User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s013
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0861> 「教師として」=As a Teacher

  <0BC9> 楽しい週末デートの翌日。=The day after the fun weekend date...
  <0C55> なんの変哲もない一日の始まり。普段通り、私と瑠奈は家を出た。=It's the start of another ordinary day. As usual, I left home with Runa.
  <0D05> いつもと変わらない朝だけど、1つだけ変わった事がある。=Even though the morning was just like any other, one thing had changed.
- <0EAD> 「………………」=「...」
  <0F31> きゅ、と瑠奈の手を握る。=I clenched Runa's hand.
  <0FBD> 瑠奈も手を握りかえしてくれる。=And Runa took my hand in return.
  <104F> たったこれだけのことで、憂鬱な月曜日が、花の月曜日に変わる。=With just this, my gloomy Monday has turned into a flowery one.
- <1249> 「せんせい、にやけすぎ」=「Sensei, you're grinning.」
- <1421> 「ご、ごめんなさい」=「S-Sorry.」
- <15F5> 「なんだか嬉しくて……」=「I'm just a bit happy...」
- <1689> 「なにが嬉しいの?」=「Why's that?」
- <185D> 「なにがって……それは、その……」=「Why? Umm, that...」
  <18F3> 手を繋いでいる事に決まってる。=It's because we're holding hands, of course.
  <1985> でも、恥ずかしくて言えない。=But that's too embarrassing to say out loud.
  <1A15> とっても簡単な事なのに、言えないなんて。=I can't say it even though it's nothing to be embarassed about.
- <1AB9> 「なに?」=「Well?」
- <1B41> 「ええと……だから……」=「Ummm... Because...」
  <1BCD> 言うべき言葉はわかっているわ。=I know what to say.
  <1C5F> でも、口から出ないのよ。=But the words won't come out of my mouth.
- <1CF5> 「て……て……」=「H... Hand...」
- <1D81> 「てて?」=「Hand?」
- <1F4B> 「……なんでもないわ」=「...Never mind.」
  <2117> 自分にガッカリするわ……=I let myself down...
  <21A3> 瑠奈は私の言葉を見透かしたように、繋いだ手を振る。=As if seeing through me, Runa began waving our hands.
- <2395> 「ひゃわわっ。る、瑠奈!?」=「Hyawawa! R-Runa?!」
- <256F> 「ねぇねぇ、何が嬉しいの?」=「Hey, hey, what are you so happy about?」
  <25FF> そう言う瑠奈の方が嬉しそうなんだけど……=Even though Runa looks quite happy herself...
- <27E7> 「うぅ、だからそれはぁ」=「Uuu, that's...」
- <29BD> 「それは、何? 早く言わないと……」=「That's what? Hurry up and spit it out, or else...」
- <2B9F> 「すごいことするわよ」=「I'll do something quite dreadful.」
  <2C29> くすり、と笑った顔は可愛いけど、いかにも悪巧み中って表情。=Her giggling was cute, but at the same time, it was quite sinister.
- <2E23> 「すごいことってなに……!?」=「What do you mean by that...?!」
- <2EBD> 「それはヒミツ」=「That's a secret.」
  <2F41> うう……怖すぎる。=Uuu... how terrifying.
  <2FC7> Sなんだもの、瑠奈は。=Runa's quite the sadist.
- <319D> 「えっと、その……」=「Well, umm...」
- <322D> 「照れくさくて言えないのね」=「So it's too embarrassing to say out loud?」
- <32C5> 「せんせいってば可愛い★」=「You're so cute, Sensei★」
- <34A4> 「う……素直に喜べないわ……」=「Uu... I'm not exactly happy to hear that...」
  <3536> だって褒められてるわけじゃないんだもの。=Because she's not really praising me.
  <35D2> 瑠奈は拗ねる私を満足げに見ていた。=Runa looked quite satisfied seeing me pout.
  <3668> なによぉ……=Why me...
- <3866> 「瑠奈さま、ごきげんよう」=「Runa-sama, a good day to you.」
- <39F0> 「ごきげんよう、休日はどこかへ行かれたかしら」=「A good day to you too. Did you travel anywhere during the break?」
- <3A9C> 「え? い、いいえ、昨日は家で本を読んでいました」=「N-No, I stayed at home reading books yesterday.」
- <3B4C> 「瑠奈さまは、どう過ごされたんですか?」=「How did you spend your time, Runa-sama?」
- <3CE4> 「わたしは昨日、せんせいとデートをしたの」=「I went on a date with Sensei yesterday.」
- <3D8C> 「デートですかっ?」=「A date, you say?!」
- <3F12> 「るっ……蓬莱泉さんっ!?」=「Ru-... Houraisen-san?!」
  <3FA2> な、な、何を……!=Wh-Wh-What did she...!
- <4124> 「恋人同士ですもの、デートぐらいするわ」=「We're lovers, so of course we go on dates.」
- <41CA> 「そ、そうですよね」=「Th-That's true.」
- <425C> 「そんな大人っぽい事をするなんて、さすが瑠奈さまですわ」=「You're amazing, doing such mature things, Runa-sama.」
- <4404> 「大人っぽい? ふっふふ、いい響き……こほん、いえ、そんなことないわ」=「Mature? Fufufu, that sounds quite nice... Ahem. Oh, you flatter me.」
- <44C8> 「いいえ、そんなことありません。瑠奈さまは大人です」=「No, I'm telling the truth. You're very mature, Runa-sama.」
- <457A> 「物腰の柔らかさといい、知識の豊富さといい、大人っぽい証拠ですわ」=「You have a soft demeanor and a wealth of knowledge. It's proof that you're very mature.」
- <472C> 「そ、そう」=「O-Of course.」
- <47B6> 「それで、どんなデートをしたのですか?」=「So, how was your date?」
- <485A> 「知りたい?」=「Want to know?」
- <48E6> 「いえ、お二人の秘密であれば、わたくしは遠慮を――」=「No, if it's a secret between the two of you, then I shall refrain―」
- <4996> 「じゃあ教えてあげる」=「All right then, I'll tell you.」
- <4A2A> 「え? え、えっと、ありがとうございます」=「Oh? U-Um, thank you very much.」
- <4AD0> 「駅で待ち合わせをして、せんせいが予約を取ってくれたレストランで、ランチをしたの」=「After meeting at the station, we had lunch at a restaurant that Sensei reserved for us.」
- <4B9E> 「とっても美味しいお店だったんだけど、せんせいったらずーっとわたしを見てるのよ?」=「The food there was quite delicious, but Sensei was watching me the who~le time.」
- <4C6E> 「まあ。きっと見とれていたんでしょうね」=「Oh, my. She must have been charmed by you.」
- <4E06> 「否定はしないわね」=「I won't deny that.」
- <4E95> 「「きゃああぁ~~ん★」」=「「Kyaaaa~~n★」」
- <5024> 「それから、せんせいが私を連れ回したの」=「And after that, Sensei took me around everywhere.」
- <520C> 「蓬莱泉さ~~~ん!」=「Houraisen-sa~~~n!」
- <52A1> 「せんせいは、デートでは大胆なんですね」=「Sensei was quite daring during the date.」
- <5347> 「相変わらず仲が宜しくて、羨ましいですわ」=「You two are so close, I'm rather envious.」
- <53EF> 「うぅ……」=「Uu...」
- <5479> 「せんせいったら、顔が赤くなって可愛らしいですわ」=「Sensei, you're so cute blushing like that.」
- <566B> 「はううーっ!?」=「Hauuu?!」
  <56F1> うう、教え子に冷やかされちゃった。=Uu, my own students are making fun of me.
  <58FB> 瑠奈にちゃんと言わなきゃ。=I'd better tell Runa.
  <5989> そう思って、誰もいない空き教室までふたりでやって来た。=With that in mind, I took her to an unused classroom.
  <5A33> 念のために鍵をかけてから、瑠奈に向き直る。=After locking the door as a precaution, I turned to face Runa.
- <5BCF> 「瑠奈」=「Runa.」
- <5D95> 「なにかしら」=「What is it?」
- <5E21> 「昨日のデートの事なんだけど……」=「About yesterday's date...」
- <6001> 「昨日の……?」=「Yesterday's...?」
- <61CF> 「消化できなかったプランを、次の休みに消化したいの?」=「You want to start planning for another one next holiday?」
- <63C5> 「そうじゃなくて、その……」=「Not that, um...」
- <645F> 「あ、あまり周りに言わないで欲しいの」=「I-I'd like it if you didn't go around telling everyone...」
- <6501> 「なんだ、そんなこと」=「Oh, that's all?」
- <6593> 「冷やかされた事を気にしてるの?」=「Is the banter getting to you?」
- <6631> 「あんなの気にせず、堂々としていればいいのに」=「You should just be proud that I was happy about our date.」
- <66DD> 「うぅ……」=「Uu...」
- <6765> 「それとも、わたしと仲がいいと困るのかしら?」=「Or are you bothered by how close we are?」
##:Branch 4
##:そんなこと決してないわ! = "Of course not!"
- <69F0> 「そんなこと決してないわ!」=「Of course not!」
- <6A88> 「そ、それならいいけど……」=「W-Well then, that's fine...」
- <6B22> 「もう。瑠奈がそんな事を思う方が問題だわっ」=「Geez, how could you even think that, Runa?」
- <6D0C> 「わ、わかったわよ。それに関しては謝るわ」=「O-Okay, I get it. I'll apologize for that.」
##:教師として節度を守りたい = "As a teacher, I have to show some restraint"
- <6DE7> 「みんなの前で言いふらされるのには、抵抗があるわ」=「I'd like you to not spread around rumors about me.」
- <6FD9> 「わたしは教師として、節度を守りたいの」=「I'm a teacher, so I have an image I have to maintain.」
- <71BF> 「またそうやって大人ぶって……」=「Pretending to be an adult again...?」
- <725D> 「そんなんじゃないわ」=「I don't mean that.」
  <72E7> というか私、大人なんだけどな……=And besides, I am an adult...
##:Branch 4 end
- <74C5> 「とにかく、冷やかしは大いに結構だと思うわ」=「Anyway, all this friendly banter is fine.」
- <76B1> 「だ、だから、それは……」=「B-But that...」
- <7889> 「せんせいは、わたしの恋人なのよ!」=「Sensei, you are my girlfriend!」
- <7A6B> 「どうしてみんなに言っちゃいけないの?」=「What's wrong with telling everyone that?!」
  <7B07> 瑠奈の表情が、どことなく硬い。=I don't know why, but she looked so steadfast.
  <7B99> なんだか、少しだけ様子が違う気がする。=It was just a little bit, but she felt different somehow.
##Runa is being very disrespectful in this image.
- <7D75> 「きゃっ、瑠奈……?」=「Kyaa! Runa...?」
  <7DFF> 気づけば机の上に押し倒されていた。=Before I knew it, she pushed me down onto the desk.
  <7E95> 真上にいる瑠奈の顔が、少しだけ怖い。=Runa, who was looking at me from above, looked a bit scary.
- <7F35> 「わたしとせんせいの立場は対等だわ」=「You and I are in a relationship, which makes us equals.」
- <7FD7> 「え……?」=「Huh...?」
- <805F> 「恋人に、教師も学生もない」=「We're not teacher and student, but lovers.」
- <80F7> 「わたしをよく見て……」=「So, look at me...」
  <8183> 切ない声で、語尾がかすれる。=She ended her words with such a sad voice.
  <8213> 何をそんなに思い詰めているの?=What was she thinking so hard about?
- <82AD> 「せんせい……ちゅっ★」=「Sensei... *kiss*★」
- <8348> 「ん、んぅ……」=「Nngh...」
  <83CC> キスをされながら、彼女の手は私の身体を這い回り、そして……=As she kissed me, her hands crawled around my body until...
- <8484> 「る、瑠奈……どこを触って……きゃっ」=「R-Runa... Where are you touchi... kya!」
- <8526> 「せんせいの大切なトコかな~」=「Your precious place, perhaps~」
  <85B8> 瑠奈は下着を強引に下ろすと、私の恥丘をぐりぐりとなで回す。=Runa forcibly removed my underwear and began fondling me.
- <8670> 「る……瑠奈……こんなところで!」=「Ru... Runa... Not here!」
- <870E> 「だいじょうぶよ。誰も見ていないわ」=「It's fine. Nobody's watching.」
- <87AE> 「この教室にいるのはせんせいとわたしだけ」=「We're the only ones in this classroom.」
- <8856> 「で、でもっ……うぅっ、うちゅ……ふは……んんっ」=「B-But... uu... *kiss*... fuhaa... nngh!」
  <88FC> 文句を言おうとするのを唇でふさがれる。=She silenced my complaints with her lips.
  <8996> なんだか、瑠奈がいつもと違う。=Why is she acting so strangely?
  <8A28> まるで、何かに焦っているみたい……=It's almost like she was agitated...
  <8ABE> 普段はあんなに余裕を見せつけているのに。=She's usually very composed.
- <8B64> 「ひあっ……んぅ……る、瑠奈……ゆ、指……あぅっ」=「Hiaa... nn... R-Runa... y-your fingers... aah!」
  <8C0A> 瑠奈の細い指が、私の秘裂を割っていく。=Her slender fingers opened up my pussy.
- <8CAE> 「あんっ……そんな……ああん、瑠奈の指が……なか擦ってるぅ……はぅぅん」=「Aahn... That's... aahn, Runa, your fingers are... rubbing inside me... hauun...」
  <8D6A> 細い綺麗な指先が、バラバラに襞と膣、そしてクリトリスを愛撫する。=Her slender, beautiful fingertips stirred me up and caressed my clitoris.
- <8E28> 「あっ、あっ……や……いっぺんに動かさないでぇ……はぁんっ」=「Aaah... no... don't move them all at once... haahn!」
  <8ED8> 普段より強く、的確に、私の感じる場所を刺激してきた。=She stimulated my most sensitive spots far more intensely and precisely than usual.
- <8F8A> 「んぁぁう……! 瑠奈、あ、ん……そんなに強くしちゃ、痛いわ……あ、っ、ぁぁん!」=「Nn...! Runa, aahn... You're being too rough, it hurts... aaaahn!」
- <9058> 「いつもが優しいだけよ」=「I just normally hold back.」
- <90EE> 「んちゅ、ちゅ……んっ、ん……でも……んぅぅ」=「*kiss* *kiss*... nngh... But... nn!」
  <9190> 強いけど、気持ちいい。=Even though she's being so rough, it feels good.
  <921A> 愛液をまぶされ、強く擦られるクリトリスに、身体が跳ねる。=Covered in love juices, my body shuddered as she rubbed my clitoris.
  <92C6> それとはうって変わって、他の指はやわやわと、秘裂を揉みほぐす。=Meanwhile, her other fingers softly massaged my pussy.
  <9378> 強弱を使い分けて私を悦ばせてくるなんて。=The way that she so skillfully controlled her strength and pleasured me...
  <9414> この子、本当に私より年下なのよね?=Is this girl really younger than I am?
  <94AA> いつもはそう見えていても、時々本当にどきりとするくらい年上に見える。=She usually seems that way, but sometimes she's surprisingly mature.
  <9562> あの人を重ねて見ているんじゃない。=She's starting to resemble that person, little by little.
  <95F8> 瑠奈自身が、驚くほど大人っぽく見えるのだ。=Runa herself was starting to seem like an adult. It was almost shocking.
- <96A0> 「あぁ……はぁん、瑠奈……瑠奈……すごいぃ……あんっ★」=「Aah... haahn, Runa... Runa... amazing... aahn★」
- <9759> 「感じてる、せんせい?」=「Does it feel good, Sensei?」
- <97EF> 「はぁっ……ええ、ええっ、感じてるっ、はあぁぁん」=「Haahh... y-yeah, it feels good... haaaahhn!」
- <989D> 「本当に感じやすいのよね、せんせい……ちゅっ」=「You're really sensitive, aren't you, Sensei... *kiss*」
  <993F> 瑠奈の唇がまた、キスをくれる。=Runa gave me a kiss.
- <99DB> 「だ……だって……んんっ、ちゅっ、ちゅぱっ」=「Th...That's because... *kiss* *smooch*」
  <9A7B> 瑠奈が私を……こんな身体にしたのよ……=That's because... you made me this way...
  <9B15> ……多分。=...Probably. I think.
- <9B9B> 「ちゅるる……ちゅぢゅ……んぢゅぅ、ちゅ……んはぁ……いい眺め★」=「*slurp*... *kiss*... *kiss* *kiss*... haaa... What a nice view★」
- <9C5E> 「上から見下ろすせんせいって、大好き……れろ……ンン……んぅ」=「I like looking down on you from above, Sensei... *kiss*... nngh...」
- <9D18> 「せんせいのこと、征服してるみたいなんだもの」=「It's like I'm conquering you.」
- <9DC4> 「瑠奈ったら……」=「Geez, Runa...」
- <9E52> 「あら、本当よ?」=「I'm serious, you know.」
  <9ED8> かっこいい流し目で私を見てくる。=She threw a sexy glance at me.
  <9F6C> よく意味がわからず押し倒されたのに、胸がきゅんとしてしまった。=I'm not sure why, but my chest tightened as she pushed me down.
- <A028> 「瑠奈のかっこよさは、反則だわ」=「It's not fair, being cool like that.」
- <A0C4> 「ふふっ♪ ちゅ……ちゅぱ、ちゅる……ちゅぅ」=「Fufu♪ *kiss*... *smooch* *slurp*...」
- <A170> 「んぅ、ん……ちゅるる、れろ……ちゅっ」=「Nngh... *slurp* *lick*... *kiss*」
- <A214> 「もっとたくさん感じさせてあげる」=「I'll make you feel even better.」
- <A2B4> 「も、もう……十分感じてるわ……」=「I-I think you've done enough already...」
- <A352> 「まだまだよ、もっとたくさん感じさせてあげる」=「Not at all. I can still make you feel even better.」
  <A3F4> 瑠奈らしからぬ、余裕のない表情で私を感じさせてくる。=Runa continued to fondle me while wearing an agitated face. It's not like her.
  <A49C> なんだろう、瑠奈にいいように翻弄されながら、私はその表情に違和感を感じる。=Even though she was playfully toying with me, her expression gave me a bad feeling.
- <A562> 「せんせいがわたしの事しか考えられないように……」=「Sensei, there's no need to think about anything except me...」
- <A612> 「そんなの、今だって……じゅうぶ……はああぁぁんっ★」=「No, really... that's... enou-- haaaaaahhhhnnn★」
##
  <A6C1> ぐりっと痛いくらいにクリトリスを摘まれ、嬌声めいた声が迸る。=When she pinched my clitoris hard enough to hurt, an almost flirtatious voice surged out of me.
- <A77B> 「んぁ、あ……ぅ、う……んっくぅぅん!」=「Aaaahhh... uu... kuuuu!!」
- <A821> 「あ、ぅ……瑠奈……あっ、ぁ、気持ち、いい……あぅぅ……ぅ、うっ」=「Aahh... Runa... aaahh, feels so good... aaauu...」
- <A8DF> 「そんなに声を出していいの、せんせい?」=「Is it okay to shout like that, Sensei?」
- <A985> 「……んぅ」=「Yeah...」
- <AA0D> 「ここ、空き教室ってだけで、下校時間でも何でもないのよ?」=「This may be an empty classroom, but it's not like classes are over yet, right?」
- <AAC3> 「廊下を誰かが通るかも……」=「Someone might pass by in the hallways...」
- <AB5D> 「はう……っ」=「Hauu...」
  <ABDF> 慌てて口を塞ぐ。=Though flustered, I shut myself up.
  <AC63> 忘れてた……=I completely forgot...
- <ACEB> 「ようやく思い出したかしら?」=「Have you finally remembered?」
- <AD87> 「……(こくこく)」=「...*nod* *nod*」
- <AE17> 「せんせいは、注意が足りない様ね」=「It seems you're not cautious enough, Sensei.」
- <AEB7> 「うう……」=「Uuu...」
- <AF3F> 「まー、わたしは容赦なくせんせいを、気持ちよくさせるのだけど★」=「Well, I did relentlessly pleasure you, Sensei★」
- <B002> 「はううー!?」=「Hauuu?!」
- <B08E> 「その反応、ドキドキしちゃう★」=「Your reactions are making my heart race★」
- <B131> 「わ、私が困ってるだけじゃな~~い」=「I-I'm not the only one who'll be in           trouble~~」
- <B1D1> 「そうそう、その顔よ」=「Yup, that's a nice expression.」
  <B25B> 瑠奈は愛おしむように、私の顔に触れてくる。=Runa touched my face as if cherishing it.
  <B2F9> うぅ、更にかっこいい……=Uuu, she's doing it again...
- <B38D> 「その顔……わたしが大好きな顔よ★ ちゅっ、ちゅ……んはぁ、ちゅるっ★」=「That's the face I love★ *kiss* *kiss*... Haa... *slurp*★」
- <B45D> 「んんっ、く……んちゅ、ちゅ……んはぁんん」=「Nngh... *kiss* *kiss*... haahhhnn...」
  <B4FD> 気持ちよくて、足の指にまで力が入ってしまう。=It felt so good that it even reached my toes.
- <B5A7> 「る、瑠奈ぁ……も、お願い……あんっ」=「R-Runa... please... aahn!」
- <B649> 「どんなお願い?」=「What is it?」
- <B6D9> 「あっあっ……やぁっ、気持ち……いっ、ひゃあぁん」=「Aaaah... don't... it feels so good...」
  <B77F> 止めて、と言わなきゃいけないのに……=I have to tell her to stop...
  <B817> こんな場所では嫌だと言わないと。=I have to say we can't do it here.
  <B8AB> なのに……私の口から出るのは嬌声ばかりで……=But... the only sounds I'm making are naughty ones...
- <B953> 「ここで止めちゃう?」=「Should I stop here?」
- <B9E7> 「い、イヤぁ……瑠奈、止めないでぇ……っ、あはぁぁっ」=「D-Don't... Don't stop, Runa... ahaaahh...」
  <BA91> 止められたら、私、おかしくなってしまいそう……=I'll go crazy if she stops now...
- <BB3B> 「止められたくないなら、もっと好きって言って? せんせい」=「If you don't want me to stop, then keep saying you love me, Sensei.」
- <BBF3> 「ん、あ……ああぅ、ぅ……っく、う……ん、はぁ、ぁ、瑠奈……あっ、好き……好きぃ」=「Aahh... aahhh... haaahh, Runa... I love you... I love yoouuu...」
- <BCC1> 「もっと言って……」=「Say it more...」
- <BD53> 「好き、好き……瑠奈ぁ、あ……あっ、んぁぁっ!」=「I love you... I love you, Runaaa... aahnn!」
  <BDF7> 声を出しちゃダメだと思っても、出てしまう。=Even though I told myself to, I couldn't hold my voice back.
  <BE95> 周囲の事が考えられなくなるくらい、気持ちいい。=It felt so good that I stopped thinking about my surroundings.
- <BF3F> 「もっと言って……もっと、もっと……」=「Keep saying it... more, more...」
- <BFE3> 「声、出ちゃう……んっ、瑠奈ぁ、ぁ、イッちゃう……好きぃ……でも、イッちゃう、あ、あぁぁっ★」=「I'm crying out... nn, Runaaa, I'm coming... I love you... but, I'm coming... aaaahhhh★」
- <C0C2> 「だーめ」=「No way~」
- <C14A> 「無理……あ、ぁ、許して……イッちゃうのぉっ」=「I can't... ah, aahh, forgive me... I'm coming...」
- <C1F4> 「我慢しなさい、せんせい」=「Endure it, Sensei.」
- <C28A> 「もっと言うの、命令よ」=「Keep saying it. That's an order.」
- <C320> 「す、好き★、瑠奈……好き★ ああっ、大好きぃっ、で、でも我慢できないぃっ」=「I-I love you★, Runa... I love you★ Aah, I love you so much... b-but I can't keep this up any longer!」
- <C3F2> 「ダメ、わたしを好きなら我慢しなさい」=「Too bad. If you love me, then you'll endure it.」
- <C496> 「瑠奈の指が気持ちよすぎて、あ……んぁ、声もいっぱい出ちゃって……あっんん!」=「Your fingers feel so good... I can't hold it... aaahhn!」
  <C558> 体ががくがくと震える。=My body continued to tremble.
  <C5E2> 声を出しちゃいけないとか、イッちゃだめとか、言われるほど我慢できなくなる。=I couldn't bear it any longer, even as I told myself that I couldn't come nor let my voice out.
- <C6AA> 「そんな……瑠奈ぁ……ゆるひてぇ……しゅきぃ、瑠奈、らいしゅき★ も、イッちゃうぅっ★」=「That's... Runaa... forgive meee... I luv you, Runa, I luv you sho muuch★ I'm commiiinnngg★」
  <C780> もう……ダメ……!=I can't... anymore...!
- <C810> 「あああう、う……ん、っく……うぅ★」=「Aaaaauuuu... nnn... uu★」
- <C994> 「イクぅ、あ……気もひよすぎてイク……ッ、るなぁっ、う、っくぅぅんんん★★」=「I'm coming... it feels too good... Ruunaaaa... uuuu★★」
  <CA5C> ひくっ、と体が引きつる。=My body spasmed with a jolt.
- <CAF2> 「はあぁぁぁ……っ★」=「Haaaaaaahhh...★」
  <CB81> 絶頂したと同時に、股間から水のようなものが断続的に吹き出した。=As I climaxed, something resembling water gushed out from between my legs.
- <CD51> 「ひぁんっ、せんせい潮吹いちゃった」=「Hyaan, you're squirting!」
- <CDF3> 「あ、ぅ、ぅ……」=「Aauuu...」
  <CE79> ガクガクと身体が震えて……力がまったく入らなくて……=My body's quivering... I have no energy left...
  <CF21> 止められなくて……=I couldn't stop...
- <CFAF> 「わたしの指を、こんなに濡らして……」=「My fingers are soaked...」
  <D049> 自分の意志とは関係なく、噴き出す潮。=The fluid squirted out against my will.
  <D0E1> よりによって、学園の、教室の、昼日中の……=And of all times and places, it had to be on campus... in a classroom... in broad daylight...
  <D17F> なのに、瑠奈に苛められて、いつもより感じるなんて……=And yet being bullied by Runa actually felt better than usual...
  <D227> 私……って、変態かも……!?=Am I... a pervert...?!
  <D2B7> ああああ……もう、どうしたらいいの!?=Aaaaahhhhhh... What do I do now?!
  <D351> 居たたまれない!=I want to run away!
- <D3DF> 「はっ、恥ずかしい……」=「S-So embarrassing...」
- <D473> 「そんなに気持ち良かったのね」=「It felt that good, huh?」
- <D50F> 「うぅ、消えていなくなってしまいたい」=「Uuu, I just want to disappear...」
  <D5A9> 耳まで真っ赤になる私に、瑠奈はまたキスをする。=Runa once again kissed me as I was blushing all the way up to my ears.
- <D653> 「ちゅっ……♪」=「*kiss*♪」
- <D6E1> 「んん……!」=「Nngh...!」
- <D76B> 「せんせいは恥ずかしいかもしれないけど、わたしは最高に嬉しいわ★」=「Sensei, even if you're embarrassed, I'm happy as can be★」
- <D830> 「瑠奈……」=「Runa...」
  <D8B0> こんなことで瑠奈が喜んでくれるなんて……=So this made Runa happy...
  <D94C> さっきまでの憂うつは晴れたのかしら?=Did her gloom from before clear up?
  <D9E4> それなら、私が痴態を見せて有意義だったかも……=Then the foolishness that I showed might have been significant...
  <DA86> なんて思ってしまうくらい、こんなに瑠奈が好きなんて。=I love Runa enough to think things like that.
  <DB2E> 私って、本当に恥ずかしい人かも……=I really do get embarrassed too easily...
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s013.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)