離すと、私と瑠奈の間が透明な糸で繋がっていた。=As our faces separated, a transparent thread lingered between us.
- <2E7D> 「あ、あぁ……」=「Aah, ahhh...」
- <2F09> 「はぁ……とっても良かったわ、せんせい★」=「Haahh... That was nice, Sensei★」
  <2FAC> 朝から、なんて濃厚なキスを……=Such a passionate kiss in the morning...
  <303E> 頭がボーっとして、上手く思考がまわらない。=Mind is blanking out... I can barely think...
- <30E4> 「というわけで、あと5分寝させてね?」=「So then, let me sleep for five more minutes?」
- <3188> 「は、はい……」=「S-Sure...」
- <347E> 「もうっ、瑠奈のせいで遅刻ギリギリじゃない!」=「Runa, it's all your fault we're barely on time!」
- <366A> 「あはは……ごめんごめん」=「Ahaha... My bad, my bad.」
  <36F8> 私たちは校門に向かって必死に走っていた。=We frantically sprinted towards the school gates.
  <3794> 結局、あの後、瑠奈は5分どころか30分近く眠ってしまい。=Runa had managed to sleep not five minutes, but almost thirty.
  <3840> 私はというと、しばらくキスの衝撃が抜けきらず、何をやってもミスばかり。=In my case, I was so stunned by that kiss that everything I tried to do was a mess.
  <38FA> おかげで家を出たのは遅刻瀬戸際の時間だった。=Thanks to that, we departed with hardly any time to spare.
- <3AE6> 「ああっ、怒られるわ、私……」=「Aaah, I'm in trouble now...」
- <3CC2> 「大丈夫よ、まだチャイム鳴ってないみたいだし」=「It's fine, the chime hasn't rang yet.」
- <3D6E> 「違うの、今日は職員会議があるのっ」=「No, I have a staff meeting today.」
- <3E0E> 「あ……そ、そうなんだ」=「Ah... r-really?」
- <3EA4> 「瑠奈も知ってるでしょ?」=「Did you know, Runa?」
- <3F3C> 「私ってば、ここの卒業生だから、同僚の教師の半分くらいが元は私の先生だったのよぉ」=「I graduated from here, so almost half of my co-workers used to be my teachers...」
- <400C> 「それなのに……遅刻なんてしたら……」=「And now... I'm late...」
- <40B0> 「ああっ、いったい何を言われるか」=「Aaah, what are they going to say...」
- <414E> 「それは悪いことしちゃったわねー」=「Guess it's my fault, sorry about that.」
- <4330> 「そう思うなら、今度からちゃんと起きてちょうだい!」=「If you realize that, then please wake up on time from now on!」
- <43E0> 「うーん……まあ、考えておくわ」=「Hmmm... Well, I'll think about it.」
- <447E> 「る、瑠奈ー!」=「R-Runaaa!!」
  <45C5> 結局、職員会議には遅刻してしまった。=I ended up late for the staff meeting.
  <465D> 私の元先生、現同僚の方々は怒るというよりニヤニヤとしていたけど。=Rather than being angry, my former teachers who were now co-workers were grinning.
  <4711> ともかく、教頭先生には軽く注意され、朝からちょっぴりブルー。=Though the vice principal did give me a slight warning. My day since the morning was a bit blue.
  <47C1> でも、いつまでもクヨクヨしてはいられない。=But I can't fret over this forever.
  <485F> 気分を切り替えなきゃっ。=I have to lift my mood.
- <49E7> 「あ……せんせい」=「Ah... Sensei.」
  <4A6D> 教室の前では瑠奈が待っていた。=Runa was waiting in front of the classroom.
- <4C4B> 「どうしたの? そんなところで。すぐにホームルーム始めるわよ?」=「What's wrong? Homeroom is starting soon, you know?」
- <4E49> 「えっとね……怒られちゃった?」=「Umm... Did you get scolded?」
- <5029> 「ああ、そのこと」=「Aah, that.」
- <50B9> 「大丈夫よ。ちょっと注意されただけ」=「It's okay, I only got a little warning.」
- <529B> 「そう……良かった」=「Oh... okay, that's good.」
- <532D> 「教室に入りましょ」=「Let's go in.」
- <53BF> 「みんな、瑠奈のこと心配してたのよ?」=「Everyone was worried about you, you know?」
- <5461> 「うん」 =「Yeah.」
  <55A2> 瑠奈が教室に入ると、教室の人たちがおずおずと声をかけてくる。=As Runa entered the classroom, the girls inside greeted her timidly.
- <565C> 「瑠奈さま、ごきげんよう……」=「Runa-sama, good day to you...」
- <57EA> 「ごきげんよう」=「Good day to you too.」
- <5876> 「あら? リボンが曲がっていてよ?」=「My, your ribbon is all crooked.」
- <5918> 「えっ、きゃっ?」=「Huh? Aaah!」
- <5A9A> 「今日も素敵な一日を」=「Let's have a lovely day today.」
- <5B2E> 「は……はい……♪」=「Y... Yes...♪」
- <5CB4> 「ふふっ」=「Hehe♪」
- <5E2C> 「わたくしたちの瑠奈さまが、戻ってきました」=「Our beloved Runa-sama has returned!」
- <5ED6> 「あれでこそ、瑠奈さまですわね」=「That's the Runa-sama we know!」
  <5F6A> 瑠奈が席に行くと、女の子たちが集まってくる。=As Runa seated herself, the girls crowded around her.
  <600A> 教室に花が咲いたみたいだわ。=It's like a flower blooming in the classroom.
- <6196> 「心配かけてごめんなさい。もう大丈夫よ」=「Sorry for worrying you guys, I'm fine now.」
  <6232> 堂々としていて、綺麗で、優雅な瑠奈。=The magnificent, beautiful, and elegant Runa.
  <62CA> やっぱりそれが瑠奈らしいと思うわ。=That's the way she should be.
- <636A> 「やはり先生に相談して良かったですわ」=「We were right to ask the teacher.」
- <640F> 「そうね」=「Definitely.」
- <6495> 「あなたたちが助言してくれたの?」=「So you were the ones who gave her advice?」
- <6535> 「はい……瑠奈さまの恋人に頼むのが1番だと思ったんです」=「Yes... We thought it would be best to ask Runa-sama's girlfriend.」
- <65EB> 「差し出がましいとは思いましたが、わたくしたち、瑠奈さまの事が心配で……」=「It may have been impertinent of us, but we were worried for you, Runa-sama...」
- <66B1> 「そうだったの」=「Is that so?」
- <6831> 「いい判断だったわ。お陰で素敵な一夜を過ごせたし」=「Good judgment. Thanks to that, we spent a lovely night together.」
- <68E1> 「まあっ、本当ですか?」=「My, really?」
- <6975> 「せんせいが、何度も耳元で愛してると囁いてくれたのよ」=「Sensei whispered, "I love you" into my ear over and over again.」
- <6A29> 「きゃぁん、素敵ですわ~★」=「Kyaaan, how lovely~★」
  <6ABE> ちょ、ちょっと瑠奈ぁ。=H-Hold on, Runaaa!
- <6B50> 「もうおかしくなってしまうかと思ったわ」=「I thought I would go crazy.」
- <6BF4> 「あんなに凄かったのは初めてよ。さすがわたしの恋人よね」=「It was the first time I experienced something so amazing. She's definitely worthy of being my girlfriend.」
  <6CA0> 自慢げに話すのはやめて~~。=Stop bragging about that~~
- <6D3A> 「瑠奈さまって、綺麗で、恋人もいて、尊敬してしまいます」=「Runa-sama, you're so pretty and have such a nice girlfriend. I respect you very much.」
- <6DF0> 「それに、とても大人っぽいし」=「And very mature, too.」
- <6E8C> 「どうしてそのように、大人っぽいのですか?」=「What did you do to become so mature?」
- <6F36> 「わたくしも、その秘密を知りたいです」=「I would like to know the secret too.」
- <70CC> 「知りたい?」=「Want to know?」
  <714E> コクコクと頷く女の子たち。=The girls fervently nodded.
- <71E4> 「それはね、早く大人になるおまじないのお陰なの」=「It's all thanks to a charm that helps you mature faster.」
- <7292> 「おまじないですか!?」=「A charm?!」
- <7326> 「ええ、そうなの」=「Yup.」
- <73B6> 「そのおまじないって、なんなんですかっ?」=「What's the charm?」
- <745E> 「ぜひ知りたいです」=「We'd like to know.」
- <74F0> 「知りたいですっ、どうやるんですかっ?」=「Please tell us, what do we have to do?」
- <7594> 「それはね――」=「Well, you see...」
  <7618> 瑠奈が私の所へやってくる。=Runa walked over to me.
  <777D> 彼女は私の首に手をかけると、ぐっと唇を近づけてくる。=She placed her hands on my face and immediately brought her lips over.
- <782D> 「こうするのよ」=「This is what you do.」
- <78BB> 「瑠奈、何を……んっ!?」=「Runa, what are... mmph?!」
- <7951> 「ちゅっ★」=「*kiss*★」
- <79E0> 「んんっ……」=「Mmmff...」
  <7A62> これが、瑠奈を大人にしてくれるおまじない?=This is the charm that made her into an adult?
  <7B00> 私が瑠奈を大人にしているの?=So I'm helping her grow?
  <7B90> 瑠奈……=Runa...
  <7C0C> 私は彼女の背中に手を回す。=I wrapped my arms around her.
  <7C9A> 一度唇を離し、私からキスをする。=We separated, then I kissed her back.
- <7E13> 「ちゅっ……★」=「*kiss*...★」
- <7EA4> 「せんせい……」=「Sensei...」
- <7F32> 「私が瑠奈を素敵な大人にしてあげるわ」=「I'll make you into a fine adult, Runa.」
- <7FD4> 「嬉しい★」=「I'm so happy★」
  <8059> 私は教師。=I am a teacher.
  <80D7> こんな教育方法も、ありかもしれないわね。=I guess this is another way I can teach.
  <8173> 愛してるわ、瑠奈。=I love you, Runa.
  <8210> 途中END=Halfway END
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s015.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)