User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s003
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0855> 「せんせいだって寂しかった」=Sensei Was Lonely Too

  <0BCB> きっかり1時間をかけて、瑠奈の体を洗ってあげた。=I finished washing Runa in exactly one hour.
  <0C6F> 瑠奈も私も、体はふやけてしまっている。=Both of our bodies had become sodden.
- <0E05> 「お陰で綺麗になったわ、ありがと」=「Thanks for cleaning me up!」
- <0FE7> 「どういたしまして……」=「You're welcome...」
  <1073> お風呂上がりなのに、疲れちゃった。=Even though I just got out of the bath, I'm tired.
- <1111> 「メロンを買っておいたから、カットしてくれる?」=「I bought some melons, so can you go cut them?」
- <12FF> 「お風呂上がりは、冷たい飲み物とフルーツに限るわよねっ」=「There's nothing better than a cold drink and fruits after a bath.」
- <13B5> 「はい……」=「Okay...」
  <1435> 家に帰ってから、瑠奈のご機嫌取りしかしてないんじゃないかしら。=I've been doing nothing but try to please Runa after getting back.
  <14E7> 研修の疲れが一気に来て、体が重い。=The exhaustion from training struck me all at once. My body feels heavy.
  <157D> それに何かもやもやしてるし……=And for some reason, something feels hazy...
- <1617> 「機嫌を直して欲しければ、メロンを食べさせてね」=「If you want me to cheer up, then let me eat some melons.」
- <16C3> 「あと、寝る前に本を読んで欲しいわ」=「Also, I want you to read me a book before I go to bed.」
- <18A5> 「せんせいが先に寝ちゃうとかはナシよ?」=「Sensei, you're not allowed to fall asleep first, okay?」
- <1A8D> 「………………」=「...」
- <1C5B> 「聞いてるの?」=「Are you listening?」
- <1CE9> 「………………」=「...」
- <1D75> 「せんせい?」=「Sensei?」
- <1E01> 「聞いてるわ……」=「I'm listening...」

#Next few lines could use some better wording
- <1FD1> 「数日もわたしを放っておいた罪は、きちんと償わないとね」=「You have a lot of making up to do after leaving me here for days.」
- <2085> 「この罪は結構重いわよ」=「That was really mean of you.」
- <2119> 「なにせ、わたしに寂しい思いをさせたんだもの」=「You left me here feeling lonely.」
- <2307> 「そんなの私だって同じよっ!!」=「You weren't the only one!!」
- <24E5> 「うわ……」=「Uwa...」
- <256F> 「ずっとずっと研修だったのよっ?」=「I was neck-deep in training the whole time!」
- <260F> 「大事な人と離れていたのは私だって同じだわっ」=「I was separated from my lover too!」
- <27FB> 「せんせいが、キレた……」=「Sensei, calm down...」
- <29D5> 「寂しい思いをしたのは、私も一緒なんだからー!」=「I was lonely this whole time too!」
- <2A81> 「……う、うん」=「...O-Okay.」
- <2C51> 「するわよ」=「We're doing it.」
- <2CD9> 「ふぇっ?」=「Fue?」
  <2D59> 着ていた服を脱ぐ。=I took off my clothes.
- <2DE7> 「せ、せんせい……?」=「S-Sensei...?」
- <2FBD> 「離れていた数日分、するわ」=「We're making up for the past few days.」
- <3197> 「せんせいが、逞しい事を言っている……」=「Sensei, that's really bold of you...」
  <3233> 豹変ぶりに、呆気にとられる瑠奈。=Runa was taken aback by my sudden change.
  <32C7> 私だって、我慢の限界というものがあるのよ。=My patience has its limits, too.
  <3365> 瑠奈の事、大好きなんだもの。=After all, I love Runa.
  <33F5> 声を聞くと恋しくなっちゃうから、電話だって我慢したのよ。=I start to miss her just by hearing her voice, so I had to bear it even when I was talking to her on the phone.
  <34A1> 瑠奈の写真なんて持っていなかったから、顔も見る事が出来ないし。=I wouldn't even have been able to see Runa's face if I didn't have a photograph of her.
  <3553> ベッドは広く感じるし、=The bed had felt too spacious...
  <35DD> 入ったばかりのシーツは冷たいし、=The sheets had been so cold when I got inside...
  <3671> 朝起きたときも瑠奈がいないし、=Runa hadn't been there for me when I woke up...
  <3703> 急いで帰ってくれば、私がどこか遠くへ行っちゃってる事になってるし。=And I would be going somewhere far away whenever I wanted to hurry home.
- <3905> 「わ、私だって、逢いたかったんだからぁ」=「I wanted to see you again too!」
- <39AB> 「瑠奈とえっちしたかったんだからぁ!」=「I wanted to make love with you!!」
  <3A45> いつもの自分では考えられないくらい、ストレートに言葉をぶつける。=I blurted out those words that I normally wouldn't even think of saying.
- <3C43> 「う、うん」=「O-Okay.」
  <3CC3> 瑠奈はまだ夢を見ているような顔をしていた。=Runa looked as if she were having a dream.
  <3E5E> 彼女を後ろから抱きしめると、顎のラインに手を添えて振り向かせた。=I embraced her from behind and drew her chin over to face me.
- <3F1A> 「せんせ、あ……んっ★」=「Sense― Aahn★」
- <3FB5> 「ちゅ、れろ……んんぅ……」=「*kiss* *lick* Nn...」
  <4045> 瑠奈に断りもなく口を塞ぐ。=I closed up Runa's mouth without any resistance.
  <40D3> 彼女はひくっと体を引きつらせた。=Her body stiffened with a twitch.
- <416F> 「ん、ちゅ……んぅ、ぅ……苦しい……ちゅ★」=「Nn― *kiss*... Can't breathe... *kiss*★」
  <4214> なんて柔らかな唇なのかしら。=Her lips are so soft...
  <42A4> 吸い付くようにキスをして、唇を舐める。=I sealed our lips together in a kiss, running my tongue across hers.
- <4348> 「れろ……ちゅ、ん……瑠奈の唇、美味しい……★」=「*lick*... *kiss*... Your lips are delicious...★」
- <43F9> 「ンン、せんせい……ちゅ、んはぁ……ぁん」=「Nn, Sensei... *kiss* Haah... ahn...」
  <4497> 花弁のような唇で小さく喘ぐ瑠奈の口腔に、舌を進入させる。=As Runa took little gasps for breath with her petal-like lips, I invaded her mouth.
  <4543> 彼女の口内はとても小さくて、私の舌でいっぱいになってしまう。=Since her mouth was so small, my tongue easily filled it up.
- <45FD> 「この感触を味わいたかったの……れろ、れろ……ちゅる……んちゅ★」=「I missed this sensation... *lick*... *slurp* Mm... *kiss*★」
- <46C0> 「んぅん……ん……先生の舌が、れろれろ動いてる……ん、ん……っ!」=「Nn... Your tongue is moving... M... Mmph...!!」
- <4780> 「なんて可愛いお口なのかしら……ちゅるるっ、んぅ」=「Such a cute mouth... *slurp*」
- <482E> 「ち、ちょっと、せんせい……強引すぎ……んっ」=「W-Wait, Sensei... You're being too forceful... Mmph...」
- <48D8> 「んぅぅんっ、舌が……ちゅ、いっぱい絡まってくる……ちゅぱ、れろ……ぴちゃ……ンン★」=「M-Mmmph... Our tongues are... *kiss* All tangled up... *smooch* *lick*... *drip*... Mmph★」
- <49B1> 「私だって、寂しかったのよ?」=「I was lonely too, you know?」
- <4A4B> 「うん……んっ、ん……」=「Yeah... m-mmph...」
- <4AE1> 「研修の間、一人になると、瑠奈のことを思い出しちゃってたんだから」=「Whenever I was alone during training, I would think about you, Runa.」
- <4B9F> 「わたしだって漫画を読んで、次の巻を読むまでのほんの数秒だって、せんせいを想ってたわ」=「Me too. Whenever I was reading manga, I'd think about you for a few seconds before starting a new volume.」
- <4C73> 「わ、私は寝る直前までよ」=「I would, before going to sleep...」
- <4D09> 「私は夢にせんせいが出てくるほど、せんせいの事を待ってたんだから」=「I missed you so much that you'd show up in my dreams.」
  <4DBF> あまりに愛らしいことを言うものだから、彼女の舌を啜った。=Since she said something so adorable, I started sucking on her tongue.
  <4E6B> 瑠奈の甘ったるい唾液が、私の口の中いっぱいに広がる。=The sweet taste of Runa's saliva spread throughout my mouth.
- <4F1D> 「ん……んく……」=「Nn... mmgh...」
- <4FAD> 「瑠奈の唾液、美味しいわ……」=「Runa, your saliva is delicious...」
  <503F> もっと彼女から唾液を搾り取るべく、強く吸い付く。=In order to steal more of her saliva, I began to suck harder.
- <50ED> 「ぢゅ、ぢゅぅぅぅ……★」=「*slurp*...★」
- <5188> 「んぅぅ! ん……あ、んっ」=「Mmph! Nn... aah, nn!」
- <52FB> 「せんせいの舌、別の生き物みたい……れろ……んはぁぁ、ちゅう……ちゅ★」=「Sensei, your tongue... has a mind of its own... Haah... *kiss* *kiss*★」
  <53BC> 初めは慌てていた瑠奈の体から、力が抜けていく。=Although Runa was confused at first, the strength in her body gradually vanished.
  <545E> 瞳はとろんとして、私に体重を預けてくる。=With a drowsy look in her eyes, she relinquished control of her body to me.
- <5504> 「んぅ、ん……んちゅるる、瑠奈……好きよ……ちゅる、っぢゅ、ん……ちゅっ★」=「Nnn... *slurp* Runa... I love you... *slurp* *kiss* Nn... *kiss*★」
- <55D1> 「わたしも、せんせいが、好き……」=「I love you too, Sensei...」
  <5667> 舌を絡め合うと、瑠奈の体が小さく跳ねた。=When our tongues met, Runa jumped a little.
  <5703> かと思えば、ぷるぷると震えだしている。=Or so I thought, but she was actually shivering softly.
- <57A5> 「ふぁぁ、ぁ……んちゅ……キス、感じちゃう……ちゅ、ちゅっ」=「Fuaaan... *kiss*... We're kissing... *kiss*」
- <585F> 「気持ちいいわ、キス……ちゅ……んんん★」=「Your kissing feels good... *kiss*... nnn★」
- <590A> 「好き……ちゅ、れろ……くちゅ、ちゅぱ……ちゅ★」=「I love you... *kiss* *lick*... *smooch*...★」
- <59BF> 「ちゅる……ん、んぅ、体が熱くなってくる……」=「*slurp*... Nn, my body is getting hot...」
- <5A69> 「わたしも……」=「Me too...」
  <5AED> 唇を離すと、銀色の糸が私と瑠奈を繋いでいた。=When our lips parted, a silver thread connected me to Runa.
  <5B8D> それはとてもいやらしく、恥ずかしいもの。=It was something lewd and embarrassing.
  <5C29> 私は恥ずかしくて、何も言えなくなってしまった。=I was so embarrassed that I couldn't let out a single word.
- <5CD3> 「はぁ、ん……せんせい、おっぱい欲しい」=「Haahn... Sensei, I want your boobs...」
- <5D77> 「こんなにキスをしていたら、せんせいの大きなおっぱいを吸いたくなっちゃった」=「After kissing like that, I want to suck on your big boobs.」
- <5E41> 「る、瑠奈……」=「Runa...」
- <5ECD> 「ダメって言われても、しちゃうんだけどね」=「I'll do it even if you say I can't.」
  <6042> 瑠奈が私の服とブラをめくりあげると、すかさず胸に吸い付いてくる。=Runa pushed aside my shirt and bra and immediately began sucking on my breasts.
- <6100> 「んんっ……!」=「Nnn...!」
- <618C> 「ちゅ、ちゅるる……ちゅっ、ちゅ★」=「*kiss* *slurp*... *kiss*★」
  <6229> 甘えるように吸い付く瑠奈は、ミルクを出そうと必死な子猫みたい。=The way Runa sucked made her look like a kitten thirsty for milk.
  <62DB> 私は彼女の髪を撫でながら、彼女の好きなようにさせる。=While caressing her hair gently, I let her do as she wished.
- <638B> 「んはぁ、ん……ちゅるる……ちゅっ」=「Nhaan... *slurp*... *kiss*」
- <642B> 「せんせいのおっぱいが忘れられなかったの、ちゅる……この大きさといい、柔らかさといい……」=「I never forgot about your boobs... *slurp*... I love their size and softness...」
- <6501> 「口に含んだときの、ころころした舌触りといい、せんせいの反応といい……」=「I love how they roll around in my mouth, and I love how you react when I do it...」
- <65C5> 「せんせいのおっぱいは、わたしを悦ばせてくれるんですもの★」=「Sensei, your boobs make me happy★」
  <667A> 両手を使って左右の乳房を揉み上げる瑠奈。=Runa began to massage my breasts with both hands.
  <6716> 重量のある乳房は、瑠奈の指の形に歪んでいる。=My breasts molded to the shape of her fingers.
- <67C0> 「ん……んはぁ……」=「Nn... haa...」
- <6850> 「ちゅるる、ちゅ……っぢゅぅぅ! このままミルクが出ればいいのに」=「*slurp* *kiss*...! It would be nice if milk came out.」
- <6910> 「何言ってるの、出たらおかしいわ」=「What are you talking about? That would be weird!」
- <69AE> 「わかってるわ、ただの希望を言っただけ」=「I know, I was just hoping.」
  <6A4A> 口に含んだ私の乳首を、唾液たっぷりの舌先が、つんつんと刺激する。=Her saliva-covered tongue stimulated my nipples as she held them in her mouth.
  <6AFE> 敏感なその場所を軽くいじられただけで、おかしくなりそうになった。=I felt like I'd go crazy just from her lightly teasing those sensitive spots.
- <6BBC> 「んんぅ……ん、はぁん……っ」=「Nnn... nhaahn...!」
- <6C56> 「せんせい……っちゅ、じゅるるる……んく、ちゅ……ちゅぢゅぅぅっ★」=「Sensei... *kiss* *slurp slurp*... *gulp* *kiss*...★」
- <6D1D> 「ん……んっ★」=「Nn... nn!★」
  <6DA6> 強くすすり上げられるたび、体が反応しちゃう。=My body responded as she slurped with all her might.
  <6F21> 瑠奈の手が、私のショーツの中に入ってくる。=Runa's hand sneaked into my panties.
- <6FC9> 「ひぁっ、あ……ん! んっ、あぁ……」=「Hiaaa... nn! Nn, aah...」
- <706B> 「ちゅるる……んっぢゅ、んぱ……せんせいのおまんこも、今となっては懐かしいわ★」=「*slurp*... *kiss* Aah... I really missed your pussy too★」
- <713E> 「す、数日ぶりじゃない……ん、んく……ぁ、ぅ……う……」=「It was only a few days... Ah... uu...」
- <71F4> 「んぁっぁ、あぁ……クリトリス、そんな風に弄らないで……あふ……あぁう……んっ、うぅ★」=「Nn, aah... Don't touch my clitoris like that... afu... aau... nn, uu★」
- <72CD> 「せんせいのエッチな声をいっぱい聞きたいから、そんなお願いは聞けないわ」=「I want to hear more of your lewd voice, so I can't do that.」
- <7393> 「んぁ、ん……あっ、あっ、瑠奈ぁ」=「Nn, aahn... a-aah, Runaaa...」
  <7429> 瑠奈の指は、私のクリトリスをぐりぐり弄る。=Runa's fingers ground hard against my clitoris.
  <74C7> 他の指で愛液をすくい取り、朱陰に擦りつけていった。=Her fingers scooped up my love juices as they continued to rub my pink parts.
- <7575> 「せんせい、ぬーるぬる……ん、ちゅるるっ、ぢゅぢゅ……んぱ、ちゅ★」=「You're so slippery... Nn... *slurp* *kiss*... Npaa... *kiss*★」
- <763C> 「んっ、ん……瑠奈……あ、ぁ、こりこりしてるのわかるっ」=「Nnn... Runa... aah... I've gotten stiff...」
- <76F0> 「どっちが? 乳首? それとも、下の方?」=「Where? Your nipples? Or down here?」
- <7798> 「ど……どっちも……」=「B... Both...」
- <782A> 「あははっ、正解。せんせい、どっちも堅くなってるわよ♪」=「Ahaha, that's correct. Sensei, both of them have gotten hard♪」
- <78E0> 「うぅ……んっ、ぅ……あ、ぅ……ぅ」=「Uu... nn... a, uu...」
- <7980> 「せんせいのクリトリス、いっぱい感じてるのね。こんなにぷくってしてる★」=「Your clitoris must be feeling good. It's swelling so much★」
- <7A4B> 「ひぁうぅんっ、ん……あっ、ぁ……う!」=「Hiaauun... aah... uu!」
- <7AEF> 「もっといっぱい、せんせいと気持ちよくなりたいわ」=「I want us to feel even better together.」
- <7B9F> 「うん……ん……っ」=「O-Okay...」
  <7C27> おっぱいを円を描くように揉み、左右の胸をまんべんなく舐める瑠奈。=Runa rubbed my breasts in circles and licked them all over.
- <7CE3> 「んはぁ、贅沢……★」=「Nhaa, what a luxury...★」
  <7D72> 乳房同士をくっつけて、乳首を二つ並べて口に含んだり、いやらしい光景が広がっている。=She pressed my breasts together and held both of my nipples in her mouth, creating a lewd spectacle.
- <7E42> 「くぅぅん……んっ、あ……ぁぁっ」=「Kuu... nn, aa... aah!」
- <7EE0> 「ちゅぱ、ちゅぱっ、あん……なんていやらしいの」=「*smooch* Ahn... How lewd...」
- <7F8E> 「瑠奈……あ、あ……こんなの……んっ!」=「Runa... aah... What are you...!」
- <8032> 「おっぱいがいやらしいから、こんな風に弄られちゃうのよ?」=「I'm touching your breasts like this because they're so lewd, you know?」
- <80EA> 「そんな……私のせいなの……?」=「It's... my fault...?」
- <8186> 「ええ、もちろん」=「Of course.」
- <8214> 「舐めてわかったわ、せんせいのおっぱいって、エッチなモノがたくさん詰まってるんだって事が」=「I can tell just from licking that they're filled with perversion.」
- <82EA> 「だからこんなに大きいのよ。うん、間違いないわね」=「That's why they're so big. There's no doubt about it.」
- <8398> 「そうじゃなければ、こんなにわたしを欲情させたりしないもの★」=「If they weren't, they wouldn't crave for me so much★」
- <8459> 「うぅ……」=「Uu...」
- <84E1> 「だからわたしもそのうち、せんせいを追い越すくらい大きくなるわ」=「That's why mine will grow big too, even bigger than yours.」
  <8595> 頬を上気させながら、おっぱいを愉しむ瑠奈。=As blood rushed to my cheeks, Runa thoroughly enjoyed my breasts.
  <8633> 私の方といえば、いっぱい感じてしまい、すぐにでもイキそうになっていた。=In my case, I felt so good that I was about to come.
- <86F7> 「ん、ん……あ……はぁ、ん……」=「Nnn... ah... haahn...」
- <8793> 「ちゅうう……んちゅ、ちゅぱ、ちゅぱ……れろ……ちゅぢゅぅぅっ、おいひぃ……ちゅるっ」=「*kiss* Nn... *smooch*... *lick*... *slurp*... It's delihious...」
- <8867> 「ああんっ、体に電気が走るみたい……あ、あぁ」=「Aaahn, it's like electricity is running through me... Aah!」
- <8911> 「せんせいのおっぱいが、ぷるぷる震えてるわ……れろ、れろれろ……ちゅっ、じゅりゅ……ぢゅぅぅぅ」=「Your boobs are bouncing... *lick, lick*... *kiss* *slurp*...」
- <89EF> 「はぁぁん! ん、ああ……あっ、んっ」=「Haaahn! Nn, aah... ah, nn!!」
  <8A89> このままじゃ、一人でイッちゃう。=Just like that, I came by myself.
  <8B1D> 瑠奈と一緒がいいのに……=I wanted to come together with Runa...
- <8BB3> 「あ、あ……瑠奈……★」=「Aah... Runa...★」
- <8C4C> 「ちゅるる、ちゅぱ……せんせい……★」=「*slurp* *smooch*... Sensei...★」
  <8DC2> もつれ合いながら、ベッドへ向かう私たち。=As our bodies intertwined, we moved towards the bed.
  <8E5E> 抱き合いながら、お互いの股間に太ももを這わせていく。=As we embraced one another, our thighs found themselves between each other's legs.
- <8F0E> 「ふぁ、ぁぁ……あっ、あぁん……!」=「Fuaa, aah... aaahn...!」
- <8FB0> 「んっ、ん……瑠奈の太股が、あ……あっ、私のおまんこ擦ってる……ぅ、んっ、はぁぁ……ん★」=「Nnn... Runa, your thigh is... aah... rubbing my pussy... Nn, haa... nn★」
- <908B> 「せんせいの太股も、ん……擦れる……はぁ、はぁ、あ……あ、熱い……」=「Sensei, your thigh is... nn... rubbing me too... haah, haah... It's so hot...」
- <914D> 「熱いのは瑠奈のあそこよ……私の太股が溶けてしまいそう★」=「You're the one who's hot... My thigh is melting★」
- <9208> 「そ……そんなことないわよ……んっ、ぅ」=「Th... That's not true... nn...」
  <92A4> ぶるりと瑠奈の体躯が震えた。=Runa's body suddenly shook violently.
- <933E> 「ここが気持ちいいの?」=「Does it feel good here?」
  <93CA> もう一度擦ると、瑠奈はますます強く震えた。=As I rubbed more and more, Runa's shaking became more intense.
- <9470> 「あああん!」=「Aaaaahn!!」
  <94F2> 太股におまんこが擦れる感触が心地いい。=The feeling of rubbing my thigh against her pussy is amazing.
- <9594> 「そ、それ……気持ちいい……あ、あ……ぁ、体がびくびくしちゃう……ん、せんせい……」=「Th-That... feels good... aah... I'm shaking... nn, Sensei...」
- <9664> 「ふぁぁ、切ない声が出ちゃうよぉ……んふぅ、う……ぅ、んっ、ぁ……あぁ……っ!」=「Fuaa, my voice is coming out... nfuu, uu... nn, aah...!」
- <9732> 「瑠奈、顔を上げて」=「Runa, lift your head.」
- <97C2> 「ん……」=「Okay...」
  <9840> 顔を上げた瑠奈に、キスをする。=I kissed Runa once she raised her head.
  <98D2> 空白の数日間を埋めるように、触れるだけのキスを繰り返した。=As if to make up for the past few empty days, I kissed her over and over again.
- <998A> 「ちゅ、ちゅ……ぢゅっ、ん……んぅ」=「*kiss* *kiss*... *smooch* Mmph...」
- <9A2A> 「んぁ、ん……ちゅ……んふぅ、ぅ……」=「Nn... *kiss*... Mmph...」
- <9ACC> 「唇だけじゃ、物足りないよぉ……せんせいの、舌が、欲しい……」=「Your lips aren't enough... I want your tongue...」
  <9B7E> 希望通り、舌を進入させる。=I slipped my tongue into her mouth.
  <9C0C> 瑠奈は私の全てを求めるように、唇と舌を貪った。=As if lusting for all of me, Runa devoured both my lips and tongue.
- <9CB8> 「んん……っ! んぅ、ん……瑠奈……」=「Nnn...! Nn... Runa...」
- <9D5A> 「れろ……ちゅるるっ、ぢゅ……ぺろ……ちゅぱ、ちゅぱ……んくぅ……ぅ」=「*lick*... *slurp* *kiss*... *lick*... *smooch*... nku...」
  <9E14> キスをしながら太股も動かす私たち。=We continued to move our thighs as we kissed.
  <9EAA> 感じるたびに腰をあげて、体がより密着した。=As we raised our hips, our bodies became glued to each other.
- <9F52> 「太股に、瑠奈の愛液がべっとり……あ、ん……ちゅるっ、ぢゅっ★」=「Your juices are sticking to my thighs... Aahn... *slurp* *kiss*★」
- <A013> 「わたしは、口の周りが先生の唾液でべとべと……すっごくいやらしいの……れろ、ちゅぱ……れろ★」=「Your sticky saliva is on my lips... It's so lewd... *lick* *smooch*... *lick*★」
- <A0F4> 「はぁ、はぁ……ん、瑠奈の脚がぬるぬるして……ちゅ……気持ちいい……んっ」=「Haa, haahn... Runa, your legs are so slippery... *kiss*... It feels so good... nn!」
- <A1BA> 「すっごくエッチな音がしてるの、聞こえてる?」=「We're making such dirty noises... Can you hear it?」
- <A266> 「ええ……私たちのおまんこから、くちゅくちゅ音がしてる★」=「Yes... It's the sound of our pussies kissing★」
  <A319> 私たちのあふれる洪水は、粘質の音だった。=Our overflowing love juices made such sticky sounds.
  <A3B5> ぬちゃぬちゃという卑猥な音が、部屋に響いている。=The indecent smacking sounds reverberated throughout the room.
  <A459> おまけにキスも、恥ずかしいくらい激しく舌を絡ませているので、こちらも、くちゅり、と淫猥な音がしていた。=On top of that, our tongues, which were furiously entwined to the point of embarrassment, were making obscene smooching sounds.
- <A53B> 「ん、んっ、ちゅ……ちゅるる……んはぁ、んっ」=「Nn, nn... *kiss*... *slurp*... nhaahn!」
- <A5E7> 「瑠奈……好きよ……ん、んぅぅ……」=「Runa... I love you... n, nn...」
- <A687> 「わたしも、せんせいが好き……せんせいの事で頭がいっぱいになっちゃうくらい、大好き★」=「I love you too, Sensei... so much that my head is filled with thoughts of you★」
- <A760> 「嬉しいわ……ちゅるっ、ん……ちゅっ★」=「I'm so glad... *slurp*... *kiss*★」
- <A809> 「ああっ、あ……キスで、おまんこ感じちゃう、ん……はぁ、あ……あぁぁっ★」=「Aaah... Your kisses and pussy feel so good... haa... Aaah!★」
- <A8D6> 「私も、ジンジンする……ひぁぁう! んっ、く……ぅぅ、ん……んっ、んっ」=「It's throbbing so much... Haau! Nn, kuu... nn... nn!」
  <A992> 体がどんどん上り詰めていくのが自分でもわかる。=Even I knew that my body was slowly reaching the point of climax.
  <AA34> 瑠奈とこうしているのが嬉しくて、気持ちよくて、理性なんかどこかへ行ってしまっていて……=I was so happy to be doing it with Runa that I let go of all reason.
  <AAFE> 私は夢中になって、太股を動かした。=I began to move my thighs as if in a dreamlike trance.
- <AB9C> 「んぁぁんっ、せんせい……あっ、ダメっ」=「Nn, aahn, Sensei... aah, I can't!」
- <AC40> 「そんなこといっぱいされたら、わたし……わたしっ」=「If you keep doing that, I'll... I'll...!」
- <ACF0> 「こう? 瑠奈、ここを擦られるのがいいの? 瑠奈、瑠奈ぁ」=「Like this? Runa, you like it when I rub here? Runa, Runaaa!」
- <ADA6> 「あああ、らめぇ……あ、あぁんっ! せんせい……ア、アッ★ イッひぁぅ……あぁ……んぁぁ~っ」=「Aaah, I can't... A-Aahn! Sensei... A-Aah★ I'm going to come... aah~!」
- <AE87> 「瑠奈のエッチなお顔、もっと見せて……んっ、もっとダメって言って……★」=「Show me more of your perverted face! Keep saying you can't hold on anymore!★」
- <AF50> 「んうう……せんせ……せんせぇ……あ、あ……ちゅるっ、ぢゅぅ……あ、あっ! らめ、らめぇぇ!」=「Nn, uu... Se... Sensei... Aaah... *slurp* *kiss*... A-Aah! I, I can't...!」
- <B02C> 「ちゅるるる……ぢゅ、ぢゅ……瑠奈ぁ……んちゅっ」=「*slurp*... *kiss* *kiss*... Runaaa... *kiss*」
  <B0D2> よがる瑠奈の声が、快感となって体を突き抜けた。=Runa's voice soaked in pleasure pierced through her body.
  <B174> 私も、もう我慢できないっ。=I couldn't endure it any longer either.
- <B20A> 「も、だめ……あ、あ……たまってたから、すぐイッちゃう、あ、ぁぁ……ちゅ★」=「I can't... aaah... I can't take it... I'm coming! Aaah! *kiss*★」
- <B2D9> 「私もイク……んちゅ、ぢゅ……ぢゅるるっ、あ、あ、あ」=「I'm coming too... *kiss* *kiss*... *slurp* Aaah!」
- <B38D> 「気持ちいい……あ、あ、んぅ……イク……イクぅぅ……あ、あ……瑠奈ぁぁっ★」=「It feels so good, Aaaaahn... I, I'm coming! Aaaah... Runaaa!★」
  <B452> ひくひくっと身体が悦楽に波打つ。=My body twitched as it shot off towards absolute pleasure.
  <B4E6> もう……もうすぐ!=Just... Just a little more!
- <B64F> 「ああああっ★」=「Aaaaaaaaahhhhh!!★」
- <B6E2> 「んふぁ、ぁぁぁ……★★」=「A-Aaaaaahhhh!!★★」
  <B778> 同時に体がこわばるように、限界に達した。=Our bodies stiffened and reached their limits at the same time.
- <B81C> 「はぁ、ぁ……はぁ……」=「Haaa... haa...」
- <B8B2> 「んはぁ……あ……ぁ……」=「Haa... aa... aa...」
  <B940> 余韻に体を痙攣させながら、ベッドに深く沈む。=As my body convulsed in the afterglow, I sank deep into the bed.
  <B9E0> 彼女を見ると、瑠奈はとろんとした瞳で私を見ていた。=When I turned to look at Runa, she looked back with intoxicated eyes.
- <BA90> 「瑠奈……」=「Runa...」
  <BB10> 汗でくっついた瑠奈の前髪を指で梳くと、くすぐったそうに笑う。=I brushed aside Runa's forelocks drenched in sweat and she laughed as if being tickled.
- <BBC8> 「やっと帰ってきてくれた」=「You're finally back.」
- <BC60> 「これからはずっと側にいられるわ」=「Now I can stay by your side forever.」
- <BCFE> 「うん」=「Okay...」
- <BD84> 「愛しい瑠奈……逢いたかったわ」=「My lovely Runa... I wanted to see you so badly...」
- <BE22> 「これからは毎日、瑠奈と触れ合っていられるなんて……★」=「Now we can do it every day...★」
  <BED3> 研修中は、最高に充実してると思ったけど、今の気持ちは、それを遙かに超えている。=I thought that I had a fulfilling experience at training, but now all that seems to have moved on to the distant past.
  <BF95> 好きな子と肌を重ねる喜びに勝るものはないのだと、再認識する。=Now I realized again that there's nothing more delightful than being with the one I love.
  <C045> 逢えない間寂しかった。=It was lonely not being able to see her.
  <C0CF> たった三日なのに……とても寂しかったんだとしみじみと実感した。=Even though it was only three days, the loneliness hit hard.
  <C181> こうして肌を合わせて、瑠奈が側にいてくれる幸せに浸る。=Now, I'm immersed in the happiness of being joined together with Runa like this.
  <C22B> 瑠奈もそう思ってくれているわよね?=Runa must feel the same way, right?
  <C2C1> 答えがないことに少し不安になって、瑠奈を見つめる。=I became somewhat anxious that she wasn't answering, so I stared at her.
  <C367> 瑠奈は、眩しそうに目を眇めてる。=Runa scrutinized my gaze.
- <C405> 「瑠奈……?」=「Runa...?」
- <C48F> 「お帰りなさい、せんせい」=「Welcome back, Sensei.」
  <C51D> 瑠奈は天使のような笑顔で、言ってくれた。=Runa spoke with the smile of an angel.
- <C5C3> 「ただいま、瑠奈」=「I'm back, Runa.」
  <C649> ぬくもりを確かめるように、彼女を抱き寄せる。=I embraced her to reciprocate her warmth.
  <C6E9> ここが私の場所……=This is where I should be.
  <C76F> 瑠奈が私の帰る場所……=Runa is who I have to return to.
  <C7F9> 瑠奈の腕が私を抱きしめる。=Runa's arm moved to hug me.
  <C887> ああ、私、ようやくここに帰ってきたんだわ……!=Aah, I'm finally back home...!
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s003.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)