User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s014
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <09E1> 「既成事実」=An Established Fact

  <0D47> 授業が終わると、突然誰かにくいっと服を引っ張られた。=As the period ended, someone suddenly tugged at my clothes.
- <0EEB> 「せんせい♪」=「Sensei♪」
- <10B9> 「え? る……蓬莱泉さん、どうかしたの?」=「Huh? Ru... Houraisen-san, what's wrong?」
- <12A1> 「せんせい、ちょっとしゃがんでくれるかしら」=「Sensei, squat down for a bit.」
- <148D> 「……こう?」=「...Like this?」
  <150F> 彼女の視線の高さまでしゃがむ。=I lowered myself until our gazes were level.
  <16B0> 眼前の瑠奈は、そのまま私にキスをした。=And just like that, Runa kissed me before my very eyes.
- <1752> 「ちゅっ♪」=「*kiss*♪」
- <17DC> 「な、ななななな、なにっ!?」=「Wh, whwhwhwhwh, what?!」
- <1876> 「せんせいと、キス、したくなっちゃった」=「I wanted to kiss you, Sensei.」
  <1912> 途端に起こる、黄色い歓声。=There were cheers of delight as soon as it happened.
- <19AA> 「だ、だからって、こんな……みんなが見てる前でしなくても~」=「B-But still... Don't do it when everyone's watching~」
- <1A62> 「わたしとせんせいは、恋人なんだからいいじゃない」=「We're girlfriends, so it's fine, right?」
- <1B12> 「良くないわよぉ」=「It isn't...」
  <1B98> 学園で、しかも人前でキスなんて。=Kissing on campus, in public...
  <1CEF> お昼休み。=Lunch break.
- <1E69> 「せーんせい♪」=「Se~nsei♪」
- <2039> 「きゃっ? 瑠奈、どうしたの」=「Kya?! Runa, what's wrong?」
- <2215> 「捕まえたわ」=「Gotcha!」
  <2297> 瑠奈が私の背中に手を回して抱きついてくる。=Runa embraced me from behind.
- <2481> 「えええっ?」=「Woah?!」
- <250D> 「る、瑠奈、学生がみんな見てるわよっ」=「R-Runa, everyone's watching...」
- <26F1> 「わたしとせんせいが大人の関係だって事を、もっと知らしめるための既成事実よ♪」=「I want everyone to know about our relationship♪」
- <28FF> 「も、もうみんな知ってるわよ」=「E-Everyone knows already.」
- <2ADB> 「クラスメイトだけじゃ、みんなって言わないの」=「I mean everyone, not just my classmates.」
- <2B85> 「ミカ女中に知れ渡るまで、アピールし続けるわ」=「I won't stop until we're known all throughout St. Michael's.」
- <2C31> 「……はぁぁ」=「Sigh...」
- <2CBD> 「と、とりあえず今日はこの辺で、許しもらえないかしら」=「A-Anyway, can you spare me for today?」
- <2EB3> 「これから、次の授業の準備があるの」=「I have to prepare for my next class.」
- <3095> 「却下」=「Rejected.」
- <325D> 「ええっ? でも……」=「What? But...」
- <3431> 「お昼休みの間、ずっとこうしてるわ」=「We're doing this for all of lunch break.」
- <34D3> 「授業の準備が……」=「But I need to prepare...」
- <3563> 「ギリギリになってからでいいじゃない」=「Just finish them at the last moment.」
- <3607> 「瑠奈……」=「Runa...」
  <3687> それはダメよ。=I can't do that.
  <3709> ここでは私は教師で、仕事中なの。=I'm the teacher here, and I'm in the middle of work.
##:Branch 5
##:やんわりと叱る = Scold her gently
- <3986> 「瑠奈、それはいけないわ」=「Runa, that won't work.」
- <3A1E> 「ここは学園よ」=「We're on campus right now.」
- <3AAC> 「私と瑠奈のどちらが正しいのか、あなたにはわかるでしょう?」=「You should know which one of us is correct.」
- <3CA6> 「またその目……」=「Again with those eyes...」
- <3E78> 「え、なに?」=「W-What...?」
- <3F02> 「………………」=「...」
##:きつく叱る = Scold her harshly
- <4105> 「ダメよ。度を越していると思わない?」=「No. Don't you think you've gone too far?」
- <41A7> 「特には」=「Not particularly.」
- <422F> 「このままでは指導も視野に入れる必要があるわね」=「I'll have to make something clear about my authority.」
- <441D> 「指導?」=「Authority?」
- <44A5> 「他の人から見れば迷惑行為よ。ルール違反。わかるわね?」=「From others' perspectives, it's misconduct. Against the rules. Understand?」
- <4559> 「そ、そこまで言わなくても……」=「T-That's a bit...」
##:Branch 5 end
- <471F> 「学園では、もう少し立場を考えましょう」=「You should think about other people more when you're on campus.」
- <4905> 「……っ!」=「...!!」
- <4ACF> 「せんせいはわたしより仕事の方が大事なのね!?」=「So work is more important to you than I am?!」
- <4CBF> 「えっ?」=「What?」
- <4D45> 「わたしの気持ちなんか、本当はわかってないんだわ!」=「You really don't understand how I feel!」
- <4DF5> 「なんでわたしがこんな事をしてるのか、考えようともしないのよっ」=「You don't even care enough to consider why I'm doing any of this!」
- <4EB1> 「結局は自分の立場しか考えてないんだわ!」=「In the end, you don't think about anyone but yourself!」
- <4F59> 「る、瑠奈……」=「R-Runa...」
  <511B> 瑠奈は私から離れると、ひと言、呟く。=Letting go of me, Runa said just one thing.
- <52AF> 「今日は自分の家に戻るから」=「I'm going back to my house today.」
- <543D> 「ええ? でも、先輩から瑠奈を預かるよう頼まれているし……」=「What? But the things Senpai asked me to do...」
- <55E9> 「絶対に戻らないから」=「I'm never coming back.」
  <5763> 踵を返すように、去っていく瑠奈。=Runa turned around and left.
  <57F7> 私、間違った事をしてしまったのかしら……=Did I do something wrong...?
- <5B05> 「いただきます」=「Thanks for the food.」
  <5B89> 手を合わせて、夕食を食べる。=I clapped my hands together and began to eat dinner.
  <5C19> テーブルの上には、空のお茶碗とお椀がある。=On the table, there was an empty teacup and bowl.
  <5CB7> 瑠奈、本当に来ないのかしら……=Runa's really not coming...
  <5D49> 食事はちゃんと食べてるかしら。=Is she eating properly?
- <5DE5> 「大丈夫よね、瑠奈は賢い子だもの」=「It's okay, Runa's a clever child.」
  <5E7B> 食べない事が体に悪いなんて、ちゃんとわかっているはず。=She should know that her body needs food.
- <6023> 「それにしても……」=「At any rate...」
  <60AB> 自分ひとりの食卓。=Alone at the dining table.
  <6131> ずいぶんと久しぶりだ。=It's been quite a while.
- <61C5> 「ちょっと……寂しいわね」=「It's... a bit lonely.」
  <6253> ずっと忘れていた。=I completely forgot.
  <62D9> ひとりの食事が、こんなにも寂しいものだなんて。=Was it always this lonely eating by myself?
- <6385> 「瑠奈がいないだけで、部屋の明かりが消えたよう……」=「Without Runa, it's like all life has been drained from this room...」
  <642D> 夕飯もなんだか味がしない。=I can't taste anything.
- <64C5> 「瑠奈、帰ってきて……」=「Runa, come back...」
  <66EB> 翌朝、いつもの時間に外へ出る。=The next morning, I departed at the usual time.
  <677D> けれど、瑠奈の姿はなかった。=But I couldn't see Runa anywhere.
  <680D> 瑠奈のマンションへ行き、インターホン越しに話しかける。=I went to Runa's apartment and began talking into the intercom.
- <69B5> 「一緒に学園へ行かない?」=「Want to go to school together?」
  <6A43> ……無言。=...No response.
- <6ACB> 「私、遅れちゃうから先に行くわね」=「I'm running late so I'll go on ahead.」
- <6B6B> 「瑠奈も遅刻せずに登校するのよ」=「Runa, you should come too. Don't be late.」
  <6BFF> 無音のインターホンにそれだけを告げて、私は学園へ向かった。=With that, I left the silent intercom and headed to school.
  <6DAB> 1時間目の授業が始まり、教室に入る。=First period began. I entered the classroom.
  <6E43> 真っ先に見たのは、瑠奈の席だった。=The first thing I looked at was Runa's seat.
- <6FD5> 「………………」=「...」
  <7059> ちゃんと来てるわね。=So she did come.
- <70E9> 「………………」=「...」
  <716D> 彼女は私を見ず、ぼんやり外を眺めていた。=Without giving me a single glance, she just stared out the window.
  <7209> 気怠そうな瑠奈の態度に、学生たちは戸惑い、いつもならまだお喋りをしているのに、ほとんどが席に着いている。=The other students must have been confused by Runa's listlessness. They would normally still be talking to each other, but now they were all seated.
  <73D5> これが本来の授業なのよね。=I guess this is how class should be.
  <7463> 授業はいつものようにスムーズだった。=Class went on as smoothly as usual.
  <74FB> なんだ、瑠奈に頼らなくても、授業が進められるんじゃない。=So I guess I can go through class without relying on Runa after all.
  <75A7> 彼女が転入してからずっと、瑠奈に仕切られていたところがあったけど、何の問題もなかったみたい。=Even though I had left everything to Runa ever since she moved in, I was doing fine.
  <7677> ……そう、よね?=...Right?
  <76FB> 瑠奈がいつもと違うから、みんなも大人しくそれに従っていると言うだけではないわよね?=Or was everyone just being obedient because Runa wasn't her normal self?
- <78BF> 「それでは蓬莱泉さん、次の問題の答えがわかるかしら」=「Now then, Houraisen-san, can you do this next problem?」
- <7AB1> 「……はい」=「Sure...」
  <7B31> ゆっくりと立ち上がり、答えを言う。=She slowly stood up and gave her answer.
  <7BC7> 答えは正解だったけれど、解答より彼女の無気力な表情が気になった。=It was correct, but I was more concerned about her apathy.
  <7D2C> そんな瑠奈の態度は、それから3日も続いた。=Runa continued to act that way for three days.
  <7DCA> 高圧的な女王様はすっかりなりを潜め、従順で無気力な学生になっている。=The oppressive queen had disappeared, replaced by an obedient and apathetic student.
  <7E82> 全ては、あの日、彼女を怒ってからなのよね。=All of this, because of our fight that day, huh?
  <7F20> あれから私の部屋にも来ないし……=She wouldn't come to my house after that, either...
  <8077> 休み時間になり、職員室に戻ってきた。=Once lunch break came, I went back to the staff room.
  <810F> すると、ほどなくして私の席に学生たちがやってくる。=And before long, my students crowded around my seat.
- <81BF> 「墨廼江先生、お忙しいところ申し訳ありません」=「Suminoe-sensei, I'm sorry for interrupting you while you're busy.」
- <835F> 「い、いえ、忙しくはないです。どうかしましたか?」=「I-It's fine, I'm not really doing anything. What's wrong?」
- <840F> 「瑠奈さまの事についてです」=「It's about Runa-sama.」
- <859D> 「ああ……」=「Aah...」
  <861D> 普段と違う瑠奈と接して、戸惑っているのは私だけじゃないんだわ。=It's not just me who's baffled by Runa.
- <86D9> 「最近の瑠奈さまは、ちょっと変です」=「Runa-sama has been fairly strange lately.」
- <877B> 「そうね……」=「I guess so...」
- <8807> 「瑠奈さまと喧嘩をなさったのですか?」=「Did you two have a fight?」
- <899F> 「喧嘩? どうかしら……」=「A fight? I wonder about that...」
  <8A2D> あれをそう呼ぶのなら、そうなるのかしら。=If they call it that, then I guess it was.
- <8AD3> 「今の瑠奈さまは、瑠奈さまらしくありません」=「Runa-sama really isn't herself right now.」
  <8B73> その事については、大いに頷くところがある。=That's something I definitely agree with.
  <8C11> やっぱり、私のせいよね……=It's really my fault...
- <8CA9> 「瑠奈さまは、今、とても大きな悩みを抱えているように見受けられます」=「It appears that Runa-sama is very worried about something.」
- <8D6B> 「………………」=「...」
- <8DF9> 「墨廼江先生、どうか瑠奈さまを助けてください!」=「Suminoe-sensei, please, help Runa-sama!」
- <8EA7> 「お願いします!」=「I beg you!」
- <902B> 「あなたたち……」=「Girls...」
- <90BB> 「きっと、先生にしか解決できない事なんです」=「Only you can do it, Sensei.」
- <9165> 「瑠奈さまが悩む事なんて、先生に関係する事以外、考えられませんもの」=「I cannot think of anything that would trouble Runa-sama other than matters involving you.」
  <921D> そんな風に思ってくれるなんて。=After thinking about it, of course they'd realize it.
  <92AF> そうよね、彼女たちの言うとおりだわ。=But they're right. It's just like they said.
- <9351> 「蓬莱泉さんと話をしてみます」=「I'll try speaking to Houraisen-san.」
  <93E3> 私の答えに、手を握り合って喜ぶ教え子たち。=The students were so overjoyed by my answer that they grasped my hand.
- <948B> 「墨廼江先生、よろしくお願いします」=「Suminoe-sensei, I wish you luck.」
- <952D> 「よろしくお願いします!」=「Good luck!」
- <95C5> 「ええ」=「Thanks.」
  <9641> 瑠奈に嫌われたというわけではない……と思う。=It's not that Runa hates me now... I think.
  <96E1> どうして瑠奈が戻って来ないのか……=Why won't Runa come back...?
  <9777> なんであんな無気力な表情なのか。=Why is she so apathetic now?
  <980B> 彼女の、傲慢不遜とさえ言える自信が見えないのが悲しい。=I'm actually a bit sad now that I can't see her haughty self-confidence anymore.
  <98B5> 私が原因なら、私が解決できるはず。=If it's my fault, then I should be able to fix things.
  <994B> 理由はいまだにわからないんだけど……=I still don't know the reason, but...
  <99E3> 話をすれば、解決方法は見えてくるはず……よね。=If we talk things out, I'll find a way to settle this... hopefully.
  <9C1F> 放課後、私は瑠奈を教室に呼び止めていた。=After school, I called out to Runa before she could leave.
- <9DB9> 「待っていてくれたのね」=「I guess I've kept you waiting?」
- <9F8F> 「そう言われたから……」=「Ever since you said that to me...」
- <A167> 「瑠奈、どうしてしまったの?」=「Runa, what's gotten into you?」
- <A203> 「人が変わっちゃったみたい」=「It's like you're a different person now.」
- <A29D> 「私が学園で距離を置こうと言った事が原因?」=「Is it because I said to keep apart when we're on campus?」
- <A487> 「………………」=「...」
  <A50B> 彼女の瞳が揺れた。=Her gaze wavered.
- <A6DD> 「瑠奈の事は好きよ」=「Runa, I do love you.」
- <A8B1> 「でも、仕事と恋を比べるのは、その……」=「But comparing that to work...」
- <A957> 「良くないんじゃないかな~と思うのよ」=「I don't really think that's okay.」
- <AB3B> 「……問題はそこじゃないわ」=「...That's not the problem.」
- <ABD5> 「え?」=「Huh?」
- <AC59> 「それは言葉のあやみたいなもので、本当はそんな事を言いたかったんじゃないの」=「That was just a figure of speech. It wasn't what I really meant.」
- <AE63> 「わたしがいくら頑張っても、せんせいはわたしを子供としか見てくれないから……」=「No matter how hard I try, you still see me as a child...」
- <AF2D> 「その事が、とても哀しかったの」=「It's... saddening.」
- <AFC9> 「みんなはわたしを大人っぽいって言うけど、生まれつきってわけじゃない」=「Everyone says I'm so mature, but it's not like I was born this way.」
- <B08B> 「ねえさまと一緒にいたからという事でもない」=「It's not because I'm always with Nee-sama, either.」
- <B133> 「元々ねえさまは、家にはあまりいないし」=「In fact, she's almost never home.」
- <B319> 「わたし、大人になろうと、頑張ったのよ」=「I had to work hard to become an adult.」
- <B3BD> 「せんせいと付き合ってからも、見えないところで努力してたのよ」=「Even after we started going out, I worked hard all alone.」
- <B477> 「牛乳を飲んで背を高くしようとしたり、こっそり自分でも胸を揉んでみたり」=「Things like drinking milk so I can grow, or rubbing my breasts by myself.」
- <B53B> 「デートの時も、結構大変だったわ」=「I had a hard time during our date, too.」
- <B5D9> 「恋人と2人でレストランに行ったの、初めてだったんだから」=「It was my first time going to a restaurant with a girlfriend, after all.」
- <B7D1> 「余裕っぽく見えたかもしれないけど、緊張で足ガクガクだったのよ」=「I might have looked calm enough, but I was so nervous I could barely stand.」
- <B88F> 「そうだったの?」=「Really?」
- <BA5F> 「せんせいは鈍感だから、気付かなかったでしょうけどね」=「But you're just so thickheaded. You never noticed.」
- <BB13> 「うぅ……はい、まったく気付きませんでした」=「Uuu... Sorry, I never did.」
  <BBB3> 瑠奈は沢山背伸びをしていたのね。=I guess Runa was overexerting herself.
- <BC51> 「ごめんなさい、瑠奈」=「I'm sorry, Runa.」
- <BCE5> 「私が気づいてあげられずに、いっぱい無理をさせてたのね」=「I guess I put you through too much without considering your feelings.」
- <BEDB> 「……早く、大人になりたい」=「...I want to hurry up and become an adult.」
- <C0B7> 「急がなくてもいいのよ、瑠奈……」=「You don't have to rush, Runa...」
- <C155> 「………………」=「...」
  <C1D9> 私は瑠奈の手を取り、小さな手の平を握りしめる。=I took her tiny palm in mine and grasped it.
  <C27B> こんな小さな手で、精一杯去勢を張っていたのね……瑠奈。=So you've been trying your best to act brave with these tiny hands, Runa...?
- <C32F> 「ね、大好きよ、瑠奈」=「You know, I love you, Runa.」
- <C505> 「大人とか子供じゃないの……私はあなたが好き★」=「Whether you're an adult or a child... I'll still love you★」
- <C6F8> 「せんせい……」=「Sensei...」
- <C786> 「等身大のあなたが大好きなの」=「I love you as you are.」
- <C964> 「それに女王様な瑠奈が嘘だとも思ってないわ」=「And I don't think the ladylike Runa is a lie.」
- <CA0E> 「私は全てが瑠奈だと思っているから」=「I think all of it is the real you.」
  <CAA6> 私は瑠奈を抱き寄せる。=I embraced Runa.
- <CC7A> 「わっ……」=「Waa...」
- <CE46> 「私は今の瑠奈も、成長していく瑠奈も、全てひっくるめて大好きよ」=「Whether it's the Runa right now or the Runa all grown up in the future, I love you all the same.」
- <D044> 「せ、せんせい……」=「S-Sensei...」
- <D0D6> 「瑠奈は瑠奈らしくいけばいいの」=「Being yourself is fine, Runa.」
- <D174> 「愛してるわ……あなたの全てを」=「I love all of you...」
  <D2DF> 彼女の軽い体を持ち上げて、机の上に乗せる。=I picked up her tiny body and placed it on top of a desk.
  <D37D> そのままキスをしながら両足を拡げさせた。=As I kissed her just like that, I spread her legs open.
- <D421> 「せんせい……ん、ちゅ……」=「Sensei... nn... *kiss*...」
- <D4BB> 「ショーツを脱がせるわね」=「I'm taking off your panties.」
- <D551> 「……う、うん」=「...O-Okay.」
  <D5D5> お尻を持ち上げるようにさせて、手触りの良い高級なショーツを脱がせる。=I lifted her butt and took off what felt like high quality underwear.
  <D68D> 露わになった秘苑は、淡いピンク色をしていた。=The now exposed secret garden was a light pink color.
- <D737> 「瑠奈のおまんこを見るの、何日ぶりかしら」=「How many days was it since I last saw your pussy, Runa?」
- <D7DD> 「もう随分……前だわ……」=「Quite a few...」
- <D875> 「そうね。とても久しぶりに感じるわ」=「It really does feel like a long time ago.」
  <D90D> 指で秘裂を拡げると、彼女の中が丸見えになる。=I spread her open so I could clearly see inside.
- <D9B5> 「うぅ……そんなにじっくり見ないで……」=「Uu... Don't stare...」
- <DA5B> 「どうして?」=「Why's that?」
- <DAE5> 「いつもはせんせいが洗ってくれるけど、最近は自分で洗ってたから」=「Because usually it's you who washes me, but recently I've been doing it myself...」
- <DBA1> 「綺麗かどうか、わからないもの……」=「I'm not sure how clean I am...」
- <DC43> 「じゃあ、私が確かめてあげるわ」=「Then, I'll check for you.」
- <DCDF> 「ふぇっ!?」=「Fuee?!」
  <DD61> 彼女の恥部に顔を近づけると、瑠奈が私の頭を押さえた。=I brought my face closer to her privates, but Runa pushed my head back.
- <DE11> 「は、恥ずかしいからっ」=「I-It's embarrassing!」
- <DEA7> 「瑠奈の全てを愛してると言ったはずよ?」=「Runa, I said I love all of you, didn't I?」
- <DF4B> 「で、でも、自信ない……」=「B-But I'm afraid...」
- <DFE3> 「瑠奈がそう言うの、始めて聞いたわ」=「That's the first time I've heard you say that.」
- <E083> 「わ、わたしだって、自信がないところぐらい、山ほどあるわよっ」=「O-Of course I have a lot of things I'm scared about.」
- <E13D> 「まあ……みんなには見せないけど」=「Though... I don't really show it.」
  <E1D3> ええ、それでいいわ。=Well, that's fine.
  <E25B> 私だけに弱みを見せてくれるなら、それが一番嬉しいもの。=I'm happy knowing that I'm the only one who sees this side of her.
- <E30F> 「大丈夫よ、とっても綺麗だわ」=「Don't worry, it's very pretty.」
- <E3A9> 「う、嘘だ……」=「Y-Yeah right...」
- <E437> 「本当よ」=「I'm serious.」
  <E4B5> 私は彼女の襞をなぞるように舐める。=I traced along her creases with my tongue.
  <E54B> ほんのり甘い、瑠奈の一番敏感な場所。=Runa's most sensitive spot had a faint sweet taste.
- <E5EB> 「ひぁぁあぁ~~!?」=「Hiaaaaaa~~?!」
- <E67F> 「ぴちゃ……れろ……ちゅる、ぴちゃ、ぺちゃ……ん、ぅ……ちゅ★」=「*smooch*... *lick*... *slurp* *smooch*... Nnngh... *kiss*★」
- <E740> 「せ、せんせい、ダメダメ!」=「S-Sensei, nonono!」
- <E7DA> 「瑠奈の体で汚い場所なんてないわ」=「There isn't a place on your body I haven't washed, Runa.」
- <E878> 「でも~……あっ、ん……あぁ……ひぁうぅ」=「But~ Aaahn... aah, hiaauuu...」
- <E920> 「もっと喘いで、瑠奈……ちゅぱ、れるぅ~」=「Gasp harder, Runa... *smooch* *lick*~」
- <E9C6> 「あっ、あぁん! ん……はぁ、ぁ、教室で、こんな……あんん……んっ」=「Aaaahhhnn! Nngh... haaah, doing this in the classroom... aahnn...」
- <EA88> 「教室でするのは、初めてじゃないでしょう?」=「It's not our first time doing it in the classroom.」
  <EB28> 自分で言っていて、ちょっと落ち込んだ。=It made me a bit depressed hearing myself say that.
  <EBC2> 教師なのに、学園で教え子とえっちな事を悦んでしてるなんて。=Even though I'm a teacher, I'm enjoying myself doing perverted things with a student on campus.
  <EC70> やっぱりこういうの、教師として問題よね……=I guess it is problematic that I'm doing this, despite being a teacher...
  <ED0E> でも今は、瑠奈を愛したいの。=But right now, I want to love Runa.
  <ED9E> とっても寂しい思いをしていた彼女に、私の愛を捧げたいの。=I want to give my love to her as an apology for making her so lonely.
- <EE52> 「ふぁぁ、あ……せんせ……あんっ」=「Fuaaaa... Sensei... ahn!」
- <EEF2> 「瑠奈の愛液、美味しい……ちゅるる、ちゅ……じゅるるっ! んっ」=「Runa, your juices are delicious... *slurp* *kiss*... *slurrrp*!!」
- <EFAE> 「そんなに音を立てて飲むなんて……ミカ女のOGとして、恥ずかしくないの?」=「...As a teacher of St. Michael's, aren't you embarrassed making such slurping sounds?」
- <F076> 「あら、音を立てる文化だってあるのよ?」=「But slurping soup is a part of our culture, you know?」
- <F11A> 「わたしをお蕎麦と同じにしないで」=「Don't compare me to soba.」
- <F1BA> 「じゃあパスタならいいの?」=「Then what about pasta?」
- <F252> 「うう……」=「Uuu...」
- <F2DC> 「恥ずかしがらないで。瑠奈はただ、私に体を預けてくれればいいの」=「You don't have to be so embarrassed. Just entrust your body to me.」
  <F390> 瑠奈は横を向き、こく、と頷く。=Runa turned away and nodded.
  <F422> 私は再び愛液がしたたるおまんこへ口付けた。=Once again, I kissed her pussy overflowing with love juices.
- <F4CA> 「ちゅぢゅ……れろ……襞がヌルヌルしてる……れろ、ちゅるる」=「*kiss* *kiss*... *lick*... Your creases are so slippery... *lick* *slurp*」
- <F582> 「そ、それ、せんせいの唾液じゃないの?」=「I-Isn't that just your saliva?」
- <F628> 「いいえ、溢れてくる愛液が、そんな感じなのよ♪」=「Nope, I know how overflowing love juices feel like♪」
- <F6D4> 「うう……」=「Uuu...」
- <F75E> 「たくさん、気持ちよくしてあげるわね」=「I'll make you feel really good.」
  <F7F8> 自分の唾液と蜜液を絡め合うように、音を立てて舐める。=As I slurped loudly, I mixed my own saliva with her nectar.
  <F8A0> 顔を離すと、私の舌先と愛液が銀糸で繋がっていた。=When I pulled my head back, it was connected to the tip of my tongue by a silver thread.
  <F944> それくらい濃厚に責めて、彼女が感じてくれているのだと思うと、更に激しく快感を与えたくなる。=When I think about how much passion she must be feeling, I began to pleasure her even more intensely.
- <FAF5> 「んぅぅ、う……んっ、ああ!」=「Nngh... nn, aaahh!」
- <FB8F> 「せんせい……あ、ふ……あ、ぁ……感じちゃう……いっぱい、あ……ぁぁんっ」=「Sensei... aafu... aaah... it feels... so good... aaahnn!」
- <FC57> 「たくさん感じて、好きなときにイッていいのよ」=「You can come whenever you feel like it.」
- <FD01> 「んんんっ、ん……あ、はぁ、ぁ、激しい……あぅぅ、せんせい……くぅぅ、う……んっ、うぅ!」=「Nnnngh... aahaah, so rough... aauu, Sensei... kuuu... nngh!」
- <FDD9> 「瑠奈のお肉が、ヒクヒクしてきた……ちゅぱ、ちゅぱ……れるぅ」=「Your pussy is twitching... *smooch* *smooch*... *lick*」
  <FE8B> 彼女が高まっている事を感じる。=I could feel that she was tensing.
  <FF1D> 自分に瑠奈を悦ばせる事が出来るのが、嬉しい。=Being able to please Runa makes me happy.
- <FFC5> 「あぁんっ、ん……せんせい、イキそう……ぁう、ぅ……」=「Aaahnn... Sensei, I'm coming... auu...」
- <10079> 「瑠奈……ちゅぱ、ちゅるる……れろ、れろ……ちゅっぢゅ、ぢゅ★」=「Runa... *smooch* *slurp*... *lick* *lick*... *kiss* *kiss* *kiss*★」
- <1013A> 「ああああっ! だめぇ、せんせい、あ……んぁぁぁっ」=「Aaaaahhh! I can't, Sensei... aaaahhh!」
- <102C5> 「イクぅ、せんせいの舌でイッちゃうぅぅ! あ、あ、あ……ぁぁああっ★★」=「I'm coming! Your tongue is making me come!! Aaaahhh... aaaaahhhh★★」
  <10389> びくんっ、と瑠奈の体が大きく震えた。=Runa's body jolted and trembled.
  <10421> 入り口がぎゅううっと締まるのが、舌を通じて感じる。=I could feel her tightening with my tongue.
- <104CF> 「ん、んはぁ……あっ、ぁっ……」=「Nn, haa... aaahh...」
- <1056D> 「イッちゃったのね……れろ、ちゅるるっ」=「So you came... *lick* *slurp*」
  <10609> イッた後の愛液を味わう。=I drank the rest of her love juices.
  <10695> ねっとりした蜜は、絶頂を迎えた後も溢れていた。=The sticky nectar was overflowing even after she came.
- <1073F> 「ふぁぁ、ぁ、せんせ……あ……ん……」=「Fuaaahh... Sensei... aahhnn...」
- <107E1> 「わたし、せんせいと、一緒に気持ちよく、なりたい」=「I want to feel good with you, Sensei...」
- <10891> 「私と……」=「Me too...」
- <10919> 「せんせいと一緒だっていう事を感じたいの」=「I want to feel that I'm with you.」
  <109B7> 一心に私を思ってくれる気持ちに、心を打たれた。=I'm touched that you're thinking wholeheartedly about me.
  <10A59> 嬉しすぎて、ぎゅっとあなたを抱きしめたいわ。=So much that I want to hug you.
- <10B03> 「ええ……一緒に、気持ちよくなりましょう?」=「Yeah... Want to feel good together?」
  <10C7A> 椅子に腰掛けると、どちらからともなく抱きしめ合う。=I sat down in a chair and we embraced each other.
  <10D20> 今にも心臓の音が聞こえてきそうなほどだ。=Even now, I could hear her heart beating.
  <10DBC> イッたばかりの彼女の体温は高く、また、熱い彼女の吐息も私を熱くさせる。=Since she just came, her body was incredibly hot. Just feeling her breath was enough to make me hot too.
- <10E7E> 「せんせい……ちゅっ、ちゅ……」=「Sensei... *kiss* *kiss*...」
- <10F1C> 「好きよ、瑠奈★ ……ちゅるるっ」=「I love you, Runa★ ...*slurp*」
  <10FB7> キスをしながら、彼女の陰部に手を伸ばす。=While we kissed, I reached for her nether regions.
  <11053> さっきまで舌が触れていた部分は、まだ熱く潤ったままだ。=The place where I licked her was still hot and moist.
- <11105> 「今度は、せんせいもね」=「You too this time, Sensei.」
  <11191> 彼女もまた、私と同じように、恥ずかしい部分に指を這わせてきた。=Now, just like I did, she crawled her fingers towards my most embarrassing place.
  <11243> 細い指の腹が、私の敏感な場所を容赦なく擦ってくる。=Her slender fingers relentlessly rubbed my most sensitive spots.
- <112F3> 「んんっ……」=「Nngh...」
- <1137D> 「せんせい、気持ちいい?」=「Sensei, feel good?」
- <11415> 「気持ち、いいわ……瑠奈にされてるから」=「It feels good... because you're the one doing it...」
- <114B9> 「感じてくれるのは、わたしが相手だから?」=「You feel good because I'm your partner?」
- <11561> 「た、たぶん……他に経験がないから、想像に頼るしかないけれど……」=「I-I think so... I never had any experience with anyone else, so I'm just guessing...」
- <1161F> 「うふふ、嬉しいわ……ちゅっ★」=「Ufufu, I'm happy... *kiss*★」
- <116C2> 「んん……ん、ちゅ……れろ、ちゅる……んっん……ぁん……感じちゃう……あ、ぁぁうっ」=「Nngh... *kiss*... *lick* *slurp*... nnngh... It feels good... aaaauu!」
  <1178A> 指使いが激しくなると、机や椅子が床を擦り始める。=As our fingering intensified, the desk and chair began scraping against the floor.
- <11836> 「ちゅるる……ちゅぱ、ちゅ……せんせい……」=「*slurp*... *smooch* *kiss*... Sensei...」
- <118E0> 「ん、ん……ぅ……」=「Nngh... uu...」
  <11968> 既に敏感になっている瑠奈の体は、想像以上に感じやすくなっていた。=Runa's body had already become too sensitive. I can't even imagine how good she must be feeling.
  <11A1C> すぐにでも達してしまいそうな感触が、指に伝わってくる。=I could tell with my fingers that she was about to climax soon.
- <11ACE> 「せんせいに、おまんこ指でくちゅくちゅされると、また、イキそうになっちゃう」=「Sensei, you're stroking my pussy so much... I'm going to come again...」
- <11B96> 「せんせいと一緒がいいのに……」=「Even though I wanted us to come together...」
  <11C2A> 瑠奈の責めが激しくなる。=Runa began to move more intensely.
  <11CB6> 指の動きは速度を上げて、私を一気に快楽へ連れて行く。=As she sped up her fingering, she instantly brought me to pleasure.
- <11D68> 「んん……んっ、あ……ぁぁ、瑠奈……んっ、あぁう……う……んっ、んっ」=「Nngh... aah, Runa... aaauuu... nngh!」
- <11E2A> 「あ、あ……んっ、せんせい、大好き★」=「Aaah... nn, Sensei, I love you★」
- <11ED3> 「瑠奈……ひぁ、ぁぁぁ、ん……あうぅ」=「Runa... hiaaaaaannn...」
  <11F6D> ここは学園だというのに、大きな声を上げてしまう。=Even though we were on campus, we continued to let out loud voices.
  <12011> 夕日に照らされた私たちは、熱い固まりになったみたいだった。= We collapsed into a heap under the setting sun.
- <120C7> 「あ、あっ、ん……せんせい……あぅぅ」=「Aaahhnn... Sensei... auu...」
- <1216B> 「愛してるわ、瑠奈……瑠奈……んっ、ぁぁう……んっ、っく……ぅぅ……ふぁんっ」=「I love you, Runa... Runa... aauuu... nngh... fuaann!」
- <12237> 「あなたの全てを愛する……ちゅ、ちゅるっ、ちゅ……大好き……んっ、ちゅぅ……ちゅっ★」=「I love all of you... *kiss* *slurp* *kiss*... I love you... *kiss*... *kiss*★」
- <1230E> 「大好き……ちゅ、ちゅ……んっちゅ★」=「I love you... *kiss* *kiss*... nn... *kiss*★」
  <123AD> 夢中になって、瑠奈を愛する。=Dazed, I continued to love Runa.
  <1243D> 舌を擦り合わせ、熱い吐息を漏らし、一生懸命相手を気持ちよくさせようと指を動かす。=As we intermingled our tongues and shared hot breaths, we moved our fingers with all our might to pleasure each other.
- <1250B> 「んはぁ、あ……あっ、ん……んぅ」=「Haaahh... aahhnn...」
- <125A9> 「あっ、あ……せんせい、イッちゃいそう……」=「Aaahh... Sensei, I'm coming...」
- <12653> 「わた、しも……はぁ、はぁっ……い、くぅ」=「Me too... haah, haah... I'm coming!」
- <126F9> 「せんせい……せんせい★」=「Sensei... Sensei★」
- <12796> 「瑠奈っ、あ……っく、う……ぅぅ……★」=「Runaaa... kuu... uu...★」
- <1291A> 「あ、ん……ふぁぁぁっ★★」=「Aahhnn... fuaaaaaaa★★」
- <129BC> 「瑠奈、ああああっ★★」=「Runa! Aaaaaaaa★★」
  <12A50> 同時に達すると、より強く抱きしめ合った。=As we climaxed at the same time, we embraced each other even more tightly.
- <12AF4> 「これで、少し成長したかしら……」=「Have I grown a little bit now...?」
  <12B8A> 瑠奈が私の腕の中で、はにかむように言う。=Runa spoke bashfully with her face still buried in my arm.
  <12C26> 気弱な瑠奈もキュートだけど!=This timid Runa is sooo cute!
  <12CB6> はにかむ瑠奈もスペシャルに可愛い!=Runa being all bashful like this is cute in its own special way!
  <12D4C> ああ、もう!=Oh, geez!
  <12DCC> この天使さんをどうしたらいいのかしら……=What do I do with this little angel...
- <12F6F> 「たくさんキスをしたから、少し成長したんじゃないかしら」=「We kissed a lot, so you probably grew a bit.」
- <13025> 「……なんてね」=「...Just kidding~」
- <130B1> 「キスで成長かぁ」=「So kissing makes me grow?」
- <1313F> 「だったら、もっと回数を増やさなければならないわね」=「In that case, we'll have to do it more often, then.」
  <131E7> ふっと笑う瑠奈は、いつもの女王様な笑みを浮かべていて……=With a chuckle, Runa's usual queen-like smile came back...
  <13293> それがまた格好良くて……!=She's acting cool again...!
  <13321> でも、回数を増やすって?=But, doing it more often?
  <133AD> 単にえっちの回数なら……まぁ、したくないわけじゃないし……=If she means sex... well, it's not like I don't want to...
  <1345B> でも、学園で四六時中とかは、マズイんですけど……=But it'll be bad for us to do it on campus around the clock...
  <134FF> マズイんですけど、瑠奈?=It'll be really bad, won't it, Runa?
- <13593> 「ふっ、うふふふふ……」=「Fu, ufufufufu...」
  <1361F> 何か、ちょっと恐ろしいです。=This is a bit frightening...
- <136B9> 「じ、冗談よ」=「I-I was just joking.」
- <13743> 「うふふふふっ」=「Ufufufufu...」
- <137D1> 「る、瑠奈……聞いてる?」=「R-Runa... Are you listening?」
  <1385F> 尋ねても、瑠奈は何か考え事をしていて、返事がない。=Even as I asked, whatever Runa was thinking, she gave no reply.
  <13905> 瑠奈ぁ~。=Runaaa~
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s014.txt · Last modified: 2014/07/02 05:48 by axypb