User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s007
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <09C1> 「占い」=Fortune Telling

  <0B0A> 私は今朝も全身に毛布を巻き付けた物体に声をかける。=This morning, Runa is completely wrapped up in blankets again. I'm trying to wake her up.
- <0CAE> 「瑠奈、おはよう。起きましょう?」=「Runa, it's morning. Wake up.」
  <0D4C> 『……もう少し寝かせてぇ』=『Let me sleep a little more...』
  <0DDA> なんて色っぽい声を出すのかしら。=What a sexy voice she's letting out.
- <0F6C> 「私は行かなきゃいけないから、先に食べちゃうわよ?」=「I have to leave soon, so I'm going to eat first, okay?」
  <101C> 『……うー』=『Uu...』
  <109C> 顔と足だけ毛布から出てくる。=Runa's face and legs popped out of the blanket.
- <1134> 「んぱぁ……」=「Npaa...」
  <11B6> 必死に眠気と戦っているのだろう。=She must be fighting with her drowsiness to the death.
- <1252> 「うにゅ……」=「Unyuu...」
  <12D4> こうしていると、年相応に見えるわ。=She's actually acting her age right now.
  <136A> 彼女の元に近づき、おでこにキスをする。=I drew closer to her and kissed her on the forehead.
- <1500> 「んん……」=「Nn...」
- <167E> 「一緒に食べない?」=「Why don't we eat together?」
- <170E> 「……食べるわ」=「...Okay.」
  <1882> やっとの事でベッドから抜けだして、朝の準備をし始める。=She finally got out of the bed to prepare for the day.
  <192C> 瑠奈が洗面所から戻ってくると、きゅっと抱きついてくる。=After she returned from the bathroom, she came over to hug me.
- <1AD2> 「ぬくい……ぐぅ……ぐぅ……」=「It's warm... zzz... zzz...」
- <1CB0> 「る、瑠奈、寝ちゃダメよ?」=「R-Runa, don't go back to sleep!」
- <1D48> 「ここ、わたしのベッド……」=「This is my bed...」
- <1F24> 「違うわよ~」=「It's not~」
  <1FA6> 私だって瑠奈とこうしていたいけど、今日は平日だものね。=I want to stay like this with Runa too, but today's a weekday.
  <2050> さっさと学園に行かないと。=We have to go to school soon.
  <20DE> 顔を洗っても目が覚めない瑠奈を、椅子に座らせる。=Runa's still too drowsy to wash her face, so I let her sit down for a while.
- <22CC> 「せんせい……朝ご飯……食べさせてあげましょうか……」=「Sensei... can I... feed you breakfast?」
- <2380> 「ね、寝ぼけてるの?」=「A-Are you still sleepy?」
- <2412> 「起きてるわ……」=「I'm awake...」
- <24A0> 「はい、あーん」=「Here, say "Aah".」
- <252E> 「そんな、朝から……」=「First thing in the morning...」
- <2702> 「お口を開けなさい?」=「Open your mouth.」
- <28D8> 「うう……」=「Uu...」
  <2958> 朝からこんなことしちゃうなんて、幸せなような、気恥ずかしいような。=I'm not sure if I should be happy or embarrassed that we're doing this even so early in the day.
- <2B5A> 「はむ……ありがとう、瑠奈」=「Ahm... Thanks, Runa.」
- <2D34> 「どういたしまして」=「You're welcome.」
  <2DBC> と、返事をしている側から目を閉じている。=...Then, she closed her eyes as soon as she finished speaking.
- <2FA4> 「寝てると、先に行っちゃうわよー?」=「If you fall asleep, I'll leave first, okay?!」
- <3186> 「はっ!?」=「Hah?!」
- <3350> 「ね、寝てないわよ。先に行くなんて許さないわっ」=「I, I'm not sleeping. I won't forgive you if you leave first!」
- <353E> 「……ぐー」=「Zzz...」
  <35BE> か、可愛い。=S-She's so cute.
  <363E> 小動物みたい……=She's like an adorable little hamster...
  <36C2> 思わず頭を撫でた。=I began stroking her head without thinking.
- <3892> 「んぁう!? ね、ねね、寝てないったら!」=「Au?! I-I-I said I'm not sleeping!」
- <3A7C> 「はいはい、くすくすっ」=「Sure, sure. *giggle*」
- <3C52> 「むぅ……」=「Muu...」
  <3CD2> 膨れた顔も可愛いのでした★=She's cute when she's pouting too★
- <3F48> 「はぁ……どうして毎日授業があるのかしら」=「Haa... Why do we have class every day?」
  <3FE6> 学園に到着するなり、瑠奈がそんな身も蓋もないことを言い出した。=Runa bluntly asked that as soon as we arrived on campus.
- <41E4> 「どうしてって言われても」=「D-Don't ask me why...」
- <43BC> 「だってそうでしょ?」=「But isn't that how it is?」
- <444E> 「必要なことを勉強するだけなら、毎日来る必要なんてないもの」=「If I just study the things I need, I won't have to go to class every day.」
- <4506> 「たとえば私なんて、六年生で習うべき事はとっくに理解しているわ」=「For example, I already understand all the sixth-year material.」
- <4704> 「にも関わらず、同じことをまた教わるのは無駄じゃないかしら?」=「There's no point trying to teach me things I already know, is there?」
- <47C0> 「そんなこともないと思うけど……」=「I think you should still go to class...」
- <49A0> 「いいえ、無駄ね」=「No, it's pointless.」
- <4A2E> 「そんなヒマがあるのなら、新しいことを勉強すればいいのよ」=「If I have so much free time, shouldn't I be spending it learning new things?」
- <4AE4> 「もしくは、読書とか音楽鑑賞とか、感性を磨くことに費やした方がもっともっと有意義だと思わない?」=「Don't you think it would be far more meaningful to devote my time to polishing my sensibility through appreciating literature or music?」
- <4D04> 「言いたいことは分かるけど、集団生活での協調性を学ぶっていう目的もあるのよ」=「I understand what you're trying to say, but you also have to learn how to be part of a group and cooperate with others.」
- <4DCE> 「それに瑠奈の場合は、マンガを読んでゲームしてっていう風に、時間を浪費するんじゃないの」=「And Runa, aren't you wasting your time reading manga and playing games?」
- <4FE4> 「そんなお説教、今は聞きたくないわ!」=「I don't want to hear it right now!」
  <507E> 無理矢理話を逸らした……=She forcibly changed the subject...
- <5254> 「要するに、協調性って、上手く人と付き合う力を養うってことでしょ?」=「Basically, cooperation means being able to properly interact with people, right?」
- <5314> 「そんなの、できる人は最初からできるし、できない人はいつまで経ってもできないのよ」=「Cooperation is a skill one is born with. The ones who don't have it can never acquire it no matter how much they try.」
- <53E2> 「そもそも、このわたしや姉さまを見てみなさい」=「Take a look at me and Nee-sama.」
- <55CE> 「生まれながらにして身に着けた気品とカリスマ!」=「We've had elegance and charisma since birth.」
- <567A> 「わざわざ仲良くしようとしなくても、勝手に周りに人が集まって来るじゃない」=「People will naturally gather around us without us even trying.」
- <5740> 「それにほら、朝靄に木々の緑がとりわけ美しく映えるでしょう」=「Anyway, look! The greenery of the trees in the morning mist is especially lovely!」
- <593A> 「この美しい日差しの中、学園にこもるだなんて、情操教育的にも間違っているのよ」=「It's senseless to think that people should be confined within campus when the sunlight outside is so beautiful!」
  <59FC> 一見もっともそうだけど……=It sounds logical at first...
  <5A8A> 放っておいたら、いつまでもベッドから離れない瑠奈に言われても。=But coming from Runa, who would never have gotten out of bed if I had left her alone, it doesn't sound convincing.
- <5B46> 「まあ、瑠奈さまはとっても詩的な感性をお持ちでらっしゃるのね」=「My, Runa-sama has such a way with words.」
  <5BF8> ついさっきまで、ダルイとか眠いとか、ぶつぶつ文句を言っていた人とは思えない豹変っぷりだわ。=Runa, who up until now was complaining about going to school, just underwent a complete transformation.
- <5CD0> 「では、瑠奈さま、お先に失礼します」=「Well then, Runa-sama, please excuse me for now.」
- <5EB2> 「ええ、ではまた教室で」=「Yes, until the next class.」
  <5F3E> クラスメートをパーフェクトなスマイルで見送る瑠奈。=Runa sent off her classmate with a perfect smile.
  <5FE4> その姿が見えなくなると、途端にまた気合いの抜けた顔に戻る。=As soon as she went out of sight, Runa reverted to her old lifeless expression.
- <61DC> 「はぁ……人気者も楽じゃないわ」=「Haa... Being popular is tough, too.」
- <627A> 「ほんと、すごいわ……その変わり身の速さ」=「It amazes me how fast you can change...」
  <6318> 確かにその通りなんだけど、だからって納得なんてできるわけない。=Of course that's just Runa being herself, but that's exactly why I can't let it be.
  <63CA> なんというか、瑠奈やあの人は根本的に規格外だもの。=Runa and her sister are fundamentally extraordinary people.
- <6478> 「そういうわけだから、せんせいは早急に上にかけあって、わたしの自由出席を認めさせてちょうだい」=「Sensei, that's why you should hurry up and negotiate with the higher-ups to exempt me from attendance.」
- <6696> 「で、できるわけないでしょ、そんなこと」=「T-There's no way I'm going to do that!」
- <687C> 「えー、どうして?」=「What? Why not?」
- <6A50> 「当たり前でしょ!」=「Isn't it obvious?!」
  <6C1A> ほんと、無茶苦茶だわ。=She's just so unreasonable.
  <6CA4> 単に授業がめんどくさいだけで、よくもまあ即興でここまでの演説ができるものだわ。=She improvised a ridiculous speech just because she decided that classes are bothersome.
  <6D66> なんだかもうちょっとで、私まで納得しちゃいそうだったし。=She even seemed like she was going to consult with me.
  <6E12> 瑠奈が将来、政治家とかになったらあっという間に登りつめて、それこそ日本初の女性総理大臣とかになっちゃうかも……=If she became a politician in the future, she'd climb up the ranks in the blink of an eye and become the first female Prime Minister of Japan.
  <6EF4> う、それはなんだか凄く恐ろしい国になりそうだわ。=Uu, I fear for Japan's future.
- <6FA0> 「あーもー、めんどくさーい」=「Ah, geez, what a pain.」
- <7038> 「家で一日中ゴロゴロして過ごしたーい」=「I just want to stay at home and do nothing all day...」
- <721E> 「あのね……」=「You know...」
  <72A0> 瑠奈は猫背になって両手をぶらぶらさせる。=Runa hunched her back and dangled her arms around.
  <733C> ほんと、この姿を瑠奈の取り巻きの女子たちに見せてあげたいわ。=I really want to show this Runa to her followers.
  <73EC> さぞかしイメージをぶち壊してくれることでしょうね。=That would surely destroy their image of her.
- <749C> 「瑠奈さま、ごきげんよう」=「Runa-sama, a good day to you.」
  <752A> とかなんとかなんとか言ってると、ほんとにクラスの子が通りかかった。=And somehow, somehow, one of her classmates really did show up.
  <75E0> 私はびっくりして瑠奈を見る。=Alarmed, I looked towards Runa.
- <77BA> 「あら、ごきげんよう」=「My, a good day to you too.」
  <7844> 驚くべきことに、瑠奈はいつの間にか完璧な淑女の顔に変貌していた。=Amazingly, she had already transformed into a perfect lady.
  <78F8> この間わずか1ミリ秒。=That was way too fast.
- <798C> 「瑠奈さまは、毎朝とてもハツラツとされてますわね」=「Runa-sama, you sure are lively every morning.」
- <7A3C> 「わたくしなど、低血圧で朝が弱くて……」=「I have low blood pressure, so I am weak during mornings...」
- <7AE0> 「それは勿体ないわ」=「That's too bad.」
- <7B70> 「朝の空気って、とても清々しくて気持ちの良いものよ?」=「The morning air is very refreshing, you know?」
  <7C1A> いっそあっぱれだと思います。=That was splendid.
  <7CAA> ええ。=Definitely.
  <7EF9> 1時間目の終了ベルが鳴り、教科書を閉じる。=I closed my textbook after the bell chimed.
- <8095> 「それでは授業を終了します」=「Well then, first period is over.」
  <81E8> 挨拶を終えて廊下に出ると、教室は賑やかになった。=After I said that and went out to the hallway, the classroom began to bustle with activity.
  <8296> 『瑠奈さま、ちょっとよろしいですか?』=『Runa-sama, do you have a moment?』
  <8330> 深刻そうな声が気になって、教室を覗く。=I heard a serious-sounding voice and decided to peek into the classroom.
  <83CA> 二人は人目を気にしながらなにやらこそこそと話をしている。=The two of them were whispering something to each other while being cautious of other people's gazes.
  <8476> 端から見ていると、なんだかただならぬ雰囲気に感じられた。=Watching them, I felt an unusual atmosphere surrounding them.
  <852A> 『人のいないところへ行きましょうか』=『Shall we go somewhere private?』
  <85CC> 『はい……』=『Yeah...』
  <864C> 二人は、先ほど以上に人目を気にしながらどこかへ消えてしまう。=With even more caution than before, the two of them disappeared somewhere.
- <87FA> 「なにかしら……あれ」=「What... was that?」
  <8884> 最近、こんな光景を何度か見かけるのよね。=I've been seeing that over and over lately.
  <8920> 瑠奈は女の子を連れて、どこへ行ってるのかしら。=Where is she taking all those girls?
  <89C2> 雰囲気からすると、お手洗いということでもなさそうだし……=It doesn't seem to be the restroom...
  <8A6E> 何事もなければいいけど。=Hopefully, it's nothing major.
  <8BBD> それから……=And so...
  <8C3D> その奇妙な現象は、しばらく続いた。=That strange phenomenon continued.
  <8CD3> 初めは少し気にかける程度だったけど、こうも続くと気になってしまうもの。=At first I was only slightly interested, but as it went on I became more and more curious.
  <8D8D> 瑠奈と2人きりで、どこかへ行くというのが、拍車をかけてると思うの。=She was also beginning to run off with other girls more frequently.
  <8E43> 嫉妬してるわけじゃないのよ……多分。=It's not that I'm jealous... I think.
- <909C> 「気になって授業どころじゃなかったわ」=「I'm so curious that I can't concentrate on classes...」
  <9136> 一体どこに行っているのかしら。=Just where are they going?
  <91C8> 瑠奈と一緒に出て行った子は、次の授業になると、すっきりした顔をしているのよね。=The girls that left with Runa would always look completely refreshed the next class.
  <928A> 教室を出る前は、あんなに思い詰めた顔をしていたのに。=Even though they seemed to be really troubled beforehand.
  <9332> 2人でスッキリする事といえば、1つしか思い当たらない私の妄想を誰か止めて。=There's only one explanation that comes to mind. Somebody please stop my delusions.
- <93FA> 「うー……」=「Uu...」
  <947A> あの人も数え切れないほどの浮き名を流していたという、瑠奈の未確定情報があるのよね。=I'm sure her sister might do that and there were indeed rumors, but I doubt Runa would go that far.
  <9540> 先輩の血を確実に受け継いでいる瑠奈の事だけど……=Runa definitely has Senpai's blood, but...
  <95E4> まさか、そんなはずないわよね。=She wouldn't, right?
  <9676> 考えすぎよ、私。=I'm overthinking this.
  <986E> そのまま放課後になり、仕事を終えた私は教室に向かう。=And just like that, the school day ended. Now that my work today was over, I headed for the classroom.
  <9916> 静かな廊下は、学生の影さえ見えない。=I couldn't find any signs of life in the quiet hallway.
  <99B8> 『そんな……い、いけませんわ』=『That's... Y-You can't!』
- <9B48> 「!?」=「?!」
  <9BC4> な、なになになに?=Wh-Whatwhatwhat?!
  <9D3E> 今、何か声が聞こえてきたわよね。=Did I hear something just now?
  <9DDA> 『そんなに緊張しなくても大丈夫よ』=『You don't have to be so nervous.』
  <9E70> 瑠奈っ?=Runa?
  <9EEC> どこから声が聞こえているの? 教室?=Where is her voice coming from? The classroom?
  <9F8E> 『でも……』=『But...』
  <A016> 『力を抜いて、わたしだけを見て』=『Calm down and look only at me.』
  <A0B4> 『余計に緊張してしまいますわ……』=『You're a bit too tense...』
  <A152> 『ふふ、可愛い子』=『Fufu, how cute.』
  <A1D8> ななな、何をしているのっ?=Wh-Wh-Wh-What are they doing?!
  <A266> バクバクする心臓のせいで、会話が聞こえにくい。=My pounding heart was making it difficult to listen to their conversation.
- <A406> 「わわわ……」=「Wawawa...」
  <A488> どうしよう……=What should I do?
  <A50A> 瑠奈はとっても人気がある。=Runa is very popular.
  <A598> みんなにもすごく慕われている。=She's adored by everybody.
  <A62A> だから、本気になっちゃう子だっていてもおかしくないわよね。=So it wouldn't be strange if one or two were serious about her.
  <A6D8> 恋人がいるからダメだと思っても、好きになっちゃうことがあるって聞くし。=Even if they tell themselves that she already has a lover, they can't stop themselves from falling in love with her.
  <A792> で、でもでも~。=But this is...
- <A914> 「うう……」=「Uu...」
  <A994> よたつきながら、教室の扉に手をかける。=I staggered towards the classroom door and placed my hand on it.
  <AA2E> 教室を見たいような、見たくないような。=I'm not sure if I really want to look inside.
  <AAC8> でも、やっぱり見たい。=But after thinking for a moment, I decided to do it.
  <AB52> 腰を屈めて、そっと教室をのぞき見る。=I quietly bent over and peeked inside.
- <ABF4> 「……み、見えない」=「...I can't see.」
  <AC7C> 教室の隅で、こそこそしているのは見えるんだけど。=Although I can vaguely make out their shapes hiding in the corner of the classroom.
  <AD2A> 『や、やっぱり怖いですっ』=『I-I'm scared!』
  <ADC0> 『ここでやめてしまっても、いいの?』=『Do you really want to stop now?』
  <AE62> 『だって、いけない事だと思いますし……』=『But it feels so wrong...』
  <AEFE> いけないことって、なんなのよー?=Just what is so "wrong" about this?
  <AF9A> 『ちっともいけない事じゃないわ』=『There's nothing to be ashamed of.』
  <B036> 『わたしがあなたに、全てを教えてあげる』=『I'll teach you everything.』
  <B0DC> 『瑠奈さま……』=『Runa-sama...』
- <B16A> 「――だっ」=「Y-」
- <B3AB> 「ダメ~~~っ!!」=「You can't~~~!!」
- <B57D> 「きゃっ!?」=「Kya?!!」
- <B609> 「せ、先生……?」=「S-Sensei...?」
  <B68F> 慌てて飛び込むと、2人が驚いて振り返った。=The two of them turned in surprise after I barged inside, flustered.
- <B879> 「2人とも、何してるのっ」=「What are you two doing?」
- <BA51> 「何って……」=「"What", you ask...」
  <BAD3> 2人は絡み合っている様子もなく、普通に座っている。=They were just sitting next to each other. Not, in fact, making love.
  <BB79> 机の上には、カードが置かれていた。=There were several cards placed on top of the desk between them.
- <BD59> 「これから占いをするところよ」=「This is the part where I tell her fortune.」
- <BF37> 「う、占い……?」=「Her fortune...?」
- <BFC5> 「ええ。最近、よく頼まれるの」=「Yup. There's been quite a few requests lately.」
- <C05F> 「休み時間や放課後とかに、占ってあげてるのよ」=「I've been fulfilling them during breaks and after school.」
- <C10B> 「はあ……」=「Oh...」
  <C18B> えっちなことではなくて、単に占いをしていただけだったのね。=So it was just fortune telling, not anything perverted.
  <C239> 安心したわ……=I'm so glad...
  <C2BB> 私ったら、早とちりしちゃったみたい。=Looks like I was jumping to conclusions.
  <C353> ああ、穴があったら入りたい気分だわ。=Aah, I just want to crawl into a hole.
- <C3F5> 「瑠奈さまの占いは当たると評判ですの」=「Runa-sama's fortune telling is famous for its accuracy.」
- <C499> 「ですから、わたくしもお願いしたのですが……」=「That's why I wished to learn mine as well...」
- <C545> 「いざとなると、臆病になってしまって……」=「But I'm still a bit afraid...」
- <C5ED> 「そうね……」=「Makes sense...」
  <C66F> 占いって、不安に思う事があるからするのよね。=After all, fortune telling is for people who have worries.
  <C70F> 悩みがない人が占いをするって、あまり聞かないもの。=People without any troubles don't need it as much.
  <C7B5> 結果を知るのが怖い気持ちはわかるわ。=Of course she'd be afraid of hearing the results.
- <C857> 「わたくしは、もう少し自分でなんとかしてみる事にします」=「I'd like to try doing something about it by myself.」
- <CA4F> 「何かあれば、先生も協力するわ」=「If anything happens, Sensei will help out too.」
- <CAED> 「ありがとうございます」=「Thank you very much.」
- <CB81> 「また占いをして欲しくなったら言ってちょうだい」=「If you feel you want to hear your fortune again, go ahead and call me.」
- <CC2D> 「わたしはいつでも淑女の味方よ」=「I will always help out a fellow lady.」
- <CCCB> 「はいっ」=「Okay.」
- <CD53> 「けど、瑠奈……こほん、蓬莱泉さんは占いが出来たのね」=「But, Runa... *cough* Houraisen-san, all this time, you could do fortune telling?」
- <CE07> 「知らなかったわ」=「I never knew.」
- <CE95> 「暇なときにやる程度よ」=「It's just something I do when I have time.」
- <CF2B> 「先生も瑠奈さまに占ってもらったらいかがですか?」=「Sensei, would you like Runa-sama to tell your fortune?」
- <D11D> 「わ、私?」=「M-Me?」
- <D1A7> 「もちろんわたくしは席を外しますから、安心してください」=「Of course, I'll excuse myself so you don't have to worry.」
- <D25D> 「でも、占って欲しい事なんて……」=「But, I don't have any...」
- <D2FB> 「試しに、恋占いなんていかが?」=「Then, how about a love fortune?」
- <D4D9> 「せんせいの恋愛運を、ズバリ当ててあげるわ」=「I'll determine your fate once and for all, Sensei!」
- <D6C5> 「えええっ」=「Whaaat?」
  <D745> 恋愛は瑠奈とまあまあだと思うのよね。=But I think my relationship with Runa is fine.
  <D7DD> どちらかといえば、気になるのは仕事運だわ。=If I had to choose, I'd be more interested in my business fortune.
- <D9C7> 「し、仕事運にしてもらおうかしら」=「H-How about telling my business fortune?」
- <DBA7> 「えー?」=「What?」
- <DC2F> 「じゃあ……健康運?」=「Then... health fortune?」
- <DE03> 「却下よ」=「Rejected.」
- <DFCD> 「そうだ、金運!」=「I know, my economic fortune!」
- <E05B> 「問題外ね」=「Out of the question.」
- <E227> 「うう……じゃあ、何を占ってもらえばいいの」=「Uu... Then which fortune should I ask for...」
- <E2CF> 「恋愛運よ、恋愛運。それ以外、占わないわっ」=「Your love fortune, of course! Love fortune! I'm not accepting anything else.」
- <E4BB> 「ええっ!?」=「What?!」
- <E689> 「あの、恋愛とかは別に……」=「Umm, I'm not really...」
- <E721> 「別に? なんなのかしら?」=「"Not really"? "Not really" what?」
- <E7B9> 「別に、相手には困ってないと?」=「"I'm not really worried about who my destined partner is"?」
- <E997> 「それとも、恋愛なんて興味がないって言いたいのかしら?」=「In other words, you're saying that you have no interest in love affairs?」
- <EA4D> 「はう……」=「Hau...」
  <EACD> なにも、そんなに睨まなくても。=Why is she scowling at me so much...
- <ECA9> 「さあ、せんせい、覚悟を決めなさい」=「Now, Sensei, prepare yourself!」
- <ED4B> 「わ、私に選択権はないのね……」=「I-I don't have any say in this, do I...?」
- <EDE9> 「クスクス……では、わたくしは帰りますので、ごゆっくり」=「*giggle*... Well then, I'll be leaving now, so please be at ease.」
- <EE9F> 「え、ええ……気をつけて帰ってくださいね」=「Oh...? Be careful going home...」
- <F087> 「ごきげんよう」=「A good day to you.」
- <F115> 「ごきげんよう♪」=「A good day to you♪」
  <F19B> 瑠奈のように、優雅に微笑み、教室を出て行く。=With a graceful smile just like Runa's, she left the classroom.
  <F23B> 2人きりになっちゃった……=And now it's just the two of us...
- <F413> 「さあ、恋愛運を占うわよ」=「Now, allow me to tell you your love fortune!」
- <F4AB> 「で……当たるの? 瑠奈の占い」=「So... can you do it? Fortune telling?」
- <F689> 「もちろんよ。このわたしに不可能はないわ」=「Of course. There is nothing impossible for me!」
  <F727> なんだかよく分からないけど、もの凄い自信だわ。=I don't really get it, but that's a lot of confidence.
  <F7C9> 結果が悪かったらショックが大きそう。=It'll be a huge shock if the results turn out to be negative.
  <F861> しかも私の恋愛運って、瑠奈に直結してるし、尚更だわ。=Even more so because my love fortune is directly connected to her.
- <F913> 「れ、恋愛運は、そんなに悪くないと思うの」=「I-I really don't think my love fortune is that bad!」
- <F9BB> 「だから、他のにしない?」=「So can't we choose something else?」
- <FB93> 「ダメよ」=「No way.」
  <FC11> 即答された。=Instant reply.
- <FC99> 「絶対に恋愛運しか占ってあげないわ」=「I absolutely refuse to tell you anything but your love fortune.」
- <FD3B> 「だ、だって、相性が悪いとか言われたら……」=「B-But if we turn out to be incompatible...」
- <FDE5> 「他にも何か悪い結果が出たりしたらと思うと……」=「At least if I get negative results for any of my other fortunes...」
- <FE93> 「ダメ、たぶんきっと立ち直れないわ」=「...Never mind, I wouldn't be able to take it.」
- <10075> 「せんせいったら、相変わらずヘタレね」=「Geez, Sensei, you're still as utterly good-for-nothing as ever.」
  <1010F> へ、ヘタレ……=G-Good-for-nothing...?
- <1019B> 「いや、確かに我ながら心配性だとは思うけど」=「Even I know that I'm prone to worrying sometimes, but...」
- <10245> 「ヘタレはやめて……お願いだから……」=「Don't say I'm good-for-nothing... Please...?」
- <102E7> 「そういうところがヘタレだっていうのよ」=「That's exactly why you're good-for-nothing.」
- <104CF> 「しくしくしく……」 =「*sniff sniff*...」
  <10559> なんだかもう、いろいろと自信がなくなってきたわ……=Somehow, it looks like I've lost confidence in more ways than one...
  <10741> さっそく、瑠奈は占い始めた。=Without delay, Runa began her fortune telling.
  <107D1> ゆっくりと、妙に本格的な手つきでカードをめくっていく瑠奈。=Runa slowly turned over her cards with genuine, yet strange handiwork.
  <1087F> その雰囲気は、まるで本物の占い師のようだ。=The atmosphere made her seem almost like a real fortune teller.
- <10925> 「ふぅ……」=「Whew...」
  <109A5> しばらくして、何枚かのカードを目の前に並べて、瑠奈は大きく息を吐いた。=After a while, with a huge sigh, Runa lined up the cards in front of me.
- <10A69> 「それで……ど、どうなの?」=「So... H-How is it?」
  <10AF9> 私は緊張で思わず声をうわずらせながら聞いた。=I was so tense that I unintentionally let out my excitement.
- <10CE3> 「素晴らしいわ」=「It's wonderful!」
- <10D71> 「え……素晴らしい?」=「It's... wonderful?」
- <10E03> 「抜群の恋愛運だわ。これ以上はないってくらい」=「An extraordinary love fortune. In fact, it can't get any better!」
- <10FF1> 「ほ、ほんとに!?」=「R-Really?!」
- <111C3> 「妥協は一切せず、常に自らの手で勝ち取っていくタイプね」=「You are the type who will always grab victory with her own hands, without ever compromising.」
- <11277> 「この人物を恋の相手に選んだ人は、この上ない幸福を得ることでしょう」=「The one you love shall experience happiness like no other!」
- <11339> 「す、すごいわ! 私ってそんなに!?」=「R-Really?! I'm that amazing?!」
- <113DB> 「あら、誰がせんせいを占ったって言ったの?」=「My, who said I was talking about you, Sensei?」
- <115C7> 「へ……?」=「Huh...?」
- <1164F> 「せんせいを占う前に、せんせいの恋人であるわたしを占ったのよ」=「Before seeing your fortune, I checked my own fortune, since I'm your lover.」
- <11709> 「だから、さっきのはわたしの結果」=「Therefore, those were my results.」
  <1179F> な、なにそれ……=Wh― What's with that...
- <1196D> 「さすがはわたしね。まさに完璧だわ」=「Well done, me. I'm as perfect as ever.」
  <11A05> なんていう自画自賛の嵐。=What an amazing tempest of self-praise.
  <11A91> うう、でもこういう性格よね……=Uu, but that's just the way she is...
- <11C6D> 「さて、今度こそせいせいのことを占ってあげましょうか」=「Now then, this time I'll tell you your fortune.」
- <11D21> 「なんだかまた占ってもらうのが怖くなってきたわ」=「For some reason, I'm scared of hearing my fortune again.」
- <11DCD> 「なに? また、恋愛運はいいから仕事運を占って、とかヘタレたことを言うのかしら?」=「What now? Are you going to be a good-for-nothing and say things like, "My love fortune is fine, so tell me my business fortune" again?」
- <11E9D> 「う……恋愛運でお願いします」=「Uu... Please tell me my love fortune...」
- <12079> 「よろしい」=「Very well.」
  <120F9> ああでも、ヒドイ結果が出たらどうしよう。=Aah, but what am I going to do if the results are bad?
  <12195> そんなの、相性が悪いと言われたのと同じ事よ。=What if it turns out that we're incompatible?
  <12235> ジワジワとショックが大きくなるに違いないわ。=The shock is growing as we speak.
- <122DF> 「や、やっぱり、仕事運にしようかしら」=「I-I think I'll go with my business fortune after all...」
- <124C3> 「もう遅いわ」=「Too late.」
- <12691> 「ひぃぃんっ」=「Eeeeee!」
  <12713> おおおお願いします、どうか相性が抜群でありますように。=P-P-Please let our compatibility be excellent!
  <127BD> これからも瑠奈と一緒にいられますように。=So I can be with Runa now and forever!
  <12859> 楽しく過ごせますように。=So we can spend time having fun with each other!
  <128E5> 仲良しでいられますように!=So we can remain close to each other!!!
- <1297B> 「結果が出たわ」=「The results are in.」
- <12B4B> 「ひっ」=「Eek!」
- <12BCF> 「ふぅむ、これは……」=「Hmmm, this is...」
- <12C63> 「な、な、なに?」=「Wh-Wh-What?」
  <12CE9> 結果を聞くのが怖すぎて泣きそうよ。=I'm so terrified of hearing the results that I'm about to cry.
- <12EC9> 「まず、せんせいの恋愛に対する考え方からね」=「First, I'll start with your way of thinking regarding romance.」
- <12F73> 「は、はい……」=「O-Okay...」
- <12FFF> 「ひとことで言えば、奥手タイプ」=「To put it concisely, you're a late bloomer.」
- <1309B> 「気持ちを伝える事が下手な人だわ」=「You're bad at telling others how you feel.」
- <13139> 「自分から告白するなんて、考えもしないわね」=「You wouldn't even think of confessing to someone yourself.」
- <131E3> 「う……辛口ね……」=「Uu... So harsh...」
  <1326B> でも、当たっている、かも。=But she's probably right.
- <13301> 「曖昧な事は言わないわ」=「I don't say ambiguous things.」
- <13395> 「そんなの不誠実だと思うし」=「That would be dishonest.」
- <13571> 「はい……」=「Okay...」
- <135F9> 「占いを続けるわよ」=「I'm continuing now.」
- <13689> 「ええと、そんなせんせいと相性がいいのは、間逆のタイプね」=「Umm, therefore, the best fit for such a Sensei would be the opposite type.」
- <1373F> 「ぐいぐい引っ張ってくれるような人が、ぴったりじゃないかしら」=「Someone who forcefully pulls you around would be perfect for you, don't you think?」
- <137F9> 「せんせいも、リードしてくれる人がいいと思っているかもしれないわ」=「Don't you think someone who leads you around would suit you, Sensei?」
  <138AF> なんとなく、当てはまってる気がする。=Somehow, I feel that this fortune is spot-on.
  <13947> 背中を押してくれる人というか、目標とする人というか、尊敬できるタイプがいいわ。=Someone who would push me from behind... Steadfast and confident...
- <13B53> 「あっ……!」=「Ah...!」
- <13D21> 「な、なに?」=「Wh-What is it?」
- <13EED> 「運命の相手は、すぐ近くにいるみたいよ」=「It seems like your destined partner is nearby!」
- <140D5> 「えええっ」=「Really?」
- <1415D> 「年下で……」=「Someone younger than you...」
- <141E7> 「海外に居住経験があって……」=「With experience living overseas...」
- <143C5> 「うんうん」=「Yeah, yeah?」
- <1444D> 「女王様タイプ!」=「And like a queen!」
- <1461F> 「う、うん……」=「O-Okay...」
- <147ED> 「ホットケーキには、シロップをいっぱいかける人で、今、漫画やゲームにハマってる人ねっ」=「Someone who likes plenty of syrup on her pancakes and recently got into manga and games.」
- <148C1> 「………………」=「...」
  <14945> 迷うことなくズバズバ言い当てているけど……=I'm just going to come out and guess, but...
  <149E3> 占いに使っているカードに、そんな事が書いてあるはずもなく。=Fortune telling cards can't possibly have things like that written on them.
  <14A91> しかもそんなピンポイントな占いなんて、あるはずがない。=Besides, such a pinpoint fortune shouldn't exist.
- <14B45> 「……騙したわね?」=「...You tricked me, didn't you?」
- <14D17> 「あら、なんのこと?」=「My, what do you mean?」
  <14DA1> その視線は余裕たっぷりで、逆にこっちがたじろいでしまうほど。=Her gaze had so much composure that I started to doubt myself again.
- <14F9D> 「だ、だってそんな細かい事、占いで分かるはずないもの」=「B-Because there's no way you can find out this much detail from fortune telling.」
- <15051> 「瑠奈は私の事を知っているから、適当に占って、それっぽく言ったんでしょう?」=「You know me well, so you just gave a fitting, fake fortune, didn't you?」
- <1525D> 「はぁ……危うく信じるところだったわ」=「Haa... I almost believed you there.」
- <15441> 「……うーむ、バレたか」=「...Umu, so you found out.」
- <15619> 「やっぱり……」=「I thought so...」
- <157E7> 「適当に言っても信じればラッキーだと思ったのだけど」=「I thought it'd be lucky if I managed to get you to believe a suitable fortune, but...」
- <15897> 「せんせいも、さすがにそこまでおバカさんじゃなかったわね」=「It looks like you're not that stupid, Sensei.」
- <1594F> 「当たり前です……」=「Of course not...」
  <159D7> 瑠奈に私はどう思われてるのかしら……=Just what does Runa think of me...?
  <15A6F> 不安になっちゃうじゃないの。=It's making me uneasy.
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s007.txt · Last modified: 2014/07/02 06:22 by axypb