User Tools

Site Tools


amakute_otona_no_torokeru_chuu:s001
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <07B1> 「思い出は遠く……?」=Memories Long Past...?

  <0908> そこは都会の片隅にありながら、とても星に近い場所だった。=It was in the corner of the city, a place not too far from the stars.
  <09B4> 瑠奈は読み終えた本を閉じ、窓から星空を眺める。=Runa closed the book that she had finished reading and gazed at the starry sky from the window.
  <0A56> 夜空を彩る光の粒はまるで宝石のようで、少し手を伸ばせば届きそうに思える。=The beads of light that decorated the night sky were like jewels that one might be able to reach out to.
  <0B12> いつだったろう、最後にふたり寄り添ってここで星空を眺めたのは……=When did they last cuddle together and gaze at the night sky...?
- <0CC2> 「もう、どのくらいの時が経ったのかしら……あの人がわたしの前からいなくなってから」=「How much time has passed since she disappeared from my side, I wonder...?」
- <0D90> 「あっという間だった気もするし、すごく長かった気もする」=「It seemed like a blink of an eye, and yet it also seemed like a really long time.」
- <0E44> 「わたしったら、すっかり時の流れに取り残されたみたい……」=「It's like I was completely left behind by the flow of time...」
- <0EFA> 「あの人と最後に交わした言葉は、何だったかしら……?」=「What were the last words that we shared together...?」
- <0FAC> 「ああ……思い出したわ。『帰ったら、またここでホットケーキを食べましょう』だったかも」=「Ah, I remember. "Let's eat pancakes here again when I come back", I think.」
- <107E> 「いえ……『一緒に星を眺めよう』だったかしら?」=「Wait... Was it, "Let's go stargazing"?」
- <112A> 「………………」=「...」
- <11B6> 「ふふふ……そんなの、今さらどうでもいいことよね」=「Heheh... It doesn't really matter anymore, does it?」
- <1264> 「結局は、二度と叶わない約束になってしまったのだもの」=「In the end, it was a wish that wouldn't come true a second time.」
- <1316> 「あの人がいなくなって以来、この部屋も荒れ放題」=「Since she left, this room has gone to ruin.」
- <13C2> 「でも、こうなるのは当たり前よね」=「But I guess it was just a matter of time.」
- <1460> 「だって、あの人がいない家なんて、掃除しても意味がないわ」=「Because there's no meaning in cleaning this place up if she isn't coming back.」
- <1516> 「食事も、食べられさえすればなんでもいい」=「As long as I can eat, nothing else matters.」
- <15BC> 「そのくらい、わたしの人生はあの人がすべてだった」=「She meant everything to me.」
- <166A> 「もう……ひとりでいるのは疲れてちゃった……」=「I'm sick of being alone...」
- <1714> 「ぜんぶ、終わりにしよう」=「I should put an end to it all.」
- <17AA> 「家も、生活も、全部捨てて旅に出よう」=「This house, this life... I'll throw it all away and go on a journey.」
- <184C> 「あの人を追って、あの人の散ったあの海へ……わたしの命もそこで終るのね」=「I'll follow her to the sea where she fell... and end my life there.」
- <1910> 「ああ……せんせい、どうして逝ってしまったの?」=「Aah... Sensei, why did you leave me?」
- <19BC> 「せんせいに、逢いたい……」=「Sensei, I want to see you...」
- <1A54> 「あの夜空に瞬く星のどれが、せんせいなの……!?」=「Where are you among all these twinkling stars, Sensei...?!」
- <1C5B> 「こらー!」=「Hold it~!」
- <1CE3> 「あら、せんせい、おかえりなさい」=「Oh my, Sensei, welcome home.」
- <1D83> 「『あら、せんせい』じゃないわよ! 勝手に殺さないで!」=「Don't "Oh my, Sensei" me! Don't kill me off like that!」
- <1E37> 「なんだ、聞いてたの?」=「What, you were listening?」
- <1ECB> 「盗み聞きなんてレディのすることじゃないと思うわよ」=「I don't think eavesdropping is something a lady should do.」
- <1F7D> 「盗み聞きじゃありません! ていうか、ここ私の家だし!」=「I wasn't eavesdropping! Never mind that, this is my house!」
  <2029> なんだかもう家主よりも家主らしい少女の名前は蓬莱泉瑠奈(ほうらいせんるな)。=This girl is Houraisen Runa. She's more of a landlady than the actual landlady.
  <20E9> 私の教え子で、この家で一緒に暮す同居人で、そして……恋人だ。=She's my student, my roommate... and my lover.
- <2297> 「それより、この家の荒れようはなに!?」=「More importantly, why is my house so messy?!」
- <247D> 「仕方ないじゃない。掃除する人がいないんだもの」=「There's nothing I can do about it, since we don't have a housekeeper.」
- <266D> 「たった三日よ!?」=「It's only been three days!」
- <26FF> 「たった三日いなかっただけで、なにをどうやったらこんなにメチャクチャになるのっ」=「How can it become this messy after I've been gone for only three days?!」
- <290D> 「ふ……何ものも、このわたしを束縛することなんてできないわ」=「Sigh... No matter what it is, there's nothing that can restrain me.」
- <2B09> 「なんかカッコイイこと言ってるけど、ぜんぜん意味が分からないから」=「You're making it sound cool, but I don't understand what you said at all.」
- <2D09> 「だって、せっかくの連休なのにせんせいどっか行っちゃうんだもん」=「It's because we finally got a break, and you went off to god knows where!」
- <2DC7> 「どっかって、私は教員の研修で……」=「"God knows where", you say... I was at the staff training...」
- <2FA9> 「言い訳なんて聞きたくないわ」=「I don't want to hear any excuses.」
- <3043> 「重要なのは、せんせいがこのわたしを放って一週間も――」=「The important part is that you left me here for a whole week!」
- <323B> 「三日です、三日!」=「It was three days!」
- <340D> 「細かいことはいいのよ」=「Enough with the minor details!」
  <3499> ぜんぜん細かくないと思う。=I don't think it's minor at all.
- <3671> 「とにかく、三日間も家を空けて、わたしをひとりぼっちにしたってことが問題なの!」=「Anyway, the problem is that you went away for three days and left me here alone!」
- <3881> 「だ、だって、お仕事だからしょうがないじゃない……」=「B-But I have work, so I can't do anything about that...」
- <3A73> 「お仕事お仕事……大人はそう言えば、なんでも許されると思ってるのよね」=「Work, work, work... You adults think saying that can excuse you from anything, don't you?」
- <3B37> 「う……」=「Uu...」
- <3BBD> 「そうやって、いつも都合良く子どもを言いくるめていくのが大人よね」=「So using convenient circumstances to deceive children like that is what being an adult is all about?」
  <3C73> 普段は子ども扱いされると怒るくせに、こんな時だけ……=Usually, she'd get angry if I treat her like a child, but now...
- <3E65> 「つまり、わたしが何を言いたいか分かるかしら? せんせい」=「Do you understand what I'm saying, Sensei?」
- <3F1D> 「えーと……」=「Umm...」
  <3F9F> 瑠奈の視線がなにかを追及するように細められる。=Runa's eyes narrowed as if interrogating me.
- <404B> 「な、なんのことかしら」=「Wh-What are you talking about?」
- <40DF> 「あくまでしらを切る……というのね」=「So you'll feign ignorance until the very end...?」
- <417F> 「時計を見なさい」=「Look at the clock.」
  <4205> 瑠奈が指差したのは、壁掛けタイプの時計。=Runa pointed at the clock mounted on the wall.
- <42A9> 「せんせい、今朝電話で言ってたわよね? 夕方には帰るって」=「Sensei, you said it over the phone this morning, right? That you'd be back by evening.」
- <435F> 「けどなぜかしら? 時計はもう11時を回ってるわ」=「But why is it that the clock says it's already eleven?」
- <440D> 「この結果をふまえて聞きたいことがあるとすれば」=「Based on this outcome, there's one thing I want to know...」
- <45FB> 「いったいどこをどうすれば、『夕方には帰る』なんてセリフが出てくるのかってことよ!」=「Where and how did you come up with "I'll be back by evening"?!」
- <46CD> 「うう……えーと、だからそれは……」=「Uu... Um, that's...」
  <4765> 私は思わず口ごもる。=I mumbled without thinking.
- <47F7> 「け、今朝の時点ではちゃんと帰れると思ってたのよ? ほんとよ?」=「Th-This morning, I thought I'd be able to come back by then...? Really!」
- <48B5> 「でも、研修先の先生たちと意見交換してたら、あっという間に時間が過ぎちゃって」=「But once I started discussing various things with the other teachers, I didn't notice the hours pass.」
- <4981> 「それで乗る予定だった新幹線には遅れちゃったから、じゃあ後少し……って」=「And so I was late for the train, so I thought I could stay a little longer...」
- <4B87> 「へえ……それで、ギリギリまでおしゃべりしてたと」=「Hmm...? So you're saying you talked with them until the last minute?」
- <4C37> 「そ、その通りです」=「Th-That's right.」
- <4CC7> 「このわたしが、せんせいとの三日ぶりのディナーを楽しみに待っていたっていうのに?」=「Even though I've been eagerly waiting for my dinner with you for three days?」
- <4D97> 「ほんと……ごめんなさい」=「I'm... really sorry.」
- <4E2F> 「あの……瑠奈?」=「Um... Runa?」
- <4EBD> 「なにかしら?」=「What is it?」
- <4F4B> 「き、機嫌を直して? ね?」=「Ch-Cheer up, okay?」
- <4FE3> 「別に機嫌なんか悪くないわ」=「I'm not really in a bad mood.」
- <507D> 「瑠奈~」=「Runa~」
- <5245> 「ふんっ」=「Hmph!」
  <52C3> 思いっきり怒ってるじゃないの。=She really is angry!
  <5355> どうすれば機嫌を直してくれるのかしら。=What can I do to cheer her up?
  <53EF> ……はぁぁ。=...Sigh.
- <55BB> 「そ、そういえば、思ったほど散らかってないのね」=「B-By the way, it's not as messy as I thought it'd be.」
- <5667> 「思ったほど……」=「As you thought it'd be...?」
- <5839> 「今日のはともかく、三日分のゴミの分別もちゃんとしてくれてるし、凄いじゃない」=「Today aside, you separated three days worth of garbage! That's amazing!」
- <5903> 「………………」=「...」
- <5991> 「髪もきちんと結えているし」=「You also did your hair properly.」
- <5A29> 「………………」=「...」
- <5BF9> 「宿題はもう終わった?」=「Did you finish your homework?」
- <5DCF> 「そんなの初日に終らせたわ」=「I finished that the first day.」
- <5FAB> 「す、凄いじゃない! けっこうたくさんあったのに」=「Th-That's amazing! Even though there was so much...」
- <6059> 「………………」=「...」
  <60DD> やっぱり、あの人の妹なのねぇ。=She's definitely -her- sister.
  <616F> やることなすこと無茶苦茶なのに、おさえるべきところはきちんとおさえている。=Even though both of them make a mess of everything, they can at least take care of the basics.
  <622D> しかもすごく優秀。=And they do it really well, too.
  <62B3> だから、先生たちもあの人に文句が言えなかった。=That's why even the teachers had no problems with Runa's sister.
  <6355> そういう破天荒な部分に、真面目に頑張ることしか取り柄のなかった私は惹かれていた。=That unexpected part of her is what charmed me, and I don't have any worth beyond a good work ethic.
  <6419> いやね……今となっては昔の話だわ。=...But now, that's just an old story.
  <64AF> そういえばあれ以来、あの人からの連絡が、ぱったりなくなっちゃったのよね。=Speaking of which, after that, we abruptly stopped talking.
  <656B> 海外に長期出張するから、瑠奈を預かって欲しいと言われて……=She's on a long business trip overseas, so she entrusted Runa to me...
  <6619> もちろん私は構わないのだけど。=Of course, I have no problem with that.
  <66AB> でも、まさか瑠奈と付き合ってるなんて、思ってないでしょうね。=She probably didn't think I'd start going out with Runa, though.
  <675B> 私も教え子と付き合う事になるなんて、思ってもみなかったわ。=I didn't expect to start going out with a student, either.
- <6811> 「………………」=「...」
  <6895> 機嫌が直る様子はなし、と。=Now to cheer her up.
  <6923> それなら……=In that case...
- <6AEF> 「そ、それじゃあホットケーキを作りましょうか」=「Th-Then, should I make some pancakes?」
- <6B99> 「……ホットケーキ?」=「...Pancakes?」
- <6C2D> 「シロップをたっぷりかけたホットケーキ、好きでしょう?」=「Pancakes with plenty of syrup, just the way you like, right?」
- <6CE1> 「好き……」=「Yeah...」
- <6D6B> 「すぐに作るから、ちょっと待っていてね」=「I'll be done quickly, so just wait a little.」
  <6EF7> 帰った荷物を片づけるのもそこそこに、キッチンで料理を始める。=I hurriedly put away my luggage and began cooking in the kitchen.
  <6FA7> この3日間で、キッチンを使った様子は、ほとんど無い。=The kitchen doesn't seem to have been used at all during these three days.
  <704F> ゴミの量から察するに、食事はデリバリーとかで済ませたみたいね。=Judging from the contents of the garbage, she probably settled for delivery food.
  <7101> フライパンに火をかけて、ホットケーキを焼く。=I turned on the stove and started cooking the pancakes.
- <729D> 「………………」=「...」
  <7321> 香りに釣られた瑠奈が、こっちを見て様子をうかがっている。=Runa, lured by the smell, began peeking over.
  <73CD> 気にしていない素振りでも、尻尾がパタパタ動いちゃってる子犬みたいで、とっても可愛い。=She's like a puppy pretending not to care while wagging her tail. She's quite cute.
  <7495> 目が合うと、少し視線がきつくなる。=As soon as our eyes met, her gaze became strict again.
- <7627> 「……ま、まだなの?」=「...I-Is it done yet?」
- <77FD> 「もう少しよ」=「Just a little bit more.」
- <79C9> 「早くしてよね」=「Hurry up.」
  <7A4D> きっと、凄く食べたかったのね。=She must have really wanted to eat.
  <7ADF> そんなに食べたいのなら自分で作ろうと思わないのかしら。=I wonder if it ever crossed her mind to make them herself if she wanted to eat them so much.
  <7B89> すっかり慣れたホットケーキ作りを終えて、シロップをかける。=I finished making the pancakes that she's so used to and added syrup onto it.
  <7C37> 瑠奈のお好みは、シロップが表面を覆うくらい。=Runa likes the syrup completely covering the surface.
  <7CD7> つまり、たっぷり、ということね。=In other words, a -lot- of syrup.
- <7EB7> 「どうぞ、召し上がれ」=「Here you go, eat up.」
- <808B> 「えへへ……」=「Ehehe...」
  <810D> ナイフとフォークを持ち、ほっぺたを緩ませている。=She picked up her knife and fork and loosened her cheeks.
  <81B1> よだれが出てる……=She's drooling...
  <8237> こんな姿、学園じゃ絶対に見られないわね。=There's no way she'd let herself be seen like this on campus.
- <82DB> 「いただきまーす……はむ」=「Thanks for the food... Ahm.」
  <8369> その食べっぷりに呆然とする。=The way she's eating is dumbfounding.
  <83F9> 何日も食事をしていないみたい。=It's as if she went without food for days.
- <8495> 「そんなに急いで食べなくても、誰も取らないわよ」=「No one's going to take it even if you slow down, you know.」
- <8683> 「そんなつもりじゃないもの」=「I don't care.」
- <885F> 「でも、ちゃんと噛んで食べないと、喉に詰まらせちゃうわよ?」=「But if you don't chew properly, you'll choke.」
- <8A59> 「ふん。そんなやわな体してないわ」=「Hmph. My body isn't that weak.」
- <8C3B> 「……そ、そうなの」=「...I-Is that so...」
- <8E0D> 「んーっ、おいひいっ」=「Mmm, ish derishous!」
  <8FD9> でも、美味しそうに食べてくれて良かったわ。=But, I'm glad that she's eating it so happily.
  <9077> 後は、機嫌を直してくれればいいのだけど。=It'd be nice if she'd cheer up after this.
- <925D> 「せんせい、ぼーっと立ってないで、次を作って!」=「Sensei, stop spacing out and make another more!」
- <944D> 「まだ食べるの?」=「You can still eat more?」
- <961D> 「ぜんぜん足りないわよ。あと10枚は食べられるわ」=「It's not enough at all. I can still eat ten more.」
- <980F> 「そ、そんなにっ?」=「Th-That many?!」
  <9897> お腹を壊したりしないのかしら。=I hope it doesn't upset her stomach.
- <9931> 「機嫌を直して欲しいなら、さっさと焼きなさい」=「If you want me to cheer up, then start cooking.」
- <99DB> 「せんせいがわたしを喜ばせられるのは……」=「Sensei, if you want to make me happy...」
- <9BC3> 「そうね、えっちと掃除とホットケーキを作る事ぐらいなんだから」=「Let's see, you'll have to have sex with me, clean, and make more pancakes.」
- <9C7F> 「ええっ」=「What?」
  <9DED> そうなのね……=That's right...
  <9E6F> 私に出来る事って、そんなに少ないのね。=Those were the only things I was good at, weren't they?
  <9F09> しかも私、先生なのに、勉強関係が入ってないなんて。=And nothing study-related even made the list, despite the fact that I'm an instructor.
  <9FAF> 教師という職業を愛している私としては、結構ショックだわ。=As someone who loved my profession as a teacher, it came as a complete shock.
  <A05B> で、でも、ここでくじけてはいけないわ。=B-But I won't be crushed here!
  <A0F5> 私は研修で生まれ変わったんだもの。=Training helped me make a fresh start!
  <A18B> これからは瑠奈にも尊敬される教師になるはずだわ。=Thanks to that, I should be able to become a teacher that even Runa respects!
  <A22F> ……たぶん。=...Probably.
  <A2AF> だ、ダメよ最初から弱気になっちゃ。=Th-This is bad, faltering before I even start.
  <A345> 研修が終わった直後は、やる気十分だったのに。=Now that training is over, what I need is determination.
  <A3E5> なぜか、瑠奈の前に立つと、自信がなくなってきちゃう。=For some reason, I lose my self-confidence whenever I'm in front of Runa.
  <A48D> 頑張れ、私。=Do your best, Takako!
  <A50D> とにかく今は、瑠奈のご機嫌をとらなくちゃ。=Anyway, for now, I have to put Runa in a good mood.
  <A5AB> それから、沢山のホットケーキを焼き、お皿の上に高く積み上げる。=And then, I'll cook plenty of pancakes and pile them up on her plate.
- <A759> 「おおおおっ、ホットケーキがこんなに沢山!」=「Ooooh, there's so many pancakes!」
  <A7F9> てっぺんから、蜜をとろりとかけると、瑠奈の瞳は大きく輝き、生唾を飲み込む。=Seeing the thick honey on the peak, Runa, whose eyes were sparkling, gulped down her saliva.
- <A8BF> 「こ、ここはわたしの理想郷なの……?」=「I-Is this paradise...?」
- <AAA5> 「食べさせてあげましょうか」=「Should I feed you?」
- <AC7F> 「せんせいがっ?」=「You will?」
- <AD0F> 「瑠奈を待たせたお詫びよ」=「An apology for making you wait.」
- <AEE7> 「う、うぬぅ、お詫びなら……仕方ないから、受け取ってあげる」=「U-Unu, if it's an apology, then I guess I have no choice but to take it.」
  <AF97> 瑠奈ったら、無理に怒った顔をして。=Runa's trying too hard to put on an angry face.
  <B02D> 本当は嬉しいのがミエミエで可愛いわ。=She's obviously really happy. She's so cute.
- <B211> 「うふふ♪」=「Ufufu♪」
- <B3DB> 「なによ」=「What is it?」
- <B5A5> 「別に?」=「Nothing~」
- <B76D> 「ぐぬぬ……その大人ぶった顔、嫌いだわ」=「Grr... I hate that adult-like expression.」
- <B955> 「だって、大人だもの。はい、あーん」=「Well, I am an adult. Here, say "Aah".」
- <BB37> 「ふん、やっぱりお詫びを受け取るのはやめて、ひとりで食べるわ」=「Hmph. On second thought, enough with the apology. I'll eat by myself.」
- <BD35> 「じゃあ、このまま私が食べてしまおうかしら」=「Then in that case, shall I eat this?」
- <BF1F> 「ううっ」=「Uu...」
- <C0E9> 「はむっ、んん! あま……」=「Ahm... Mm! It's sweet...」
- <C2C3> 「ああーっ! 食べた、ホントに食べた!」=「Aah! You ate it, you really ate it!」
- <C4AB> 「もうひとくち……」=「One more bite...」
- <C53B> 「ダメっ、せんせいのホットケーキは、わたしのものよっ」=「You can't! Your pancakes belong to me!」
- <C731> 「きゃっ!?」=「Kya?!」
  <C7B3> 立ち上がって、フォークに刺したホットケーキを食べる瑠奈。=Runa stood up, pierced the pancake with her fork, and ate it.
- <C9A9> 「はむっ! もぐもぐ……」=「Ahm! Munch munch...」
- <CB81> 「もっと食べさせなさい」=「Give me more.」
  <CC0D> ちょっと照れながら命令する瑠奈。=Runa awkwardly gave that order.
  <CCA1> そんな彼女を見ていると、帰ってきたんだなぁ、と思える。=Seeing her like this really brings back memories...
- <CE97> 「はい、あーん♪」=「Here, say "Aah"♪」
- <D067> 「あーんっ」=「Aah...」
- <D233> 「機嫌、直った?」=「Did you cheer up?」
- <D403> 「全部食べさせてくれるまでは、自分でもわからないわね」=「I won't know until you finish feeding me all of it.」
  <D4AD> ぜ、全部って……結構な量を作っちゃったんですけど。=A-All of it... But I made quite a few.
- <D69D> 「口の中が空になってるわよ。次をちょうだい」=「My mouth is empty. Give me the next bite.」
- <D889> 「はいはい」=「Sure, sure.」
  <D909> 観念して、彼女の口に合わせて小さく切ったホットケーキを、食べさせる。=In resignation, I feed her a small piece cut to the size of her mouth.
- <D9C9> 「もぐもぐ……」=「Mm...」
- <DA57> 「3日間、寂しかった?」=「Were you lonely during these three days?」
- <DAEB> 「別に……」=「Not really...」
- <DB73> 「ひとりで遊ぶの、慣れてるもの」=「I'm used to playing by myself.」
- <DD53> 「瑠奈……」=「Runa...」
- <DDDD> 「ごめんね。でも、もう研修の予定はないから」=「I'm sorry. But I don't have any more plans for training.」
- <DFC9> 「だから、ずっと瑠奈と一緒にいられるわ」=「So now, I can be with you forever.」
- <E1AF> 「……ふん」=「...Hmph.」
  <E22F> あの瑠奈が、3日間も我慢していたんだもの。=Runa held it in for three days.
  <E2CD> これくらいはしなきゃね。=I have to do at least this much.
  <E359> でも、こうしているだけでも幸せ。=But I'm happy just doing this.
  <E3ED> 好きな子が側にいるのって、こんなにも幸せな気持ちになれるのね。=Staying beside the one I love makes me this happy, huh?
  <E49F> うふふ★=Ufufu★
amakute_otona_no_torokeru_chuu/s001.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)