User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s006
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08CD> 「二人きりの時間」=Time for the Two of Us

  <0C39> 放課後になり、みんなが帰っていく。=After classes ended, everyone began to head home.
- <0CD9> 「瑠奈さま、墨廼江先生、失礼いたします」=「Runa-sama, Suminoe-sensei, please excuse us.」
- <0E71> 「ごきげんよう」=「A good day to you.」
- <1041> 「車に気をつけて帰ってくださいね」=「Watch out for cars on your way home.」
- <10E1> 「はい、ではごきげんよう」=「Okay, a good day to you too.」
  <116F> 授業が終わり、これから自由な時間が始まるというのに、学生たちはどこかゆったりしている。=The girls in my class are free to do whatever they want now that classes are over, but everyone seems to be off relaxing somewhere.
  <1239> どこか落ち着きがあるように感じるのは、瑠奈をお手本にしているのだと思う。=The girls who feel like there's a place for relaxation here are probably following Runa's example.
  <12F5> ただし、学園での瑠奈を。=However, "that" Runa only exists within the campus.
  <1381> 2人きりの時は、更にエスカレートした女王様なんだもの。=When we're alone together, she turns into a demanding queen.
- <1577> 「……はぁぁ」=「Haah...」
  <15F9> 背の低い黒板を綺麗に掃除しながら、嘆息した。=I sighed while cleaning the short blackboard.
- <17E3> 「どうかしたの?」=「Did something happen?」
- <19B5> 「い、いいえ、何でもないわ」=「N-No, it's nothing.」
- <1A4D> 「せんせいは隠し事が下手だから、バレバレよ?」=「Sensei, you're not very good at keeping secrets, are you?」
- <1C3B> 「う……」=「Uu...」
- <1E03> 「わたしに話してみなさい」=「Tell me what's troubling you.」
- <1FDB> 「せんせいの悩みなんて、すぐに解決してあげるわ」=「I'll do something about it right away.」
- <2089> 「問題はそう簡単じゃないのよ」=「It's not that easy.」
- <2265> 「複雑な悩みなの?」=「Is it something complicated?」
- <22F7> 「いえ、割と単純……」=「No, it's pretty simple...」
- <24CB> 「だったら解決も簡単じゃない」=「Then settling it shouldn't be a problem.」
- <2567> 「そ、そんなことないわよ」=「Th-That's not true.」
- <273F> 「それなら、早くわたしに話してみて」=「Then hurry up and tell me.」
- <2923> 「瑠奈は凄いと思ったのよ」=「I was thinking about how amazing you are.」
- <2AFD> 「それに対して、私は教師としてダメダメだわ」=「Compared to that, I'm such a failure as a teacher.」
- <2CE7> 「また、そんな無意味な悩みを抱えてたのね……」=「You're having such meaningless worries again...?」
- <2ED5> 「無意味じゃないものー!」=「They're not meaningless!」
- <30AF> 「私には比較的重要な問題なのよ?」=「It's a serious problem to me, okay?!」
- <328F> 「せんせいはせんせいなんだから、わたしやねえさまのようになるのは無理だって説明したじゃない」=「Didn't I tell you that you have no chance of becoming like me or Nee-sama?」
- <3369> 「それでも目指したいものなのよ」=「Even so, it's still something I want to achieve!」
- <3405> 「足りない分は、いくらでもフォローしてあげるのに」=「Even though I'll cover up for what you're lacking as much as I can.」
- <35F7> 「今日のホームルームみたいに?」=「Like you did during homeroom today?」
- <3693> 「そうよ。結果的にスムーズに行ったと思うけど」=「That's right. I think it went pretty smoothly in the end.」
- <373F> 「そうね……」=「I guess...」
- <37CB> 「せっかく研修に行ったのに、ちっとも生かせていないんだもの」=「Even though I went training, I couldn't make any use of it!」
- <3883> 「そうね。せんせいはダメダメね」=「That's right. You sure are a failure, Sensei.」
- <3A9E> 「い、今、心臓に包丁が突き刺さったわ」=「J-Just now, it felt like you stuck a knife into my heart...」
- <3B42> 「わかってはいたけれど、瑠奈に言われるとショックも大きいわね」=「I've always known that, but it's still a shock to hear you say it.」
- <3D40> 「でも、瑠奈の言うとおりよ」=「But it's just like you say.」
- <3DDA> 「瑠奈は本当に凄いわ。自慢の教え子よ。みんなが慕うのも頷ける」=「Runa, you really are amazing. A proud student adored by everyone. I admit it.」
- <3E96> 「私もみんなと同じように、瑠奈に恋しちゃうもの」=「I fell in love with you, the same way that everyone else did.」
- <4086> 「困っていたところを、鮮やかに解決しちゃうなんて、最高に格好いいわ」=「It's so cool how you're able to brilliantly solve anyone's problems.」
- <428A> 「それに比べて私は、ただ困っていただけだもの。ダメダメよ」=「Compared to you, I'm just someone who always has problems. I'm such a failure...」
- <4340> 「はいはい、それだけ落ち込めば十分でしょ」=「Yeah, yeah, enough of your negativity.」
- <43E8> 「うう……」=「Uu...」
- <4470> 「確かにせんせいはダメダメよ」=「Sensei, you certainly are a failure.」
  <4502> はうう……=Hauu...
- <46CA> 「でも、いいところもあるの」=「But you do have your good points.」
  <489C> ……え?=...Good points?
- <4920> 「それも、教師として、とても大事なところよ」=「And for a teacher, it's very important.」
- <49CA> 「ええ……?」=「Huh...?」
- <4A54> 「せんせいはわたしのように、物事をテキパキと決められないけれど……」=「You can't make decisions quickly the way I can. However...」
- <4B14> 「誰よりも教え子であるわたしたちの事を考えてくれるわ」=「You think of us students more than anyone else.」
- <4BC6> 「その証拠に、挙手を根気よく待っていたじゃない」=「The proof? You waited for everyone to raise her hand, didn't you?」
- <4DB4> 「わたしは、ああいうのダメ」=「I can't do something like that.」
- <4F8E> 「すぐに決めないと、気が済まないの」=「I can't stay calm unless I decide immediately.」
- <5172> 「あれは単に、やる気のある人が挙手をした方がいいと思ったからなの」=「I just thought that it would have been better for someone enthusiastic to raise her hand...」
- <5232> 「嫌な人に押しつけるのは、良くないと思ったし……」=「I didn't want to force it onto someone reluctant...」
- <52E2> 「結果的に他薦になってしまったけど、あれで良かったと思うわ」=「In the end, I had to recommend someone else for you, but I think that was okay.」
- <54DE> 「あの子は責任感の強い子だもの、あの子に合っているわ」=「She has a strong sense of responsibility, so it suits her.」
- <5590> 「ちゃんとやる気もあるみたいだしね」=「It seems like she was pretty enthusiastic about it, too.」
- <5632> 「ええ」=「Yeah.」
- <56B6> 「それにせんせい、わたしを選ばなかったでしょ」=「And Sensei, you didn't pick me.」
- <58A4> 「あ、あれは、瑠奈と同じ理由で……」=「I-It's for the same reason that you said...」
#Check translation
- <5A88> 「日本の学園祭に馴染みがなかったみたいだし、最初は純粋に楽しんでもらいたいと思ったからなの」=「You looked like you weren't familiar with Japanese school festivals. And besides, I just wanted you to enjoy it first.」
- <5B62> 「それに、やっぱり、瑠奈にその気がなければダメだと思ったし」=「I guessed it wouldn't work out if you didn't have the motivation for it.」
- <5C1A> 「でも始め、教室のみんなは、わたしを見ていた」=「But everyone in the classroom was watching me at first.」
- <5CC6> 「ええ。瑠奈が適任だと思ったんでしょうね」=「Yeah, they were probably thinking that you were the most qualified.」
- <5D6E> 「統率力があって、みんなの憧れで……」=「The powerful leader that everyone yearned for...」
- <5E12> 「蓬莱泉さんを差し置いて、自分が立候補するなんて、おこがましいと思ったんじゃないかしら」=「You probably think it's presumptuous of me to take charge myself, right, Houraisen-san?」
- <5EE6> 「そんなの気にする事ないのに」=「You don't have to worry about that.」
  <5F78> 私はみんなの気持ちがわかるけれど……=I knew how everyone felt, but...
  <6010> 瑠奈にはわかりづらい感情かもしれないわ。=It might have been something too hard for Runa to understand.
- <60B4> 「というわけで、わたしはほぼ完璧だけど、せんせいは欠点だらけ」=「So what you're saying is, I'm almost perfect while you have nothing but faults.」
- <62B2> 「うっ……」=「Uu...」
- <647C> 「でも、ダメなところはわたしが全力でフォローするわ」=「But I'll cover for your failures the best that I can.」
  <6524> その言葉、何度も言われてるわよね。=How many times has she repeated those words to me?
- <6704> 「わたしの目を見なさい」=「Look into my eyes.」
- <679A> 「ふぇっ?」=「Fue?」
- <6822> 「せんせいが憧れてるねえさまだって、家事はてんでダメなのよ」=「Even the Nee-sama that you adore is terrible with housework.」
- <68DA> 「欠点は補い合えばいいの」=「You just have to compensate for your weak points.」
- <6970> 「わたしは、せんせいが持っていないモノを持っている」=「I have everything that you don't.」
- <6B62> 「だからわたしは、せんせいをフォローできるの」=「That's why I can cover for you.」
- <6C0C> 「わたしだから、せんせいの全てをフォローできるの」=「Since it's me, I can cover for everything you do.」
- <6CBA> 「失敗なんて、ぜんっぜん気にしないでいいんだから、安心して」=「You don't have to worry about any mistakes you make.」
- <6EB6> 「瑠奈……」=「Runa...」
  <6F36> 胸が熱い。=My chest feels hot.
  <6FB4> 間近で言われると、こんなに嬉しいなんて。=It makes me so happy when she comes this close to speak to me.
  <7050> こんなに勇気を与えてくれるのは、瑠奈だけ。=Runa is the only one who can give me so much courage.
##:Branch 1
##:キスをする = Kiss her
  <718B> 彼女に口づける。=I drew closer and kissed her.
- <7359> 「んっ……ん……せんせい」=「Mm... mm... Sensei...」
- <73F1> 「ありがとう、瑠奈……ちゅっ」=「Thank you, Runa... *kiss*」
  <7483> くすぐったそうにキスをされる瑠奈。=Runa seemed tickled by my kiss.
- <7663> 「せんせいからキスされるとは思わなかったわ」=「I didn't think you'd kiss me, Sensei.」
- <770D> 「あまりにも、嬉しくて……」=「It makes me a bit too happy...」
- <78E7> 「周りが見えていないのね。教室にはもう誰もいないけど、廊下に人が通っていたわよ?」=「You didn't really look around, did you? There's nobody left in the classroom, but there are still people walking around in the hallway, you know.」
- <7AF9> 「えっ!?」=「What?!」
- <7B81> 「わたしたちに気付かなかったみたいだけど」=「But it looks like nobody noticed.」
- <7D6B> 「……ほっ」=「...Oh.」
- <7F35> 「わたしは見られてもいいけどね」=「I'm fine with being watched, though.」
- <8115> 「は、恥ずかしいわよ……」=「I-It's embarrassing...」
##:反論してみる = Object to it
- <8322> 「瑠奈、ありがとう……でも、瑠奈にフォローばかりしてもらったら情けないわ」=「Runa, thank you... But it'll be very embarrassing if you always had to cover for me.」
- <852C> 「私は教師なのに……」=「Since I'm the teacher...」
- <8700> 「まだ言ってる」=「Again with that nonsense.」
- <88CE> 「さっさと諦めて、わたしのフォローを素直に受け入れなさい!」=「Just give up and let me do it!」
- <8988> 「で、でも」=「B-But...」
  <8A08> 瑠奈は学生なんだし……フクザツ。=Runa's a student. This makes it complicated...
- <8BE6> 「恋人を助けるのは当たり前のことでしょ?」=「It's only natural to help out the one I love, right?」
- <8DD0> 「はぅぅ……!」=「Hauu...!」
  <8E54> こ、恋人を助ける……=H-Help out the one she loves...
  <8EDC> そう言われると抵抗する気持ちが萎えていっちゃう。=If she says it like that, I won't be able to resist...
  <8F80> 恥ずかしいけど……=It's embarrassing...
##:Branch 1 end
  <9115> でも、たまらなく嬉しい。=But I can't help but be overjoyed.
- <91AB> 「瑠奈、大好きっ」=「Runa, I love you.」
- <9239> 「えっ」=「Huh?」
  <92B5> 華奢な体をぎゅっと抱きしめて、唇を重ねた。=I embraced her slender body and pressed my lips against hers.
- <935B> 「んっ、ん……ぅ、んっ★」=「Mmm... un...★」
- <93F8> 「ちゅ……ちゅっ、好きよ、瑠奈……ちゅぅ、ちゅっ★」=「*kiss*... *kiss*... I love you, Runa... *kiss* *kiss*★」
- <94AD> 「ん……ふぅ、ふぁ……ちゅ」=「Mm... fu-fua... *kiss*」
  <953D> 舌を挿入して、深いキスをする。=I slipped my tongue into her mouth and turned it into a French kiss.
  <95CF> もう、止まらなかった。=I can't stop now.
  <9659> 彼女の歯列を舐めたり、絡ませた舌から唾液を啜りとったり、いつもの自分じゃないくらい大胆なキスをする。=I boldly traced my tongue across her teeth and entwined it with hers, slurping her saliva.
- <973B> 「好き……ちゅ、ぢゅ……ちゅるるっ、ぢゅっ★」=「I love you... *kiss* *kiss*... *slurp* *kiss*★」
- <97EA> 「んぁ、ん……ちゅ……せんせい……」=「Mmm... *kiss*... Sensei...」
- <988A> 「そんなキス……んぅ、ん……激しいの……んっ、ちゅっ、ちゅ★」=「Your kiss... mm, mm... it's too intense... nn... *kiss* *kiss*★」
- <994B> 「あのね、瑠奈……欲しくなっちゃったみたい……ちゅ★」=「You know, Runa... I really want you now... *kiss*★」
- <9A02> 「ええっ?」=「What?★」
- <9A8C> 「ちゅる、ちゅ……キスだけで濡れそう……」=「*slurp* *kiss*... I'm getting wet just from kissing...」
- <9B32> 「んっ、ぅ~~……せんせいのえっち」=「Mm, uu~~ Sensei, you pervert.」
- <9BD4> 「瑠奈の前だけよ……ちゅぱ、ちゅぅぅ★」=「Only when I'm with you... *smooch* *kiss*★」
- <9C7D> 「うぅ……」=「Uu...」
  <9CFD> うっとりする瑠奈に、更にキスをする。=I continued to kiss the entranced Runa.
  <9D95> 絡ませ合った唾液を飲み、今度は彼女に私の唾液を送り込む。=Once I finished drinking her saliva, I began to give her mine.
- <9F24> 「んっ、あ……もう……ちゅ、ちゅぅ、ん……ンン……ぅんんっ、ぢゅ、ぢゅる」=「Mm, aah... *kiss* *kiss* nn... nnn... *kiss* *slurp*」
- <9FEC> 「んちゅ、ぢゅぅ……れろ★」=「*kiss* *kiss*... *lick*★」
- <A089> 「せんせ……んく……んはぁ、飲んじゃったぁ★」=「Sensei... *gulp*... I drank it all...★」
- <A138> 「せんせいの唾液って、大人の味がする★」=「Your saliva has a grown-up taste★」
- <A1E3> 「どんな味?」=「What kind of taste?」
- <A26D> 「ふふ、内緒……」=「Fufu, it's a secret...」
  <A2F3> うっとりしながら話す瑠奈の表情こそ、大人っぽかった。=Runa's entranced expression while speaking was also adult-like.
  <A39B> もともと大人びた子だけど、ますますこう……=She was an adult-like girl to begin with, but now...
  <A439> 色っぽいというか……=She's even sexier...
  <A4C1> もしかして、私と恋人になったから?=Is it because she's my girlfriend?
  <A557> 年上と付き合っているから、早く大人になっちゃうの?=Did she grow up so fast because she's going out with an adult?
  <A5FD> ……そんなこと、あるわけないわよね。=...That's impossible.
  <A695> そもそも私が大人っぽくないし。=After all, I don't even act like an adult.
  <A727> ああ、でも、頼りない私をフォローするために、急いで大人になっちゃうのかも……=Aah, but maybe it's because she always has to cover up for someone unreliable like me...
  <A7E7> 自分が情けなくて、でも瑠奈が愛おしい。=I'm not that important, but Runa's so precious to me.
  <A881> とっても愛したいわ……今すぐ。=I want to love her even more... right now.
- <A91D> 「瑠奈、もっと……いい?」=「Runa, can we... go further?」
- <A9B3> 「もっと、って……?」=「Go further...?」
- <AA47> 「もっとたくさん、愛してあげたいの」=「I want to love you even more.」
- <AAE7> 「え……え、でも……」=「W-What? But...」
- <AB7B> 「……ごめんなさい、ちょっと、我慢できない」=「I'm sorry, I can't stop myself anymore.」
- <AC23> 「うわわっ」=「Uwawa!」
  <ADA0> 椅子に腰を掛けると、瑠奈を抱っこした。=I sat down while carrying Runa.
- <AE42> 「こ、こんなの子供っぽくて嫌」=「I-I'm not a kid anymore!」
- <AEDE> 「あら、ちっとも子供っぽくなんかないわよ」=「My, but I'm not treating you like a kid at all.」
- <AF84> 「またせんせいは嘘ばっかり」=「You're lying again.」
- <B01E> 「本当よ。これは恋人同士だからするの」=「It's the truth. I'm only doing this because we're dating.」
- <B0C0> 「恋人同士……だから?」=「Because... we're dating?」
- <B156> 「だって、ほら、こんなに密着する体勢なんだもの」=「Look, we're pressed so close to each other.」
  <B1FA> 彼女のショーツを半脱ぎにさせて、恥部に触れる。=I took off her underwear halfway and touched her down there.
- <B2A4> 「ひぁ、あ……ぁぁ……んっ★」=「Hiaa... aah... nn★」
- <B345> 「少し濡れてる……キスで感じてくれたのね」=「You're a bit wet... It's because of my kiss, isn't it?」
- <B3EB> 「あんなに激しいキスをされたら、そうなるわ……」=「If you kiss me that intensely, of course I would be...」
  <B48F> ちょっとむくれて頬を膨らませる姿さえ、愛らしい。=She's cute even when she puffs her face in anger like that.
  <B533> ホント、瑠奈って綺麗よね。=Runa is really beautiful.
  <B5C1> 綺麗な瑠奈をいっぱい愛してあげたい。=I want to give this beautiful girl lots of love.
  <B659> 私は瑠奈の股間に触れている手をうごめかす。=I began to move my hand between her legs.
- <B6FF> 「ああんっ、せ、せんせいったら」=「Aahn, S-Sensei...」
  <B793> イヤイヤするように頭を振る瑠奈に構わず、左右の指で拡げて陰部を擦る。=I ignored Runa shaking her head "no" and spread my fingers while continuing to rub against her.
- <B853> 「んあっ、こらぁ~」=「Nn, aah... heyy~」
- <B8E5> 「はいはい、なぁに?」=「Yes? What is it?」
  <B96F> 答えるようにキスをする。=I replied by kissing her.
- <BA03> 「んっ!? んっ、ふ……ぁ、んっ、ちゅ……キスじゃなくてぇ」=「Mm?! Mm, fua... nn... *kiss*... Not kissing...」
- <BABD> 「キスはいらなかったかしら」=「You didn't want me to kiss you?」
- <BB55> 「い、いる……けどっ」=「I-I did... but...」
  <BBDF> 真っ赤になる瑠奈。=She's blushing furiously.
  <BC65> なんて可愛いんだろう。=So cute...
- <BCF9> 「濡れてる……さっきより溢れてくるわ……やっぱりキスの力かしら」=「You're so wet, even more than before... Is it because I kissed you?」
- <BDB5> 「うう、それ以外、ないわよ……」=「Uu, there's nothing else it could be...」
- <BE51> 「……こんな格好イヤだって言ってるのに……もう」=「...I told you I didn't like to be on the receiving end... geez...」
- <BEFF> 「だったら、もっとキスをしないといけないわね」=「Well then, it's not good for us to stop kissing, is it?」
  <BFA1> 顔を背ける瑠奈の頬に手をあてて、私の方を向かせる。=I placed my hand on Runa's cheek and turned her head to face me.
- <C04F> 「ちょ、ちょっと……んんっ!」=「H-Hold it... mm!」
- <C0EB> 「キス、しましょ?」=「Why don't we kiss?」
- <C17B> 「う……」=「Uu...」
- <C201> 「こんなの、想定、してない……」=「I didn't expect this to happen...」
- <C29F> 「想定?」=「You didn't expect this?」
- <C325> 「せ、せんせいは、大人しく、普通にキスされてればいいのよ」=「S-Sensei, you should be obedient and just let me kiss you like usual!」
- <C3DD> 「どういう意味かしら?」=「What do you mean?」
  <C469> 瑠奈の股間を愛撫しながら、訊ねる。=I asked her while caressing the spot between her legs.
- <C507> 「んんっ……わたしがリードするの!」=「Nn... I should be the one leading!」
- <C5A7> 「わたしを子供扱いするのは許せないし……はぁ」=「I won't forgive you if you treat me like a child... haa...」

- <C651> 「こんな風に大人っぽく対処しなくて、いいんだから……んっ、ひぁ……あ……う、んっ、ぁっあっ★」=「You don't have to be all grown up about this, you know... nn, hia... aah, uun, aa★」
  <C728> 愛液をクリトリスに塗りつけるようにすると、瑠奈の声が激しくなる。=As her clitoris became smeared with love juices, her voice became even more intense.
  <C7DC> 喘ぐ瑠奈は、もの凄くえっち。=Runa sounds so sexy when she's gasping.
  <C86C> 声だけで感じてきちゃうわ。=Just hearing her voice is turning me on.
- <C902> 「せんせいの顔、えっちな顔になってる」=「Sensei, you have a perverted look on your face.」
- <C9A6> 「う……だって、そんな気分なんだもの」=「Uu... Because that's how I feel...」
  <CA40> 優しく愛撫すると、瑠奈の肢体がぶるるっと震えた。=Runa's body shivered as I continued to caress her gently.
- <CAEC> 「か、軽く、イッちゃった……」=「I... I just came a bit...」
- <CB88> 「そんなにえっちしたかったの?」=「You wanted to have sex that badly?」
- <CC24> 「た、たまってたわけじゃ……」=「I-It wasn't that I was holding back or anything...」
- <CCC0> 「たまってた、って……何が?」=「Holding back... what?」
- <CD5A> 「えっ? だから……その……って、説明させないでよっ」=「What? That's... umm... Wait, don't make me say it~」
- <CE0C> 「せんせいったら、ほんっとーにそういう知識少ないんだからぁ」=「Sensei, you reeeally don't know very much, do you?」
- <CEC6> 「うう……」=「Uu...」
- <CF4E> 「た、たまってたっていうのは、その……だからっ」=「What I was holding back was, umm...」
- <CFFA> 「エッチしたい気分がたまって、ちょっとの刺激で体が感じるようになるっていうか、言ってて恥ずかしすぎる!?」=「My urges have built up so much, I'm at the point where it won't take much to push me over the edge and saying this is really embarrassing!」
- <D0E2> 「……そ、そう」=「...I-I see.」
- <D170> 「つまり、瑠奈はえっちがしたくて、したくて、したくて、たまらなかったのね?」=「In other words, you wanted to have sex so, so, so badly that you couldn't help it anymore?」
- <D238> 「だから、そういうわけじゃないって言ってるでしょ!」=「I was telling you that, that's not how it is!」
- <D2EA> 「あ……違うんだ……」=「Ah... I was wrong...」
- <D37C> 「だーかーらー! そこで残念そうな顔しないのっ」=「I-told-you! Don't act so disappointed!」
- <D428> 「もー、じゃあ、たまってたってことにしていいわよ」=「Fine, then, go ahead and think that way.」
- <D4D8> 「そ、そう。良かったわ」=「I-I see. All right, then.」
- <D56C> 「うぅぅ、何でこんな恥ずかしい事を……」=「Uuu, why did I have to say something so embarrassing...」
- <D612> 「私から言い出した言葉じゃないと思うのだけど……」=「I don't think that was something I said, though...」
- <D6C0> 「原因はせんせいだもんっ」=「It's all your fault, Sensei.」
- <D758> 「……そ、そうなのね。ごめんなさい」=「...I-I guess. Sorry.」
- <D7F8> 「ふぅぅ……」=「Fuuu...」
- <D884> 「お詫びにもっと気持ち良くさせるから★」=「As an apology, I'll make you feel even better★」
  <D925> 彼女の膣の入り口を指で擦る。=I began to rub her down there with my fingers.
  <D9B5> 小さな割れ目は、ぷるぷる震えていた。=Her tiny pussy trembled in reaction.
  <DA4D> すごく感じてくれている証拠だ。=It's proof that she's feeling good.
- <DAE7> 「んはぁ、ぁ……あっあっ、ぅ……せんせい……おまんこ、感じちゃうぅ」=「Nn, haa... aah... Sensei... My pussy feels good...」
- <DBA7> 「あぁ、う……んぅ、ぅぅ……はぅ」=「Aah, uu... nn... haau...」
- <DC45> 「いっぱい感じちゃう、もぉ、せんせいのバカぁ」=「It really feels good... Sensei, you dummy...」
- <DCF1> 「それは、誉めてくれてるのかしら?」=「So, are you praising me?」
- <DD91> 「当たり前じゃないっ」=「Of course I am.」
- <DE25> 「ありがとう……大好きよ、瑠奈……ちゅっ★」=「Thank you... I love you, Runa... *kiss*★」
- <DED2> 「ふぁっ、あ……んぅ、ちゅ……ちゅぅ、ん……ンン……ちゅっ★」=「Fuaa... nn... *kiss*... *kiss*... mmph... *kiss*★」
- <DF91> 「まったく、もう……普段は言わないクセに、こういう変なときばっかり好きって言うんだからぁ」=「For heaven's sake... You normally never say such a thing. It's only during times like this that you tell me you love me.」
- <E069> 「言わない方がいい?」=「Would you prefer it if I don't?」
- <E0FB> 「どうしてそういう解釈なのよっ」=「Why do you even need to ask?」
- <E197> 「いつも言ってていいの」=「You can say it anytime.」
- <E22B> 「朝から夜まで、1日1000回聞いても飽きないから、いつも言ってって事!」=「I won't get tired of hearing it even if you say it a thousand times in a single day, from morning until night.」
- <E2F3> 「……う、うん」=「...O-Okay.」
  <E377> 1000回はいくらなんでも言えないと思うわ。=I don't think it's possible for me to say it a thousand times, though.
- <E421> 「努力はしてみるけど……やっぱり恥ずかしいかも」=「I'll try... but it's still pretty embarrassing.」
- <E4CD> 「もー」=「Geez...」
- <E553> 「でもその分、こういうときは言うから、ね?」=「But I can still say it during times like these, okay?」
- <E5FB> 「うぅ……まあ、そのうち追々と言わせてあげるわ」=「Uu... Well, I'll get you to start saying it little by little.」
- <E6A9> 「お、お手柔らかにお願いします」=「P-Please do it gently.」
  <E73D> なんだか背伸びして言ってるみたいで可愛いわ。=It's so cute how she's talking as if standing on tiptoe.
  <E7DD> 指の動きは、くちゅくちゅと掻き回すようにクリトリスを弄っている。=The movement of my fingers stirred up her clitoris as I continued to touch her.
  <E891> 愛液が滴り、私の指を沢山濡らす瑠奈。=Runa dripped enough love juice to completely drench my fingers.
- <E933> 「瑠奈ったら、こんなに垂らしちゃって★」=「Oh, Runa, look how much you're dripping★」
- <E9DC> 「垂らしちゃって★ って言うなー!」=「Don't say it!」
- <EA83> 「うふふ★」=「Ufufu★」
- <EB10> 「うふふもダメ」=「Don't laugh like that either.」
- <EB9E> 「ええー?」=「Huh?」
  <EC1E> 瑠奈の顔は、真っ赤なままだ。=Runa's face was completely red.
  <ECAE> ほんとは、とっても恥ずかしいのね。=She's actually very embarrassed, isn't she?
- <ED4C> 「あ、ぅ……ふぁ、ぁぁっ、あ……どうしてそんな、気持ちいいところばっかり触るのぉ」=「Aau... fuaaa... Why are you only touching the places that feel good...」
- <EE1C> 「瑠奈が好きだからよ」=「Because you love it that way, Runa.」
- <EEAE> 「うう……ん、ん……こんなの、イッちゃう……はぁ、ぁ、はぁぅ……う、っく……うぅ……ん、んっ★」=「Uu... nn... You'll make me come... haa, haauu... ku... nn!★」
- <EF8F> 「せんせい……好き……好きっ」=「Sensei... I... I love you!」
- <F02B> 「ええ……私も好きよ★」=「Yeah... I love you too★」
  <F0BC> 襞がゾワワとうねる感覚に、瑠奈の絶頂が近いのだと悟る。=As I felt her twisting around, I realized that she was about to climax.
  <F166> 濡れそぼった陰部を撫で回し、彼女の絶頂を促す。=I continued to stroke her drenched pussy to urge her towards climax.
- <F210> 「ふあっ! あ……あっ、ん……らめぇ……あっあぁ、う……せんせい、あっ、イクぅ」=「Fuaa! A... aahn... I can't... aaau... Sensei, ah, I'm coming!」
- <F2DC> 「あ、あ……んんんんっ!!」=「A-Aaaah... nnnn!!」
  <F447> びくびくんっ!=*twitch* *twitch*
- <F4D1> 「あああっ!」=「Aaaaah!」
  <F553> 大きく跳ねて、瑠奈は達した。=Runa reached climax with a huge jolt.
  <F5E3> ぐったりしてもたれかってくる瑠奈を、ぎゅーっと抱きしめる。=As she leaned on me for support in exhaustion, I hugged her tightly.
- <F69B> 「瑠奈、可愛い……★」=「Runa, you're so cute...★」
- <F732> 「せんせいの、ばかぁ~……」=「Sensei, you meanie~」
- <F7CC> 「誉め言葉よね?」=「Is that praise?」
- <F85A> 「違うっ」=「No!」
- <F8E2> 「はいはい♪」=「Okay, okay♪」
- <F96C> 「はいはい禁止ぃー!」=「Don't "okay, okay" me!」
  <F9F6> 耳まで真っ赤な瑠奈。=Runa was red all the way to her ears.
  <FA7E> ほんと、可愛いんだからっ♪=She really is so very cute♪
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s006.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)